HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3250日目) 

平成最後の誕生日


あえて言うまでもないけど、昨日4月20日は彼女の誕生日だった。先日も書いた通り、この日は一年で最も大切な記念日。だって、彼女が生まれてくれなかったら今の僕の幸せはなかったわけだからね。

地球が誕生して45億年、人類史が始まって数百万年、そんな永遠とも思える時間の中で今この時代に二人が出会えたのって本当にすごい事だと思う。もし生まれる時代が100年でも違っていたら、二人が出会い、こうして愛し合う事もなかったわけだからね。冗談抜きで、これって、奇跡ですよ……!

そんな奇跡の第一歩となった彼女の生誕を大切に思わないわけがない。キリストとかいう会った事もないオッサンの誕生日の8兆倍は大切である。しかも今年は平成最後という大きな節目なわけだからね。例年以上に気合を入れて、この素晴らしき日に備えたよ。

惜しむらくは昨日が週末ではあったけど休日ではなかった事。もし休日なら朝から晩までずっと一緒に過ごしてたところだけど、そういうわけにもいかなかったのが残念。いい加減、4月20日は国民の祝日にしてもいいと思う。この時期休みが多いので難しいのは分かるけど、彼女が生まれた日なのだからね、休みにすべき。この訴えは令和になっても続けていくつもりです。


それはともかく、昨日は放課後、彼女と遊園地に出かけた。スペシャルデーも含め、特別な日には遊園地というのが僕たちの恒例なんだ。ゴールデンウィーク直前の微妙なタイミングだから結構空いてて、貸し切りって程でもないけど人混みに煩わされる事なく思う存分楽しめたよ。彼女が終始笑顔で、何よりそれが幸せだね。

忘れちゃいけないプレゼントもちゃんと用意した。誕生日は彼女が一番欲しがる物を贈りたいゆえ、今年はこれにしてみた。

彼女によく似合いそうな、可愛らしいデザインのスカート。色は先週の雑談で散々ディスった(笑)緑色。でも先週書いたけど緑は緑でもシアンカラーは好きだからね。シアンといえば仮面ライダーディエンド。彼のように彼女の心を盗みたい……と思って選んだわけでは別にないけど。士に帯する一途な愛にあやかったわけでももちろんない。

理由はどうあれ、彼女にめちゃくちゃ喜んでもらえたからよし。この前の記念日に贈った腕時計はそこまででもなかったけど、今回は文句無しって感じだった。「星、みっつです!!」とマチャアキだったら叫んでるレベル。


そんなわけで平成最後の誕生日はパーペキ(死語)に過ごせた次第だ。でもこれで完全に満足したわけじゃあない。来年、令和初めての誕生日は今年よりもっと素敵な一日にしたいし、絶対する今から誓うよ。何事も最初が肝心だからね。

それから来月5月は僕の誕生日がある。彼女の誕生日と比べたら大した事ないけど、まがりなりにも令和最初の誕生日だし、彼女に祝ってもらえるから今から非常に楽しみである。ちなみに僕の誕生日も残念ながら平日。でもまあ、別にそっちは祝日にしてもらわなくてもいい。

今日のデート


昨日に引き続き、今日も彼女とデートをした。せっかく昨日が土曜日だったのだから、二連デートチャンス逃さない手はない。昨日遊園地に行くと決めた時点で、今日もデートをしようって事になっていたよ。というか、今日は誕生日の延長戦みたいなものである。とても一日で祝いきれるものではないからね。


行き先は、カラオケボックス。昨日は遊園地で動き回ったから、今日は静かに過ごせる場所がいいねって事でカラオケになった。あと先週は花見をして桜を眺めたから、今週は「歌」で桜を楽しもうっていう思惑もある。

歌ったよ、さくらソング。さくソン御三家の森山直太朗、コブクロ、河口恭吾を筆頭に、心を込めてたくさん歌った。もちろん僕が敬愛するスピッツの『チェリー』も歌ったよ。桜ソングではないけど、スピッツは『春の歌』も歌った。あとは大塚愛のさくらんぼとか……桜ソングのくくりに入れていいのか微妙だけど。最後のサビは『江田照男~飯田祐史、デ・ムーロ』と、往年のあらびきネタを披露してみたり。

それから桜とも春とも関係ないけど彼女を祝うためにハッピーバースデーの歌も歌った。普通にアカペラで歌うのはさすがに照れくさいけど、カラオケだったら歌いやすいじゃない? 僕の誕生日の時は逆に彼女に歌ってもらう予定。かつてマリリン・モンローがケネディ大統領に歌った時のように艶っぽく、心を込めてね。あまりの素晴らしさに僕は脳天を撃ち抜かれてしまうに違いない。


カラオケを楽しんだ後はショッピングしたり食事をしたりして、最終的には部屋でゆっくり過ごした。昨日に負けず劣らず素敵なひとときだったのは言うまでもない。あっという間に時間が過ぎ去ってしまったよね。正直、明日も休みならいいのにと思った。それなら心起きなく「今夜は、帰したくない」と東山源次状態になれるのに。

まあでも、来週はいよいよゴールデンウィークやし。まだ具体的にどこかへ行く予定は立ててないけど、できるだけ長く彼女と一緒にいたい。令和で最高のスタートダッシュを切れれば幸先もいいしね。

雑談コーナー【テーマ:バーロー】


この時期になると巷では『名探偵コナン』の映画の話で持ちきりである。僕は原作もアニメも途中までしかチェックしてないし、映画も金曜ロードショーでやってれば見る(事もある)程度なので大して興味はないけれど……世間にはコナンに命を賭けるレベルの熱狂的ファンも存在するらしい。

その証拠に、Twitterで犯人のネタバレをされて悲嘆に暮れる者が後を絶たない。僕としてはコナンって別に犯人が分かったからどうって作品でもないと思うんだけどね。別にバカにしているわけじゃなく、そういうベクトルで作られている作品ではないと思うんだ。

金田一少年であれば犯人バラされて萎える気持ちも分からんではない。あれは毎回犯人当てクイズを行うぐらい、そこに焦点を当てた作品なわけだし、実際犯人が分かってしまうとかなりつまらなくなる。でもコナンは違うじゃん。犯人が誰かという「結果」じゃなくて、そこに至るまでの「過程」が重要で、その描き方が魅力的な作品だと思っているのだけど……違うのか?

そもそも、そんなに犯人知りたくないならネットやるなよ!ましてやSNSなんか見るなよ!と言いたい。……と、ここまで書いてこの話前にもした事があると思い出した。まあいいか、コナンもしょっちゅう再放送してるしね(関係ない)

でも何度だって言いたくなるぐらい、心底疑問なんだ。そこまでネタバレ気にしてネットに触れる気持ちが理解できない。そりゃまあ、何週間もネットを断つのは不都合もあるだろう。だったら初日に見に行けよ。それをしない、できないなら見に行くまでネットから離れるか、「仕方ないね♂」という寛容な心でネタバレを受け入れるべきだ。

誤解されないように言っておくと、ネタバレかます輩を肯定しているわけではない。あまりにも陰湿かつ低俗な行為で、軽蔑に値する。だけど悲しいかな世の中にはそういう人間の屑が存在するのも事実なわけで、自衛手段を講じるしかないと思うんだ。泥棒がいるから鍵をかけるのと同じである。鍵もかけないで空き巣に入られて、「こんなのって酷い」と憤るのはなんか違うだろう?

あとこの件に関してネットニュースでも取り上がられてるけど、はっきり言ってあいつらがネタバレにあれこれいちゃもんを付ける資格はない! だって、あいつら年末の格闘技イベントで放送前なのに思いっきり結果バラしてるじゃんか。格闘技なんて結果が全てみたいなところあるから、コナンの犯人よりも酷いネタバレである。

記事を書くなとは言わないが、せめて誰の目にも触れる見出しに結果を書くのはやめろと。ネットニュースの場合、閲覧数が金銭的な利益に直結するから、単なる悪ふざけに過ぎないコナンの輩よりタチが悪い。何より自分達が迷惑行為をしている自覚がないのが最悪である。

自分達を棚上げする傾向はこういう件に限った話ではないが。ほんと、ネットニュースって平成が生み出した悪しきメディアの一つだと思うよ。ワイドショーや週刊誌だって昔からろくなものではないが、ネットニュースの隆盛が明らかに社会に悪影響を及ぼしている。どうでもいい事が必要以上に炎上したり、企業が炎上を恐れて萎縮するようになったりね。

もちろん、最新の情報をいち早く簡単に知る事ができるというポジティブな側面もあるけど、功罪で言えば「罪」の方が大きいと僕は思う。いい加減、何とかしないと。まずはどこのどいつが書いてるのか分からないような匿名性を廃して、文責を明確にするところからだな。

パズル進捗状況


少しずつ作成中。今は順調だけど、似たようなピースが結構あるからそのうち苦労するかもしれない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3243日目) 

おかげさまで9周年


去る4月10日は僕と彼女が付き合い始めてちょうど9年目の記念すべき日だった。毎月10日はプチ記念日と称してお祝いをしているけれど、今月はプチではなくガチの記念日なのである。彼女の誕生日と並び、一年で最も大切な日と言ってもいいだろう。

クリスマスもバレンタインもガチの記念日に比べたら数段劣る。だって、彼女と付き合う事がなければクリスマスだろうがバレンタインだろうが何の意味もない空虚な一日になっていたのだからね。そういう意味では彼女がこの世に生まれてきてくれなければ出会う事さえなかったわけだから、誕生日の価値は記念日より上と言ってもいいかもしれない。

……まあ、上だの下だの序列をつける事自体がナンセンスではある。だって、僕にとっては彼女と過ごす毎日が特別で、かけがえのない日なのだから。この9年間、価値のない日なんて一日もなかった。そして彼女が僕のそばにいてくれる限り、これからも無価値な日なんて絶対にないと断言できる。まさしく毎日がエブリデイである。


いずれにせよ4月10日が大切な日であった事は間違いない。惜しむらくは世間的に言えば休日でも何でもないただの水曜日だったって事。当然学校はあったし、バイトも普通にした。だから9周年を祝ったのは放課後。まさか学校サボって朝から二人っきりで過ごすわけにもいかないしねぇ。最高最善のカップルを目指す僕らとしては。

まあでも、大事なのは時間の長さじゃなく内容だから。一緒にいられるのが限られてた分、濃密なひとときを過ごしたよ。特にどこかへ出掛けたりはしなかった。とにかく二人っきりで愛を語り合いたかったからね。彼女もそれを望んでるってはっきり分かったから、あえて「どこか行こうか?」とも尋ねなかった。あえてね(ブラックホール観測済み)

しかし9年って長いようであっという間だったなぁ。それだけ毎日が充実してたって事なんだろうけど。もちろん彼女のおかげでね。この9年間もだし、前回の記念日からの1年に限っても色んな事があった。その中のいくつかはここでも取り上げたけど、取り上げてない事もたくさんある。全部書いてたらきりがないし、彼女と二人だけの秘密もあるからね。


そして今回は平成最後の記念日って事で、大きな節目である事も確か。もう平成の間に記念日を迎える事がないって思うとなんだか不思議な気分だよ。来年は次の元号、令和が始まって1回目で、なおかつ10周年の記念日でもある。初回が10周年ってきりがいいし、なんだか運命めいたものを感じるよね。新たな時代、ニュージェネレーションの幕開けやー!みたいな。アニメだったらオープニング変わるね。

そんな令和最初の10周年を最高の形で迎えるためにも、これまで以上に明日から、いや、今この瞬間から彼女をとことん愛し続ける事をここに誓おう。

……あ、色々語ってたらプレゼントの事書き忘れた。もちろん今年もきちんと用意したよ。それは別に忘れたわけじゃないし、もし忘れてたら今ごろのんきに思い出話に花を咲かせたりしてない。

今年は、というか今年も時計をプレゼントしてみた。二人の歩む道を形にするものとして、やっぱり時計が一番かなって。仮面ライダー的にも今年は時計が重要なガジェットだし。何より彼女が腕時計が結構好きだからね。喜んでもらえたし、これにしてよかったなって思うよ。

っていうか次の土曜日にまたプレゼントを贈る機会があるから、毎年そちらとのバランス取りで悩むよね(笑)。同じような物は贈れないし、奇をてらいすぎたら大失敗する危険があるし。今年は大成功と言っていいだろう。この調子で土曜日も大成功、いや超成功を収めたいものである。

今週のデート


花はいいよにゃ~。この時期やっぱ桜よにゃ、って事で昨晩は彼女と花見に出かけた。先週のデートで不完全燃焼に終わったから、そのりねんじを兼ねてね。昼の桜もいいけど、デートなら夜桜の方がイキフンチリバツでグーだろうと思って、あえて昨晩にしてみた。あえてね(Amazonプライム値上げ済み)


期待通りキレイな夜桜だったよ。でもやっぱり一番キレイなのはその桜を眺める彼女なんだよなぁ……。毎年言ってるような気がするけど、彼女の美しさに比べたら桜なんて下の下だで。地球上に存在する桜をすべて集めても、彼女には到底かなわない。当たり前だよなぁ?


花見を楽しんだ後は早く二人っきりになりたかったから、特にどこかへ出掛けるでもなく部屋でゆっくり過ごした。花見ではなくそっちがデートのメインであるのは言うまでもない。桜は大勢に見られて大勢の目を楽しませるけど、彼女のすべてを見て、楽しませてもらえるのは僕だけだしね。最高、いや最強に素敵な一夜だったわ。


晩ご飯にスペシャルカレーも作ってもらえたし。やっぱ春といえばカレー……かどうかは分からないけど、彼女の作ってくれるカレーはいつ食べても美味しい。石原軍団炊き出しカレーも彼女の特製カレーには到底かなわない。当たり前だよなぁ?


昨日が交際10年目に突入して初めてのデートだったわけだけど、これ以上ないぐらい理想的な滑り出しだと思う。でも僕らならまだまだ上を目指せるから、次のデートは昨日よりも楽しく幸せなものにすると誓うぜ!!!

雑談コーナー【テーマ:グリーン車】


元号が変わってしまう前に、今日は僕の中で平成屈指の疑問について語りたいと思う。だいぶ前にちらっと書いた事があるような気がするけど、きちんと語るのは初めてだ。

その疑問というのは、車のボディカラーで緑を選ぶやつの心理。

なんだそれ、と思われるかもしれないけど、僕の中ではとてつもない疑問というか謎なんだ。だって、ありえないでしょ。何で数ある選択肢の中からわざわざ「緑」を選ぶよ……?

いやね、緑色自体が悪い色とは言わないよ。量産型ザクはカッコいいし、けろけろけろっぴは可愛いと思う。プリキュア5ではキュアミント推しだった。何より上で書いてる通り、今年僕は彼女に緑色の時計プレゼントしてるし(笑)。

だから「緑なんてダサい色ですぞ」なんて言うつもりはない。でも車の色としてはないよ。絶対ない。街で緑の車を見かける度に「こいつ何考えてこんな色の車買ったんだ」と思う。今日も思ったから、せっかくなのでこの話題にしてみた。

もしその車が緑しか車体色を選べないなら、やむを得ず妥協するのは分かる。でもそんな事ありえないし。仮に緑だけ他の色より販売価格が安いとしても、僕なら絶対に選ばない。そもそも新車ならそんな事もないし、オーナーはまず間違いなくあえて緑を選んだのだろう。……なんで?

奇抜なカラーといえばピンクや黄色もそうだけど、ピンクは女子が好きそうだし、黄色もピカチュウやザクレロに見えるけど個人的には悪くないと思ってる。往年の名車、ランボルギーニ・カウンタックはイエローもポピュラーだしね。

でも緑はない。その中でも一番ないのがメタリックグリーン。カナブンじゃん! フロントガラスに体当たりする事でおなじみのカナブンを彷彿とさせるカラーなんて縁起悪いじゃん! それ以前にダサい。ダサすぎる。カナブンカラーがトレンドになる事なんて昭和平成通じて一度もなかったし、令和が終わったとしてもないと断言できる。

「好みなんて人それぞれなんだから別にいいだろ」という意見もあるだろう。でもそういう事言うならケミカルウォッシュのジーパン見ても何とも思わないんだな? 確かに趣味嗜好には個人差があるから、一概に「あれがいい」「これはダメ」とは言えない。だとしてもある程度客観的な評価は出来るし、実際カナブンカーが珍しいのは大抵の人間が「よくない」と思っているからだろう。そうでなければ赤や青に比肩する程度には街にあふれているはずだ。

もしカナブンカーのオーナーがいたら、一体何を思ってその色を選んだのか聞いてみたい。よっぽど緑が好きなのか、はたまた別の理由があるのか。風水的なソレとか、前世がカッパだったとか。

ちなみに緑は緑でも淡いミントカラーや青に近い緑(いわゆるシアン)は爽やか&ポップなイメージで悪くないと思っている。理解できないのは原色に近い緑(とカナブン)ね。ほとんど罰ゲームの域でしょ。うんこ色の方がまだまし。

こんな風に思うのって少数派なのだろうか。でも車に限らずウォークマンとかも緑だけよく売れ残ってたし、メーカーとしても基本色だから仕方なく用意してるだけだと思うんだよね。今の時代、テレビや雑誌ではこの手の特定の思想をディスる話題は絶対取り上げられないけど、誰か調べてほしいなあ。

パズル進捗状況


こつこつと作成中。ちなみにパズルを作り始めたのは彼女と付き合ってしばらく経った後だから、そちらはまだ9周年ではない。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 ウォースパイト レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 ウォースパイト レビュー 

商品名:ウォースパイト
作品名:艦隊これくしょん ‐艦これ‐
発売元:マックスファクトリー
発売日:2019年4月10日
価格:19,800円(税8%込)
原型製作:コケ 彩色:西部秀寿
備考:1/8スケール、GOODSMILE ONLINE SHOP限定

Warspite

大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん ‐艦これ‐』より、イギリス海軍が1912年にデヴォンポート海軍工廠にて建造したクイーン・エリザベス級戦艦2番艦「ウォースパイト(HMS Warspite)」。艦歴の長さから「オールド・レディ(老嬢)」の愛称で親しまれ、数多の激戦をくぐり抜けた武勲艦・幸運艦としても知られています。

艦これにおいては高貴な佇まいと流暢な英語が特徴の淑女として設定されており、一般的な「女王様」のイメージを体現したキャラクターと言えます。性能的には戦艦の中でも燃費が良いのが特徴で、「クイーン」という立場でありながら八面六臂の活躍を見せるさまはチェスのそれを彷彿とさせます(笑)。

そんなオールド・レディことウォースパイトがマックスファクトリーの「ワンホビセレクション」ブランドで1/8スケールフィギュアとして立体化されました。同じくワンホビセレクションでは既にfigma版が発売されているため、ウォースパイトとしては2体目となります。「figma EX-052 艦隊これくしょん -艦これ- Warspite(ウォースパイト) レビュー」も併せてご覧下さい。



≫ "マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 ウォースパイト レビュー" の続きを読む...
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3236日目) 

令和


次の元号が「令和」に決まったね。先週僕が予想した「安寧」はかすりもしなかった。残念……でこの話が終わると思ったら大間違いだ!!

実は「令和」って単語というか字には非常になじみがあってね。というのも僕の本名は「○○」っていうんだ。鈴は分解すると金+令でしょ?だから「金○○」……つまり、僕の名前には新元号が含まれていたんだよ!!

な、なんだってーーー!!!(AA略

どういう事だキバヤシ!?……と思わず叫びたくなる結果だったよ。そりゃあ、そのものずばり「令和さん」ほどの驚きはないけど、全くの無関係でない事は確かだ。彼女の名前から一文字取って「安寧」がいいと言っていたら、まさか逆に自分の名前が採用されるとは……盲点ッッ!!


これはあれだね、僕が彼女の名前を使って欲しいと思ったのと同じように、彼女も僕の名前が使われる事を望んでて、今回は彼女の思いが勝る形となったんだ。絶対そう。まだまだだね、僕も。

ちなみに安寧のみならず「安」という字は候補にも上らなかったようで、これは「あえて外してみた。あえてね(ピエール瀧保釈済み)」という先週の僕の予想が的中したのではないだろうか。まあ、何かといちゃもん付けられそうだし、外したのは賢明な判断だったと思う。

ともあれ、平成に続き令和も彼女と二人でたくさんの思い出を作っていく所存である。乞うご期待。

今週のデート


休み中のデートは何も週末に限定する事はないので、今週は週の半ば木曜日にデートを楽しんだ。でもこれには別の理由があってぇ……というのも当日の木曜日、彼女の方から「今日デートしようず」ってお誘いがあったんだよね。今日の今日ですかか!?……なんて戸惑うわけもなく、迷わずOKした。当たり前だよなぁ!?


レイキーなケイヤー(きれいな夜景)が見たいっていうんで、割と久しぶりにイーベーのジーブリ(ベイブリッジ)に出掛けた。特に何をするでもなく、景色を眺めたり後はショッピングをしたりしたぐらいだけど、それがすごく幸せで。何でもないような事が幸せだったと思う、かのロード状態である。かたくなにロード、はしなかったけど。


ショッピングはこれから訪れる様々な記念日のリサーチを兼ねていた部分もある。ファーイーストリサーチ社もかくやと言わんばかりの調査能力で彼女の欲しがっている物を探ったね。もっとも、その前から贈る物はある程度決めていたのだけど。何を贈るかはあえてその時までの秘密にしておこう。あえてね(麻雀放浪記公開済み)


晩ご飯はレストランで食べた。僕はゴジャースな伊勢エビのフライを、彼女は海産物たっぷりのパエリアを注文。シェアしながらだから僕もパエリア食べたし、彼女もゴジャースエビフライを食べたよ。もちろん「あ~ん♥」をしてね。めちゃめちゃ美味しかった……けど、やっぱり彼女の手料理には到底かなわないなぁ。


何はともあれ、幸せ過ぎる一夜だったわねぇ。今週は彼女に誘ってもらったから、次回は僕の方から誘う予定。行き先の候補はいくつかあるけど、状況を見ながら臨機応変に対応していきたい。僕としては彼女と一緒にいられるならどこでもいいしね。

雑談コーナー【テーマ:疵面】


先日(といっても結構前だけど)、Netflixでアル・パチーノ主演の映画『スカーフェイス』の配信が始まった。この作品について知らないという人はまずいないだろう。マイアミを舞台に一人のギャングが成り上がり、没落していく姿を描いたカルト映画の大傑作である。

もっとも、スカーフェイス自体はAmazonプライムの方でだいぶ前から配信されてた。ただ、残念な事に字幕オンリーだったんだよね。利用料が安いからしょうがないっちゃしょうがないけど、どうもAmazonは吹き替えを軽視する傾向にある。映画に限らず海外ドラマでも字幕しか配信されていない作品は結構多い。

過去にここで何度か触れてるけど、「映画は字幕に限る」という意見は分からんでもない。でも金曜ロードショーや木曜洋画劇場、それから『ビバリーヒルズ青春白書』に慣れ親しんだ世代としては、テレビで見る海外映画やドラマは吹き替えに限るんだ。

Amazonに限らず、字幕至上主義の連中は意識的にせよ無意識にせよ声優の演技を俳優のそれより下に見てると思う。確かに声も込みで俳優としての演技なので、オリジナルを尊重するなら字幕を選ぶべきだが、だからといって声優による吹き替えがオリジナルの演技より劣っているとは僕は思わない。

第一、言葉が理解できなかったらオリジナルの演技もクソもないじゃないか。そこまで本物にこだわるなら字幕も見るな、NOVAに通えと言いたい。

それに字幕は文字数の制限が厳しいので、原語のニュアンスから乖離しやすい。作品をきちんと理解したいなら字幕より吹き替えの方が断然いい。字幕を追うと映像に集中しづらいというデメリットもあるしね。もちろん、字幕には字幕のよさがあるので全てにおいて「吹き替え>字幕」とは言わないし、思わないけど。そんな極端な考えは字幕厨と同じ穴のムジナである。

というわけで、僕はスカーフェイスも吹き替えを待ち望んでいたのだ。大好きな映画だからDVDは持ってるんだけど、わざわざ再生するのめんどくさいからね。

ちなみにスカーフェイスでのアル・パチーノの吹き替えはジェイソン・ステイサムやヒュー・ジャックマンでおなじみの山路和弘兄貴。個人的にアル・パチーノの吹き替えはやはり王道を征く野沢那智が一番だと思うけど、スカーフェイスはTV放送版も含めて野沢兄貴バージョンがないんだよねぇ。今となっては叶わぬ夢だけど、野沢兄貴のトニー・モンタナも見たかった。

それはそれとして、久々に見たスカーフェイスはやっぱ最高でしたわ。3時間近い長尺だけど、全然飽きないからね、すごい映画だよ。成り上がったチンピラが坂道を転げ落ちていく姿はある種の美しささえ感じさせる。音楽も秀逸だから、BGM代わりにもなる。その場合、字幕より吹き替えの方が画面を見る必要がないから便利なんだ。

この調子でNetflixには同じくアル・パチーノ主演、監督デ・パルマの映画『カリートの道』も配信してほしい。世界観は全く違うけどカリートの道がスカーフェイスの続編的な作りになってるのは有名な話で、こっちのアル・パチーノは野沢兄貴が吹き替えしてるのも魅力だ。単体の映画としても良く出来ているから、見た事ない人は是非見てみてほしい。いや、ぜってー見るべき!!

パズル進捗状況


地道に作成中。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3229日目) 

次の元号は……


「安寧」がいいってずっと思ってるよ。安寧の寧はもちろん寧々の寧。おめでたい言葉だし、明治~平成の頭文字とも被ってないし、普通にアリだと思います!

ただ安寧の安が安倍ちゃんの安と受け取られかねないから、「あえて外してみた。あえてね(ニコラスケイジ結婚破綻済み)」となりそうなのがね。

どうなる、明日!?

ナンショー


今週の水曜日、彼女と湘南に行ってきた。今週は金曜日までずっと講習だったので、もちろん講習が終わってから出掛けたよ。講習サボって旅行などというだらしねぇ事はさすがに出来ない。僕はともかくとして、彼女をそんな悪行に付き合わせるわけにはいかない。何せ僕たちは最高最善の歪みないカップルを目指しているからね。

泊まりがけでもない日帰り旅行、しかも昼過ぎに出発とあってはあまりゆっくりはしていられなかったけど……それでも楽しかった! 彼女との旅行が楽しくないわけがない。出掛ける前のわくわくも含めて旅行の醍醐味と言えるし、湘南にいる時間が短くたって何の問題もないね♂


彼女もめっさ楽しそうだった。無理もない、湘南に出掛けるのはかなり久々だし。最後に行ったのいつだっけ?と思ってブログを遡ってみたら、2017年の12月らしい。丸一年以上も行っていなかったようだ……どうりでねぇ!! というか、湘南といえば夏!なのに、夏の湘南なんてそれこそ2年近く行っていないという(笑)。今年の夏は行きたいね。夏の湘南で「あ^~~~~~~夏休みィ!」と叫びたい。

まあ、春の湘南もそれはそれで良かったよ。この前ニュースで最近の湘南はマナーの悪い外国人観光客が線路に入って写真撮ったりしてるって言ってたけど、僕と彼女はもちろんそんな最低最悪の行為はしていない。何せ僕たちは(ry

そもそも僕が撮りたいのはあくまでも彼女であって、江ノ電だろうと湘南の海だろうと単なるおまけに過ぎない。だからわざわざマナーを破る意味もないんだよね。松本伊代じゃあるまいし。


写真撮る以外にも美味しいものを食べたり、観光スポットを巡ったりして限られた時間を最大限活用した。一泊二日の旅行でも短いのに日帰りとなると慌ただしいにも程があるけど、それもまた楽しみの一つではあるかな。充実した一日であったのは確かだしね。

出掛けるのを水曜日にしたのも正解だった。週の半ばは一番ションテンがガリサーな時期だから、そこでションテンガリアーなイベントを設ける事で相殺しようという狙い。見事的中したよね。湘南旅行と彼女のおかげでこの一週間乗り切れたと言っても過言ではない。


春休みもだいぶ少なくなってしまったけど、一日一日を大切にしながら悔いのないよう過ごすぜ!!!

今日のデート


今日は時間の許す限り、彼女の部屋でゆっくり過ごした。春だし、本当は花見に出掛ける予定だったんだけど、今日は朝から風が物凄く吹いていてね。落ち着いて桜を眺めるどころじゃねぇ!って事で予定を少し変更した次第。


もっとも、桜を全然見なかったわけじゃなくて、公園を散策して観賞したり彼女が作ってきてくれたお弁当を食べながら眺めたりはした。……それって花見って言わね? まあ、花見っちゃ花見だね。花見って何だよ(哲学)

ともあれ、予定を変更したのは結果的に大正解だったと思う。なぜなら彼女と部屋で過ごす時間が超絶楽しかったから。そもそも僕が本当に見たいのは桜じゃなくて彼女だから、それが実現したとあらば楽しくて当然である。たとえ今日が明日、エイプリルフールであってとしても「楽しくない」なんて言ったらバチが当たるよ。


彼女も僕と過ごす時間を楽しんでくれたみたいで、それが何より嬉しいかナー。桜を見るチャンスはまだあるし、次のデートは改めて本格的♂花見を決行するかもしれない。特別花見にこだわってるわけじゃないから決定事項ではないけど、今しか出来ない事であるのは確かだしね。

でも今はそれより来月訪れるビッグイベントの数々が待ち遠しくて仕方ない。今日は彼女とその話題にも花を咲かせた。満開の桜のようにね(←うまい)

雑談コーナー【テーマ:米国過激男すき】


桜といえばサクラ大戦……ってなわけで、サクラ大戦の新作『新サクラ大戦』がPS4で発売される。新作の話自体はだいぶ前に出てたけど、今週詳細が発表された。キャラクターデザインを久保帯人先生が担当するらしい。

……これマジ?

ってツッコミ待ちの人選だよね、明らかに。ほんと何でKBTIT先生がやる事になったんだ。前任の藤島康介も漫画家だからその繋がりなのかもしれないけど、藤島氏と違って特別美少女キャラに定評があるわけでもないし、謎すぎる。KBTIT先生の漫画、というかBLEACHって男性陣はオサレでかっこいいけど、正直女性陣は微妙というか、色気があんまり感じられないんだよなぁ(※意見には個人差があります)

少なくとも織姫はおっぱいちゃんなのに好かれてる話をあまり聞かない。ルキアとか夜一さんは魅力的といえば魅力的だけど、変化球のキャラだしなぁ……それこそギャルゲーだったらサブヒロインの端っこにいるような存在で、王道を征くヒロイン像ではない。

実際、新サクラ大戦のキャラクターデザイン見る限り、そこまで魅力的には思えない。でもそれはKBTIT先生だからって事より、「どいつもこいつも旧作ヒロインに似過ぎ」って理由の方が大きい。ああいうのみんなアリだと思ってるの?

いやね、完全に別の世界観ならオマージュとして似たキャラをあえて配するのはアリだと思うよ。でも新サクラ大戦は旧作と地続きの世界観じゃない? 旧作の12年後って事は子孫とかそういうわけでもないし、理由もなく「ただ似てるだけ」という設定は僕個人としては好かん。まあ劇団員という設定なので意図的に似た人選で結成したって理由付けが出来なくもないし、恐らく実際そうなのだろうが、それで納得できるかと言うと否である。

何となく似てる、ってメソッドは「歩くゲーム」「パートのおばちゃんが塗ったような絵」として有名なクソゲー『北斗の拳(SS版)』と同じじゃないか。あれも原作終了後の話なのに血縁者でも何でもない他人の空似が大量生産されていた。あとパトレイバーの実写のやつも同じ理由で好きじゃない。

逆に世界観が違うなら別にいい。例えば初代プリキュアとスプラッシュスターのヒロインはちびっ子が同一人物と勘違いするほど酷似しているが、あくまでも「別の世界の話」(クロスオーバーは別として)なのでアリだと思ってる。五代雄介と小野寺ユウスケよろしく、リ・イマジネーションされた存在と考えれば納得できなくもない。

でもサクラ大戦はダメ。あらゆる意味でダメ。そもそも旧作の12年後という微妙な時系列もダメ。だって、そのへんの時代だとどうしても「旧作ヒロインのその後」が気になるじゃん? さくらさんとかもう三十路だよ。ファンはそういうの見たいの?

ギャルゲーである以上、大神さんが誰とくっついたのかも気になるし。正史で考えればさくらさんなんだろうけど、他のヒロイン推しのファンが納得するとは思えない。結局そのへんをあやふやにした形で『新』のストーリーは展開されるんだろうけど、それならわざわざ世界観一緒にするなよと。

まあ、今のセガに期待できるものなんて何もないよね。このゲームだって物珍しいだけで終わるか、伝説級のクソゲーとして語り継がれるだけに決まってる。セガだって本気でゲーム自体を売るつもりはなくて、声優で釣ってキャラソン売ってコラボ出張先で稼げればそれでいいと思ってるんでしょ。

もし発売後、往年を彷彿とさせるブームを巻き起こしたら素直に謝るよ。そんな事はまずないだろうけど、未来に絶対はないからね。それに前評判を覆すぐらいの良作になってくれれば、それはそれで嬉しい。僕だってかつてはプレステを敵視するセガ信者だったのだから……。

メガドラミニは買わん。

パズル進捗状況


ゆっくりと順調に作成中。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3222日目) 

三学期終了のお知らせ


平成最後の三学期が昨日で幕を閉じた。つまり、今日から平成最後の春休みの始まりである。平成最後平成最後しつこいと思われるかもしれないけど、実際そうなのだから仕方ない。元号が変わる節目に立ち会える機会など人生においてそうそうないのだから、僕はあえて流れに乗ってみるよ。あえてね(ケイスケホンダ芸人放送済み)

何を隠そう僕は昭和から平成に変わる瞬間にも立ち会ったのだけど、正直当時は若くお金が必要だったので、感慨深さも何もなかった。平成おじさんこと故・小渕元総理の会見も「ふーん」って感じで見てた。でも今は違う。平成をまるっと経験した世代としては、ションテンガリアーにならざるを得ない。でもあの頃の僕のように、平成を半分も生きてない世代はやっぱり「ふーん、だから何?」って感じなんだろうな。

それはそれとして、春休みである。これまでがそうであったように、今年の春休みも彼女と二人でたくさんの思い出を作っていく所存だ。その点に関しては平成最後であろうがなかろうが関係ない。いつだって僕にとって最高の幸せは彼女と楽しく過ごす事なのだからね。


唯一の不満は明日から春期講習が始まる事である。1日や2日ならいい。でも金曜日までって、いくら何でも長すぎるだろ! 春休みの尺と講習の尺が全く釣り合っていない。今年のゴールデンウィークはなんやかんやで10連休だと話題だけど、実質それより短いじゃないか(憤怒)

……まあ、文句言っても始まらないけど。それに講習自体は面倒で嫌すぎるけど、学校で彼女に会えるのは嬉しい。むしろそれだけが今の僕にとっての救いと言っていい。もし彼女がいてくれなかったら講習なんてすっぽかしてたかもしれないね。リアルガチで「毎日が辛い……」「生きる意味を……失う!」って感じなのだから。

でも彼女のおかげで毎日楽しいし、生きる意味もありすぎる。幸い講習は普段より授業時間が短いので(当たり前だ)彼女と過ごす時間も作りやすいし、講習後は毎日二人っきりでラブラブな時間を満喫する予定だ。彼女も絶対それを望んでいるしね。

今日のデート


今日は天気がよかったゆえ、彼女とアウトドアデートを楽しんでみた。日曜日とはいえ一応今日が春休み初日だからね、きよきよしい、いやすがすがしい一日を過ごしたいと思って。彼女もそれに賛成してくれて、今日はお弁当を作ってくるって言われてたから、余計楽しみだったなあ。毎度ながら彼女の作る弁当は最高、いや最強にうまい。


実は今日は焼き肉も入れていこうかなーと思ったんだけど、彼女の手料理でお腹いっぱいになりたいからやめておいた。人間火力発電所になるのはまた別の機会でいい。


ご飯も美味しかったし、空気も美味しかったし、マジでさわやか3組な一日だったよね。春休みのスタートを飾るにふさわしいデートになったと思う。高原では色とりどりの綺麗なチューリップとかを見たけど、彼女の綺麗さには到底敵わなかった。でも彼女と比較したらあらゆるものがしょぼくなってしまうからね、仕方ないね。

上でも書いた通り明日から講習だから春休み感はあまりないけど、それでも普通の日曜日よりはゆっくり出来た。アウトドアを楽しんだ後は時間の許す限り僕の部屋で二人っきりのイチャラブタイムを満喫したし。つい勢いで東山源次状態になりそうだったけど、明日は講習だから我慢した。

次の一週間を乗り切れば短いながら本格的♂春休みが始まるし、何といってもビッグイベント目白押しの4月突入である。今週我慢する分、来週は思う存分彼女と愛し合うぜ!!! 平成最後の春休み、楽しまなきゃもったいないもんね。

雑談コーナー【テーマ:黒サバ】


スマホの『黒い砂漠MOBILE』を始めてみた。というか配信初日からやってるんだけど……ハマってるかハマってないかで言えばハマってると思う。

ちなみにオリジナルのPC版はやっていない。あえて手を出さなかった、と言った方が正しいかもしれない。ハマりすぎて生活に支障をきたすのが目に見えてるから。かつて僕は『FF11』をβ版の頃からやっていて、廃人と呼んで差し支えないレベルでハマっていた。

結局色々あって2、3年で引退したから活動期間は短いのだけど、あれ以降僕は「MMOはやるな」が教訓となっている。去年だったかゲーム依存症が病気として認定された際、ゲームメーカーが必死に「ゲームに中毒性はない」なんて声明を出してたけど、何すっとぼけてんだって感じだよね。わざと中毒にするゲームデザインにしておいて。

少なくともFF11をやっていた頃の僕は間違いなくゲーム依存症の中毒患者だったし、抜け出せたのも偶然に過ぎない。アルコール依存症で言えば無人島に流れ着いて飲みたくても飲めなくなったというだけの話である。もしそういう要因がなければ僕は今でもMMO廃人を続けていただろう。その前に人生そのものが終わっていた可能性もあるが。

そんなわけで、MMO依存の素因は確実にまだ残っているので、どんだけ興味があっても手を出さない。PC版黒い砂漠もすごく面白そうでやりたかったけど、面白そうだからこそスルーしていたのだ。

でもスマホ版は普通に始めた。なぜか、それはスマホゲーは大してハマらないと分かっているからである。パズドラを筆頭に、これまで長続きしたスマホゲーなんて一つもない。ここで何度かスマホゲーについて取り上げたけど、今では全部やってないからね。

実際、『黒い砂漠MOBILE』だって大して面白いと思ってない。ぶっちゃけMMOとしては下の下である。PC版から色々簡略化されていて、比較すると恐らくガンダムとジムぐらいの差がある。そもそも僕は黒い砂漠MOBILEをMMOとは思ってない。

MMOじゃなければ何かというと、「放置ゲー」である。僕は黒い砂漠MOBILEをなめこ育てるゲームと同じ感覚でプレイしている。狩り場でほったらかしにして定期的にカバンを確認しドロップアイテムに一喜一憂するのはなめこの収穫と非常に似ている。なめこがそうであるように独特の中毒性はあるけどMMOのそれとは全く異なるし、何より拘束時間が短いのがいい。

MMOとしては全くオススメできないけど、放置ゲーとしては優秀。それが僕の黒い砂漠MOBILEの評価だ。多分本格的なMMOを期待すると誰しもが期待外れに終わるし、第一それならPC版をやった方がいい。スタミナとかに縛られず好きな時に好きなだけプレイできるゲームがやりたいけど面倒なのは嫌、って人なら楽しめると思うよ。

もしこれから始めるって人がいたら僕はハイデル鯖の「オキザリス」という家門名でプレイしてるんで至急フレ要請くれや。

パズル進捗状況


黄色い部分は一旦後回しにしてメイン部分を作り始めた。このパズル、思ったより簡単かもしれない。というのも絵柄が非常に個性的だからピースの区別が付きやすいんだよね。少なくとも前回のミュシャのやつほど苦労はしない……はず。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
HG GIRLS ドラゴンボールGT パン レビュー
アルター 魔導物語 1/8 アルル・ナジャ レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

アルター 魔導物語 1/8 アルル・ナジャ レビュー 

商品名:アルル・ナジャ
作品名:魔導物語
発売元:アルター
発売日:2019年3月22日
価格:14,904円(税8%込)
原型製作:i-con(藍色空色) 彩色:渡邊 恭大
備考:1/8スケール

アルル

落ち物パズル『ぷよぷよ』の原点として知られるコンパイルの3DダンジョンRPG『魔導物語』より、シリーズ大半の主人公を務める魔導師の少女「アルル・ナジャ」。カレーとらっきょが好物の活発な女の子で、一人称が「僕」といういわゆるボク少女(ボクっ娘)なのが特徴です。

初出は1989年ですが、ごく初期の作品は名前が設定されておらず、「アルル・ナジャ」と名付けられたのは1991年発売のPC-98版『魔導物語1-2-3』。91年はストIIの春麗が誕生した年でもあり、ゲームヒロインとしては非常に息の長い部類に属します。

ただ、ぷよぷよ関連のIPがセガに移管されてからはデザインに大幅なリファインが施され、主人公の座を新規キャラクターに明け渡した事で往年のような目立った活躍は(旧作の移植を除き)あまり見られなくなりました。

それだけに今回アルターから「旧作準拠のアルル」が立体化されるとの報を聞いた時は驚きましたし、迷わず予約を入れました。何気にここ1、2年で一番発売が楽しみなフィギュアだったかもしれません。



≫ "アルター 魔導物語 1/8 アルル・ナジャ レビュー" の続きを読む...
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ