スタチューレジェンド 第29弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 クレイジー・ダイヤモンド レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > スタチューレジェンド 第29弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 クレイジー・ダイヤモンド レビュー

スタチューレジェンド 第29弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 クレイジー・ダイヤモンド レビュー 

商品名:スタチューレジェンド 第29弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 クレイジー・ダイヤモンド
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:ディ・モールト ベネ
発売日:2013年4月下旬
価格:6,090円(税込)
原型製作:RESTORE&PROGRESS
備考:--

クレイジー・ダイヤモンド

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、第四部主人公「東方仗助」が操る物体を直す(治す)能力を持つ近距離パワー型スタンド「クレイジー・ダイヤモンド」。ネーミングの元ネタはピンク・フロイドが1975年に発表した同名の楽曲(原題「Shine On You Crazy Diamond」)。

超像可動のファースト版と同様、最もポピュラーなピンクと水色のツートンカラーで立体化されました。原型師はザ・ワールド同様RESTORE氏とPROGRESS氏の連名となっていますが、具体的にどのような分担が行われたのかは不明です。頭とそれ以外でしょうか。



パッケージ

R0143265R0143267
クレイジー・ダイヤモンド本体と同じピンクを基調としたパッケージ。

全身


大きく踏み込んでパンチを放つ瞬間を切り取った、非常に力強いポージング。台詞を付けるなら「ドラァッ!」ってところでしょうか。どちらかというと真正面より横から眺めたほうが様になるポーズなのですが、別角度の写真は下で。両足爪先立ちをしているため、台座無しでは自立出来ません。

全高は約15cm
R0143294
屈んでいるのでわかりにくいですが、超像可動よりかなり大きく作られています。最近のスタレジェは全体的にスケールアップしましたね。ハイウェイスターあたりの頃は超像可動とほぼ同サイズだったので並べると違和感はあります。

頭部

R0143297R0143300R0143302
ポーズに相応しい勇ましい顔つき。微妙に兜が、というか顔の下半分がズレているのは個体差でしょうか。良く見ないとわからないレベルですが。

各部

R0143305R0143307R0143310R0143312R0143314R0143317R0143321R0143323R0143326R0143327
品質は概ね良好。少し汚れている部分も見受けられますが、肉眼では特に気になりません。引き締まった筋肉や捻った腰の見事な造形は固定フィギュアならではの魅力であり、見所でもあります。エロ方面に力を入れるフィギュアは山ほどありますが、ここまで「男の世界」を追求したフィギュアってこのシリーズぐらいではないでしょうか。

大きめ写真


完全に一致。


なんでこいつらこんなにソックリなんですかね……

総括

スタチューレジェンドシリーズは第四部がラインナップの中心となっているため、主役であるクレイジー・ダイヤモンドは是が非でも”ディ・モールト ベネ”なクオリティでなければ許されませんが、その期待に見事に応えてくれたと思います。ポージング、ディテール、カラーリング、品質、いずれも良好な出来映えです。

スケールの統一が図られていないのは複数集めることを前提としたフィギュアとしてどうなの?と思わなくもないのですが、だからといって小さすぎても迫力がありませんし、作り込みも甘くなってしまいがちなので難しいところです。最初のほうのラインナップは犠牲になったと諦めて、今後このスケールで統一してくれるのなら個人的にはOKです。

まだ現時点で詳細は発表されていませんが、必ず出るであろう仗助にもグレートに期待しています。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

めちゃくちゃかっこいいですねッ
こういつぁグレート!
もう外箱からしてクレDらしいですねッ

超像可動ではとても表せないこの腰の捻りや脚の開き具合。
見る角度によってここまで印象が変わるのも魅力的ですね!
やはり個体差が出てしまうこととサイズが統一されていないことは少し残念ですが、それに負けない筋肉の造形美!
今回は塗装もそこまで雑じゃなくて良いですね^^

承太郎が残念だっただけに心配ですが、是非定助は決定版を作って欲しいところですッ
[ 2013/04/23 00:19 ] [ 編集 ]
ホントこの躍動感溢れるポージングは固定フィギュアだからこそですね
しかし、ワールドとクレイジーは何気にサウスポーなんですね
[ 2013/04/23 09:51 ] [ 編集 ]
>>るいじさん

かっこいいですよねー。
まさにクレイジー・ダイヤモンドの決定版と呼べる出来ではないでしょうか。
承太郎は本当に残念だったので、いっそ四部や六部バージョンとして改めて出るといいかもしれません……(笑)。

>>スケラッチョさん

こういった動きの感じられるフィギュアは大好きなので満足度高いです。
スタチューレジェンドは比較的大人しいポーズが多いですが、こういうのもいいですね。
スタンドにも利き手の概念はあるんでしょうかね(笑)。
[ 2013/04/23 10:10 ] [ 編集 ]
>>なんでこいつらこんなにソックリなんですかね……
そう言えば、どちらもハートの装飾が多いし何らかの関係が・・・
[ 2013/04/30 13:48 ] [ 編集 ]
仗助とDIOにはほとんど接点がないのに不思議ですね(笑)。
[ 2013/04/30 17:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿