HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > アニメ・特撮・マンガ

『「ジョジョ25周年」メモリアルカード』キャンペーンの応募が完了した件 

『「ジョジョ25周年」メモリアルカード』の袋に付いている応募券で「メモリアルカードコンプリートセット」もしくは「メモリアルカードアルバム」がそれぞれ250名に当たるというキャンペーンのハガキを出してきました(応募締切は2012年7月31日)。

R0124086
ハガキ1枚につき1口なので、カードをコンプした自分は42枚のハガキを用意。応募券を切り取って貼るだけでも大変でした。これが全プレだったら「至福の雑用」となるところですが、抽プレなのでただ面倒臭いだけですね。

カードは自力でコンプしてしまったのでアルバムだけに応募しようかとも思ったのですが、カードがもう1セット当たるならそれはそれで嬉しいので両方に応募しておきました。
R0124089
内訳はアルバム30口、カード12口。当選人数が少なすぎるのでこれだけ応募しても当たる確率はかなり低いと思います。正直ハガキ代の無駄のような気もしますが、せっかく応募券があるのに応募しないのも勿体ないですからね。後悔はしていません……たぶん(笑)。

ちなみにハガキ代は通常だと50円×42枚で2,100円かかりますが、余った年賀状も使用したので出費は1,000円程度で済みました。
R0124095
普通の葉書じゃないと当選率が下がるというウワサもありますが、この規模の抽選の場合は人の手を介さず機械的に振り分けられるはずなので「年賀状」だろうが「かもめ~る」だろうが関係ないでしょう。同様に一度に出しても小出しにしても変わらないと考えたのでまとめて投函しました。

当たったら必ずブログで紹介しますので、もしいつまで経っても紹介する気配がなかったら外れたと思って下さい(笑)。

※追記 アルバム当たりました→ジョジョ25周年 メモリアルカードアルバム レビュー

お礼

よつばとフィギュア』様、
1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ダークハウンド レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

ガンダムのトレカを一箱開封してみた 

部屋の片付けをしていたら、一昨年買ったキャラアニの福袋に入っていた『カードダスマスターズ ガンダムクロニクル U.C.0079~0083 SPECIAL EDITION GAME Version BOX』(長い……)を見つけたので、気晴らしに1BOX(10袋50枚)全部開封してみました。

モビルスーツや戦艦が描かれたカード、キャラクターカード、本編映像(何故かオッサン中心)カードなど色々出ましたが、細かく紹介するほどのものでもないので割愛します。

せっかくなのでガンダム系のカードだけでも。
R0058931
真ん中の赤い人はガンダムじゃないですけど。しっかし見事なまでに外伝系のガンダムばかりです。ガンダム5号機とブルー2号機がカッコ良いですね。個人的にはピクシー(左下)も嬉しい。

出自を同じくするイフリートは他作品に登場したり立体化されたりとそれなりの地位を確立している一方でピクシーは全くフィーチャーされる気配がないですね。カッコ良いのに。ビームダガー二刀流ですよ?

 

あと並べる事で一枚の絵になるパズルカードもありました。
R0058923R0058924R0058930R0058927
絵柄はカードビルダーの秘書「アクシア」「エクシア」が寝そべっているものと「キャシー」「レイコ」が制服を取り替えているもの。それとシャアザクとRX-78、ガンダム試作1号機と2号機が対峙しているものの4種。ガンダムの方は絵柄がリバーシブルになっています(つまりカードとしては3種類)。

見ての通り、1BOXでは全部揃いません。一見ガンダムは揃っているようにも見えますが、本来は下にあと3枚あります。

ここまで集まると全部揃えてみたい気もしますが、そのためにもう1BOX買う気にはとてもなれませんね……今更すぎるし。足りない部分をもし持ってる人がいたら、譲って下さい(笑)。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

ONE PIECEブームと私 

「今更何言ってんの?」って感じの話題で恐縮ですが(いつものことか)、漫画『ONE PIECE』(以下、ワンピ)が漫画ファン以外の人達にもブームのようで、最近色んなところで話題になっていますね。近いところでは普段漫画をあまり読まない友人の間、遠いところではテレビやラジオに出演している芸能人のトークなどでワンピにまつわる単語を良く耳にします。

でも自分、ワンピをちゃんと読んだ事がないんですよ。というのも、ワンピの連載が軌道に乗り始めてアニメがスタートした頃はちょうどジャンプ購読するのをやめていた時期でして、再び読み出した頃にはコミックスが何十巻も刊行されて最早なにがなんだかわからない展開になってしまっていたので。最近こそ「盛り上がってる感」にアテられてなんとなく読んではいますが、長らくずっと読み飛ばしてました。

ごくごく初期は普通に毎週読んでたんですけどね。記憶が確かならば、サンジが出てきた頃までは読んでました。自分の足を食べちゃうエピソードが強烈に記憶に残っています。あの頃はまさかここまで長寿作品になるとは思ってませんでしたが…。

当然ながらアニメの方もしっかり見たことはありません。というか、うちの地方はずっとおかしな時間帯に放送しているもので(現在は毎週金曜夕方)見る機会そのものがありません。ここまで国民的知名度を誇る作品を平日に放送するという東海テレビの暴挙には疑問を禁じ得ませんね。いやまあ昔はガンダムだって金曜夕方にやってましたけども。

いずれにせよ、漫画やアニメが嫌いというわけでもないのにワンピを知らないって非常に珍しいような気がします。あのナインティナインの矢部浩之、あの一番好きな漫画が「白い戦士ヤマト」でバイオハザードのゾンビの事を”ミイラ”と言ってしまうサブカル音痴の矢部っちですら読み始めたぐらいですからね。

ちなみに同じくメジャーな知名度を誇り、連載開始時期も近い『NARUTO』についても同様。むしろナルトの場合は内容的に「なんとなくノリを楽しむ」という事もし辛いため今でもほとんど読み飛ばし気味で、そういう意味ではワンピの方が「まだ知ってる」と言えます。

『HUNTER×HUNTER』は比較的最近(3年ほど前)になってまとめ読みしたのでわかります。ハンタに関しては一番ドイヒーな時期をリアルタイムで読んでないのは逆に幸運なのかもしれません。

『遊戯王』はリアルタイムで読んでいたのは初期の魔太郎時代だけですが、コミックスは買っていましたし、アニメやゲームにも触れていたのでまあ普通に知ってます。遊戯王といえばコトブキヤのブラマジガールフィギュアは少し気になります。少し。「カードから実体化する瞬間」的なヴィネットだったら否応なしに飛びついてたんですけど。遊戯王の女性キャラはサイレント・マジシャン(大人の方)が一番好きです。人間なら断然イシズさん。


そんなこんなで最近は誰でも知ってるような漫画すらロクに読まない、アニメはおろかテレビ自体ほとんど見ない、ゲームもやらないどころか何がいつ発売されるのかも知らない日々。逆に言えば、そんなものが必要ないほど毎日が充実しているとも言えますが、ブログのネタを作るためにも色々やっていきたいとは思っています。良い機会なのでこれまで全く興味を抱かなかったジャンルにも果敢に手を伸ばしてみたいですね。たとえば……そう、家庭菜園とか。

私信


あ、その手があったね…完全に失念してました。それなら快適だ。情報ありがとう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

『フルメタル・パニック! ずっと、スタンド・バイ・ミー(上・下)』読了 

『フルメタル・パニック!』長編シリーズ最終章「ずっと、スタンド・バイ・ミー」を読み終わりました。

上巻は中途半端、というかかなり良いところで終わっている上に後書きにも書いてある通り一冊ずつだと長編にしては短いので、下巻が出てからまとめて読んで正解でした。

面白かったです。ともすれば御都合主義と捉えられかねない王道な展開も、これまでの積み重ねがあったからこそストレートに心に訴えかけられるものがありましたし、フルメタという作品を宗介とかなめのボーイ・ミーツ・ガールであると同時に「アルの成長物語」だと考えている自分にとってはあの一連の展開はなんだか自立する我が子を見守る親のような気持ちになりました。

ラストのカッコ良く着地出来ないドタバタな幕切れも”らしく”て良かったです。アルを積んだトランザム、いいなぁ。そういえば新作のナイトライダー(K.I.T.T.の声がヴァル・キルマーのやつ)って日本では放映しないんでしょうかね。


というわけで、完結記念に『レーバテイン(フル装備)』を(出来る限り)再現してみました。

緊急展開ブースターはXL-3ではなくXL-2ですし、武装も色々違う&足りませんが”それっぽく”は見えるかな…と。レーバテインはリボルテック、ブースターはROBOT魂、ミサイルはやまとバルキリーのものなので当然きちんと接続できるはずはなく、無理矢理くっつけてます。それについてはある意味設定通り(笑)。

本当はもっと色々撮りたかったんですけど(空中戦とかラストのアレとか…)今はこれが精一杯。ROBOT魂でもレーバテインの発売が予定されているようなので、その時に改めてということで。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

デジモンの孫 

先週、第一話を見逃して二話目以降見る気が失せたもののやっぱり見る事にした『デジモンクロスウォーズ』と『ぬらりひょんの孫』を見ました。デジモンはちょっとよくわからない部分がありましたが、ぬらりは原作読んでるのであまり問題はなかったです。いずれにせよ、どちらもまだ本格的に物語は動き出してないようなのでこれからも見続けられそうです。

デジモンはセイバーズの方向性がよっぽど不評だったと見え、絵柄といい世界観といい原点回帰って感じがしました。合体がコンセプトって事でかなりロボットアニメチックですなー。
ぬらりは昼リクオの声が自分がイメージしてた以上に低くて少し違和感ありましたが、中の人が昼も夜も同じなのでやむを得ないところ。まあすぐに慣れるでしょう。淡島早く出てこないかなー。

拍手返信


>>ajitama4life様
シャイニング・ウィザードというプロレス技も人気ありますしね!
クリアおめでとうございます。フェイスロードが素晴らしすぎます。羨ましい。


エルミナージュの閃光魔術も元ネタは明らかにプロレスのそれだと思いますが、魔術師も装備出来るのが洒落が効いてるというか想像すると面白い(笑)
フェイスロードはほんと素晴らしいシステムです。自分の場合、フェイスロードがあるから買ったようなものですし。是非他のゲームにも採用して欲しいですねー。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

刃牙芸人放送まであと一週間 

いよいよ来週木曜日はアメトーーク『グラップラー刃牙芸人』が放送されます。楽しみですね。これで刃牙という作品の知名度が上がってfigmaか超像可動あたりで範馬勇次郎や烈先生のアクションフィギュアが出てくれると嬉しいのですが。「範馬勇次郎 VS. DIO様」とかやりたいです。

今週の『範馬刃牙』


最後のコマで雷に打たれてプスプスしてる勇次郎に大爆笑。ある意味必見。本筋とは全く関係ない単発エピソードなので普段読んでない人も刃牙芸人の予習を兼ねて是非読んで欲しいと思います。勇次郎の事は間違いなくフィーチャーされるでしょうし。
ただ刃牙を全く知らない人に勘違いしないでもらいたいのですが、範馬勇次郎という「地上最強の生物」は本来あんなお茶目なキャラクターじゃないですからね。昔は人殺さないとグッスリ眠れないとか言ってた外道ですからね!戦場で出会った女をレイプして孕ませるような鬼畜ですからね!息子の目の前で自分の嫁殺してますからね!

そういえば勇次郎は昔地震を拳一本で止めているので、あとは火事に遭えば「地震・雷・火事・親父」がコンプリートできますね。…火事ぐらい既にどっかで遭ってそうですけど。※そういえばベトナム編で基地炎上してたな

しっかし先週は刃牙がゴキブリを師匠とか言い出すし、なんなんだよこの父子。っていうかこの漫画。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

『トランスフォーマーアニメイテッド 第6話次回予告』元ネタ 

昨日のトランスフォーマーアニメイテッド予告でプロールが連発したギャグとその元ネタをまとめてみました。

=============================================================
ゲッツ! →ダンディ坂野一世一代のギャグ。「?アンドターンアンドリバース」と続く事も。ちなみにTwitterは一日でやめた。
欧米か! →タカアンドトシ、トシのツッコミフレーズ。ツッコむ際に頭を叩くので流行語大賞から外された(とWikipediaに書いてある)。
だっちゅーの! →パイレーツがネタの最後に胸を寄せながら発する言葉。2008年のボキャ天復活SPで久々に披露。
どんだけー! →IKKOの流行語大賞も受賞したギャグ。厳密にはIKKO発祥のネタというわけではない(「おっはー」みたいなもの)。
僕イケメン! →狩野英孝「ラーメンつけ麺僕イケメン」より。ウッチャンの狩野イジリはふかわに対するそれと同様、愛が垣間見られる。
はいオッパッピー! →小島よしおの持ちギャグ。オッパッピーの意味には諸説あり。
グゥー! →エド・はるみのギャグ。Goodの意。最近見ない。
フォー! →レイザーラモンHGのギャグ。賛辞の度合によって「フー!」「フゥー!」「フォー!」の三段階あるらしいが、特に使い分けられてはいない模様。
ごめんねごめんねー! →U字工事のボケ担当・益子卓郎のふてくされた謝罪の言葉。U字工事と書かれた工事の看板はちょくちょく見かける。
トゥース! →オードリー春日の決め台詞であり全国の春日くん・かすがちゃんが言わされているであろうフレーズ。アメフトで使用する掛け声が元ネタらしい。
あると思います! →天津木村のエロ詩吟、締めの一言。このあと天津向が小声で「立派なものです」と言う。
元気100倍プロールマン! →アンパンマンが顔を交換した際に言う台詞「元気100倍アンパンマン!」より。ギャグではない。
プカチュウ! →ピカチュウの鳴き声。ギャグではない。
プロールであります! →ケロロ軍曹が次回予告の時等に言う「ケロロ軍曹であります」より。オッスオラ悟空みたいなもの。ギャグではない。
ためになったね?ためになったよ?! →もう中学生がネタ終わりに独特のリズムで口ずさむフレーズ。さかなクンとのキャラ被りを成し遂げた、ある意味逸材。
来週もウェルカム腕噛むどこ噛むねん! →村上ショージ会心のギャグ。徹子の部屋では玉砕。
かい?の →間寛平の「血ぃ吸うたろか」「アヘアヘアヘアヘ…」と並ぶ代表的持ちネタ。元気になってまた見せて欲しい。
プロちゃんペッ! →加藤茶の「加トちゃんペッ!」より。ちなみに加トちゃん、初体験(性的な意味で)は小4だとかつて深夜番組で語っていた。
=============================================================

オッパッピーとフォーの間はちょっと自信ないです。
グーで合ってると思うんですが、バンブルビーがオッパッピーより古いみたいな事を言っていたので…(流行った時期はグーの方が新しい)。

しかし相変わらずはっちゃけた作品ですね。
本編はビーストウォーズよりはマシですけど、アバンナレと予告の壊れっぷりに関しては勝るとも劣らない勢い。
正直、トランスフォーマーはドップリ大好きってわけでもないので予告目当てで見ているところがあります。
やっぱり最終回では合唱するんですかね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

地には平和を そして慈しみを 

リボの予習のために久々に『トライガン』を読み返し。
マキシマム10巻は何度読んでもヤバいです。特に「友達できてんで」「おかえりなさい」は涙腺崩壊率100%。
それこそここで泣かないなんて「ムチャな事 ゆーな」ですよ。

ただ自分はウルフウッドとヴァッシュだったらヴァッシュの方が好きかな(もちろんニコ兄はニコ兄で好きですが)。
自分が冴羽りょうジョセフ・ジョースタークルツ・ウェーバー、あと後藤隊長のように
「普段はグータラ安穏としているけどキメるときはビシッとキメる」系のキャラが大好きというのもありますが、
それだけじゃなくて、あの圧倒的自己犠牲の精神を見ていると心が洗われるというか…少しは見習わなくてはと思わされます。
たとえそれがナイブズの言う通り、綺麗事と痩せ我慢に満ちた矛盾だらけの生き方だとしても。

トライガン、現代に疲れて心が荒廃してしまった人にオススメの作品です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コクヨロングラーンデスク♪ 

驚愕の事実。

コクヨロングランデスクは既に製造されていない。

思わずなんだってー!!(AA略)と心の中で叫んでしまいました。
少子化による需要の低下が理由とのこと。
道理であのキャッチーなコマーシャルを見かけないはずです。

知らない人のために説明しておくと、『コクヨロングランデスク』というのは主に小学生児童が使う多機能型の学習机で
子供向けアニメの合間にCMがバンバン流れていたおかげもあり、学習机界のトップブランドとして隆盛を極めました。
かくいう自分も中学入る頃まで使っていました。
机の裏に付いている高さ調節用の取っ手を意味もなくクルクル回して遊んだものです。
…みんなやるよね?

ちなみにWikipedia情報によると、クレヨン王国が放映されていた1997?1999年頃までは製造されていた模様。
そしてドラえもんやアンパンマンといったタイアップキャラの中でVガンダムだけ異彩を放ちまくっています。
コクヨもまさかあんな陰鬱極まりない作品になるとは夢にも思わなかったのでしょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ