HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > エストポリス

DS版エストポリスを終えてのレビュー 

スクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用アクションRPG『エストポリス』
「本編二周クリア+いにしえ踏破&ぬし撃破+卵コンプ&エッグドラゴン撃破」を達成し、
やれる事は粗方やり尽くしたのでこのあたりでレビューでも書きたい思います。


結論から言うと面白かったです。少なくとも自分は楽しくプレイする事が出来ました。
ただそれは自分が根っからのエストポリスファンであり、
「エストポリスはシナリオさえ良ければそれでいい」という偏った考えを持っているためで、
いわゆる”信者補正”を抜きにして客観的な目で見ると、細かい部分で粗が目立つ作品だなあというのが率直な感想です。

個人的に一番気になったのがアクション部分の難易度の低さ。
普通に進めていくだけで敵から受けるダメージが軒並み1になってしまうのは流石にヌルすぎではないでしょうか。
それ以前にボスを含めた敵の行動ルーチンがあまりにも単純・単調すぎて緊張感のカケラもありません。
本編に関してはアクション苦手な人でも進めるように配慮されていると考えれば仕方ないかなとも思いますが、
やり込み要素として設けられているはずのいにしえの洞窟(全100階の自動生成ダンジョン)や
裏ボス・隠しボス戦に至っても変わらず難易度が低いために、やり甲斐や達成感といったものが希薄で、
特にいにしえの洞窟の場合はクリアするのに軽く4?5時間かかる(その間セーブ・中断不可)おかげで
本当にただただ階段を駆け下りるだけの作業ゲーになってしまっています。
(ちなみにいにしえの洞窟では稀にここでしか手に入らないレア装備を入手出来るのですが、
いわゆる”アイテム図鑑”のような収集意欲を促す要素がないのも×だと思います)

もちろん、「簡単=ダメ」という図式が必ずしも当てはまるとは限りません。
難易度低めのお手軽操作でも「無双タイプ」の作品は良く出来ていると思いますし、
同じネバラン開発の作品では『シャイニング・フォース ネオ(イクサ)』がそれに当てはまります。
ただそれらの作品には一度に大量の敵をなぎ倒す「爽快感」という+αの要素が用意されていますが、
このゲームの場合、同時に出現する敵はせいぜい3,4体なので爽快感なぞ微塵もありはしません。
例外としていにしえの洞窟のモンスターハウス的な部屋では10体以上の敵を相手にする事がありますが、
逆に言えば多対一のバトルに興じられる機会はその時ぐらいですし、モンスターハウスの出現頻度もあまり高くはありません。
ただ、これに関しては敵が少なくてもかなりの処理落ちが見られるため、ハードの制約面での問題が大きいのだと思います。
そういう意味ではDSで出したのがそもそもの失敗と言えるかもしれません(PSP向きのゲームだと思います)

アクション部分ではなく「謎解き」の難易度に関しても正直、物足りなかったです。
たとえアクション部分の出来が芳しくなくとも謎解きさえ充実していればそれはそれで良いゲームになっていたと思うのですが、
残念ながらSFC版ほど頭をひねらせるようなギミックはなく、「謎」の絶対数も少なめで、こちらもかなり不満が残る内容でした。

他にも「寄り道系のイベントが皆無」「魔石のパズル的要素が煩雑」「キャラクター切り替えがしづらい」等といった
細かい欠点も散見されますが、個人的にそれらは気になる部分ではあるものの致命的な難点という程でもありませんでした。
ちなみに「キャラ切り替え」についてはタッチパネルに指紋がベタベタ付く事さえ諦めれば快適にプレイ出来ますです…。

=
結果的に、従来のスタイルを期待していたファンからすると「アクション要素に抵抗がある」一方で
この手のアクション物にある程度慣れているプレイヤーにとっては「簡単過ぎて物足りない」「やり込み甲斐がない」という、
ターゲット層を広く取ろうとした挙げ句どっちつかずな作品に仕上がってしまった感は否めません。

ただ冒頭にも書いた通り、自分はこのゲームを楽しんでプレイする事が出来ました。
シナリオ・音楽に関してはシステム的な不満を補って余りある程の魅力を持っていますし、
シリーズのファンであれば二周目で提示される「もうひとつの結末」を見るためだけにもプレイする価値は十二分にあると思います。

それから上で散々文句ばかり書いているので酷いクソゲーのように思われるかもしれませんが、
決してつまらないというわけではありませんし、ゲームとしてのファンデーションはしっかりしているので
恐らく誰がプレイしても一定水準の面白さは味わえると思います。
(ネバランゲー経験者には『簡易版シャイニング・フォース ネオ』とでも例えればわかりやすいでしょうか)
それだけに細かい欠点の積み重ねで評価を落としてしまっているのが非常に勿体ないのですが…。

いずれにせよ、良作に化けるポテンシャルを秘めた作品であるのは間違いないので、続編に期待したいところです。
というか…出してくださいね?


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

【DS版エストポリス】Lv2マキシム・エッグドラゴンノーダメージ撃破(動画あり) 

ゲーム三周目を開始して「どうせ負けるだろう」と思いつつエッグドラゴンと対決してみたら普通に勝ててしまい、
拍子抜けしてしまったのでついでにノーダメージ撃破を試みてみました。
せっかくなので動画も撮影。酷い画質ですみませんが…。



マキシムのレベルは最低レベル(ゲームの冒頭に強制戦闘があるのでLv1では戦えない)ですが
三周目なのでスキルは一通り習得し、魔石の強化と武器の攻撃力によりATKは803あります。
なのでやり込みと呼べる程のものでもないのですが、立ち回りの参考にでもしてもらえれば幸いです。

攻略法については動画の通りですが、少しだけ補足すると
エッグドラゴンが画面下に移動してこちらに背を向ける形になると視点の関係で攻撃が見えにくく(避けにくく)なってしまうので
なるべく上半分だけで戦うようにするのがポイントだと思います。
上の方をウロウロしていて突進攻撃が来たらしめたものです。
それから拡散ビームのような攻撃は最も隙だらけで、接近していると当たらないのでラッシュを掛けるチャンスです。
ドラゴンの周囲を覆う炎の攻撃は二回連続では来ないっぽいのも覚えておくといいかもしれません。

基本的にただHPが多いだけでそれほど強い相手ではないので、
ノーダメージにこだわらなければそれほど苦労はしないんじゃないかと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

強制エストポリス三昧 

右メニューに設置してあったTwitterのつぶやき表示を消した。重かったので。
どうせ大した事つぶやいてるわけでもないし、別にいらないかなと。


エストポリス。二周目の途中。
いにしえの洞窟B100Fへは二回行ったけど、二回とも「ぬし」には逃げられた。
このままでは何度挑んでも逃げられそうなので素直にドラゴンエッグ4つ集めて「たまごの剣」を手に入れてから再チャレンジする事にする。

今回のいにしえの洞窟は難易度あんまり高くないね。むしろ簡単すぎ。
深層にごく一部凶悪な攻撃力を持つ敵がいる程度で、基本リタイアする要素は皆無だし。
「アイテム持ち込み禁止」とか「キャラ交代禁止」とか縛りを設けてちょうどいいぐらいのバランスだと思う。
SFC版のようなギリギリの緊張感を期待するとガッカリするかも。

時間だけは相変わらず異常に掛かるので、モチベーションの維持が最大の難関といえる。
ちなみにB100Fまで辿り着くにはリアルに4?5時間は掛かる。
その間、通常のセーブはもちろん中断セーブすら不可(小休止したい時は本体のフタ閉じてスリープするしかない)
当然他のゲームに浮気も出来ないので一日一回ロクサーヌさんの顔を拝むのを日課としている自分にはちとツライ仕様だ。

ツライといえばこのゲーム、アイテム図鑑のようなものが存在しないのでレア装備を手に入れてもいまひとつ達成感がないのもツライ。
装備部位が一人につき二箇所(武器と鎧)しかないのもあって最強クラスの装備もあっという間に揃ってしまうし。
正直「ぬし」を倒してしまったらよっぽどの物好き以外は二度といにしえに潜る事はないと思う。
同じ労力を費やすならシレン4でもやった方が多分マシ。

そういえば今回、イリスシリーズは存在するのだろうか?
今のところそれらしきものは全く見かけないけど、もしないのなら残念でならない…。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

エストポリス一周目クリア 

※今日はネタバレ満載です

エストポリス。一周目をクリアした。クリアタイムは18時間ぐらい。
終盤無駄な稼ぎに勤しんでしまったので普通にプレイすると15時間も掛からないと思う。
ラスボス戦の承太郎vsDIOを意識した(と思われる)時止めバトルがめっさ燃えた。
ラスボスの声が銀河万丈ってのもPCエンジン世代の自分にはたまらないねー。

ラスト?エンディングの流れはスーファミ版とほぼ同じだった。
アーティの失明やウエスト・ランド(エスト1の舞台)へ堕ちる虚空島といった伏線も丸々残っていたので
これは続編の可能性も充分あるかな?というか、1こそリメイクして欲しい作品なので是非お願いしたい。
2はともかく1は今改めてプレイするとかなりツライっす。

ちなみにエンディングの最後にクリアデータをセーブする事が出来て、それを読み込む事で二周目が始まる。
二周目はいわゆる「ハードモード」で、敵が強化されている代わりにいにしえの洞窟に最初から訪れることが出来、
更に最下層(B100F)まで降りられるようになっている(一周目はB30Fで終了)
なお、二周目はいにしえへ持ち込める青字アイテム以外は没収されてしまうので
一周目のラスダン突入前に白字魔石は青字魔石に合成しておいた方が良いです。
自分はやり忘れて激しく後悔…。そゆことはあらかじめ言ってよね。

あと二周目はイベントシーンの端々にアイリスの正体を踏まえた上でのモノローグが追加され、
エストポリスシリーズの真の主人公とも言える彼女の心の内を窺い知る事が出来るようになっている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

ティアが可愛すぎてたまらん 

エストポリス。現在ラスダン(多分)の直前。

ロギスモス神殿地下の無限にザコが湧く部屋が魔石&デルデ集めに便利すぎる。
ただ経験値も必要以上に獲得出来てしまうのでレベルが上がりすぎて敵がボス含めザコ化してしまいちょっと後悔。
というかこのゲーム、レベルの上昇スピードがちょっと速すぎる。半分ぐらいでちょうどいいのでは?
先日の感想で「バランスがシビア。ゴリ押しは困難」って書いたけど、それは序盤だけだった。
中盤以降は敵からほとんど1ダメしか受けなくなるので適当に戦ってても進める(もちろん無駄なレベル上げをしない事が前提の話)。
唯一怖いのが状態異常の「毒」。割合ダメージなのでHPがいくら高くてもほっとくと数十秒で瀕死になる。
逆に言えばそれ以外でピンチに陥る要素ナシ。ボスもデカイだけで見かけ倒しだし。
出来れば序盤のゲームバランスを維持し続けて欲しかったなぁ、なんて思ったり。
まあ、そう感じる人のために自動生成ダンジョン「いにしえの洞窟」があるんだろうけど。

どうでもいいけど、いやよくないけど、いにしえの洞窟に入るとセットした魔石を全部外すのはやめてくれー。
そのせいでストーリー以外で立ち寄る気になれんよ…。
そもそも魔石をあんなパズル的な仕様にする必要あったのかな?
ただただめんどくさいだけだと思うんですけど。
めんどくさいといえばボス戦ではセレクトボタンを押すと使用キャラを切り替えられるのに
マップ攻略中はメニュー画面開くかタッチペン使わないと切り替えられないのもめんどくさいというか鬱陶しい。
というかボス戦こそ別にメニューからでいいわ!って感じである。
まったく。

お礼


初音ミクニュース』様、
ねんどろいど NO.97 雪ミク レビュー
をご紹介頂きありがとうございます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

エストポリス開始するの巻 

というわけで、今世紀最大の期待作『エストポリス』をプレイ開始。
ジャンルがRPGからアクションRPGになった事でゲームシステムは完全に一新されたものの、
大雑把なストーリーやBGMは共通なので絶妙な懐かしさを感じながらプレイ出来てます。
というか、中途半端なリメイクをするぐらいならこれぐらい別物の方がかえってオリジナルと比較せず楽しめてイイと自分は思う。

まだ序盤なのでゲームとしての善し悪しはまだ判断出来ないけど、
難易度はアクション・謎解きともに高からず低からずでちょうどいい具合。
ハードの制約上、シャイニング・フォースネオ(orイクサ)のように大量のザコをバッタバッタとなぎ倒す爽快感はない代わりにザコ一体一体が強く、
連続攻撃をすると敵が一時的に強化される「バーサーク」状態になるのでいわゆる「ゴリ押し」がし辛くなっている。
SFC版同様謎解きの「詰み」を打破するために時間を少し巻き戻す『リセト』の魔法が登場するが、
SFC版とは異なり獲得した経験値やアイテムまで巻き戻ってしまうので乱用し辛くなっており、
散々経験値を稼いだりレアアイテムゲットしてから「詰む」とかなりゲンナリする事請け合い。
謎解きにもアクション要素が含まれるため、そういう意味では全体的にSFC版よりシビアなバランスになっている。
そのせいか、全滅してゲームオーバーになるレベルが5上がって直前からやり直せる『レベルブレイク』なるシステムが存在し、アクション苦手な人に対する救済措置が執られている。
ただし一度でもブレイクすると「初心者バッジ」という不名誉アイテムを強制入手してしまうので出来れば使わない方がいい…かも。

ちなみに声優が妙に豪華な事も特徴の作品ですが、喋るのはアクション時の掛け声と一部のイベントのみでボイス量的にはそれほど多くないです。
ただ要所要所でしっかり喋ってくれるし(オープニングはフルボイス)、あいなまティアの掛け声がとてつもなく可愛いので個人的には無問題。
そういえば今回ティア最後までいてくれるのかな…?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

エストポリスWebドラマ第二回配信 

エストポリス公式サイトのWebドラマが更新されてた。
第二回は『最強の男』
タイトル通り、最強のバカ・ハイデッカがメインのおはなし。でも最終的にオチはマキシムが持っていく。
ホンマ酷い男やで、マキシムはん。
「罪作りな男」とはまさに彼のためにあるような言葉だ。
エストみたいなストーリーを逆NTR展開と呼ぶのだろうか…。

それはともかく、ゲームの発売まであと一週間。
ひじょ~~~~~に楽しみだ。
予約特典DISCに収録されるドラマが3/3発売のサントラにも収録されると判明した時はちょっとガッカリしたけど…。
曲の方もサントラに収録される分と同じなのかな?もしそうなら特典意味ねーなー。
いやだからといってステッカーとかポストカードとか付けられても要らんけど。

ってか来週はムゲフロEXとシレン4も出るんだよね。よりによってプレイ時間長そうなものばっかり。
出来れば一週間ずつずらして欲しかったなぁ…。
でもまあ、仕方ないね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

エストポリスWebドラマスタート 

『エストポリス』の公式サイトでWebドラマがスタート [ファミ通.com]
エストポリス公式サイト


ドラマ第一弾はティアがマキシムに手料理を振る舞う「ティアの手料理」編。
これって確かSFC版冒頭のイベントだよね?懐かしい。
「ティアの料理の腕が悪いんじゃなくて魚自体がまずい」とマキシムがフォローするくだりは良く覚えてる。
ドラマでやるって事は本編では行われないっぽいけど、こういった形で補完してくれるのは嬉しいかも。
第二弾、第三弾にも期待。
それにしてもレクサスが緒方賢一か…。豪華だなあ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

エストポリス情報 

DS『エストポリス』第2報:新たなパーティキャラクタ3人が判明! [Gpara.com]


ハイデッカも随分とイケメンになったものだ。これならティアも惚れるな。
エストポリスのカップルでは何気にティア×ハイデッカが一番好き。フラグ立ったのエンディングだけど。
よみ伝(GB版)に出てきたデッカードは二人の子孫だと勝手に脳内設定している。

それに比べてガイはやけにごっつい脳筋キャラになってしまって…。
SFC版ではもうちょっとスマートなイメージだったんだけど。
まあでもガイとハイデッカってキャラ被り気味(両方バカ)だからこれぐらい差別化されてちょうどいいか。

アーティは相変わらずのイケメンだけど中性的な魅力は薄れた感じ。
SFC版は最初普通に女だと思ったし…(バニーの服装備出来て男だと思う方がオカシイ。つか装備するな)
男だと知った時のガッカリっぷりはエリック・リカード(バンパイア・キラー)に匹敵するレベル。
当時は「こんな可愛い子が女の子のはずがない」などというハイブローな思考は持ち合わせていなかったものでね…。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ