HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3040日目) 

それゆけ大運動会


今日は日曜日だったけど登校をした。というのも体育祭があったからだ。非常に面倒臭いし疲れるけど、秋の恒例行事の一つだし、しょうがないね。避けられないものは楽しむしかないって事で、今日は思う存分平成最後の体育祭を楽しんだよ。

最近涼しい日が結構増えてきたけど、今日は30℃越えの夏日だった。何でも今年最後の30℃越えって噂もあるようで、だとすれば恐らく今日は平成最後のオーバー30なのだろう。そう考えると感慨深いものがあるような気がしないでもない。……いや、単に暑かったってだけで大げさに騒ぐ程の事でもないか。とにかく今日は炎天下の中、跳んだりはねたり走ったり転んだりしまくったのである。

ただし走ったり転んだりは僕だけで、彼女はしなかった。というのも今年も彼女はアナウンス係を買って出たゆえ。運動があまりというか全く好きではない彼女は毎年率先してアナウンス係を選ぶ。まあ、適材適所なのは間違いないから、何の問題もないね♂ 彼女のアナウンスのおかげで僕もションテンガリアーで頑張れた部分が相当あるし。


昼は彼女が作ってきてくれた愛情たっぷりの弁当を食べてスタミナ♂回復。まるでホウレンソウを食べたポパイのように、一瞬で筋肉モリモリ、マッチョマンの変態になったよ。さしづめ彼女は僕にとってのオリーブってとこかナー。オリーブより100億万倍可愛いけどね。


そんなこんなで今日は無事怪我もなく、一日を終える事ができた。普通なら日曜日に学校行って、なおかつ運動するなんて「もう終わりだぁ!」と絶望するレベルなのだけど、今日の僕は平気。だって明日も秋分の日(の振り替え)で休みだからね。今日あわただしかった分、明日はゆっくりするつもりだ。もちろん彼女とね。

サタデーナイトフィーバー♂


昨晩は彼女とデートを楽しんだ。今日は体育祭でデートできないから、代わりに前日デートしようって話になってね。ちょうど夜のデートを楽しみたかったションテンだったから、ちょうどよかったと言える。特にどこへ行きたいってのはなかったから、久しぶりに電気街まで足を運んでみた。買い物したりご飯食べたり、ぶらぶら散歩したりしようって。


昼間はまだ暑かったりするけど、朝晩はだいぶ涼しくなって絶好のデート日和である。まあ、気候が涼しくても僕と彼女は一年中アツアツのラブラブなのだけど。昨日だって例外ではなく、僕と彼女の周りだけ炎の嵐が逆巻いてる感じだった。さしづめサラマンダーカップルってとこかナー。

旅行の夜ほどではないけど、土曜日って事で長い時間一緒にいられてすっげー幸せだったゾ。外でのデートも楽しかったけど、やっぱ一番楽しかったのは部屋でのイチャラブだね。二人っきりで心ゆくまでサタデーナイトをフィーバーしたさ。

晩ご飯は彼女が作ってくれた。昨日は時間がたっぷりあったから、二人で鍋をつついたよ。

この季節に鍋!?って思うかもしれないけど、この季節だからこそである。冬アイスが一般的になりつつある昨今、夏鍋や秋鍋があったっていいだろう。普通の鍋なら食べる気しないかもしれないけど、彼女の作ってくれる鍋は格別だから、何の問題もないね♂

鍋の種類はいわゆる寄せ鍋?ちゃんこ鍋って言ってもいいのかな、とにかく魚の出汁がたっぷり利いた極上の鍋である。月並みな言い方になってしまうけど、マジでうますぎ。もうね、日馬富士も改心してリモコンで殴るのやめるレベル。貴乃花も童心に返って「誉れであります!」って叫ぶレベル。何より彼女の愛情がたっぷり込められていたから、美味しくないわけがないんだよなぁ……。

〆はもちろんご飯を投入して雑炊ね。ラーメンとかうどんとか、最近は餃子の皮を入れるのも流行ってるようだけど、やっぱり僕は王道を征く、前日の残りの冷ご飯ですね……。溶き卵を入れて、ネギを少し散らして……もう最高、いや、最強。

愛情満点のスペシャルちゃんこ鍋でお腹も心もいっぱいになった後は時間の許す限りテレビ見たりゲームしたりアレしたりコレしたりラジバンダリ(DBRDTT)。翌日、つまり今日体育祭がなければ東山源次状態だったんだけどねー、まあしょうがない。

まだまだ秋は始まったばかりだし、これからもっとデートして平成最後の思い出を作りまくってやる。今年中にもう一回ぐらい旅行行けたらいいなぁと思ってるけど、どうかなぁ。

雑談コーナー【テーマ:今年最大の悪だくみ】


僕にとっての生きがいであるAmazonプライムの『ドキュメンタル』。そのスピンオフ番組『FREEZE』が今週から始まった。新たなる生きがいの誕生である。

まだエピソード1なので面白いともつまらないとも言い難い部分はあるけど、番組のコンセプトは好き。FREEZEというタイトルの通り、とにかく何をされても動かない事がルールで、動かない事には「笑わない」事も含まれるので、そういう意味ではドキュメンタルと共通する部分がある。

ただ、ドキュメンタルが「攻め」の姿勢を求められる番組だったのに対し、FREEZEは専守防衛。番組サイド(松ちゃん)が用意した罠を出場者全員が受けきるという、「個人VS個人」ではなく「番組VS個人」という構図になっているのが決定的な違いだ。

恐らくだけど、ドキュメンタルにおいて一切攻めない人(例:極楽山本)が批判される事を逆手に取ったんだろうな。ドキュメンタルを語る番組でもその事について言及してたから。批判を番組作りに生かすだけでなく、新たな企画にまで昇華させるのは流石、松本人志だと思う。番組としての面白さ(もしくはつまらなさ)は今後見えてくると思うので、逐次感想を述べるつもり。いずれにせよ、次回が楽しみでならない。

FREEZEのキャッチコピーは地上波で流されたCMによると「今年最大の悪だくみ」。しかし、僕にとって今年最大の悪だくみはFREEZEではなく、とあるゲームの運営を指す言葉だったりする。そのゲームは『アナザーエデン』。

ここでも「オススメのゲーム」として何度か取り上げた事があると思う。実際オススメだったし、飽き性の僕には珍しく一年以上もモチベーションを保ったまま遊び続けていた。この僕を一年引き止めたら大したもんだよ。キレてないですよ……いや、キレてますよ!

Yahoo!ニュースにも取り上げられたから知ってる人は多いと思うけど、そのアナザーエデンでガチャの不正操作が行われていた事が発覚した。不正の期間は一年以上、つまりずっと。「このゲームオススメ!最高!」とか言ってる時に僕はイカサマガチャを引かされ続けていたのだ。マヌケとしか言いようがないし、運営にはほんと失望した。

ガチャの不正操作なんてどこでもやっているだろう。しかし、「やっているだろう」と「やっている(断言)」にはとても看過できないレベルの隔たりがある。今回、言い逃れできない証拠が露呈した事で運営は「操作してました」と認めたからね。ガチャの問題ではドラゴンボールの「ドッカンテーブル」やグランブルーファンタジーの「アンチラ事件」などが有名だが、どちらも故意の操作を認めていないので最終的に(法的には)問題なしという事で決着している。

そういう意味では業界を揺るがす歴史的な事件と言える。認めたから許されるって話でもないし、白状した事が全てとはとても信じられないから、他にも色々イカサマやってるんだろう。こんな運営のために一年以上も時間と金を費やしてきたかと思うと本当に腹が立つ。

これを「今年最大の悪だくみ」と言わずして何と言う。一応ことわっておくと、運営が糞なだけでゲームとしての「アナザーエデン」は本当にいい作品だよ。ストーリーもグラフィックもバトルシステムも秀逸で、いい意味でスマホゲーらしくない、コンシューマーのRPGと比較しても遜色のない良作。その評価は今も変わらない。

でもだからこそ、糞運営が何もかも台無しにした事に怒れるし、呆れるし、悲しむ。ゲーム自体が糞なら「やっぱりな♂」と思うだけで文句も出ないよ。そうじゃないから始末が悪い。

……書いてたらまた腹が立ってきた。マジで死ねよ糞運営。今は返金について申請中なのでまたアプリをアンインストールするわけにはいかないのだが、何かの拍子にアイコンがちらっと目に入る度にはらわた煮えくり返っているよ。

あえて言うまでもない事だけど、みんなもガチャには気をつけよう。多分、っていうか絶対どこでも同じ事をやっているからね。スマホゲームの運営なんて一つの例外もなく全部糞。人間のクズの集まり。全く関係ないゲームの話だけど、つい最近も水着ガチャ&1周年記念で課金を煽った直後にサービス終了を発表した運営がある。それって完全に計画倒産でしょ?卑劣極まりない。

だから、その程度の民度なんだよ、ああいう連中は。

パズル進捗状況


今週も割かし進んだ。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3033日目) 

本格的♂修学旅行


鬼怒川サイコー!!日光サイコーー!!!ねねっちサイコーーーー!!!!ヒィィィィィィィィィィィィハァァァァァアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!

……と、いうわけで、ついさっき一泊二日の旅行から帰ってきた。ションテンが異常なのは丸二日ほど寝ていないせいという事で許してチョンマゲ(激寒)


いやー今回も素晴らしい旅行だった。毎度毎度同じ事ばっかり言ってんじゃねぇよって思われるかもしれないけど、実際素晴らしかったのだから仕方がない。もちろん、「素晴らしい」なんて単語では言い表せないぐらい色んな思い出を作ったよ。でもその思い出の数々を形容する言葉は僕には思いつかないから、素晴らしい、最高、というしかない。あまりにもすごすぎると逆に感想はシンプルなものになってしまうんだよ。フリーザだって最終形態が一番シンプルじゃん?

天候にも恵まれてね。最近曇りや雨が多くて心配してたけど、特に今日は夏に戻ったような暑さで、かといって炎天下というわけでもなく、絶好の旅行日和だったと言えよう。もしかしたら家康さんが「あの二人またワシんとこ来るらしいがや、雨なんか降らしたらだちかんぞ」と気を利かせてくれたのかもしれない。ちなみに「だちかん」は名古屋弁で「だめ」という意味です。


そんな家康さんにももちろん会いに行ってきた。もう散々行っているから、顔見知りみたいなものだね。他にも江戸村やワールドスクエアにも行って、思う存分日光を楽しんだ。一人で行きたいと思えるような場所でもないけど、彼女と一緒なら10回だって100回だって100億万回だって行きたい。旅行中の彼女、ずっと楽しそうだったし、そんな彼女を隣で眺めるのが僕にとって何よりの幸せなんだ。

一泊二日は短すぎる、というのも毎度おなじみの感想。やっぱ物足りないよねぇ。中一日はあるともっとゆっくり時間を使えるんだけど、一泊二日は移動時間もあるから終始ドタバタしてしまう。まあ、電車に乗ったりバスに乗ったりしてる時もそれはそれで楽しいんだけどね。


それにあんまり長い旅行は僕が死んでしまうかもしれない。だって、旅行中は寝てなんていられないから、二泊三日だったら丸三日、海外旅行で五泊七日とかになろうものなら一週間は寝られない事になる。それはさすがに死ねる。命を守るためには一泊二日でちょうどいいと言えるだろう。……でもたとえ死んでもいいから一週間ぐらい旅行したい気持ちはあるよ。それが「愛」ってもんだろう。

明日は休みだし、ゆっくりするつもり。敬老の日らしいけど、申し訳ないがお年寄りのために何かをするような余裕はない。でも彼女のためには何でもするよ(ん?)

そんなわけで、今週は(執筆順としては)ここまで。来週は体育祭があるから、それについてお伝えする予定だ。こうご期待!!

プチ記念日


例によってここから下は旅行前に書いてる。といってもこれを書いてる今は9月15日の0時過ぎ、つまり日付的には旅行当日なんだけどね。あと7~8時間もすれば彼女とのラブラブ旅行が控えてると思うと、ションテンガリアーで眠れない。でも旅行中は寝てる暇なんてないから、今夜はしっかり寝ておかないとダメなんだけどね……できるかなあ。さっきコーラ飲んじゃったし。

それはそれとして、更に遡って今週の月曜日、9月10日は僕と彼女のプチ記念日だった。実は先週日曜のデート、遊園地にしようかなーとも思ったんだよね。日曜日も月曜日も似たようなもんやし。でもさすがにそれは本当のスペシャルデーのありがたみが薄れるって事でやめにした次第だ。まあ、遊園地には先月行ってるってのもあったし。

今月はスペシャルデーではないけど、気分的にはスペシャルだった。それを言い出したら毎回、っていうか彼女と過ごす毎日がスペシャルなんだけど、旅行前って事でいつも以上にションテンガリアーだったのは事実。そしてだからこそ、今月のプレゼントはちょっと調子に乗ってしまった感がある。


ネコミミ。今月のプレゼントはこのネコミミカチューシャだ。こんなものを贈るなんてどうかしてるぜ!と思われるかもしれないけど、どうもしてないから。彼女に似合うと思ったから買った、それだけ。時は来た、それだけだ(HSMTSNY)

彼女はシャレの分かる子だから、思いのほか喜んでくれたよ。こういうの贈るのは別に初めてってわけでもないし、ま、たまにはね? 来月はちゃんとしたプレゼントを贈るつもりだし、既にこれにしようかなーっていう候補はいくつか挙がってる。慌てて買うとそれからもっとよさげなブツが見つかった時に後悔するからまだ買ってはいないけど、ちょくちょく店に足を運ぶ予定だ。

何かと憂鬱になりがちな月曜日だけど、記念日、っていうか彼女のおかげで最高の一日になった。一週間を乗り切る事ができたのも彼女と、その彼女との旅行が控えていたからこそだし、今の僕がションテンガリアーで眠れないのも仕方ない事が分かってもらえると思う。

まあ、旅行の翌日の月曜日も祝日だから、いざとなったら二日徹夜する覚悟は決めているよ。旅行中に眠くなる事はないし、何の問題もないね♂

雑談コーナー【テーマ:お礼は三行以上】


テニスのセリーナ・ウィリアムズの行動と、それに対する対応が物議を醸している。一番目立つのがセリーナを批判するのは差別的だという意見だけど……その意見の方がよっぽど差別的じゃない?

だって、そういう人たちって「セリーナが黒人女性だから叩かれてる」と思ってるわけでしょ?違うだろ、それは。セリーナが叩かれるのは黒人だからでも、女だからでも、ましてやブサイクだからでもない。単純に一連の言動がみっともないからだ。明らかにスポーツマンシップに反する態度だし、眉をしかめられるのは当然だろう。

仮にあれがイケメンの白人男性でも同じように批判されていたはずだ。実際、白人で言動をたしなめられるテニスプレイヤーは何人もいる。それなのにあえてセリーナだけを「批判をするな」と擁護するのは、それこそ差別以外の何物でもないじゃないか。

差別差別やかましい奴が一番差別的なのはこの件に限った話ではないけどね。エディー・マーフィーの件しかり、LGBTの件しかりだ。まあ、日本と違って欧米は基本的に多民族国家だし、実際に酷い差別が行われた歴史があるから人種問題にデリケートになる気持ちも分からなくはないけど、いい加減その辺の考え方は改めた方がいいと思うよ。

差別とは少し違うけど、再来年のオリンピックに向けてタトゥーのプール・銭湯お断り問題はどうするんだろうね。タトゥーを入れた外国人なんて特に珍しくもないし、絶対揉めると思うんだが。その件についてもっと議論が行われないのが不思議でしょうがない。「大丈夫でしょ。ま、多少(のトラブル)はね?」とでも考えているのか。

僕はタトゥーなんて一切興味ないけど、タトゥーを入れる事に対する偏見は全くない。だから、別にタトゥー入れてるという理由で入場を拒否する必要なんてないでしょと思ってる。そもそも、そのルールはヤクザやチンピラをシャットアウトするのが目的でしょ? つまりタトゥー入場禁止はあくまでもトラブルを未然に防ぐ「手段」に過ぎなかったはずだ。

だとしたら、タトゥーが普及してルールが正常に機能しなくなった今の時代もその手段を行使し続けるのはおかしい。ましてやトラブルを防ぐためのルールのせいでトラブルが起きるとなったら、本末転倒もいいところだろう。

そりゃ物には限度ってものがあるよ? それこそヤクザみたいに全身びっしり彫り物をしてたら確実に周囲を威圧するから来るなと言われて当然だ。でも腕や足にワンポイント入れるぐらい、別にいいじゃないか。「それだと境目を見極めるのが難しい」という意見もあるかもしれないが、全身モンモンの輩が毎日何十人何百人と押し寄せるわけでもあるまいし、個別に適宜対応すりゃいいだろう。

それでもあえてルールを決めるとすれば「タトゥーを入れている場合、入場をお断りする"事があります"」と含みを持たせればいい。絶対ダメなどと杓子定規なルールにするから逆に揉めるんだ。何でもかんでも厳格な規則を作りたがるのは日本人のよくないところだと思う。ネット上、特にSNSでもその手の問題はよくあるしね。

まあ、ルールに厳しいからこそ日本人は礼儀正しいと言われるし、災害とかの緊急時にも大きなトラブルが起きないわけだから、一概に悪しき気質とも言い難いんだけど。それも含めて、物事は白黒はっきりつけるべきじゃないって僕は思うよ。

パズル進捗状況


順調に作成中。まだ割と見つけやすいピースがある。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3026日目) 

本格的♂二学期


夏休みも終わり、今週から本格的♂に新学期がスタートした。正直まだ休み気分が抜けていない部分はある。朝起きるの辛かったり、ついつい夜更かししてしまったりね。だけど一週間経って、だいぶ元の生活スタイルに戻ってはきたかな。それもすべて彼女のおかげである。休み気分がいつまでも抜けない僕に「だらしねぇし……」と発破をかけてくれて、朝も起こしに来てくれてね。

朝から彼女の顔が見られれば、それだけでやる気100倍、いや、100億万倍である。しかも美味しい朝ご飯まで作ってくれるし……それでいつまでもダラダラしてたらバチが当たるってもんだ。


朝ご飯だけでなく、晩ご飯を振る舞ってもらう時もある。今週は彼女がカレーを作ってくれた。エビやイカがたっぷり入ったシーフードカレー、最高に美味しかった。やっぱりスタミナ♂を付けるにはカレーが一番だよね。辛いものがあまり得意ではない彼女だけど、僕のために作ってくれるカレーは絶品。一流レストランのカレーなんて目じゃない美味しさだ。もし彼女がカレー専門店をオープンしたら絶対毎日食べに行くね。

美味しいご飯も食べられて、学校でも彼女とたくさん会えて、平成最後の二学期は最高の幕開けと言えるだろう。先日書いた通り、次の週末は旅行が控えているし、その後もまだまだ楽しい事は山のように控えている。その前に明日は10日、例の日だしね。これでションテンガリアーでなかったら嘘だろう。

だいぶ暑さも和らいで来たし、気候的にもこれから過ごしやすくなっていくはず。だらしねぇ生活とは完全に決別して、彼女と二人で秋を思いっきり満喫するぜ!!

今日のデート


今日は天気が悪いとニュースで言っていたので、彼女と屋内デートを楽しんだ。僕としてはずっと部屋でイチャラブしながら過ごすのもアリなんだけど、さすがにそれじゃ彼女に申し訳ないからね。どこがいいかなーと迷った結果、今日は久しぶりにボウリングをする事にした。もしかしたら今年初じゃないだろうか。


ボウリングなら雨が降っても何の問題もないし、久々にスーパーボウリンガーと呼ばれた(大嘘)僕の腕前を見せておきたくてね。実際見せられたかどうかは微妙なところだけど、とりあえずガター連発の醜態は晒さずに済んだのでよしとする。彼女のトリッキーな投球フォーム(風間杜夫犯人回で古畑任三郎が披露したそれ)も見られたしね。


ボウリングをひとしきり楽しんだ後は屋内デート続行じゃ^~って事で、映画を見に行った。前から彼女が見たい映画があるって言ってたしね。映画そのものは僕の興味あるものではないけど、映画を楽しむ彼女を眺めるのが僕の楽しみであり、幸せなので何の問題もないね♂

そういえば今日9月9日は映画『アイ・アム・レジェンド』で主人公のウィル・スミスが爆死した日だって知ってた? いやだからどうしたってわけでもないんだけど、あの結末は未だに納得いかん。何でも公開直前になって急遽ラストだけ差し替えたそうで、その裏事情を聞いて僕は「道理でねぇ!」と膝を打ったよ。流れを無視して結末だけ変えたら不自然になって当然である。ちなみに本来の結末はDVDの特典として収録されていて、そちらは自然な終わり方になっている。監督や脚本家は悔しかっただろうね。


そんなウィル・スミスが爆死した9月9日のデートはまさしくレジェンド級の楽しさだった。映画を観た後は部屋で二人っきりの時間を思う存分堪能してね。明日は休みじゃないけど、そんな事お構いなしとばかりに長い時間を一緒に過ごした。本当は「今夜は、帰したくない……」と東山源次状態になりたかったぐらいだ。まあ、そういうわけにもいかないのでグッと堪えたけどね。

まあ、来週の旅行では心ゆくまで一緒にいられるしね、今は余裕なもんですわ。

雑談コーナー【テーマ:災害ブーム】


どこもかしこも災害だらけでうんざりする今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。幸い、うちの地域は特にこれといったトラブルは起きていない。唯一、台風21号の時にインターネット回線(光回線)の基地局が停電したらしく3時間ほど家のネットが使えない状態に陥ったのだけど、それぐらいの事で文句を言っていたらガチで被災している人たちに申し訳ないね。

地震と台風のどちらが怖いかと問われたら、僕は断然台風が怖いと答える。だって、地震はそうそう起こるものではないけど、台風は毎年確実に来るじゃない? まあ、大地震と同規模の台風が来る事は滅多にないけど、それでも怖いものは怖い。

前にも書いたと思うけど、東海地方はかつて伊勢湾台風という深刻な被害をもたらした台風を経験していて、幼い頃にその台風の恐ろしさを嫌って程たたき込まれたからだろうな。一種のトラウマのようなものである。最近は知らないけど、昭和末期生まれの子供は学校で必ず『伊勢湾台風物語』というアニメを見させられる。そのアニメが怖い。

娯楽作品ではないので派手な演出やカタルシス溢れるストーリー展開もなく、災害に巻き込まれる一家が淡々と描かれる。結末も全員無事生き延びましたみたいなハッピーエンドではなく、むしろバッドエンドと言っていい。主人公は助かるけど、両親や友人、果てはペットの犬まで死ぬからね。富野作品並の死亡率だよ。

そんなアニメを見てトラウマにならないわけがない。台風の恐ろしさを伝えるという観点では大成功の作品と言えるだろう。今まで見た衝撃的なアニメを僕が挙げるなら、イデオンやザンボットと並んで間違いなくこの作品もランクインしてくる。ちなみに声優は名古屋出身者で固められていて、小山茉美や戸田恵子とかなり豪華。

普通のアニメではないのでなかなか目にする事もないと思うけど、興味と機会があったら見てみてほしい。そして台風の恐ろしさをしっかり理解して、防災に役立ててほしい。

最近の子供がこのアニメを見ているか知らないと上で書いたけど、もし見てないなら絶対見せるべきだと思う。人が死ぬから、残酷だからという理由で見せないならとんでもない事だ。台風に限らず災害は残酷で無情なものだし、それを子供のうちから理解させておく事は絶対大切。

3.11以降、防災の教育はそれなりにするようになったみたいだけど、単に「災害に襲われたらこうしましょう」なんて教えても、ガキには響かないって。震災の写真や映像を見せたって、結局は他人事。本当に理解させるためにはアニメやゲームを通じて災害の恐ろしさを疑似体験するのが一番だと僕は思うよ。

ちなみに一番怖いのが台風なのは確かだけど、地震は地震で怖い。地震に関しても名古屋、というか東海地方は「いつか来る」って何十年も言われ続けてるからね。一番来る来る言われてる東海地方を避けるように全国各地で大地震が起きてるのは皮肉なものだけど、だからって油断なんてしていない。実際、いつかは来ると思ってるし。

「明日は我が身」って昔の人はうまい事言うよね。災害に関してはまさしく明日は我が身、いつ何が起きてもいいよう気を引き締めておきたいものである。

パズル進捗状況


残りピースは少なくなってきたけど、見つけやすいピースも減ってきた。また地獄のシーズンが訪れるかもしれない。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3019日目) 

夏休み終了のお知らせ


もう終わりだぁ!(休み気分は)出て行けぇ!……というわけで、夏休みが終わりを告げた。告げてしまった。案の定、あっと言う間だったね。一学期の終業式から一ヶ月半も経ったなんて、信じられない。

うちの学校は脱ゆとり教育で土曜日も授業があるので、昨日が始業式だった。一日ぐらいオマケして始業式は明日にしてくれればいいのに、融通が利かないというか何というか。っていうか、実質夏休みは先週で終わってたようなものだしね。今週は月曜からずっと講習があったから、夏休み感がほとんどなかった。かつてない猛暑の今年ぐらい、講習は免除でええやんって思ったよ。

まあでも、彼女と学校で会えるのは嬉しいけどね。それだけが楽しみ、生きがいと言っても過言ではなかった。彼女のおかげで今週も頑張る事が出来たし……二学期への希望も見出せた。

二学期は二学期で楽しい事が目白押しだ。先週も言った通り、これからしばらくは平成最後のイベントが立て続けに起きるから、いつも以上にションテンもガリアーなんだ。彼女と出会った平成という時代は最高の締めくくりにしたいし。そういう意味では今学期自体、平成最後の二学期なので頑張らざるを得ない。もう終わりだぁ!なんて絶望している暇はない。


そんな平成最後の二学期の楽しみは色々あるけど、今月まず楽しみと言えるのは、旅行。そう、また彼女と旅行に出掛ける運びとなったのだ! 夏休みには熱海へ出掛けたけど、今後は日光。家康ゥ!?の祀られている日光東照宮に、また行ってくるよ。

平成最後の旅行……ってわけじゃない(と思う)けど、秋の旅行としては平成最後になりそうだし、これまたションテンガリアー必至である。最後じゃなくてもションテンガリアーだけどね。ちなみに日程は再来週の週末、15日と16日。翌17日が敬老の日で休みだから、ゆっくりできると思ってね。その翌週も連休はあるけど、出来るだけ早い方がいいに決まっているので、再来週にした。

楽しみすぎる。もう行く準備は万端で、可能なら今日にだって行きたかったぐらいだ。まあでも、その日を待ちわびるのも旅行の醍醐味の一つだし、僕は美味しいものを後に取っておくタイプなので我慢する。あ^~でも、待ちきれないぜ!

今日のデート


今日は彼女とループー、いわゆるプールに行ってきた。夏にプールへ行くのはこれで二度目かな? 夏休みが終わって9月に突入したとはいえ、実質今日までが夏休みみたいなもんだし、夏の締めくくりはやっぱりプールでしょって事で。さすがに海はもう季節外れだしね。


彼女もノリノリでOKしてくれて、よかった。名古屋のトビウオと呼ばれた(大嘘)僕と違って彼女は水が苦手だからもしかしたら別の場所がいいって言うかなと思ったけど、快く僕の誘いに乗ってくれた。まあ、最強に優しい彼女の事だから僕を喜ばせるためにOKしてくれたんだろうけど、それも含めて嬉しいものである。そんな彼女を楽しませるため、今日は気合を入れたよ。


でも本当に楽しませてもらったのはやっぱり僕かナー。プールもだけど、それ以外もね。何と言っても一番楽しいというか嬉しかったのは、彼女がお弁当を作ってきてくれた事。作ってくるとは特に言われてなかったし、今日は作ってきてくれないと思ってたから、なおさら嬉しかった。いつもながら味も最強だし。

そういえば今年はかき氷を食べなかったなあ。海水浴とか縁日とか、食べる機会は何度かあったのだけど、結局食べずじまいだった。アイスクリームとかソフトクリームは食べたけどね。家にかき氷器はあるから食べようと思えばいつでも食べられるのだけど、それはそれで作るのが面倒だし。そもそもかき氷自体、そこまで好きでもないからね。もしかしたら平成最後のかき氷は去年の夏に食べたかき氷になるかもしれない。まあ、それはそれでいいんか(レ)


プールを満喫し、最強弁当でお腹いっぱいになった後は部屋で恒例のイチャラブタイム。夏の終わりと秋の始まりを二人っきりで思う存分味わったよ。たくさん元気を注入♂してもらったから、明日からの二学期、頑張れそうだ。っていうか旅行も控えているし、毎日が辛い……♂なんてへこたれている暇はない。心機一転、気合入れて、やーってやるぜッ!(DANCOUGA)

雑談コーナー【テーマ:ケーキ(大嘘)】


Amazonで売られている『ロシアケーキ どっさり36個』というお菓子がずっと前から気になっていた。ロシアケーキ……何だかよく分からないけど、美味しそうな響きじゃない? 名前だけじゃなく、商品写真もなかなか美味しそうだし、値段も36個で送料込2000円弱とお手頃。

いつか買ってみようと思い続けて早一年。つい先日、意を決して購入してみたのだ。たかだか2000円のお菓子買うのに一年も悩むなよって感じだけど、ネット通販の食料品にはこれまで散々辛酸を舐めさせられているからね。慎重にもなるさ。

商品は土日を挟んで月曜日に届いた。今のご時世当然とはいえ、迅速な対応にまず好印象である。梱包も丁寧で、段ボールいっぱいに商品名の通り「どっさり」お菓子が詰め込まれている。個包装なので一気に食べる必要もなく、これまた好印象。いわゆる「訳あり」に属する商品なのだが、特に破損していたり形がいびつだったりする様子もない。いい感じいい感じ。

……褒めるのはここまでだ。

前述の通り、僕は「ロシアケーキ」がどんなものか、知らなかった。しかし「ケーキ」と名が付く以上、ふわふわな食感のお菓子だとは思った。クリームが使われていないのは知っていたので、要するにマフィンみたいなものなのかなと。

違ったね。全然違った。こんなのケーキじゃない……っていうか、クッキーだろこれ! ふわふわどころか、カッチカチやぞ!(ZBNGR)

「クッキーみたい」とかいうレベルじゃない、まごうことなきクッキー。商品名伏せて「これは何ですか」と尋ねたら100人中100人が「クッキー」って答える。お母さんが「今日のデザートはケーキよ~」って言ってこれを出したら、子供は間違いなくグレる。それぐらいクッキー。

しかも、極めて重大な事に、別に美味しくない。クッキーだろうが何だろうが美味しければ別にいいよ。でも美味しくないからね。いや、まずくはないよ? だって、クッキーなんだから。クッキーなんか誰がどう作っても黒焦げでもない限りそれなりの味にはなるだろう。だからまずくはない、でも美味しくもない。

Amazonのレビューでは高評価が並んでるけど、間違いなく全部サクラ。こんなもんが星5評価なんてありえない。これが星5だったらカントリーマアムなんか星100だわ。何がロシアケーキだ、ふざけんじゃねえよ。お前ら全員プーチンに消されてしまえ。

……まあでも、正直「やっぱりな♂」って感じだよね。冒頭で述べたように僕はこれまで通販の食べ物で散々痛い目見てきているから、今回も期待はしていなかった。それでも買ったのは、別に食べられないものが送られてくるわけじゃないからと割り切っていたからだ。実際、食べられないわけではないので、地面スレスレまで下げたハードルは越えたと言える。でもだからって満足はしていないし、文句を言う権利はあるだろう。

もし僕と同じようにこの商品が気になっている人がいたら、買わない事を強くオススメする。無性のクッキー好きならもしかしたら美味しいと思うかもしれないけど、だとしてもわざわざこれを買う必要もない。ちゃんとしたクッキーをちゃんとしたお店で買った方がずっといい。

ネットで「訳あり」を謳う商品全部ゴミ説、僕の中では今回完全に立証された。もし反証があるなら是非教えて欲しいぐらいだ。

パズル進捗状況


メイン部分はだいたい完成し、残るは背景のみである。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
figma No.383 艦隊これくしょん -艦これ- 時雨改二(特典付き) レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3012日目) 

平成最後の夏祭り


先週予告した通り、今日も彼女と夏祭りに出掛けてきた。夏祭りは今日が最終日、つまり平成の時代においては最後の夏祭りという事になる。そう考えると何だか感慨深い……感慨深くない? まあ、最後だからどうだって事もないのだけど。

夏祭りに限らず、これから来年の春にかけて様々な平成最後のイベントが目白押しだ。平成最後のハロウィン、平成最後のクリスマス、そして何と言っても春には平成最後の記念日と彼女の誕生日がある! 改元が前倒しになる可能性もあるけど、その時は次の元号最初の記念日、誕生日として祝えば何の問題もないね♂

それはともかく、今日の夏祭り。言うまでもなく、楽しかった。最後とかそういうの無関係に、ションテンガリアーで思う存分祭りを満喫したよ。射的やったり輪投げやったり、金魚すくい……は、金魚持ち帰っても困るからやらなかったけど。


美味しいものも色々食べた。今日は鯛焼きならぬ「トワッシー焼き」なる珍しいお菓子を売っていたので、それを二人で食べた。鯛焼きと違ってデザイン的にどこを食べるのが一番いいのか、悩むね。これだと例の完全犯罪トリックは実行しづらいだろう。しないけど。


夏祭りといえば花火大会。最終日の今日はこれまでよりゴジャースな花火が打ち上げられて、実に見事だった。でも僕は花火を眺める彼女に見とれてしまって、花火そのものはちゃんと見てなかったりする。花火より彼女の方が100億万倍美しいからね、しょうがないね。

来年の夏祭り、つまり次の元号最初の夏祭りが今から待ち遠しい。終わりと始まりという大きな節目を彼女と迎えられる事を本当に嬉しく思うよ。今年の僕や去年までの僕がそうだったように、来年の僕もまた愛しい彼女と一緒に夏祭りを楽しめてションテンガリアーなんだろうなあ。はしゃぐ姿が目に浮かぶよ。

今週のデート


一昨日は彼女と温泉に行ってきた。温泉つっても地元の温泉で、もち日帰りだけどね。今週、特に温泉へ行こうと決めていたわけではない。前日、つまり木曜の晩、ふと「そうだ、温泉行こう」と思い立って彼女を誘ってみた次第。突然の誘いにもかかわらず快くOKしてくれた彼女はマジ天使、いや、女神やね。


突発的な温泉デートだったけど、文句なしに楽しかった。温泉以外にも湖を散歩したり、彼女が作ってきてくれたご飯を食べたり。一昨日は暑かったけど耐えられない程の炎天下というわけでもなく、デートには割とちょうどいい日和だったかな。前日は台風でデートどころじゃなかったけど。


ご飯は彼女のお弁当以外にレストランでも食べた。僕は精力♂を付けるためにボリュームたっぷりのダンボステーキ、彼女はおろしハンバーグを注文。寝る前にとあるテレビ番組で松阪牛のステーキとかが紹介されてて、「明日は肉!」って決めてたんだよね。さすがに松阪牛は食べなかったけど、レストランのダンボステーキもなかなか美味しかった。

焼き肉と迷ったけど、焼き肉は比較的最近彼女と行ってたからパスした。デートで焼き肉を「入れる」のはここぞという時だけと決めているので。今回はまだそのタイミングではない。じゃあいつだよって感じだけど、僕と彼女にしか分からないここぞ!って時はあるもんだよ。理屈じゃなくね。

それに今回のメインは温泉であって肉ではないので。そのメインの温泉、実に良かった。熱海とか箱根とかには流石に負けるけど、彼女の湯上がりたまご肌(MMIKOR)を思う存分堪能できただけで僕は満足。それだけで温泉に行った甲斐があったというものだよ。


温泉でさっぱりして、お腹も満たした後は涼しい部屋でゆっくり過ごした。ゆっくり湯上がりたまご肌(MMIKOR)を堪能した。最高だったね。もうすぐ夏休みが終わってしまう切なさはあるけど、彼女と一緒にいる時はそんなネガティブな感情はどっか行ってしまう。夏休みがあっと言う間なのはそれだけ彼女と過ごす日々が楽しかった事の裏返しだしね。

それにまだ休みは残されている。何事も終わりが肝心だから、残りの約一週間、全力で駆け抜けるぜ!!!

雑談コーナー【テーマ:石ノ森章太郎物語】


24時間テレビのスペシャルドラマ『石ノ森章太郎物語』が結構面白かった。去年の阿久悠物語が思いのほか視聴率が良かったからか、はたまた近年24時間テレビ自体が「感動ポルノ」と揶揄されるようになったからか、障害者や病気とは特に関係のない内容のドラマにシフトしたようだけど、その判断は正しかったと思う。泣かせる系のドラマ、ちっとも面白くなかったからね。

僕が小さい頃の24時間テレビは手塚治虫のアニメを放送するのが恒例で、毎年楽しみにしていたものだ。今回の石ノ森章太郎物語は手塚治虫とも無関係ではないので、アニメではないがある意味原点回帰と言える。だからこそ、割と期待してたんだよね。

期待を上回る……って程でもないけど、まあ期待通りの内容だった。石ノ森章太郎の半生を語る場合、必然的にトキワ荘でのエピソードが中心になるので、ここでも度々語っている僕の愛読書『まんが道』と一部重複するのが面白かった。手塚先生の代原をみんなで描く話とか、赤塚先生と石ノ森先生が台所で水浴びする話とか、「これまんが道で見たやつだ!」と、進研ゼミのアレ的なションテンで密かに盛りあがっていた。

まんが道はあくまでも藤子先生(主にA氏)がメインで、なおかつ完全なノンフィクションというわけでもないので同じエピソードでも描かれ方に差があるのも興味深かったね。一番の違いは石ノ森先生自身のキャラクターか。ドラマでは作劇の都合上、弱い一面がクローズアップされてたけど、まんが道では終始豪放磊落な天才として描かれていたので、そのギャップはなかなか新鮮だった。ドラマはドラマでフィクション入ってるのでどっちが正しいってわけでもないんだろうけど。

あとまんが道読者にはおなじみのテラさんこと寺田ヒロオ先生が出てきたのも良かったね。直接絡むシーンは少なかったけど、さりげなく特技の野球についても言及されてたし、制作陣がちゃんと(まんが道を含め)トキワ荘絡みの文献を読み込んでるのが良く分かった。

テラさんと言えば過激な漫画が大嫌いで、それが原因で筆を折った事は有名だけど、そんなテラさんが石ノ森先生の漫画をどう思ってたのか気になる。色々思うところはあっただろうし、そういう思いが積もり積もって晩年ああいう風になってしまったのかなって気はするけど、今となっては藪の中である。

それはともかく、石ノ森章太郎物語。トキワ荘以外のエピソードもなかなか良く出来ていて、僕は満足だった。24時間テレビという番組自体は正直どうでもいいけど、こういうドラマなら毎年見てもいいなと思うよ。とりあえず、もうお涙頂戴路線には戻らないで欲しいね。

パズル進捗状況


今週も割と進んだ。ピースが少なくなってきたから難易度徐々に下がりつつある、かも。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 叢雲改二 レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(3005日目) 

砂混じりのコミュニケーション2018


夏と言えば海!……という事で、いつかの予告通り、今週は彼女と海水浴に行ってきた。本当はもっと早く行くつもりだったのだけど、なんやかんやで先送りになって、ようやく今週の金曜日、決行する運びとなったのだ。

お盆を過ぎるとクラゲが出るって言うけど、今年は記録的な猛暑だし、大丈夫だと思った。そもそも最近は地球温暖化だか何かの影響でお盆前でも普通にクラゲいるって言うし、特に気にする必要もないと言えばない。

しかしクラゲはともかく、やっぱり何だかんだ言ってもお盆過ぎると一気に涼しくなるね。涼しいと言っても30℃超えるけど、湿度が低いおかげで金曜は過ごしやすかった。暑くもなく、寒くもない、絶好の海水浴日和だったと言えよう。我ながら西野ジャパンもかくやと言わんばかりの神采配だったと思うよ。


やっぱり海はいい。プールと違って泳ぐ以外にも楽しめる要素が盛りだくさんだから、泳ぎの苦手な彼女にももってこいだ。砂遊びしたり、海の家で食事をしたりね。食べたのはもちろん、王道を征く、焼きそば。海水浴に来て焼きそばを食べないなんて、吉野家で味噌汁だけ飲んで帰るようなもんだ(そうか?)

そういえば彼女と付き合い始めた頃はこの時期水着コンテストみたいなのをやってたんだけど、いつの間にかやらなくなった。大学のミスコンよろしく「女性差別だ!」ってどっかからクレームが付いたのだろうか。まあ、別にいいけどね。僕にとってグランプリは永遠に彼女で、わざわざ選考する余地もないのだから。


ひとしきり彼女の水着、もとい海を満喫した後はショッピングをしたりレストランで食事をしたりした。僕はボリュームたっぷりのダンボステーキを食べたのだけど、彼女が頼んだのは意外ッ!それはお子様ランチ! 僕は何度か頼んだ事があるけど、彼女は何気に初めてじゃないかな。

普通、お子様ランチは(量が少なく品数が多いので)コストが掛かるという理由で「申し訳ないがお子様以外はNG」なのだけど、このレストランは大人も頼めるお子様ランチを出している。ボリューム的に物足りないけど、味は美味しいのでオススメだ。たまには童心に返るのも悪くないしね。お子様ランチをもぐもぐ頬張る彼女、可愛かったなあ。それ見ただけでお腹いっぱいって感じ。


心も満腹になったところで、〆はいつも通り部屋でゆっくりくつろいだ。海水浴で程よく疲れた体を彼女と寄り添って癒やすのは大変心地がいい。まだ夏休みもまっただ中、翌日も翌々日も休みだから普段より長く一緒にいられるしね。

次のデートが今から楽しみだ。まだまだ僕たちの夏は終わらない、これからも満喫しまくるぜ!!

まだまだ夏祭り


今日はっていうか今日も彼女と夏祭りに行ってきた。せっかく開催されてるんだから行かないなんてありえないよね。といっても一人でなんて行く気しないけど、彼女と一緒なら行きたい、行きまくりたい。夏休みの思い出、一つでも多く作っておかないと。しかも今年は平成最後の夏休みだから、例年以上に気合が入るよね。


彼女も今日はションテンガリアーで夏祭りを満喫してた。屋台で美味しいものたくさん食べたし。特に美味しいと思ったのは鯛焼きかな。前にも書いたと思うけど、鯛焼きを食べる度に思い出すのが古畑任三郎の鈴木保奈美犯人回ね。

リアルガチであのトリックはミステリー史に残るレベルだと思う。種明かしされた時「なるほど!」って素直に感動したもん。一見ばかばかしくも思えるのが実に三谷幸喜らしくて、あらゆる三谷作品で僕はあのエピソードが一番好きだな。見た事ない人は是非一度見てみて欲しい。

それはともかく、昨日のデートに続いて今日も楽しい一日だった。夏祭りは来週末で終わりだけど、もちろん来週も足を運ぶつもり。来週は雨が降らなければ花火大会もあるはず。綺麗な花火を綺麗な彼女と眺める……想像しただけで最高だで!

雑談コーナー【テーマ:生きがい復活】


もう始まってる!……何がって、Amazonプライムの『有田と週刊プロレスと。シーズン3』に決まっているだろう。始まったのはちょうど一ヶ月程前なのだが、不覚にも僕が気付いたのは今週。他の番組を見ようとプライムをチェックしていて偶然目に入った次第だ。

あれだけ「週プロおもしれー! 新シーズン楽しみなんじゃ^~」と騒いでいたのに一ヶ月も見過ごすなんて……マジ不覚。でも言い訳させてもらうと、シーズンを跨いだ新作の配信を通知してくれないAmazonも悪いよ。シーズンが違っても同じ番組である事に変わりはないのだから、始まるよって教えてくれてもバチは当たらないじゃない?

始まるなら夏だと思っていたから、先月の頭に「配信されてないかなー」ってチェックはしたんだよね。でも、配信が始まったのはちょうどチェックをした直後だったらしい。何という間の悪さ。まあでも、遅れたとはいえ気付けたので良かった。今週分まで5話も溜まってたから見応えはあったしね。

内容については言うまでもなく、相変わらず面白い。人気が出て予算が増えたのか、セットが少し豪華になってたのが唯一の違いか(笑)。今まではどっかのカフェの一角みたいな場所で収録してたからねぇ。どこで収録しようと進行に大きな変化はなく、その安定感が何よりの魅力なのだけど。プロレス興味がない人でも普通に楽しめる番組だから、見た事ない人はぜってー見るべき! 最近は「いちいち基本的な話を繰り返すのが面倒」という理由で有田が説明を端折るようになっているので、見るならシーズン1からがオススメだ。

そんな神番組を見始めた一方、クソ番組も見ていた。『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』というバラエティだ。週プロの新シーズンを発見したのはこれを見ようと思った時だったりする。そういう意味ではSK(すごく感謝)。でもクソ。

一言で感想を述べるなら「戦闘車よりはマシ」。しかし、番組としての方向性は(つまらなさも含め)非常に似ている。何がつまらないって全部つまらないんだけど、とりあえず今のご時世「危険」とか「過激」とか煽るのはやめにしないか。危険なわけがないし、過激でも何でもないんだから。

いや「本当に危険な事をしろ」なんて非常識な要求をするつもりはない。でも、出来もしない事をさも出来るかのように騒ぎ立てるのは冷めるだけだからやめてほしい。そりゃネット番組は地上波に比べて規制が緩いよ。だけど、出演するタレントの所属事務所が自社の「商品」に傷を付けるような真似、許すわけないじゃない。許されるのは大川興業と往年のたけし軍団ぐらいのものだろう。

ただ、あからさまなヤラセも含めてあらゆる面でつまらなかった『戦闘車』に比べ、全く見どころがないわけではないので僕としては「戦闘車よりはマシ」という評価に落ち着いている。どっちもクソはクソ、下痢便と巻きグソぐらいの違いしかないけどな。ちなみに番組自体クソネタが妙に多いのだが、そういう下品なのは別に嫌いじゃない。むしろアンガ田中がクソ塗りたくられてゲロ吐くくだりは数少ない面白ポイントだと思ってる。もちろん本物のクソのわけはないが、肝心なのはそこじゃないからね。

今日は先週の話の続きをするつもりだったけど、「物申したい事」が出来たので急遽予定を変更させてもらった。先週の続きはなんか時間経ちすぎてどうでも良くなってきたので、もうしないかも(笑)。大したネタでもないしね。まあ、気が向いたらって事で、ひとつ。

パズル進捗状況


今週も割かし進んだ。そういえばタイトルにあるように、パズルを作り始めてから3000日が経過した。3000日のパズル史の中で今作ってるこのパズルが一番難産だと思う。絵柄に全く思い入れがない(のに3000ピースもある)からションテンがね……まあ、急いで作る必要もないからこれからものんびりやる所存。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2998日目) 

本格的♂浴衣

今日の僕の第一声は「死ぬ!」だった。別に具合が悪かったわけじゃあないよ。でも死ぬ。正確には死にかけた。


彼女の浴衣姿があまりにも可愛すぎたからだ。もはやこの可愛さは暴力、いや、凶器の域に達している。可愛さが鋭い刃となって僕の心をブスリ♂と刺した。だから死ぬ。ヘルメットがなければ即死だった。

そんなわけで、今日は待ちに待った夏祭り当日だったのだ。もっとも、待っていたのは彼女の浴衣姿ないし一緒に過ごす事であって、夏祭りそのものはオマケみたいなもんだけど。それでもいつもとは違う街のイキフンにションテンガリアーだったのは確かである。夏の風物詩でもあるしね。


彼女のおかげで今年も素晴らしい一日になった。二人で食べる縁日の焼きそばやたこ焼き、おいしかったなあ。二人で眺める花火、キレイだったなあ。だけど一番キレイで、おいしいのは他でもない彼女なんだけどね。言うまでもない事だけど、あえて言うよ、あえてね(カンボジア代表監督就任済み)

夏休みも残すところあと3週間。まだ3週間あると捉えるか、もう3週間しかないと捉えるかは人それぞれだけど、彼女と過ごす楽しい時間があっと言う間に過ぎ去ってしまう事を知っているから、僕的には「もう」かな。とはいえ、3週間あれば出来る事は山ほどある。まだまだ満足はしていないし、この調子で最終日まで最高の思い出を作り続けるぜ!

プレミアムフライデー


一昨日の金曜日は僕にとってリアルガチのプレミアムフライデーだった。理由はもちろん、彼女とデートをしたからだ。一昨日は8月10日、つまりプチ記念日でなおかつ休日だったゆえ、恒例の遊園地デートとシャレ込んでみた。夏休み中の遊園地はナイトパレードが開催されているので、足を運んだのはもちろん夜。まあ、ナイトパレードがなかったとしてもデートは夜って決まってるけどね。昼は暑いし。


今年は結構遊園地に行く回数が多いけど、夜は今回が初。昼に比べて夜の遊園地はシャレオツなイキフンで、デートにはなおさらもってこいだ。彼女もすごく楽しんでくれて、行って良かったよ。幸いそれほど蒸し暑くなかったのも助かった。僕と彼女はアツアツのラブラブだったけどね(笑)。


遊園地を楽しんだ後は夜の街を散歩。ショッピングしたり美味しいものを食べたりね。晩ご飯は精力♂を付けるために焼き肉にした。記念日だったから奮発して霜降り肉とか特上カルビとかを食べまくった。もちろん忘れちゃいけない骨付きカルビもね。

僕の中で骨付きカルビは焼き肉として特別な存在。かの傑作ドラマ『お金がない!』の影響である(笑)。主人公の貧乏一家が骨付きカルビで狂喜乱舞するくだりが好きでねぇ……あれを見て以来、ごちそうと言えば骨付きカルビなんだ。霜降り肉よりも上位存在だよ(笑)。


まあそれはともかく、焼き肉で精力♂を付けた後は彼女の部屋でゆっくりと過ごした次第。遊園地もいいけど、やっぱり二人っきりが一番よにゃ。彼女も僕と同じ気持ちだったみたいで、「今夜は、帰したくない」っていう東山源次状態だったし。そんな事言われたら帰るわけにはいかない、ってか帰るはずがないよね。

あ、そうそう。記念日といえばプレゼントももちろん贈ったよ。今月はこれ。

彼女に似合うと思ったから……って理由はあくまでも建前で、本音は単に僕がショートパンツ好きだから(笑)。最強に可愛い彼女と最強にシャレオツなショートパンツの組み合わせはもはや向かうところ敵無しって感じ。少なくとも僕は一撃KOされてしまったよ。彼女も喜んでくれたし、まさにWin-Winの関係である。

あらゆる意味で最高の一夜だった。先日の旅行も楽しかったけど、ゆっくり落ち着けるという意味では今回のデートの方が良かったかなぁとも思う。ま、彼女との思い出に優劣なんてつけられないんだけどね。全部最高、全部最強だから。

次のデートも今から楽しみである。ちなみに今年遊園地に行くのは今回が最後……だと思う。次は来年の2月かな。それもまた待ち遠しいよね。

雑談コーナー【テーマ:テレビっ子】


最近、このコーナーで文句ばかり言ってる。やれ気に入らないだの、やれ調子に乗るなだの。もはや罵詈雑言コーナーに改名した方がいいレベルだ。いい加減うんざりしたので今日はそういうの禁止。ポジティブで平和的なノリを心掛けよう。

僕がEテレ(NHK教育テレビ)のファンだという話はここでも度々している。特に好きなのが平日の午前中放送される、学校放送番組。昔は午前中いっぱいが学校放送の枠だったけど、少子化やメディアの多様化といった時代の流れと共に少しずつ縮小されていって、今は9時から10時までの1時間が学校放送枠として割り当てられている。

そんなEテレの学校放送枠はこの「夏休み中」が最もアツい事をご存じだろうか。恐らく子供やその親が自宅で視聴する事を想定しているのだろう、民放顔負けの妙に気合が入った番組が放送されまくるのだ。夏休みに限らず春休みや冬休みにもその傾向は見られるが、激アツなのが夏休み中なのは間違いない。

代表的な激アツ番組をいくつか挙げると、まず『香川照之の昆虫すごいぜ!』。この番組はTBSのバラエティ(櫻井・有吉のTHE夜会)に香川照之が出演した際、「昆虫の番組を作ってほしい」という要望を出し、それを受けて制作された番組である。始まったのは2年前で、毎年再放送を挟みつつ新作が作られ続けている。今年の新作はカブトムシの特集で、相変わらずカマキリの着ぐるみを着てはしゃぐ香川照之が面白かった。

そして『ABUアジア子どもドラマシリーズ』。正確は学校放送ではなく、ABU(アジア太平洋放送連合)が制作した国際番組。アジア各国の子供を主人公にしたオムニバス形式のミニドラマで、道徳的なストーリーが特徴。具体的にどの話が面白いというわけでもないのだが、普通のドラマとは違う独特の作風が好きで毎年楽しみにしている。

ドラマと言えば外せないのが『NHK杯全国高校放送コンテスト』、通称・Nコンの創作ドラマ部門。現役高校生による自主制作のドラマを競う大会なのだが、これまたアマチュアならではの「手作り感」が商業ベースのドラマにはない魅力を醸していて僕は大好きだ。ポイントはコンテストに出場するのがあくまでも「放送部」の生徒達であって、演劇部ではない事。良くも悪くも「上手すぎない」絶妙な演技力がクセになるよ。

ちなみに今年の最優秀作品は、冴えないガリ勉男子が好きな女子の気を惹こうと自分を変える努力をするも、その女子に無理してる事を看過され「前の方が良かった」と言われてしまう……という、ぶっちゃけ割と良くある話。主人公が冴えないグループの人間を「蛾」、華やかなグループを「蝶」と称し、それが物語の重要なメッセージになっているのは良かったと思う……けど、去年の最優秀作のバレンタインをテーマにしたコメディの方が作品としては面白かったかな。

その年々によって面白さの質にバラつきがあったり、題材や表現方法に流行り廃りが存在したりして、それをチェックするのも見どころの一つだと僕は思う。上でも述べた通り、演技に特化した大会ではないので、必ずしもプロ顔負けの迫真演技を見せたり美男美女が登場したりする作品が上位に食い込むとは限らないのも興味深い。今年の最優秀作品も演技はそこそこだし、これを言うのは失礼だけどヒロイン役の女子高生があまり可愛くない(笑)。

……とまあ、他にも紹介しておきたい番組が山ほどある、というか今回このテーマを選ぶきっかけとなった番組を紹介してないのだけど、長くなったので続きは次回にしよう。他に物申したい事がなければね。

パズル進捗状況


今週も割かし進んだ。いつの間にか半分以上は終わったな。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
ホビージャパン 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/7 大淀 レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2991日目) 

今週のデート


夏休み中は曜日にこだわる理由が特にないゆえ、今週のデートは昨日した。そういう意味では平日でも良かったんだけど、今週は全国的にクソ暑かったじゃない? 名古屋なんか最高気温40.3℃とか行ったし。そんな暑いさなかデートなんてありえないからね。夜は夜で蒸し暑いし、どうせデートするなら昼っていうか朝からずっと一緒にいたかったので。旅行でずっと一緒だったから、なおさらそう思うんだろうなあ。


昨日も暑かった、けど前日までよりはマシだったのでまだ良かった。そんなわけで昨日は彼女と水族館に出かけてきたのだ。確か先週だったか先々週だったか、「次のデートは海にする」って言ったような気がするけど……スマンありゃ嘘だった。嘘っていうか、あくまでも予定に過ぎなかったからね。絶対行くと確約したつもりは毛頭ないッ!(開き直り)

行くつもりだったのは本当。でも上でも言った通り、今週は暑すぎた。炎天下の中で海水浴したって楽しめないだろうって事で、今回は見送った次第だ。今週が最後のチャンスだったら別だけど、まだまだ夏休みは残ってるし。それに今年は猛暑だから、お盆過ぎて急に涼しくなるって事はないだろう、多分。むしろちょうどいい海水浴日和になるのではないか、僕はそう思ったんだ。

だから海水浴はまた後日にする。次のデート、とはもう言わない(笑)。っていうか次のデートの行き先はもう決まってるしね。休日……10日……記念……あとは分かるな? 予定としては再来週、お盆過ぎたぐらいに満を持して海に行きたいなぁと思ってる。


話を今週に戻すと、昨日は水族館で涼しげなイキフンを味わった後はショッピングをしたりご飯を食べたりして過ごした。シースーをつまんでみたのだけど、後になって水族館行った後に魚食うってどうよ?って思った。全く意識してなかったし、彼女も特に気にするそぶりはなかったからいいんだけど。何よりシースーまいうーだったしね。


お腹いっぱいになった後は僕の部屋でイチャラブしつつ、ゆっくりくつろいだ。やはり夏はエアコンの効いた部屋で過ごすに限るし、ソーセージは(ry

とにかく、夏の暑さを吹き飛ばすぐらい最高に楽しくて幸せな一日だった。次のデートが今から楽しみだY。いや、デートだけでなく、彼女と過ごす全ての瞬間が楽しみで仕方ない。僕の夏休みは彼女と一緒にいるためにあるからね、間違いなく。

夏祭り


今日は彼女と夏祭りに行き……たいね、という話をしていた。毎年二人で行っている地元のやつ。本格的♂に始まるのは来週末からなので、今日は行っていない。今年も彼女の浴衣姿が見られると思うと今からションテンガリアーである。浴衣姿自体は旅行の時に思う存分堪能させてもらったけど、ホテルの浴衣と普通の浴衣はまた全然違うからね。どちらがいいという話ではない。あえて言うなら、どちらもいい。究極VS至高の対決のように、優劣など永遠につかないだろう。

早く来週になって欲しいという思いと、少しでも長く夏休みが続いて欲しいという思いが僕の中でせめぎあっている。次の日曜が来て欲しいけど、来て欲しくない。これもまた永遠に結着のつかない矛盾である。

まあでも、浴衣や夏祭りが夏休みの全てってわけでもないから、どちらかと言えば引き延ばしたいかな。福本伸行や板垣恵介の漫画のように、散々夏休みを引き延ばして10年ぐらい経ってくれればいいのに。

とはいえ、終わりがあるから夏休みはより魅力的に輝くし、限られた時間の中で最高の思い出を作ってやろうと意気込めるのだけどね。

雑談コーナー【テーマ:申氷N】


申し訳ないがそうめんに氷水はNG……というネットニュースを先月、見かけた。何でも麺を水にさらし続けるとうまみ成分?みたいなのが溶け出して美味しくなくなってしまうんだと。だからなるはやで水を切るのがそうめんを美味しく食べる秘訣だって、そのニュースでは言ってた。

……知らんがな。というのが僕の率直な感想。そして心底、くだらない。

僕はこういう、「正しい食べ方」や「正しいマナー」といった概念が大嫌いだ。一番美味しいかどうかなんて誰が決めたんだ。そうめんに関して言えば水を切った麺は固まってほぐれにくくなってしまうので敬遠する人も少なくない。かくいう僕もそう思っているのだが、そう思う人間にとっては氷水に浸かったそうめんが一番美味しいのだし、それを否定される筋合いはないだろう。

だいたい、水に溶け出すといったって30分も1時間も浸けておくわけでもあるまいし、たかが知れてるだろ。少なくとも常人の味覚で違いは分からないと断言できる。それより水を切ると速攻で固まってしまう方が僕はずっと嫌だ。

いるよね、こんにゃくは肉を固くするからって必死ですき焼きの肉と糸こんにゃくを遠ざけようとするヤツ。そりゃ意味なくくっつける必要はないが、肉なんかどうせすぐ食べるんだから神経質になるような事でもないだろう。細かい事にいちいち口出しする鍋奉行の方がよっぽど飯をマズくするわ。

マナーに関してもそう。よくバラエティ番組とかで正式なマナーをチェックする企画があるけど、あんなマナー誰が決めたんだよ。どこの馬の骨か分からないジジイやババアが決めた規則に我々が素直に従う義理も「間違ってる」と言われる道理もないね。周りの人間を不快にさせなきゃそれでいいじゃないか。

この話は年末改めてするつもりだが、年賀状のマナーもくだらないと思ってる。「新年あけまして」は不自然だの、目上の人に「賀正」は失礼だの、マジくだらない。そんな事でいちいち目くじら立てるような奴には二度と年賀状なんて送らないから正直に気分を害したと言ってほしいよ。

そもそも毎年言ってるように、年賀状という風習自体くだらなさの極致だと思っているのだが。年賀状肯定派は「年賀状の時ぐらいしか連絡を取り合わない人もいるので……」とか言うけど、そんな薄っぺらい関係性を維持して何になる? 年賀状送らないぐらいで失われる人間関係なんか無くなって結構だろ。

今のご時世、年賀状に頼らなくてもお互いの近況が知りたければ知る方法なんていくらでもある。どうしても肉筆の文書がいいっていうなら寒中見舞いでも送ればいい。義理と建前にまみれた年賀状なんて廃止すべきだ。この訴えは毎年、もちろん今年の年末も行っていくつもりです。

話がだいぶ逸れてしまったけど、とにかく食べ方にしろ作法にしろ、明確に「正しい」なんてものは存在しないし、正しいなどと抜かす奴は滅んでしまえと思うわけだ。

天国の兄貴だってきっとこう言うよ。「もう好きにやらせてちょうだい……♂」って。

パズル進捗状況


下(写真左)の1/3ぐらいが完全に出来た。実は1ピースだけ足りなくてずっとモヤモヤしてたんだよね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2984日目) 

本格的♂熱海旅行


熱海最高!ねねっち最高!!地球に生まれてよかったーーーーーーーーーー!!!!……というわけで、ついさっき旅行から帰ってきた。一泊二日の熱海旅行、マジで最高。さすが熱海、半端ないね!

知っての通りこの週末は日本を台風12号が襲ったのだけど、不幸中の幸いというべきか、昨日も今日も日中は何とか暴風雨に晒される事はなくて良かった。台風が上陸したのはホテルにいる夜中だったから、特に問題はなかった。これはあれだな、神様が気を遣ってくれたんだな。「あいつら熱海行くらしいやんけ、ほな台風の速度調節して夜中に通過させたろ」ってね。ありがとう、神々!


そんなわけで今回の旅行も無事怪我なく楽しく過ごせた次第だ。観光したり温泉は言ったり美味しいもの食べたり、どれも楽しかったけど、やっぱ一番楽しいというかションテンガリアーなのは夜、だよねぇ。愛する彼女と二人っきりの夜、嬉しくなかったら嘘でしょ。旅先で一夜を明かすってのは自分の部屋のそれとはまた違ってて、ほんま最高やで。朝起きたら隣に彼女がいる、それだけで僕は満足なんだよなあ。

っていうかほとんど寝てもいないんだけどね。毎度の事ながら、寝てる場合じゃないし。その代わり旅行の前日はしっかり寝ておいた……のだけど、やっぱり今は物凄く眠い。さすがにはしゃぎすぎたか。まあでも、心地いい眠気だけどナー。夏休み中って事で精神的にも楽だしね。明日が平日だったら正直げんなりする部分はあるけど、休みだから何の問題もないね♂


そういえば僕らが旅行で毎回行ってる熱海の初島ってところは少し前に水曜日のダウンタウンのこち亀回で町内ゴルフをやったところだよ。だからどうしたってわけでもないんだけど、なんか地元がテレビに映った時みたいで嬉しかったもので。ある意味僕と彼女にとって、初島ならびに熱海は「魂の故郷」みたいなもんやし。

8年前、初めて本当の愛を誓い合った熱海は僕らにとって特別だし、だからこそ夏の熱海旅行はいつも以上に気合いが入るんだ。他の季節も熱海には何度も行ってるけど、某氏の言葉を借りるならやっぱ「熱海は夏!」だよねぇ。本物の城じゃないというぐらいでテンションが半分になる熱海城(右の森の上)も、それはそれで楽しいんだ。


次の旅行が今から楽しみだし、それよりこの夏休みが何より楽しみ。旅行に負けないぐらい最高の思い出を作って作って作りまくるぜ!!

本格的♂夏休み


例によってここから下は旅行前に書いてる。今は金曜日の夜。金曜ロードショーで『バケモノの子』を見ながら書いてるよ。最新作を見に行く予定は今のところない。

それはともかく、金曜日、つまり今日まで夏期講習があった。終業式は先週だったけど、今週いっぱいは夏休み感ゼロだったね。しかもむちゃくちゃ暑かったし……最悪やでカズヤ。っていうか、一番暑い時に講習があって、ようやく暑さが和らいだら講習終わりっておかしくない? 暑くて勉強どころじゃないから夏休みがあるんとちゃうんか!?

まあ、何にせよ終わりは終わりだ。実質的な夏休みは今から始まると言っていい。夏休み感が全然ないのは講習があっただけでなく、去年から27時間テレビをこの時期にやらなくなった事も無関係ではないだろうな。つまらんだのマンネリだの言いつつも、夏の風物詩の一つだった事は確かだし。24時間テレビの方は夏休み終わる感がパナイから別にいつ終わってくれてもいいよ。

夏休みはまだ一ヶ月以上あるわけだけど、どうせあっと言う間に過ぎ去ってしまうんだろうなぁ……毎年そうだし。まあ、それだけこれからの一ヶ月間が楽しいって証拠だけどね。言うまでもなく、それもひとえに彼女のおかげである。今年も彼女と二人で最高、いや最強の思い出を作りまくるぜ。

まずは明日の旅行、思う存分楽しんでくるわ。上ではきっと明後日の僕が「熱海最高!ねねっち最高!!地球に生まれてよかったーーーーーーーーーー!!!!」って大はしゃぎしてるんだろうなぁ……うらやましいぜ。

台風が近づいてるらしいけど、そんな事はどうでもいい。雨が降ろうが槍が降ろうが僕と彼女の愛は止められない。旅行で一番重要なのは観光でも温泉でもなく、彼女と二人っきりで朝も昼も夜も!一緒に過ごす事だからね。ホテルが潰れでもしなきゃ、何の問題もないね♂

とか言ってたらバケモノの子、終わった。普通に面白くなかった。っていうか細野作品は原作付き以外イマイチ合わんなあ。おおかみこどもも好きじゃないし、サマーウォーズは良かったと思うけどあれは(デジモンが下敷きだから)原作ありみたいなもんだし……。

雑談コーナー【テーマ:言いたい事も言えないこんな世の中じゃ】


芸能人の寄付を「売名行為」と叩く不届きな輩がいるらしい。最近だと西日本豪雨の義援金を寄付する事を公言したX-JAPANのYOSHIKIが一部でそのような批判に晒されている。それマジ?って思ってしまうのだけど、マジなんだよなぁ……。

叩くまではいかなくとも「寄付は黙って行った方が素晴らしい」と考える人間は一定数いるようだ。こういう日本人特有の言わぬが花、不言実行が美徳的な考え方、ほんと大嫌いだね。そんな風だから日本では寄付金の文化が根付かないし、結果的に救われない人が増えてしまうんだ。

寄付する時に寄付すると口に出して何が悪いの? よしんば売名行為だとしても、何の問題がある? 寄付金の出所がイリーガルなら別だけど、真っ当に稼いだお金ならどう扱おうが勝手じゃないか。文句があるならお前が金出せって話だよ。

要するにアレだろ、叩いてるアホどもは見ず知らずの誰かのために大金をPONG★と出せる金持ちが妬ましいんだろ。それでその金が自分の懐に入らない事が気に入らないんだろ。仮に自分自身が寄付される側の人間だったら「売名だ」なんてくだらない批判は口が裂けてもしないはずだ。

僕だったら誰かが100万なり1000万なりを無償でくれるって言ったら売名だろうが何だろうが喜んで貰うよ。っていうか「売名だから要らないです」なんて突っぱねるやつはいないだろ。むしろ売名だと叩く外野を「余計な事言うなよ」と疎ましく思うはずだ。YOSHIKIの件で売名売名騒いでる奴らは被災者にとってその「余計な事」をする張本人だと分かれ。

だいたい、文句言ってるヤツに限って自分は一切寄付や募金をしないんだ。金は出さないけど口は出す、それが一番醜い。YOSHIKIに対して否定的な見解を示してもいいのは実際にYOSHIKIと同額ないしそれ以上の寄付を匿名で行った人間だけだ。それ以外の人間にYOSHIKIをどうこう言う資格はない。むろん、僕にもない。

しかし有名人は大変だね、ちょっとした事ですぐ叩かれて。剛力彩芽の件もそう。僕は別に彼女のファンでも何でもないけど、いくらなんでも可哀想だと思うわ。夢を売るアイドルならまだ分かる。でも彼女は普通のタレント、女優さんでしょ? 恋人が出来て浮かれるぐらい、させたれや。むしろ変に達観してない無邪気さに好感が持てるわ。

これもやっぱりひがみ根性が最大の原因なんだろうなぁ。「大して可愛くもない女が金持ちと付き合って幸せそうにしてるのは許せない!」って、もっと醜いクリーチャーが叩いてるんだぜどうせ。彼氏も彼氏で叩かれやすいキャラだから、ある意味炎上すべくして炎上した案件と言える。

嫌な世の中になったものだ。まあ、だからって別に昔の人間が偉かったわけではなく、ネットの普及で人間の醜悪な側面が表に出やすくなっただけだけど。誰でも簡単に言いたい事が言えるようになった事で、逆に言いたい事が言えなくなるという矛盾。まさしくポイズン状態ですわ。

パズル進捗状況


今週も結構進んだ。ここまで来れば何のパズルかヴァルヴァロ(MA-06)である。

お礼

ふぃぎゅる!』様、『よつばとフィギュア』様、
ホビージャパン 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/7 大淀 レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ