HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > 寧々パズル制作記

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2550日目) 

祭りの後感あるよな


ゴールデンウィークに旅行、そして誕生日と大きなイベントが立て続けに起こった事もあって今週は何となく物足りなさを覚える一週間だった。いや、平日は平日で彼女が朝起こしに来てくれるし、学校でも会おうと思えば会えるから十分幸せと言えるんだけど、それでもやっぱり先週までに比べれば、ま、多少はね? もしやこれが噂に聞く五月病ってヤツなのカー!?違うか(MNII)。

ちなみに物足りなかったり寂しくなっちゃったりするのは僕だけじゃなくて彼女も一緒で、特に旅行で朝から晩までずっと一緒にいたのが尾を引いてるよね。夜とか寂しいってメールをくれる事がしばしばあって、その度に僕はBダッシュで彼女に会いに行ってる。会いたい気持ちは僕も同じだし、ある意味願ったり叶ったりだからね(笑)。

っていうか次の旅行が今から待ち遠しくて仕方ないわ。多分次は夏休み中になると思うけど、まだまだ先だよなぁ……。夏休み旅行の行き先は毎年熱海だから今年も多分そうなると思う。「熱海は夏!」って名言もある事だし。正直熱海はもう遊び尽くした感あるけど、それでも楽しみである事には変わりない。


いつも言ってるけど、彼女とずっと一緒にいられるなら場所なんて別にどこでもいいからね。我が故郷で「魅力ゼロの街」として名高い名古屋だって全然問題ない。街のしょぼさは二人の愛で十分補えるし、それに今の名古屋には『レゴランド』だってある。

僕の実家とレゴランドは同じ区にあるんだけど、それここで書いた事あったっけ? 同じ区だからって近所ってわけでもないんだけどね。レゴには何の興味もないけど、機会があれば行きたいなーと思ってる。でも入場料高いよねぇ。一人7000円も払って遊園地行くぐらいならゲームでも買った方がよっぽど長く楽しめるじゃん。まあ、それ言ったらディズニーランドとかUSJだって同じだけど。

ま、地域活性化のためにも流行ってほしいところではある。だからみんなも入場料が高いなんて言わないでレゴランドに行こうね! そして帰りに喫茶マウンテンで甘口抹茶小倉スパを……食べようね!

今日のデート


今日はカラオケとかに行ってきた。そろそろ梅雨のシーズンだから天候が安定してるうちに外で遊ぼうかと思ったけど、今日は夏かよ!?ってぐらい暑かったので涼しい屋内を中心に過ごした。僕はともかく、彼女が熱中症にでもなったら一大事だからね。

それに単純にカラオケは楽しいし。歌はいいよにゃ~。自分が歌うよりも彼女の天使、いや、女神のような歌声を聞く事が何より楽しい。ようなっていうか女神そのものだわな。芸術の神として名高い女神「ミューズ」は9人いると言われてるけど、この21世紀の日本に10人目が降臨したと言わざるを得ないね。

できれば一日中、それこそオールナイトで彼女の美声を堪能したいところだったけど、流石にカラオケだけってのも芸がないし彼女の負担にもなるので、今日はショッピングも楽しんだ。久しぶりに電気街の方に足を運んでみたよ。


もちろんメイドカフェとかには行ってない(笑)。あの時はほんと地獄だったからなぁ……冗談抜きで「もう終わりだぁ!(レ)」って感じだった。この七年間で最大級の過ちの一つである。我ながらバカな事をしたものだよ。タイムマシンがあったらあの日の僕を殴りに行きたい。全力で。助走を付けて。

ご飯は久々に外でカレーを食べた。暑い日にはあえてカレー。あえてね(村田諒太敗北済み)

僕はボリュームたっぷりのハンバーグカレー、彼女はヘルシーな野菜カレーを注文。甘党の彼女はカレーがそこまで好きというわけじゃないけど、今日のカレーは大満足、ご満悦先輩だったみたい。美味しい物を食べて幸せそうな彼女の笑顔が僕にとって最高のスパイスやね!


デートの〆はもちろん部屋でゆっくりとイチャラブ。ある意味この時間がメインみたいなもんだね。カラオケもショッピングも楽しいけど、やっぱり部屋で二人っきりが一番よにゃ。

雑談コーナー【テーマ:世界三大論争】


「まあ色々ありますよね(レ)」って感じで今週は色々あって、今日はそれについて書くつもりだったけど、雑談でささっと片付けるのもどうかなーと思ったので別の話題にする。ちなみに別に悪い話ではないので。

突然だけど、僕はビアンカ派だ。いやもうすぐ発売されるじゃん? 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』がさ。だから、それを記念して久しぶりにドラクエの話でもしようかなーと。っていうか、この件については多分前にも(もしかしたら複数回)語ってる気がするけど、覚えてる人は再放送だと思って温かく見守ってちょうだい。

というか、ビアンカ一択でしょ? 誤解しないでもらいたいけど、別にビアンカが年上だから好きとかパツキンだから好きとかそういうわけではないからね。誤解を恐れずに言えば、ビジュアル的にはフローラの方が好き。だけどビアンカ派。ビアンカを選ばない奴は人間じゃねぇとさえ思える。

フローラを選ぶ奴は「そっちの世界線」でのビアンカがどういう人生を歩むか知ってるの? 厳密にはビアンカがっていうよりビアンカの親父が。片田舎でしょぼくれて見てらんないよ。ビアンカはその親父の介護に追われてるし、あの有様を目にしてそれでもフローラを選ぶ奴の気が知れない。初回プレイでは諸々の事情を知らなくてフローラを選んでしまうのもまあ分かる。だが二回目以降フローラはない。絶対ない。

第一、フローラにはアンディという幼馴染みがいるじゃない。よしんばアンディがすげー嫌な奴(DQ8のデブ王子みたいに)だったらフローラの幸せのために彼女を選ぶ余地もある。だけど、アンディめっちゃ良い奴じゃん? 現に主人公がビアンカと結婚した世界線ではフローラとアンディも結ばれて幸せそうに暮らしてる。だったら、わざわざ主人公が横入りする事もないでしょ。

そもそもフローラは主人公とほとんど面識がなくて、ほとんど一目惚れに近い形だ。つまり完全に主人公のビジュアルきっかけで惹かれている。それに比べてビアンカは主人公の見てくれよりも内面や幼馴染みとしての思い出を優先させてるから、ビアンカに肩入れしてしまうのは当然と言えるだろう。外見に惚れるのがダメとは言わんが。

ただねぇ、僕はビアンカ派である一方でこの設定の格差を「卑怯」だとも思う。製作陣は明らかにビアンカを選ばせるよう作為的な誘導をしている。リメイク版ではフローラと主人公が幼少期にも一度出会った事になっていて多少格差を埋める努力が認められるが、それだけじゃ焼け石に水と言わざるを得ない。だから、製作陣の意図への反抗という意味でフローラを選ぶ気持ちは理解できなくもない。

でも普通にプレイしてたらやっぱりビアンカだよ。メタ的な視点を抜きに普通にフローラを選ぶ奴はどうかしてる。一応言っておくけど、別にフローラはフローラで嫌いじゃないからね。でもフローラと同じぐらいアンディも気に入ってるから、二人には幸せになって欲しいと思う次第なのである。

パズル進捗状況


四角い柄がほぼ完成した。1ピース足りないけど、見落としてるだけだろうからいずれ見つかるでしょ。ヘーキヘーキ。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2543日目) 

ハッピーバースデーうーぬー(ラオウ)


今日は何の日?母の日?ノノーンノンノンノンノンノン誕生日~。

というわけで、本日5月14日は僕の誕生日だった。割と毎年言ってるけど、5月14日生まれは僕以外にジョージ・ルーカスとかロバート・ゼメキスとかマーク・ザッカーバーグとかがいる。今日は時代の最先端を征く偉人が生まれやすい日なんすね^~。一番身近なのはバナナマン日村だけど。いや、彼だって十分すごい人だし!

ともあれ、先月の彼女の誕生日に比べたら僕の誕生日なんてクソみたいなものだけど、彼女にとっては何より大切な一日なんだって。彼女曰く、クリスマス以上のビッグイベントなんだと。キリスト超えキタコレ!敬虔なクリスチャンの皆さんには誠に申し訳ナイス!


幸い今日は日曜日だったので、思う存分彼女と一緒に過ごせたよ。誕生日が休日になるのって久々の気がするなぁ。去年は土曜日だったし。彼女の誕生日や7周年記念日が平日だったから、きっと神様が気を利かせてくれたんだろうね。ありがとう、神よ!

毎年、僕の誕生日には彼女がちょっとした誕生日会を開いてくれてね。もち二人っきりなんだけど、盛り上がりっぷりはオリンピックにも引けを取らないレベルだよ。あくまでも体感なので、その点についてはあしからず。


美味しいご飯もいっぱい作ってくれた。アッハ☆ごちそう!(レ) 実際、彼女の手料理はうまいなんてもんじゃない。彼女が愛情をこめた美味しい料理を食べられる、それだけで僕は「地球に生まれてよかったーーーー!!!(ODYUJ)」と叫びたくなるよ。いやマジで。

ケーキは手作りじゃないけど、ちゃんと用意したよ。

うっかり1/4食ってから写真を撮らなきゃいけない事を思い出した。まあ、写真を撮るのを忘れるぐらい美味しかったって事で。イチゴとブルーベリーのミックスケーキで、中に入ってるブルーベリーのクリームが絶品だった。あと白いトロっとしたソースも入ってたんだけど、あれはヨーグルトかな? 王道を征くイチゴのホールケーキもいいけど、たまにはこういう変わり種も悪くないね。星、三つですっ!(MCYAK)

そして忘れちゃいけない誕生日プレゼント。何を贈ってくれるのか、ほんと楽しみだった。すごく期待していたのだけど、贈られた物はその期待を大きく上回ったね。

愛の象徴、ペアリング。あえて装飾過多ではなく、普段づかいしやすいシンプルなデザインを選んでくれたのが彼女らしい。彼女からのプレゼントはどんな物でも嬉しいけど、指輪はその中でも最上級に嬉しいね。ありがとうって言う前に、体が勝手に動いて彼女を抱きしめてしまったよ。

指輪や手料理より、彼女こそが僕にとって最大最強のプレゼントだしね。彼女さえいてくれたら他には何もいらない。

プチ記念日


少し時間は遡るけど、去る5月10日は僕と彼女が付き合い始めて7年と1ヶ月の記念日だった。つまり、8年目に突入して初めてのプチ記念日という事になる。

ここのところ記念日に誕生日、あとホワイトデーとプレゼントラッシュだったから、今月は何を贈るか実に迷いましたねぇ! 同じような物は贈りたくないし、かといって奇をてらいすぎてガッカリされたら最悪だし。ネタ的なブツにしようかとも思ったけど、僕の誕生日に祝ってもらえる事が確定してたから、オーソドックスなプレゼントを選んでみた。


トートバッグ。実用性の高いカバンはプレゼントとして最適だし、彼女も欲しがってるイキフンだったからね。エルメスだのドルチェ&ガッバーナだのといったブランド品ではないけど、その分愛情はたっぷり込めてあるから! そのおかげ……かどうかは分からないけど、彼女はすごく喜んでくれたね。

早速普段使いもしてくれたし、贈った甲斐があったってもんだよ。せっかくプレゼントしたのに全然使ってくれないと悲しいからねぇ……まあ、気に入らないものを無理に使ってほしいとは思わないけど。何はともあれ、記念すべき8年目初のプチ記念日は最高の一日となったのであった。平日のど真ん中であんまり長く一緒にいられなかったのは残念だけど……その代わり今日はたくさん一緒にいられたからよしとする。

来月のプチ記念日は土曜日だから、今月よりはゆっくりできそう。ちなみに次に日曜日がプチ記念日と重なるのは夏休み後の9月。まだまだ先だなぁ……。でも彼女と過ごす毎日は楽しすぎてあっという間だから、体感的には9月なんてすぐだろうね。だって、今から4ヶ月前の1月ですらついこの間のように思えるもの。光陰矢のごとし、とはまさにこの事。昔の人もうまい事言うね。

雑談コーナー【テーマ:声優問題】


前作の時から思ってたけど、何で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のアライグマの声って極楽加藤なの? その時点で見る気が失せる。どんだけストーリーが傑作だとしてもね。

じゃあ字幕見ろよって話かもしれないけど、水野晴郎(ホモ)や淀川長治(ホモ)が健在の頃から「テレビ映画」に慣れ親しんでる者としては吹き替えこそが洋画の真骨頂なんだよ! もちろん「声も含めて演技」だからその声が別人になる吹き替えはオリジナルの魅力が損なわれるという意見も分かる。だけど、字幕は文字数の制約で言葉のニュアンスがだいぶ変わる事も少なくないじゃん? 翻訳の質にもよるけど、原語が理解できないなら吹き替えの方が作品の本質を理解しやすい、僕はそう思うよ。あと字幕はずっと画面見てなきゃいけないから疲れるし。

いや、字幕か吹き替えかなんて話はどうでもいい。とにかく何で極楽加藤なの? いやね、原語版だって本職の声優がアテてるわけじゃないし、そもそも僕は別に本職じゃなきゃ絶対に許さないという堅物な考えは持ってない。本職には出せないナチュラルな演技を求めるジブリやディズニーのスタンスも理解はできるし、たとえば芸人でも雨上がりの宮迫とか最近だとパシリムのケンコバみたいなタイプは普通に受け入れられる。

でも極楽加藤はダメでしょ。だって極楽加藤だもん。いや加藤が好きとか嫌いとかそういう話じゃなくて、あの声は完全に加藤じゃん。加藤以外の何物でもないじゃん。宮迫やケンコバはいわゆる「中の人」をあまり感じさせない演技をするからいい。でも加藤は思いっきり加藤だし、本職だろうが素人だろうが中の人の顔がチラつく演技は「声優」としてダメでしょ? プロの声優の中にはそれを避けるために顔出ししない人もいるぐらいだし。

仮にこれが加藤でなくガッキーや山本美月だったとしても嫌だ。いくら彼女らが可愛いといっても顔が思い浮かんでしまう事は作品の邪魔でしかない。

そもそも、誰が加藤を求めてるんだ? 「アライグマの声加藤なの?じゃあ見に行こう」なんてヤツ、いないだろ。僕みたいに「加藤なの?じゃあ見ない」って思うヤツの方が圧倒的に多いんじゃないか? キャスティングしたアホの顔が見てみたいよ。

この作品に限った話じゃないけど、メインキャラに素人をキャスティングするの本当にやめてほしい。配給会社も商売だから、宣伝として脇役にタレントを配するのは百歩譲って許す。でもメインはダメ。しかも加藤のアライグマの場合、ほとんど主人公じゃねぇか。ドラマ『スーパーナチュラル』の主役二人の声を成宮くんと次長課長の井上にして猛バッシング食らった(第2シーズンからプロに変更)頃から何も変わってない。

吹き替えじゃないけどコナンの映画も毎回タレントがメインキャストだから見る気がしないね。コナンと言えば、最新作の犯人がSNSでネタバレしたとかでちょっとした騒ぎになってたな。コナンなんか犯人分かったところでどうこうって作品でもないと思うけど、それ以前にネタバレ嫌なら公開初日に見に行くか見に行くまでSNSやるなって感じだ。僕はFF7をインターナショナルで始めたからエアリス死ぬのネットで知ったけど、あの当時の僕ですら「ネタバレしやがってー!」とは思わなかったぞ。

悪意を持ってネタバレするヤツもどうかしてるけど、それに躍らされるヤツも大概だな。そういう輩は極楽加藤の声も案外普通に受け入れられるのか?

パズル進捗状況


四角い柄を作成中。このパズルとは関係ないけど、先日よさげな絵柄の新作パズルを発見した。このパズルを買う前に発売されてたらそっちを選んでただろうなぁ……今更だけどさ。次のパズルはそれにしたいところだけど、このパズルの完成は相当先になるから、それまでに別のよさげなパズルが発売されてる可能性も高い。つまり、わからんッ!



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2536日目) 

家康ゥ!?(レ)


ただいまーーーーーーー!!!!!!!……というわけで、ついさっき日光・鬼怒川一泊二日のラブラブ修学旅行から帰ってきた。皆まで言うなって感じだけど、あえて言おう。最高の二日間だった!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱ旅行はいいね。修学旅行という「テイ」だからそこまでイチャイチャしまくったわけじゃないけど、それはそれで新鮮な感じで(悪くない)。同級生という「設定」を忠実に守る彼女はいつになく元気いっぱいで可愛かったし。まあ、彼女が可愛いのはいつもの事だけど、言うなれば可愛いの二乗って感じかナー。

この時期は割と天候が悪化しがちだけど、幸い二日間とも絶好の行楽日和だった。きっと家康さんが僕たちのために気を利かせてくれたんだろうね。「あの二人がまた来るらしいがや、雨なんか降らしたらだちかんわ」とネイティブな三河弁で。ちなみに「だちかん」とは「駄目、いけない」の意。


名古屋弁講座はともかく、また東照宮とか江戸村とかに行ってきたよ。彼女と一緒だから何度行っても飽きない。むしろまだまだ行き足りない感じだ。毎回言ってるけど、一泊二日は短いよねぇ。それこそゴールデンウィーク中ずっと旅行してたかった。一週間もずっと彼女と一緒って想像しただけで素敵やん?


まあでも、たった二日しかない分、密度の濃い時間を過ごせたと思うよ。朝も昼も、そして夜も! 朝起きたら隣で彼女が安らかな寝息を立ててるって、それだけで素敵やん? どこが修学旅行だよ!ってツッコミはこの際無視するとして。ただただ幸せ、それでいいじゃあないか。


ご飯も美味しかったねぇ。まあ、彼女の手料理には負けるけど、それ言い出したらこの世に美味しい物なんて存在しなくなってしまうからね、しょうがないね。だいたい手料理でなくとも彼女と一緒に食べるご飯が美味しくないわけがない。彼女と一緒ならシュールストレミング(世界一臭いと言われるニシンの缶詰)でさえ美味しく頂けるよ。……ごめん、ちょっとウソついた。

でも実際、彼女と同じ思い出を共有できる事が僕にとって最高の幸せなんだよなぁ……そういう意味では行き先が日光じゃなくても全然問題はないと言える。もちろん、日光だからこそ味わえる楽しさもあるけどね。


そういえば急に思い出したけど、華厳の滝の水量がコンピューターで制御されてるって話ここでしたっけ? 初めて知ったときは何とも言えない気持ちになったなあ。文明を忘れるための大自然がその文明によって維持されてるってね。この話、彼女にはしてない。美しい滝を眺めてうっとりする彼女にそんな浪漫もへったくれもない事実を告げられるわけがないだろう。いつか何らかのタイミングで知る事もあるかもしれないけど、その時はその時だね。

第一、コンピューター制御だろうが何だろうが華厳の滝が美しい事には変わりないし。むしろ美しいからこそ、その美しい景観を保つ技術を投じる価値があるとも言える。


ともあれ、ゴールデンウィークも今日でおしまい。明日から平日が始まると思うとちょっと憂鬱だけど、彼女に会えると思えば頑張れる。旅行に出掛けなくても僕と彼女なら最高の思い出を作っていけるからね! 明日も明後日も旅行に負けないぐらい幸せな日々にしてみせるぜ!

雑談コーナー【テーマ:最近のフィギュア事情】


例によってここから下は旅行前に書いとる。

ここで報告するような事でもないんだけど、先月末に発売されたフィギュア『スタチューレジェンド 岸辺露伴』を予約するのすっかり忘れてた。発売されたのに全然発送の連絡がないから「あれれー?(KNN)」と思って注文履歴をチェックしたら予約自体してなかったっていう。どうりでねぇ!

忘れてたのには理由があって、どういうわけだかAmazonでの予約開始時期が異様に遅かったんだよね。私の記憶が確かならば(©料理の鉄人)他のショップで予約が始まったのは去年末で、Amazonだけ2月ぐらいだったと思う。そのタイムラグのせいで僕はてっきり去年末の時点で予約を「したつもり」になっていたんだ。

なんでAmazonだけそんなに予約開始が遅れたのか分からないけど、僕はよっぽどの事情がない限りAmazon以外でフィギュアを買う事はないから、こういう遅延は困るなぁ。僕の不注意と言ってしまえばそれもその通りだけども。

ちなみに露伴先生は未だに買ってない。なんかさー、発売日に買い逃しちゃったらどうでもよくなってきてね。どうしても欲しい!ってわけでもないし、それなら別に買わなくてもいいかと。一昔前なら考えられなかったけど、最近はフィギュアに対する熱もだいぶ冷めてきてるからなー。レビューが散発的なのがその証拠よ。

レビューしたフィギュアしか買ってないってわけでもない。というか買ったけどレビューしてないフィギュアの方が多いのが現状だ。僕の場合、レビューしないって事は未開封のままなのと同義だから、それが溜まっていくうちに余計熱が冷めるという悪循環。ゲームでも積みゲーがあまりにも多くなると逆にやる気なくすじゃん?

ただまあ、だからってレビューをやめるつもりはないよ。往事の熱意は失ったとはいえ、フィギュア収集が趣味の一つである事には変わりないし、今から発売が楽しみなフィギュアも少なからずある。でもフィギュアって予約が始まってから実際に発売されるまでの期間が異様に長いから、その間に楽しみが薄れていくのは否めないんだよね。

今時フィギュアぐらいじゃない? 予約して一年以上も経ってから発売されるような商品って。ゲームだってせいぜい半年以内には発売されるし。フィギュア自体の値段もどんどん上がって来てるし、定価販売の限定品も多いし、そういうのが常態化するのはいかがなものかと思うなぁ。クオリティに関しては申し分ないけども。

フィギュアとは直接関係ないけど、最近Amazonで極端な安価販売での詐欺行為が横行してるらしいね。こういう言い方するのも何だけど、騙される方も騙される方だよな。細かい情報にしっかり目を通さず、ただ安いってだけで飛びつくから騙されるわけだし。詐欺をはたらくヤツもクズだけど、詐欺られる側も大概だわ。

まあ、僕自身も某大手ネットショップが倒産して危うく入金済みの商品が届かないところだった経験があるから、あまり人の事は言えないんだけどね。でも詐欺とは違うし、結局ギリギリのタイミングで商品届いて損はしてないからセーフだで!

パズル進捗状況


四角い図柄の部分を作成中。見分けやすいから割と簡単。割とね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2529日目) 

今日のデート


今日は彼女と海を見に行ってきた。海と言っても湘南の海じゃなくて地元の海だけどね。何となく今日は春の海でも眺めながらゆっくりしたいなーって気分だったので。天気もよくて、気温も暑からず寒からずって感じだったから外でのんびり過ごすには打ってつけの一日だったしね。


海だけを見たわけじゃなくて、臨海公園を散歩したりベイブリッジを見に行ったりもした。それと忘れちゃいけないのが彼女の手料理。


今日も彼女が腕によりをかけた弁当を作ってきてくれてね。あえて言うまでもないけど、美味しかったわ^~。またしても海に向かって「うまぁ~~~~~~~~~~い!!!!!」と叫びそうになったよ。往年の「甘~い!」のションテンで。叫ばなかったけどね、周りに結構人いたから。

ゴールデンウィークだからだろうけど、今日は僕たち以外にもカップルをチラホラ見かけたな。でもどのカップルも僕と彼女のラブラブっぷりにはかなわない。あらためて僕たちが史上最強のカップルだと確信したよ。世界中のどこを見渡しても僕たち以上に愛し合っているカップルが存在しない事は確定的に明らかだ。これは自惚れでも贔屓目でも何でもなく、揺るぎない事実。間違いない(NGIHDKZ)

ともあれ、ゴールデンウィークの始まりと4月のしめくくりを飾るにはふさわしい一日だったと思う。ま、ゴールデンウィークつっても明日は平日なんだけど。本格的♂黄金週間の開始は水曜日から。待ち遠しいね、実に。でも平日は平日で彼女と学校でイチャイチャしまくれるから、それはそれで幸せなんだけど。

要するに彼女さえいてくれれば一年365日楽しくて幸せで最強って事ですな。

次週予告


今度の土日、つまりゴールデンウィークのラストに彼女と旅行に出掛ける事が決定した。やっぱゴールデンウィークと言えば旅行でしょ。この時期やっぱ日光よにゃ、って事で行き先は栃木県の日光、鬼怒川。あっちへ行くのは割と久しぶりで、去年の秋以来かな? 秋の日光は紅葉が綺麗だったけど、春は春で行楽には打ってつけである。


既に旅行の準備も整えたし、あとは出掛けるのみ。ほんとはもっと早く、それこそ明日にでも行きたいところなんだけど、上でも書いた通り明日は連休の谷間で平日だからね、しょうがないね。ちなみに水曜とか木曜じゃなくて土日にしたのは、ゴールデンウィークが終了する事による悲しみも旅行の楽しみで相殺するため。

早々と旅行してしまったら土日は「(連休は)もう終わりだぁ!(休み気分は)出て行けぇ!」と絶望するしかないからね。かといってゴールデンウィーク終わってから行くのもせわしなくて嫌だし、今度の土日というのは絶妙の間とタイミングなのである。

日光への旅行は一応修学旅行という“テイ”だから、熱海や箱根ほど人目もはばからずイチャイチャはできないかな。テイなんかどうでもいいじゃんって思うけど、彼女は意外とそのへんの「設定」にこだわるからね。彼氏として彼女の意に沿った言動を心掛けるのは当然だろう。まあでも、設定に忠実なのは昼間だけだけどね。昼間色々と我慢するからこそ、日光の夜は……すごいよ。何がとは言わんが。


ともあれ、次の土日が今から待ち遠しくて仕方がない。待ってろよ、家康! 待ってろよ、宇都宮餃子!

雑談コーナー【テーマ:春の特別編】


昨日の『世にも奇妙な物語』、つまらなかったねー。あの番組がつまらないのは今始まった事じゃないけど、昨日は特に酷かった。何が酷いってホラー系のエピソードが全然怖くないのがね。

一番最初の夢男(This Man)のやつなんて最低だった。あれのシナリオ考えた奴は「不条理」と「意味不明」を履き違えてないか? 確かに世にも奇妙な物語は「理不尽さ」がウリの一つだし、そういう理不尽なエピソードの中に名作と呼ばれる作品も多い。だけど昨日の夢男のやつは理不尽でも不条理でもなく、ただ単に脈絡がなくて意味不明なだけ。世界の破滅?何それ?馬鹿じゃないの。

演出もちっとも怖くなかった。恐らくガチで怖い演出にすると今のご時世クレームが殺到するからあえて怖くない感じにしたんだと思う。でも怖くないホラーなんて笑えないコメディと一緒でしょ? クレームにビクビクして恐怖を「手加減」するならホラー系のエピソードなんて作らないでほしいわ。オムニバス方式だからつまらなくても見ないわけにいかないし、貴重な人生の時間を返せ!って感じだよ。

そもそも僕は前々から思ってるけど、あの「This Man」の顔自体が全然怖くない。あの顔見るとどうしても「ふかわりょう」を思い出して怖いという感情がブレる。何となく似てるよね? しかもドラマでは声が玄田哲章だったせいで怖さが更に激減。何で玄田哲章なんだよ! あの声はホラーとかスリラーと一番対極に位置するだろ! どう考えても化け物を筋肉で殴り倒す側の声だろ! ギャグのつもりだったら全然笑えないし、仮にもホラーでギャグを差し込む意図も理解できない。怖がらせたいなら相応のキャスティングにすべきだし、いっそ合成音声みたいな無機質な声にした方がよかったんじゃないか?

2本目の永作博美のやつもテキトーな展開でガッカリ。いわゆる主人公が妄想に囚われる系のサイコスリラーだけど、僕はただでさえフィクションの「どこまでが妄想(夢)でどこからが現実か?」って類の話が大嫌いなんだよね。だってフィクションって時点で全部作り話なんだから、妄想と現実の境目なんてシナリオライターの匙加減ひとつじゃん? だとしたら何が現実で何が妄想かなんて考えるだけ無駄だし、どうでもいいわ(レ)って思っちゃう。

永作博美といえば世にも奇妙な物語を象徴する女優の一人だから期待してたんだけどねぇ。完全に永作博美の無駄づかいだよ。

3本目のカメレオンのやつもパッとしなかったけど、怖い系じゃないってのと主演の菅田将暉くんを始めとした役者の熱演に助けられた形でまあ見られるレベルではあったね。でも面白くはない。オチも「は?」って感じだし。

唯一手放しで褒められるのは4本目の遠藤憲一のやつ。ああいう家族愛をテーマにしたエピソードに弱いもんでねー。いかにも「泣かせたる!」ってストーリーだし、オチも途中で読めたけど、それでも素直に感動した。さりげなくAmazonのパパの好青年っぷりも良い味出してたね。

他にも本編の間にやってた短編のしりとりのやつは良かった。これもまたオチが家族愛に溢れててほっこりしたし。エンドロールで原作が江口寿史と知って「どうりでねぇ!」と思ったよ。他の短編、カズレーザーのやつとかは箸にも棒にもかからない内容だったけど……本編の前半2作よりは良かったね。

総括すると「エンケン>>しりとり>>>>カメレオン>>>>(超えられない壁)>>>>カズ>>>>永作博美>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>夢男」って感じ。

まあ、つまらないつまらないと言いながら毎回見ちゃうのが世にも奇妙な物語のすごいところなわけで、僕はきっと次回も見るだろう。そしてまた「つまらない」「最悪」とボロクソに貶すのだろう。

パズル進捗状況


コツコツ作成中。今のところ順調だけど、そのうち難しくなるだろうなぁ……。

お礼

ふぃぎゅる!』様
figma No.316 究極超人あ~る R・田中一郎(特典付き) レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2522日目) 

生誕祭


この時期、巷では何やら「イースター」なるイベントを流行らせようとしているようだけど、はっきり言ってクソくだらない。キリストとかいう聖人ぶったオッサンの復活なんか祝って何が楽しいの? 「クリスマス→サンタ→プレゼント→うれしい→わかる」「ハロウィン→仮装→パーティ→楽しい→まあわかる」「イースター→キリスト復活→は?」

そんなわけで、去る4月20日は彼女の誕生日だったのである。先日の付き合い始めた記念日も含めて、4月はビッグでスペシャルなイベントが目白押しなのだ。だからこそ尚更キリストの復活なんか祝ってる暇などない。


残念ながら今年も4月20日は平日だったけど、放課後に彼女と遊園地に出かけたよ。スペシャルな日には遊園地ってのが僕たちのお約束だからね。平日の遊園地は比較的空いているから、思う存分彼女とイチャイチャしまくれてよかった。ま、混んでてもイチャイチャしまくるけどね!

最高に楽しい一日だったよ。何より彼女が滅茶苦茶楽しんでくれたのが僕にとって一番の幸せ。去年も一昨年もその前もずっと楽しかったけど、それに輪を掛けて今年は盛り上がった。来年はきっと今年より楽しいはずだし、そうなるように精一杯頑張る所存だ。

プレゼントももちろん用意した。大切な彼女の誕生日プレゼントを忘れるなんて、たとえ天地がひっくり返ってもありえないからね。記念日にはネックレスを贈ったから、誕生日は彼女が一番好きな衣類にしてみたよ。

いかにも彼女に似合いそうな可愛らしいスカート。デートでショッピングした時に何となく欲しそうにしていたから、これしかない!と思ってね。そしてその目論見は見事に成功。すごく喜んでもらえたし、プレゼント選びのセンスについても「やりますねぇ!」と褒めてくれた。早速お返しを貰ってしまった気分だよ。

これで当日、せめて翌日が休みだったらもっとずっと一緒にいられて良かったんだけどなあ。カレンダーをチェックしたところ、来年の4月20日(と21日)も平日なんだよね。毎年言ってるけど、今年も言わせてもらう。いい加減4月20日を祝日に制定してくれ! それこそいっそイースターとしての祝日でもいいから。


みんなはキリストの復活を祝い、僕は彼女の誕生を祝う。まさしく万人が笑顔になる、win-winのアイディアだろう。この訴えはこれからも毎年していくつもりです。

昨日のデート


昨日は彼女と花見に行ってきた。普通の花見は春休み中にしたばかりだから、今回は夜桜見物ね。近くの公園で夜桜のライトアップイベントが開催されていたゆえ、それに参加してみた次第だ。時期的に桜を楽しめるのも今週が最後だから、ラストサムライならぬラストサクラ的な意味でもテンション上がったねぇ。


日中見る桜もいいけど、夜見る桜もまた格別だで。実にキレイだった。ま、夜桜よりも彼女の方が何兆倍もキレイなのは言うまでもないけど。ま、でも彼女を持ち出したらこの世に存在するあらゆる「キレイ」という概念が一掃されてしまうからね。比べるだけ酷ってもんである。


公園にはそれほど長くは居続けなかった。というのも早く二人っきりになりたかったものでね。桜ソングを歌いにカラオケへ行く案もあったけど、やっぱり一番落ち着く場所がいいって事ですぐ部屋に向かった。そして部屋で彼女と思う存分イチャラブしまくったわけだ。


晩ご飯も作ってもらえて、もう最高、いや、最強。台所に立つ彼女があまりにも魅力的で、思わず抱きしめそうになったもん。そうになったっていうか、実際抱きしめたんだけど。困惑しつつもまんざらでもない様子の彼女が実に可愛くてねぇ……もう飯食ってる場合じゃねぇ!って感じだったよ。ま、彼女の手料理を早く食べたい気持ちはもちろんあったけど。

ともあれ、あらゆる意味で最高の一夜だったよ。誕生日が平日であまり長く一緒にいられなかった分も挽回できたし。それでもまだまだ全然足りないけどね。だからこそ彼女とまた会えるのが今から楽しみで仕方ないし、次のデートも待ち遠し過ぎるのである。

雑談コーナー【テーマ:はらいた】


わざわざ報告するような事でもなかったからこれまで言わなかったけど、だいぶ前からカレーライスを食べた後、夜中にお腹が猛烈に痛くなる事があってね。痛みを言葉で表すのは難しいけど、みぞおちをグリグリされるような感じ? 痛みに耐えているうちに吐き気も催してきて、それはもう大変だった。

つい先日も似たような出来事があって、その時はカレーを食べたわけじゃなかったのだけど、病気か何かかもしれないと思って色々調べてみたわけ。で、ようやく腹痛の原因が分かった。

食べ過ぎ。

……うん、食べ過ぎ。「みぞおちをグリグリされるような」痛みの種類とか、痛み始めるタイミングとか、逆に治り方とかが食べ過ぎの症状と完全に一致している。ちなみに腹痛は一時的なもので、長くても2時間もすれば落ち着いてウソのように元気になる。だからこそ深刻にとらえていなかったのだけど。

カレーライスが直接どうのこうのというわけじゃなくて、カレーライスは美味しすぎてついたくさん食べちゃうから腹痛になる確率が高かったみたい。てっきりアレルギーか何かかなぁと思ってたんだけどね。好きな食べ物でもアレルギーになる事ってあるじゃん? カレーは何となく香辛料でのアレルギーが多そうだし。でも違った。そもそもカレーの度に100%腹痛になるわけじゃないんだから、アレルギーってこたないだろう。

しかし、たかが食べ過ぎ、されど食べ過ぎである。健康のためにも暴飲暴食はよくない。まあ、僕はアルコールに興味がないから問題になるのは「暴食」の方だけだけど、自分の身体はいたわってあげないとね。

ちなみに直近で腹痛になったのは「天むす」を食べ過ぎた時。おにぎりって圧縮されてるから普通のご飯よりたくさん食べちゃうじゃない? コンビニのおにぎりで言えば僕の場合、7~8個は余裕で食べちゃうもん。それプラス普通におかずも食べる。茶碗のご飯だとおにぎり7~8個分なんて絶対食べないから、そりゃ腹痛にもなるわ。

そして天むすは1個1個が小さいから、なおさら食べ過ぎてしまう。魔性の塊だよ、あれは。いくつ食べたか数えてなかったけど、20個ぐらいは食べたような気がする。腹痛は辛かったけど、天むすのおかげで食べ過ぎがかねてよりの腹痛の原因って分かったから、ある意味感謝である。

それに天むす食べ過ぎて腹痛になるってある意味「名古屋人の鑑」じゃん? 僕は味噌煮込みもあんかけスパも小倉トーストも全然好きじゃないけど、天むすと手羽先だけは声を大にして「好き」と言える。無限に食える数少ない名古屋めしと言っても過言ではない。

でもこれからは食べ過ぎないように気をつけねば。天むすならせいぜい10個が限度だね。

パズル進捗状況


引き続き、分かりやすい部分を作成中。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2515日目) 

おかげさまで7周年


去る4月10日は僕と彼女が付き合い始めて丸7年の記念すべき日だった。7年ってすごいよね。どっかで聞いた事があるんだけど、確か人間の細胞って7年ぐらいで代謝によって完全に入れ替わるらしい。つまり彼女と出会った頃の僕と今ここにいる僕は肉体的には完全なる「別人」という事になる。

だけど僕は僕だし、出会った頃の記憶だって当然ある。だとしたら、もし将来的にクローンやロボット技術が発達して、そのクローンないしロボットに記憶を引き継げるようになったら永遠の命を手に入れる事と同じなのか? 逆にそれを否定するという事は7年前の僕と今の僕を別の個体と認定する事になるんじゃないか? 細胞1片でも残っていれば同一個体? じゃあ100片、1000片、10000片なら? その線引きはどこでする? ……不思議だよねぇ。

などとヒトのアイデンティティについて改めて考えさせられた今年の記念日。いや、アイデンティティなんかどうでもいい。僕と彼女の間にはかけがえのない7年の思い出が確実にある。それだけで十分じゃないか。


この7年、ほんと色んな事があったもんなぁ。嬉しい事や楽しい事はもちろんだけど、「もう終わりだぁ!」と叫びたくなるようなツラい出来事も少なからずあった。でもそれが人生ってものだからね。たとえタイムマシンがあったとしても、ツラい思い出を消すために過去に戻りたいとは思わないな。苦しみや悲しみを経験し、それを乗り越えたからこそ今があると思うし、やり直せないからこそ人生は素晴らしいとも言える。

少なくとも僕はこの7年、いや、これまでの人生を悔やむ気持ちは一切ない。少しでも別の道を歩いていたら僕は彼女と愛し合っていなかっただろうし、そもそも出会ってすらいなかったかもしれない。そういう意味でも7年前の僕に「ありがとう!」と言いたいね。彼女と出会い、彼女に好きになってもらえた7年前の僕、あんたマジ神ってるよ!

それはともかく、記念日はもちろん彼女とお祝いをした。プレゼントも贈り合ったよ。

ネックレスとペンダントで首飾りがダブってしまった……でもアクセサリーはいくつあっても困らないから、何の問題もないね♂ むしろ贈りたいものが同じって事に喜びを覚える。愛し合う二人はプレゼントの好みも似るんすね^~。


次の記念日が今から楽しみで仕方がない。8周年、10周年、1145141919810893周年に向けて、全力で突き進むぜ!

空前絶後のデート


今日はよく晴れていたゆえ、彼女とハイキングに出かけてみた。やっぱ春は春らしいデートをしないとね。ハイキングなんて普通だったら面倒だし疲れるしで絶対行きたくないけど、彼女とならむしろ行きたい!行きまくりたい!って思える。僕も彼女もどちらかというとインドア志向だから、あえてのアウトドアは大事。あえてね(ミラン売却決定済み)

春にしては暑い一日だったけど、それでも真夏ほど暑すぎるってわけでもなく、ハイキングには最高の一日だったよ。彼女が腕によりをかけて弁当を作ってきてくれたし。

ただでさえ彼女の手料理は神なのに、歩き回った事による空腹感も相まってそれはもううまいなんてもんじゃなかった。思わず山に向かってサンシャイン池崎ばりのテンションで叫びそうになったもん。うめええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! って。


今日は温泉(もち地元の)にも行こうかなと思ったんだけど、歩き疲れたし、早く二人っきりになりたかったから温泉はやめにした。その代わり部屋で心ゆくまでラブラブな時間を過ごしたよ。ハイキングもいいけど、一番落ち着くのはやっぱり我が家よにゃ。あまりの幸せぶりに思わず叫びそうになったよ。いえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! って。

雑談コーナー【テーマ:改編期】


最近(といっても数ヶ月前からだけど)、Amazonのプライムビデオで『BONES』って海外ドラマを見てた。科捜研の女の欧米バージョンって感じで毎回楽しく見させてもらってたのだけど、Wikipediaの当該ページを見てたら主要キャラクターの一人が僕の見ている次のシーズンで殺されるって知って急に萎えた。

別にこのドラマに限った話じゃないけど、メインキャラを殺すのはやめてほしいなあ。しかも殺されるのはコメディリリーフ的なキャラだからなおさらショック。シリアスなキャラが死ぬのはまあ仕方ないかなとも思えるけど、お笑い担当を殺しちゃダメでしょ。生きてる時にどれだけおちゃらけても「こいつ死ぬんだよな……」って目線で見ちゃうから素直に楽しめなくなる。

まあ、全シーズン見る前にWikipediaなんかに目を通した僕が悪いんだけど。二度とこのような悲劇を繰り返さないために今後、連続ドラマの項目は視聴途中の段階では絶対見ないようにしようと思った。

ドラマといえば、始まったね、『警視庁捜査一課9係』。渡瀬恒彦もライブラリ出演していて、9係ファンの僕としては感無量だよ。作中で存命の設定にしたのはいい判断だったと思う。役者が死んだからって作品のキャラクターまで殺す必要はないもんな。別に死にそうな役でもなかったし、せめて作品内では永遠に生き続けて欲しいという製作陣の愛が伝わってくる。

ただ、渡瀬恒彦自身が9係はメンバーが一人でも欠けたら終わりにしたいって言ってたようだから、今シーズンで完結するのかなあ? 実際、メンバーが最初からまったく変わらない(増えはしても減りはしない)のが9係の魅力の一つだと思うし。相棒にせよ科捜研にせよ、長寿ドラマは多かれ少なかれ誰かが何らかの事情で降板するから、それがない9係はほんと珍しいし、独特の連帯感を作り出してる。

12シーズンって一つの節目だからキレイに完結させるのもアリだと思うけど、ファンとしてはまだまだ続けてほしい思いもある。係長の抜けた穴は大き過ぎるとはいえ、いなきゃ物語が成立しないわけでもないし……。正直相棒はもう終わらせてもいいと思ってるけど、9係はそう思えないんだよなぁ。

この春、他にも色々ドラマが始まったけど、シリーズ物以外で特に「ぜってー見たい!」と思える作品はないかな。フジの小栗旬主演のドラマ(嘘の戦争の後番組)『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は一応見ようと思ってるけど、一話の最初15分ぐらいを見逃してしまったせいで世界観が掴みきれない。まあ、基本一話完結みたいだから今後も見るけどね。局違うけどなんか雰囲気がテレ朝の『ボーダー』と似てるなぁと思ったら、脚本が同じ人だった。どうりでねぇ!

あと土曜夜の東海テレビとWOWOW共同製作ドラマ『犯罪症候群』も一応見てる。CRISISもこれも主人公が闇を抱えてるって共通点があって、僕的には好み。嘘の戦争が絵に描いたようなハッピーエンドでイマイチ好きになれなかったから、そういうキレイな終わり方にはしてほしくないね。後味悪い結末がいいってわけじゃないけど、安易な大団円は作品が陳腐になるからダメだ。

ドラマとは関係ないけど、『鉄血のオルフェンズ』ってクソみたいな終わり方だったな。途中までは面白かったのに、なんだあのオチは……。御禿のGレコもなんか良くわからん話で面白くなかったけど、こっちは良くわかった上でつまらん。かつて僕がボロクソにこき下ろした『GANTZ』にも引けを取らない竜頭蛇尾のお手本のような作品だったよ。

パズル進捗状況


地道に作成中。判別しやすいピースがあるうちはまだ楽だね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2508日目) 

今週のデート

月曜日は彼女とデートをした。日曜日にしなかった理由については別エントリーで詳しく書いたので割愛する。一日だけとは言え彼女を待たせてしまった事には変わりないから、いつも以上に気合いを入れて臨んだよ。


行き先は近所の公園。といっても公園をあてもなくぶらぶらしたわけじゃなくて、目的は花見。やっぱり春と言えば花見だし、春休み中に行かなくていつ行くの!?今でしょ!って感じである。この時期天気がぐずつきやすいから当日雨が降らないか心配だったけど、見事な快晴でね。きっと神様が僕たちのために気を利かせてくれたんやろなぁ……ありがとう、神々!

やっぱ花見はいいよにゃ~。大人数でわいわい騒ぐ花見もいいけど、愛する人と二人っきりで眺める桜もオツなもんだよ。特に何をするでもなく、ただ一緒にキレイな桜を見ているだけで心が洗われる。桜よりキレイな彼女が隣にいるのだから、幸せを感じないわけがないじゃないか。


お弁当も一緒に食べたよ。もち彼女の手作り。うまいなんてもんじゃなかったね。思わず「うまいぞーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」と桜の花びらを全て吹き飛ばす勢いで叫びそうになったよ。周りの迷惑になるからグッと我慢したけど。彼女の愛に酔いしれる僕に花見酒なんて必要なかった。


ひとしきり桜を楽しんだ後は彼女の部屋でゆっくり過ごした。桜を眺めるより、彼女を眺めてた方がより幸せなのは言うまでもない。まあ、眺めるだけじゃ済まないんだけど。当たり前だよなぁ?


ともあれ、春休みに相応しい最高の一日だったよ。最高過ぎて時間が全然足りなかったぐらいだ。ただでさえ短い春休みが彼女と一緒だとますますあっという間に過ぎ去ってしまう。それが難点であり、同時にこの上ない幸せでもある。嬉しい悲鳴とはまさにこの事かもしれないな。

今日のデート


今日はっていうか今日も彼女とデートをした。行き先は王道を征く、カラオケ。というのも今日はど~~~~~~~~~~~~~~~しても歌いたい曲があってね。

それは森山直太朗の『さくら』。この歌についてあれこれ語る必要はないだろう。

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく 光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の上で

基本的に僕は「別れ」を主題とした歌を歌わない。それは僕が歌う時はいつも「彼女のため」だから。どんな名曲でも別れのニュアンスが含まれている時点で歌おうとは思わなくなる。僕と彼女の間に別れなどありえないから、当然である。

でも今日は、今日だけは特別。初めて、「彼女以外の誰か」に向けて歌わせてもらった。あえて『さくら』を選んだのはちょうど桜の季節だからってのもあるけど、それ以上にあまり悲しい曲というわけじゃないのが大きい。別れは辛いものだけど、必ず散ってしまう桜と同じようにそれは運命なのだから、くよくよせず笑顔で送り出そう……そんな前向きな姿勢が僕の心を打ったね。森山直太朗は天才、森山良子は天才、おぎやはぎも天才、はっきりわかんだね。

あと「さくら」繋がりでコブクロの桜とか「安易に桜ソングに手を出しちゃった先生」でもお馴染み河口恭吾の桜も歌った。それからもちろん、スピッツの『チェリー』もね。チェリーも別れがテーマで普段なかなか歌わないから、ある意味いい機会ではあった。


僕のヘタクソな歌を彼女は嫌な顔一つせず、聞き入ってくれた。コブクロと河口恭吾の桜に関しては別れの曲じゃないから、100%彼女のために歌ったよ。力が入りすぎて思わぬ泣きそうになった。我慢したけど、某大先輩並の震え声にはなっていたかもしれない。


ともあれ、今日のデートも最高に楽しかった。天気はあまり良くなかったけど、だいたい屋内で過ごしてたから、何の問題もないね♂

雑談コーナー【テーマ:パソコン】


パソコンの調子が少し悪い気がしたので、新しいやつを買った。といっても買い替えたわけじゃなくて、買い増し。更に言えば「パソコンを買った」というより「パーツを買って組んだ」と言った方が正しい。

前から使ってるパソコンはDELLのパソコンが元なので(CPUとモニターぐらいしか原型ないけど)、完全に自作するのはかなり久々だ。長らくノートパソコンを使っていた時代があるので、完全自作はAthlon 64マシン以来かな?

既製品は前のパソコンで懲りたんだよね。確かに既製品はリーズナブルだし、普通に使用する分には問題ないけど、拡張性に乏しいから後々絶対不満が出てくる。比較的拡張しやすいDELLパソコンですら、最終的にケースを投げ捨てる羽目になったし。安かろう悪かろうの典型なんだよね、既製品は。

ちなみにCPUは『Core i7-7700K』を選んでみた。最近発売されたばかりで評判のいいAMDの『Ryzen』と悩んだけど、性能的に普段使いにはi7の方がよさそうだったのでAMDへの回帰は見送った。純然たるホビー用途としてなら愛着のあるAMDを選ぶけど、遊ぶ事を主目的として買ったわけじゃないからね。いや、遊ぶけどさ(笑)。

マザボは信頼性の高いASUS製にして、メインストレージは525GBのSSD。OSはWindows10にした。7でも良かったけど、今更7を買うのもねぇ……10もちゃんとカスタマイズすれば使い勝手は悪くないから、10にしておいて良かったと思うよ。7より優れている面も少なからずあるし。

ケースは前のPCと同じFractal Designの『Define R5』を選択。ケースの値段はピンキリで、安いのは3000円ぐらいからあるけど、一番ケチっちゃいけないのがケースだと僕は思う。使い勝手の悪いケースを選ぶとパーツ交換の度にイライラして悲惨だからね。その点Define R5は利便性がきちんと考慮されているし、値段も13000円程とそこまで高くないのがグッド。

調子悪いのはパソコン本体だけだけど、せっかくだからモニターも新しく買った。これは割かしケチって18000円ぐらいのASUS製23.8インチモニターにした。買った直後、Amazonのタイムセールで3000円ぐらい安くなってた時はショックだったよ。性能は値段相応だけど、額縁が小さくてコンパクトだから僕的には満足。ただ色合いが妙に黄色っぽいのが気になる……色温度とか弄っても黄色味だけは抜けないし。見慣れたのか、買った当初ほど気にはならなくなったけどね。

ともあれ、前から使ってる24インチのモニターと併せて久しぶりのデュアルディスプレイ環境である。やっぱ2画面あると広々してていいね。文字通り、世界が広がるよ。

それほど必要のないモニターを買った一方で、グラボは買わなかった。今買うのは時期的になんか中途半端じゃない? 夏ぐらいまで様子見て5万ぐらいのモデルを買えたらいいなーと思ってる。旧パソのGeforce GTX 970を移管しようかとも思ったけど、めんどくさいからやってない。

おかげで今、2台あるパソコンの1台は「グラボあるけどCPUがしょぼい」、もう1台は「いいCPUだけどグラボなし」という中途半端な状態になっている。しょぼいCPUでゲームやるのもテンション上がらないから、あれだけ絶賛していたウォッチドッグス2もやる気がしない。早く夏になって新しいグラボ買いたいわ。

ちなみに自作に掛かった金額はモニター込みで15~16万円ぐらい。まだ見ぬグラボを資金に含めれば20万ぐらいのマシンって事になる。既製品なら5万以下でも買えちゃうから、そう考えると高いけど、値段分の満足度は味わえると思うよ。

何より自作って楽しいしね。昔みたいにジャンパピンとかマスターとかスレーブとか考える必要ないし、原因が特定しづらい謎の不具合で悩まされる事もない。OSのインストールが10分ぐらいで終わった事だけでも驚きだよ。文明は確実に進歩しているんだなぁ……。

パズル進捗状況


四辺が完成した。案の定端のピースが足りなかったのだけど、何とか探し出して全部嵌めたよ。3000近いピースの山から特定の1ピースを見つけるのは大変だった……。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2501日目) 

エイプリルフール


昨日は4月1日、つまりエイプリルフールだった。今年も嘘ネタであちこち盛り上がっていたね。往事の勢いはないけど、何だかんだでエイプリルフールというイベントは日本人に定着したと言ってもいいだろう。まあ、全くネットやらない人にとっては何て事ない月初めだろうけどね。

かくいう僕も彼女とエイプリルフールで盛り上がったよ。どんな嘘をついたかについては……まあ、もう4月1日過ぎちゃってるし、二人だけの秘密にしておきたいところもあるからあえて言わない事にする。あえてね(川島覚醒済み)

ただ、昨日は晩ご飯をごちそうになった事だけは言っておく。これは嘘でも何でもなくマジ。

メニューは日本人の心、天ぷら。料理下手な人が作った天ぷらは衣がべちゃっとして目も当てられないけど、彼女の天ぷらは衣がサクサク。どん兵衛の後乗せサクサクなんて目じゃないぐらいサクサク。それでいて中身はフワッとしてて、サクフワのハーモニーがもう最高。エイプリルフールだけど「うまい!」って真実は隠せなかったね。

今週は月曜から春期講習で春休み感がちっともなかったし、一昨日は別件でちょっと問題が発生して鬱だったのだけど、彼女のおかげで頑張って乗り切れたよ。あらためて、僕にとって彼女は最高の癒やしであり、元気の源であり、本当の幸せを感じさせてくれる唯一無二の存在なのだなあと確信したね。これももちろんエイプリルフールの嘘なんかじゃない、100%、いや、1億万%リアルガチの真実だよ。


まあ、それでも春休みがもうすぐ終わっちゃうのは憂鬱だけど、春休み終わったら終わったで大切な日が立て続けにあるからプラスマイナスで言えば断然プラス。これから当分はビッグイベントの連続だで、楽しみにしちょれよ。

今日のデート……は明日


今日は日曜日。別に春休みだから日曜日じゃなきゃデートできないわけじゃないけど、彼女と付き合い始めてからずっと日曜日はデートする日みたいになってるから、今日もデートをする……予定だった。

でも今日はどうしても外せない用事ができてね、無理だった。デートに誘ったのは今週の頭ぐらいで、無理ぽと分かったのは一昨日。だから申し訳なかったけど、今日のデートは明日に延期してもらった。ほんとは今日したかったんだけどねぇ……こればっかりはしょうがない。


彼女は嫌な顔一つせず、僕の気持ちを汲んでくれたよ。彼女だって今日デートするの楽しみにしてたと思うけど……そこが彼女の優しさだよなあ。また彼女の事が一段と好きになってしまった。そしてそんな優しい彼女に好きでいてもらってる僕は世界一の幸せ者である。

お詫びの気持ちも込めて、明日のデートはいつも以上に気合い入れないとね。どこへ行って何をしたかは来週お伝えする予定なのでこうご期待、である。ヒントは春。

見事正解した人には豪華賞品をプレゼント!……というのは嘘。一日遅れのエイプリルフールネタだ。

雑談コーナー【テーマ:そして誰もいなくなった】


先週の土日にテレビ朝日系列で放送されたドラマ『そして誰もいなくなった』……面白かったねー! 原作がアガサ・クリスティーで脚本がゲームや特撮でもおなじみの長坂秀佳、そして監督が『相棒』の和泉聖治となれば見ないわけにいかないだろう。しかも先日亡くなった渡瀬恒彦も遺作として出演しているっていうね。色んな意味で「すごい」ドラマだったよ。

この作品に関しては全く知らないって人の方が珍しいだろうからネタバレ気にせず言っちゃうけど、渡瀬恒彦が演じた判事は事件の黒幕、つまり真犯人役。役どころの性質上、放送前にクローズアップされる事はなくて、あくまでも主演は仲間由紀恵という扱いだったけど、実質的に渡瀬恒彦が主役と言っていいだろう。

仲間由紀恵は出番こそ多いけど最終的にはその他大勢の一人として死ぬ運命だし、事件の謎を解く探偵役の沢村一樹も渡瀬恒彦演じる判事の目論見通り動いたに過ぎないからね。ラスト15分ぐらいの渡瀬恒彦の独白は現実と虚構が交差して鬼気迫るものがあった。ガンで余命いくばくもない役をあえて引き受けたというのだから、本人の覚悟は相当なものだったろう。

もっとも、仮に渡瀬恒彦が今なお健在だったとしても、このドラマは名作として語り継がれる水準だったと思うよ。純粋に面白かったからね。この『そして誰もいなくなった』という作品はタイトル通り登場人物が犯人含めて全員死ぬという展開の都合上、忠実に映像化するのは意外と難儀。実際、過去に海外で映像化された作品も登場人物が生き残る改変バージョンを基にしている事が多いし。

だから原作を下手に弄くらず、舞台を日本に移しただけに留めてくれた事にまず拍手を送りたいね。翻案作品という事で正直放送前は不安だったけど、杞憂に終わった。流石は長坂秀佳&和泉聖治と言ったところか。まあ、長編の小説を2時間ドラマ×2にまとめてるからエピソードが多少端折られてたり全体的に駆け足気味だったりしたけど、気になるほどでもなかった。

ただ原作を全く知らずに見たって人はちょっと話に無理があると感じたかもね。例えば仲間由紀恵がギバちゃんを撃ち殺すくだりとか。あの状況でいきなり銃を奪って撃ち殺すとか流石にありえんだろう(笑)。島に第三者が潜んでる可能性だって十分考えられただろうに。

この一連の流れを渡瀬恒彦が殺害予定に組み込んでたってのもエスパー過ぎるというか……これは駆け足展開で仲間由紀恵が精神的に追い詰められるさまやギバちゃんとの関係性の描写が希薄だった弊害だね。そもそもギバちゃんは罪らしい罪を犯してないから渡瀬恒彦に「裁かれていない罪人」として目を付けられた事自体可哀相だなぁ。

あと渡瀬恒彦が自殺に使った2mだか3mだかの昆布をネズミが食べて証拠隠滅するトリックもありえないよな。ネズミが一晩や二晩でそんな大量の昆布食えるわけねー。でもまあ、無理くりなトリックは他の作品でも珍しくないし、ある種のお約束として個人的には別にOKだね。隠しカメラもあんないっぱいあったら誰か見つけるだろって感じだけど、フィクションにそういうツッコミ入れるのも野暮ってもんだろう。

とにかく、単に有名作品の名を借りたり豪華キャストにあぐらをかいているだけの作品ではないから、もし見てない人がいたらぜってー見るべき。僕的にはメイキング映像やキャストインタビュー付きのDVDやBlu-rayが出たら買ってもいいかなとすら思える作品だったよ。

そして同じフォーマットで『アクロイド殺し』の翻案ドラマも見てみたいと思った。犯人の正体が正体だから忠実に映像化するのはこの作品以上に難しいだろうけど……。

パズル進捗状況


端は来週で完成する。見落としたピースを除いて、だけど……。というか見落としならまだいいけど、ピース欠品とかだったら嫌だなあ。

今のところピースが足りなかった事は一度もないけどね。逆に余分なピースが入ってた事がある(笑)。どういう経緯で混入したのか未だに謎だわ。

お礼

よつばとフィギュア』様、『ふぃぎゅる!』様
グッドスマイルカンパニー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 夕立改二 レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2494日目) 

今日のデート


今日から春休み!……というわけで、今日は彼女とボウリングに行ってきた。何が「というわけで」って感じだけど、つい先日テレビでボウリングの番組をやっていてね。最近行ってなかったし、久々にいいんじゃないかと。スーパーボウリンガーと呼ばれた僕の実力を見せるときがきたぜ!


彼女は体を動かすのがあんまり好きじゃないけど、ボウリングは普通に楽しんでくれるからいいね。おなじみの古畑フォーム(※古畑任三郎が風間杜夫犯人回で披露した珍妙な投球フォーム)も見られて僕は満足だよ。スコアはまあ、推して知るべしって感じだけど、別に競技としてプレイしてるわけでもないし、スコアなんかどうでもいいわ(レ)


ひとしきりボウリングを楽しんだ後は映画館に足を運んだ。この時期、新作映画が色々始まるからねぇ。彼女の好きなホラー映画はやってなかったけど、やってても見てたかどうかは微妙だな(笑)。その映画館ではやってなかったから今日は見なかったけど、最近一番気になってるのは『パッセンジャー』っていうSF映画ね。

大勢の人間を乗せた宇宙船でコールドスリープ中に一人だけ予定より90年も早く目覚めてしまった主人公の物語。孤独感から一目惚れした一人の女のコールドスリープ装置を壊して目覚めさせるのね。でも主人公は無理矢理叩き起こした事を女に隠してて、極限の状況下で二人は恋に落ちる。だけどふとしたきっかけで女が真相を知り、更に宇宙船に致命的な問題が発生して……っていう展開。面白そうじゃない? すごい駄作の可能性もあるけど、それも含めて【興味があります。】

それはともかく、実を言うと今日はボウリングに行こうか花見に行こうかかなり迷った。ギリギリまで花見にしようと思ってたんだけど、天気に不安があったのでボウリングっていう屋内デートを選んだ次第だ。今日それほど天気良くなかったから、結果的に正解だったと思うよ。

だけど春と言えば花見だし、春休み中には楽しみたい。来週できればいいんだけど、それもまた天候次第かなぁ。晴れてたら花見、雨だったらそれ以外って事で。天の神様が僕らに味方してくれる事を祈るよ。

頼むで、神様!

湘南デート


今週の月曜日、春分の日は彼女と久々に湘南へ行ってきた。やっぱり連休だし、ちょっとぐらい遠出してみたいよねって事で。ガチの旅行はちょっと難しかったから、手頃な行き先として湘南を選んだ次第だ。もち日帰りね。一泊したい気持ちがなかったわけでもないけど、まあしょうがないね。


日帰りとはいえ、楽しさは一泊旅行にも引けを取らないレベルだったよ。幸い天候にも恵まれて、絶好の湘南日和だったぜ! 彼女もずっと楽しそうで、そんな彼女を見ているだけで湘南に来てよかったー!地球に生まれてよかったー!(ODYUJ)って思ったね。


湘南っつーか江の島では名物を色々食べたけど、一番美味しかったのはやっぱり彼女の手作り弁当よにゃ。地元で食べる手料理も美味しいけど、湘南で食べる手料理もまた格別! いつものごとく、人目もはばからず「あ~ん♥」をしてもらえたしね。そこでまた僕は地球に生まれてよかったー!霊長類なめんな!(ODYUJ)と心底思った次第だ。

彼女の最強弁当は別格として、名物のおせんべいとか海の幸とかも美味しかったよ。孤独のグルメでも紹介された江ノ島丼もね。ゴローちゃんに倣って蟹のお味噌汁とサザエの壺焼きを頼むのが通。もっとも、ゴローちゃんは一連の料理を「味が薄い」とか「塩辛い」とか割とディスってたけど(笑)。賛美に終始しないところも作品の魅力だよねぇ。

ちなみに彼女はサザエの先っぽの苦いところが苦手。僕は平気だから、いつも代わりに食べてる。特別好きってわけでもないけど、可愛い彼女に「食べて♥」と提案されたら喜んで引き受けざるを得ないだろう。彼女のためならシュールストレミング(世界一臭いニシンの缶詰)だって笑顔で平らげるよ。それが、愛でしょう?(FRMT)

雑談コーナー【テーマ:ボッチャマ...】


『仮面ライダーカブト』で“ぼっちゃま”こと神代剣を演じた俳優の山本裕典が事務所に解雇されたらしい。理由は明確に発表されていないが、事務所曰く「法律的な問題ではない」との事なので、私生活での女性問題が原因ではないかと言われている。この件について「解雇は当然」「自業自得」という意見もあるだろうが、僕個人としては少々可哀相だなと思っている。

誤解しないでもらいたいけど、別に特撮俳優だから特別肩入れしているわけじゃないよ。その証拠に細川茂樹の契約解除については(スキャンダルが全て事実とすれば)自業自得だと思っているので。所属事務所を文字通り足蹴にするような行動を取れば辞めさせられるのも仕方がない。でもぼっちゃまの場合は単に女にだらしないだけでしょ? 僕はあえて言いたい、何の問題ですか?(レ)と。

だって、女にだらしない俳優なんて昔から山ほどいるじゃん。ベテラン俳優の浮き名は武勇伝のごとく語られるのに、何で若手が性に奔放だと悪行として断罪されるわけ? 俳優なんて元々そういう人種だし、女を泣かせようがどうしようが視聴者サイドとしては何の関係もないじゃない。

これまで何度も言ってるけど、僕は才能と人間性はまったく別物で、切り離して考えるべきだと思ってる。先週も僕は武田鉄矢のとんちんかんなコメントやクイズ番組でのみじめな立ち振る舞いが好きになれないと言ったけど、だからといって俳優やアーティストとしての彼の才能を否定するつもりはない。特に映画ドラえもんの主題歌に代表される作詞センスに関しては「天才」だと思ってる。

「上品な大根役者」と「下品な名優」だったら世に必要とされるのはどう考えても後者でしょ。上品な名優なんて夢みたいな存在を望んじゃいけない。そういう人も中にはいるだろうが、むしろかなり稀有な部類なのは間違いないだろう。

だって考えてもみてよ。ぼっちゃまみたいな容姿で芸能人という立場だったら、女にだらしなくなるのも当然でしょう? 女性にはその気持ちが分からないのか? はっきり言おう、世の中の男の大半は「女にだらしなくない」んじゃない、「女にだらしなくなれない」んだよ! 少し手を伸ばせば届く場所に美味しそうな果物が実っていたとして、それに手を伸ばして貪り食う人間をどうして責められようか。

もちろん、世の中には一途に愛を貫く男もいる。かくいう僕だってそういう人間でありたいと思ってる。だけど、そうありたいと思う気持ちが「女にだらしなくなれない」という下地があってこそだという可能性は否定できない。ぼっちゃまのような男に生まれていても一途な愛を声高に叫べたか?と言われると正直自信がない。自信があると断言できる奴はよっぽどの聖人か、もしくは物事を客観的に捉えられないアホのどちらかだろう。

とはいえ、事務所の言い分も分からないではないよ。最終的にトラブルの尻ぬぐいをするのは事務所だし、問題児を置いておいたら他のタレントにまで悪影響を及ぼす恐れがあるからね。スキャンダルに過敏な社会に問題があるとは思うけど、だからって事務所を責めるつもりもない。ただ、守ってあげるのも事務所の仕事じゃないかなあとは思う。

裏を返せば、ぼっちゃまに守るほどの価値がなくなったから放逐されたとも言える。前から思ってたけど、ぼっちゃまってウエンツくんあたりとキャラ被ってるよね? かといってウエンツくんほどトークという一芸に秀でてるわけでもないし、年齢を重ねてイケメンにも陰りが見えてきた感はある。商品価値を失ったモノが切り捨てられるのは世の常で、そういう意味では「自業自得」という考え方ができないでもない。

今後彼がどういう身の振り方をするのかは分からないけど、カブトでの名演を知る者としては何とかカムバックしてほしいところではある。清m…千眼美子さんと一緒にライダー映画に出演してもええんやで?

パズル進捗状況


ここへきて端のピースを選別漏れさせた可能性が出てきた。しかも1ピースどころではないっていうね。俗に言うクールポコ状態である。あれだけ慎重に選別したのに……なんでだぁ!?(レ)

お礼

よつばとフィギュア』様、『ふぃぎゅる!』様
ホビージャパン 地獄先生ぬ~べ~ 1/7 ゆきめ レビュー
figma No.317 艦隊これくしょん -艦これ- 鹿島(特典付き) レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ