HYPER DiMENSiON

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ロードローラー制作記

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その9 

※2011/07/12追記 完成しました。

恐らく最後の経過報告になります。超像可動ロードローラーが「ほぼ」完成しました。
R0068489
残すは座席とハンドルのみ。ここまで作ったら一気に全部作れよって気もしますが、組み上がってもまだ細かいリタッチ作業が残っているので完成まではもう少し掛かりそうです。

残りパーツはこんだけ。
R0068500
長かった……本当に長かった。なんだかんだで半年かかってますもん。前にも書きましたが、こうやってブログでこまめに経過を報告していなかったら確実に途中で投げ出してました。

7月23日発売『ジョジョの奇妙な冒険 超像の世界 ACT.1【超像可動 第三部&第四部編】』付属のペパクラデータを利用して作成したい方がいるかもしれないので、それまでには完成させてレビューを行いたかったのですが、この調子ならなんとか間に合いそうです。

作成する上で気になったことや注意したいことは色々ありますが、それらについてはレビューで書きます。少々お待ちを~。

お礼

にゅーあきばどっとこむ』様、

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 29.岸辺露伴&ヘブンズ・ドアー レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その8 

車体後部の保護フレームが完成しました。
R0065841
ここは一番最後に組み立てる部分なのですが、早めに済ませておきたかったので途中の作業工程をすっ飛ばして完成させました。

何故早めに済ませたかったかというと、一番難易度が高いから。このペーパークラフトに使われている光沢紙は分厚くて丈夫なので「箱」のような形を組むには適している反面、円柱状(輪っか)に貼り合わせるのはとてつもなく困難です。細い棒に巻き付けて「クセ」をつけても、元に戻ろうとする力が強くてキレイに貼り合わせられません。

特にカーブになっている箇所の作りにくさは狂気の沙汰。
R0065842R0065848
見るに堪えないほど雑な作りになってしまいましたが、諦めました。キレイに作りたければ無理に紙にこだわらずパイプか何かで自作した方が楽だと思います。ストローに紙を巻き付けるアリかもしれません。

面倒なので自分はこのまま作り進めますけど。まあ、DIO様の無駄無駄ラッシュの衝撃でヘコんだと思えば……ダメか。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その7 

毎日コツコツ作り続けてようやく車体前部が完成しました。
R0065143
ただ……写真では隠れて見えませんが、一箇所だけ激しく致命的な貼り付けミスを犯してしまいまして。なんとか貼った所を剥がして必死にリカバリーを試みたのですが、覆水盆に返らず。表面がグボグボになってしまいました。

多少グチャグチャになっても「ダメージ表現」と言い張ることも出来なくはないんですが(笑)、やっぱり気になるので来月発売される書籍「ジョジョの奇妙な冒険 超像の世界 ACT.1【超像可動 第三部&第四部編】」付属DVDのペーパークラフトデータ(以下、データ版)を利用して修復する予定です。上から一枚紙を貼るだけで直せるのがせめてもの救い。

っていうか「超像可動 ペーパークラフト ロードローラー(以下、商品版)」を買った人にはデータを無料配布するぐらいのサービス、してくれてもバチは当たらないと思うのですが……。

自分で印刷して組み立てる場合は「色褪せ」に注意

ここからは余談ですが、データ版を使用して一からロードローラーを作ろうと思っている方にひとつだけ注意があります。それは「用紙は必ず耐光性に優れた専用紙を使う」という事。

ただの厚紙(ペーパークラフト用紙でも耐光性を謳っていないもの)に印刷するとこうなります。
R0065145
これは2年程前に作ったオーディンスフィアのメルセデスですが、日の当たらない場所に飾っておいたにも関わらずこんなにも退色してしまいました。今後恐らくもっと色褪せていくと思われます。

この娘の場合は色白になったように見えるだけでそれほど違和感ありませんが、ロードローラーだとせっかくの金属の質感が台無しになってしまいますし、必死の思いで(下手すると何ヶ月も掛けて)作り上げたものがあっという間に劣化してしまうというのはやりきれないものがあります。

「そんな用紙で大丈夫か?」「一番いいのを頼む」

基本的に安物の用紙は(耐光性を謳っていても)塗膜が弱く、折り目を付けたり糊を軽く拭き取っただけでインクがポロポロ剥げたりするので、なるべく品質の高い紙を使用した方が賢明です。

A4で印刷するとなると最低50枚は紙を使用することになるので質を求めるとそれなりにコストはかかりますが、ガッチリ糊付けされた部分を剥がしても塗装が剥がれないほど質の高い紙(とインク)が使用されている商品版でさえ相当組み立てにくいので、下手にケチって安物の紙なんかで作った日には恐らく気が狂います。

途中で投げ出してしまわないようにするためにも、用紙は一番いいのを用意するべきです。「大丈夫だ、問題ない」なんて言ってると後で泣きを見ます、絶対。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その6 

車体前部・後部・中間部が完成。
R0064699
内側の骨組みはタイヤを嵌めると見えなくなるのでかなりテキトー。くっついてりゃええんです。

取説の101ある作業工程のうち24まで完了しましたが、はじめのうちは巨大なパーツが多い=作業密度が低いため1/4出来たわけでもありません。後半、怒濤のちんまいパーツ地獄が待ち受けています。

後部の一辺、微妙な曲面を描いている部分を貼り合わせるのに少し苦労しました。前にも書きましたが、接着剤は品質の高いものを使わないと確実にグチャグチャになります(よーするに100円ショップのはNG)。

自分が使っているのはトンボ鉛筆の『消えいろPIT』(糊)とコニシの『木工用速乾』(ボンド)。消えいろPITは粘着・速乾性に優れている上に乾燥後シワになりにくく、糊自体に色が付いている(乾けば無色)ので塗った部分がわかりやすくてオススメです。

ボンドについては可もなく不可もなく。速乾タイプならなんでもいいと思います。

お礼

にゅーあきばどっとこむ』様、

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 28.スタープラチナ レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その5 

パーツの切り出しも終わり、ようやく組み立て作業に入りました。

とりあえず車輪と本体の一部が完成。
R0063596
パーツがやたら大きいのでなんとなく「出来てきた感」がありますが、作業量としてはほんの僅か。1/10も終わってません。

しかし車輪だけでこれだけのボリュームとなると、完成した暁にはとんでもない事になりますね。邪魔になる事請け合いです。ただ作りかけのバラバラ状態で保管しておくのはもっと邪魔なので、これはやはりもう完成させるしかありません。

この先心が折れなければ木々の葉が紅く染まる頃までには完成する……と思います。するといいなあ。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その4 

一昨日もこそっと書きましたが、長らく放置していたロードローラーの制作を再開しました。そして本日遂に全22ページにも渡るパーツの切り出しが完了!
R0063429
長かった……本当に長かった。何度心が折れそうになった事か。っていうか何度折れた事か。

何はともあれこれでようやく本格的な制作に取りかかれるわけですが、その前にパーツを番号順に並べるか小分けにした方がいいかなと思います。プラモデルでいえば何百とあるパーツを全部バラバラにしてしまったような状態なので、探すのも一苦労です。

でもここまで来たら必ず完成させます。か・な・ら・ず。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その3 

手を休める前にもう一踏ん張り、というわけで15枚目を切り出しました。これで残りは7枚。

R0051046R0051051
No.15はパーツ数がやたら多い上に「円形」「ギザギザ」という二大めんどくさいパターンだらけで大変でした。

逆にここから先(No.16以降)は大型パーツが多いので、意外と早く済ませられる…かもしれません。まあ、切り出しが終わってもまだまだ先は長いのですが。むしろ「まだ始まってもいねーよ」って感じではあります。

というわけで、しばし小休止。いってきます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その2 

年末年始色々あって全く作業が進んでいなかったペパクラロードローラー。このまま放置し続けると完全にお蔵入りになってしまうので、一念発起して制作を再開、22枚中14枚のパーツ切り出しが完了しました。残りあと8枚…まだまだ先は長いです。

ペーパークラフトは最初に全てのパーツを切り出してから組み立てるのが基本だと思いますが、このロードローラーのようにパーツ数が膨大な場合は組み立てながら逐次必要なパーツを切り出した方が良いかもしれません。作業効率は落ちますが、その方がモチベーションを維持しやすいと思います。

切り出しに専念すると確かに効率的ではありますが、代わりに達成感ゼロの”内職状態”を延々と続けるハメになります。自分はこの方法を採りましたが、正直オススメしません。

切って切ってまた切って…もううんざりですよ。何が悲しくてたかが建機のためにここまで苦労せねばならないのか…そんな悪態のひとつもつきたくなってしまいます。でもここで挫折したら費やした労力が水泡と帰してしまいますから、頑張って完成させたいと思います。

それにしても
R0051035R0051040
丸いパーツの切りにくさは異常。

ただ単にパーツ数が多いだけでなく、曲線が多用されているのが最大のネックです。ただの長方形を見るとホッとしますね。

道具は安物を使うと切りにくくてイライラ激増&余計に時間が掛かってしまうので、なるべく、というか必ず品質の良い物を使うべきです。100円ショップで揃えるなんてもってのほか。たかだか数百円をケチって不快な思いをする事はないと思います。

ちなみに自分が使用しているのはOLFAのデザインナイフ(600円)と同じくOLFAのA4カッターマット(880円)。定規なしで直線もキレイにスパスパ切れます。オススメ。

それから切り屑と間違えて捨ててしまいそうな程小さいパーツがあるので、チャック付きの小袋もあれば便利です。

 

えっと、制作再開を宣言して早々こんな事言うのもアレですが…週末からまたしばらく手が止まります。だってそれどころじゃないもん!



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

超像可動 ペーパークラフト ロードローラー制作記・その1 

※2011/07/12追記 完成しました。

超像可動のペーパークラフトロードローラーが届きました。早速作ってレビューしようと思ったんですが、想像以上のパーツ数の多さに中身を一通り確認しただけでゲッソリというかゲンナリしてしまいました。

用紙はA3(297x420mm)で、こんなのが全部で22枚もあります。
R0049696
取説の工程数は101。狂気の沙汰ですね。

パッケージもバカみたいにデカい。
R0049685

はっきり言ってやる気失せまくりですが、せっかく買ったのに積んでしまうのも勿体ないので作ります。それに伴い、途中で投げ出してしまわないためにも制作記として進捗状況を記録していきたいと思います。

完成させるのがカッコ良いメカでも可愛い女の子でもない「ただの建設機械」ですから、ある程度「やり遂げねばならない」というプレッシャーを与えておかないとモチベーションを維持出来そうにありません。

とりあえずNo.1?5までのパーツの切り出しが終わりました。
R0049730
既に心が折れそうです。まだ17枚もあるのに。こんな調子で大丈夫か?

気晴らしに台詞パーツで遊びました。

ロードローラーだッ!



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ