デモンズ三昧14

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ゲーム雑記 > デモンズソウル > デモンズ三昧14

デモンズ三昧14 

楔の神殿-最終イベント


全エリアを攻略して神殿へ戻ると自動的にイベントが発生。
床に穴が開き、火防女に話しかけて穴の中へ。
なおこの時点でソウルを使ったレベルアップが出来なくなるため
アイテム集めやサブイベントは最終エリア攻略前に済ませておいた方が無難。

穴の下は綺麗な砂浜。
奥へ進んで洞窟に入り、霧の中でデーモン『なりそこないのオーラント』と戦闘。
一応ラスボス戦ではあるものの、イベントバトルのようなもので相手は基本何もしてこないので攻略法は特にない。
台詞を聞き終わったら近付いて斬るなり魔法撃つなりすれば終了。
その後、何もせず霧の外へ出るか火防女を殺すかでエンディングが分岐。
後者の火防女殺害は正直かなり気がとがめるが、
敵対プレイ(PKではない純粋なPvP)をするために必要なアイテムはこちらを選ばないともらえない。
逆に前者、何もせず脱出を選択すると魔法『吸魂』を修得出来るデモンズソウルが貰える。
(殺しても別のデモンズソウルが貰えるが現時点では用途不明)
オフ専、もしくはPvPに興味がなければ気分で選べば良いと思う(周回して両方選ぶのがベターではある)
余談ながら吸魂は坑道2の大クマムシも即死させられるので竜石集めに便利。

エンディング後、メビウスの輪から抜け出せなくて的な無限ループで二周目へ。
ちなみに一周目と違いチュートリアルステージはプレイ出来ない。
つまり拡散の尖兵との一回戦は一周目オンリーという事。

二周目はソウル・ソウル傾向・貴重品を除くアイテムを全て引き継ぎ、
敵が強化される(体力によっては1-1で即死しかねないレベル)
なお二周目以降限定のイベントというものは特にない(実質的に二周目以降ではないと手に入らないアイテムはある)
ただ王城の3ステージ目に進む為の条件(他のエリアの3ステージ目をクリアする事)が取り払われ、
いきなりオーラントを倒す事が出来るようになっている。

殿堂-最終ステータス


一度クリアすると神殿の最上階の殿堂部屋にエンディング時点での状況が記録される。
自分はこんな感じ。
ds1
ds2
ソウルレベルは70。一周目としては恐らく最も「普通」と言えるクリアレベル。
死亡回数は288回。死んだなあ。
ただこれにはアイテム稼ぎやソウル傾向調整の為の「自殺」が相当含まれるので
ガチで死んだ回数は多分マイナス100前後、150?200回の間ぐらいだと思われる。
だとしても良く死んだ。
プレイ時間36時間は長い方かも。レア鉱石取るためにかなり粘ったので。
純粋に攻略に費やした時間は25時間ぐらいだろうか。
ステは体力26知力18頑強25筋力16技量12魔力18信仰25運10
一応魔法(奇跡)も使える戦士を目指したものの、
このレベルだとバランスタイプに毛が生えたようなスペックなのであまり強くはない。
アイテム拾得率アップの為に運に3振ってしまったのは少し、いやかなり後悔。
運特化のキャラを作りたい等、明確な理由がなければ絶対上げない方がいい。

ちなみに装備はこんな感じだった。
右1:竜のロングソード+4 or 祝福された北騎士の剣+4
右2:クリスナイフ+4
左1:暗銀の盾+5
左2:獣のタリスマン
防具:銀のコロネット・バインディッドクロス・銀の腕輪・ハードレザーブーツ
指輪:しがみつく者・再生者・盗人・強欲など(割とケースバイケース)
魔法:ソウルの光・火の玉(or完全な防護)
奇跡:避難・一度きりの復活(or反魔法領域)


状況に応じて武器や魔法を切り替える必要があって忙しい割には上でも書いたようにそう強くない。
攻防共に中途半端なので力自慢の方々に侵入(PK)されるとまず死ねる。
とはいえ単にストーリー攻略するだけならこれでも充分というか
接近戦・遠距離戦・回復をそつなくこなせるので結構使いやすい。
「やること多い=楽しい」でもあるし、ゲーム操作にも自然と慣れられるので入門用としてもよさげ。
防具はこのゲームどれ装備しても大差ないので見た目で選んだ。

対人を視野に入れるなら神の怒りを入れたり(一周目は竜のデモンズソウルを火の玉に使ったので取れなかった)
モーリオンブレード・鋭い窮鼠の指輪、それと魔法鋭性or真摯な祈りの指輪で攻撃力を補えば結構イケるかな?
その場合メイン武器は月光剣がいいかもしれない。
色の無いデモンズソウル集めなきゃ…。
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿