S.H. Figuarts[フィギュアーツ] Yes! プリキュア5 Go Go! キュアドリーム レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > S.H. Figuarts[フィギュアーツ] Yes! プリキュア5 Go Go! キュアドリーム レビュー

S.H. Figuarts[フィギュアーツ] Yes! プリキュア5 Go Go! キュアドリーム レビュー 

商品名:S.H. Figuarts キュアドリーム
作品名:Yes! プリキュア5 Go Go!
発売元:バンダイ
発売日:2009年11月
価格:3,150円(税込)


キュアドリーム

『Yes! プリキュア5』『Yes! プリキュア5 Go Go!』の主人公・夢原のぞみが変身するプリキュア、キュアドリーム。
ミルキィローズがリリースされた時の事を考えてか、『5』ではなく『5 Go Go!』バージョンで立体化されました。
他のキャラも含め、自分は無印のコスチュームデザインの方が各キャラバリエーションに富んでいて好きなんですけどね。
ちなみに無印のドリームはメンバー唯一のヘソ出し要員。
初代プリキュア・キュアブラックもそうだったように主役のプリキュアは続編では露出を減らす特性があるようです。

しかし小学生女児をターゲットとした作品のキャラクターのフィギュアが
「対象年齢15歳以上」で出るというのも冷静に考えるとすごいというかなんというか。

全身


R0012726R0012727
ハイヒールでなおかつ後ろ(髪の毛)が重いのですぐにバタバタ倒れます。
撮影していて非常に疲れました。
figmaやリボルテックのように背中で固定する台座があればいいんですけど…。
魂STAGEのような胴体挟み込みタイプの台座は見映えが悪いんですよねえ。
どうせ背中は髪の毛に隠れてあまり見えないので穴を開けてしまうのも手?(あくまでも自己責任で)

角度によっては妙に首が長く見えてしまいますが(実際長い)
詰めたら詰めたで可動が犠牲になるので難しい所です。

大きさは頭のてっぺんまでで13.5cmほど。
R0012730
右は350ml缶。

頭部


R0012731R0012733R0012734
▲クリックで拡大(別窓)
サンプル段階で最も気がかりだった顔の造形ですが、
かなり良く出来ているといっていいのではないでしょうか。
フェイス部分だけでもちゃんとドリームに見えますし、これなら文句はないです。

各部


R0012736R0012737
R0012740R0012750
R0012742R0012752
R0012745R0012754
R0012747R0012758
塗装精度はそれなり。
良くはありませんがヒドイってレベルでもありません。
髪の毛の色ハゲが少し気になりますが、それ以外は許容範囲。

普段は髪の毛に隠れていて見えませんが、背中には何か穴を埋めたような形跡が。
もしかして光の翼(仮)を生やしたバージョンでも出すつもりでしょうか?

スカートは一応外れます。
R0012759
見映え悪いですが。

可動


R0012761R0012762
R0012763R0012764
首はダブルボールジョイントx2の二重関節。
ロングヘアキャラの宿命であまり上を向くことは出来ません。
そのため必殺技天空×字拳、もといプリキュアシューティングスターのポーズは取らせにくくなっています(無理すればそれっぽくは出来ますが)

R0012765R0012769
肩は球体ジョイント。
上着の肩の部分は別パーツになっているのであまり可動の妨げになりません。
肘はfigmaチックな関節。見た目重視で可動はそこそこ。

R0012771R0012772
R0012776R0012778
腹部と腰にボールジョイント。前後左右へ大きくスイング、回転させられます。

R0012780R0012781
R0012784
股関節は球体ジョイント+横ヒンジ。
縦・横共に大きく開脚できます。
フリルは短いのであんまり邪魔になりません。

R0012786
膝は肘と同様の一軸関節。

R0012788
足首は球体ジョイント。
可動自体は普通ですが、上でも書いた通り安定性が抜群に悪いので相対的にあまり動かないように思えます。

付属品


R0012790
>>オプションハンドx3(右2左1)、オプションフェイス、クリスタルフルーレ
最近オプション大量なフィギュアばかり見ていたせいか妙に寂しく感じます。
というか実際寂しいですが。むしろ寂しすぎます。
顔が二種類とも口を開けた表情なのでもうひとつ口を閉じた顔があれば良かったなあと思います。
せめてピースサインor指差し手首でも付いていればだいぶマシだったのではないでしょうか。


オプションフェイス。
R0012796R0012797R0012800
▲クリックで拡大(別窓)
叫び顔。こちらも非常に良く出来ています。
笑顔は笑顔で魅力的ですが、やはり勇ましい顔つきの方がプリキュアらしくて良いと思います。

顔の交換方法はfigmaとほぼ同様。
R0012792
かなりガッチガチにはめ込まれるので子供だと交換出来ないかも(対象年齢15歳以上ですが)


クリスタルフルーレ。
R0012801
R0012804
R0012806
ブレード部分はクリアパーツではなく塗装で表現されていますが、
発色が良くグラデーションかけられているためとても綺麗です。

持つときはこう。
R0012810

アクションなどなど


大いなる希望の力!キュアドリーム!
R0012812

情熱の赤い炎!キュアルージュ!
R0012816

弾けるレモンの香り!キュアレモネード!
R0012819

安らぎの緑の大地!キュアミント!
R0012822

知性の青き泉!キュアアクア!
R0012824

以上、ひとりプリキュア5でした。
他のキャラも可動に関してはほぼ同じだと思うので参考程度に。
レモネードがかなり厳しい感じ(腕がこれ以上内側にいけない)
改めて変身バンクをまじまじと見て気付いたけどミントとアクアってポーズほとんど同じなのね。

クリスタルフルーレ!希望の光!
R0012828
構えに特徴がないのが特徴。

R0012831

R0012834
劇中でフルーレが一度たりとも刺突武器として使わなかったのは
例のダガーナイフ騒動のせいだと勝手に思ってるんですけど、実際のところはどうなんでしょう。
せめてアクアには使わせてあげて欲しかったところ。

R0012837
もっとも、徒手空拳こそプリキュアの真髄ではありますが。

R0012841

R0012845

R0012849

総括


危惧していた顔も非常に良く出来ており、プリキュア5が好きなら買っても損はないと思います。
ただフィギュアそのものに文句はありませんが、やはり残念なのが付属品の少なさ。
メーカーが違うので単純比較は出来ないものの、
figmaだったら2,500円クラスでももうちょい色々付いてますからどうしても割高に感じてしまいます。
まあ5人(6人)揃ってナンボのプリキュア5なので全部集めてしまえばボリューム的な不満は吹き飛ぶと思いますが、
それでもやはり顔や手首の種類をもう少し増やして欲しかったのは事実。

やはりバンダイさん的にはいずれボーナスパーツ付けて魂ウェブ商店でセット売りするつもりなのだろうか…。
『五戦士集結』とか言って。
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿