超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド レビュー

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2009年12月
価格:3,675円(税込)


空条承太郎

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より第三部主人公、空条承太郎。
セカンドバージョンという事で以前リリースされたバージョン(以下、通常版と呼称)とはカラーリングが異なります。
更に初回限定で通常版用の新規造形頭部二種が付属。
通常版付属の頭部は極めて残念なクオリティのため、これは非常に嬉しいボーナス。
というか、よっぽど評判悪かったんだと思います…。

カラーリング以外は基本的に通常版と同様なので、可動等については通常版のレビューをご覧下さい。

全身


R0015615R0015618
承太郎はやっぱりこのカラーリングの方がしっくり来ます。
OVA版も紺ランですし(シャツはピンクでしたが)
顔の造形がまともになった事でほぼパーフェクトな出来ではないかと思います。

頭部


R0015623R0015624R0015625
通常版は一体何の冗談だったんだ…と思わざるを得ないイケメンっぷり。
何よりちゃんと荒木顔をしているのがヨイですね。

各部


R0015626R0015630
R0015634R0015639
R0015637R0015644
R0015648R0015642
R0015650R0015652
塗装はいつも通り。
個体差激しそうなので選別出来るならした方が良いと思います。
うちのは帽子の塗装がちょっと粗いですね。
実物は写真ほど汚く見えないので個人的には我慢できるレベルですが。
カラーリングの関係で靴の質感が通常版より良くなっています。

付属品


R0015622
>>オプションハンドx10(左右各5)、オプションヘッド、黒承太郎用オプションヘッドx2、オプション腿x2、台座
前述の通り、黒承太郎用ヘッドは初回限定です。


腿と手首を専用のものに差し替えてハンドポケットを再現。
R0015653R0015654
個体差かも知れませんが、パーツの噛み合わせが通常版より良くなっている気がします。
うちの通常版は右腿パーツがまともに取り付けられませんでしたから…(不良かも)


オプションヘッド。
R0015658R0015661R0015663
ニヤリ顔。
通常版のヘッド二種は口閉じ・口開けで明確な違いがあったのですが、
セカンドはふたつともあまり変わり映えしません。
出来れば口を開けた叫び顔が欲しかった。

通常版オプションヘッド。
R0015666R0015667R0015669
R0015670R0015671R0015672
造形・表情共にセカンドのものと同じ…はずなのですが、こっちの方が凛々しい顔立ちになっています。
特に上の睨み顔は『スゴ味』があります。
多分個体差だとは思いますが。

ちなみに通常版付属のヘッドはこれ。
R0015664
左は自分でリタッチしたもので、右が以前撮ったリタッチ前の”素”の状態。
素はかなりドイヒーです。
これはオインゴが変身したニセ承太郎だと思おう。

アクションなどなど


R0015706

R0015740

R0015691

R0015695

R0015748

R0015716

R0015717

R0015679R0015681
R0015688
通常版も見違えるほどカッコ良くなりました。

総括


ようやくちゃんとした承太郎が出たかという感じ。
セカンドがどうこう以前に通常版が酷すぎるため、このシリーズの承太郎を買うなら必ずこちらを。
初回版なら通常版もまともなクオリティに出来るので、どうせなら初回版の入手をオススメ。
セカンド初回版+通常版なら二個買いする価値はあると思います。
黒ランは黒ランでカッコイイですからね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿