リボルテックヤマグチ Series No.086 レイトン教授 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > 海洋堂 > リボルテックヤマグチ Series No.086 レイトン教授 レビュー

リボルテックヤマグチ Series No.086 レイトン教授 レビュー 

商品名:リボルテック レイトン教授
作品名:レイトン教授シリーズ
発売元:海洋堂
発売日:2010年3月15日
価格:2,400円(税込)


レイトン教授

「ナゾ解明!」でおなじみのニンテンドーDS用アドベンチャーゲーム『レイトン教授シリーズ』より、
主人公の英国紳士”レイトン教授”ことエルシャール・レイトンがリボルテックで登場。
正確には劇場版『レイトン教授と永遠の歌姫』でのフォルムを再現したモデルになります。

初回特典としてオリジナルのナゾが記載された『ナゾカード』が付いており、答えを専用メールアドレス宛に送ることで
正解者の中から抽選で30名にブロンズバージョンのレイトン教授が当たるキャンペーンが開催中(締め切りは4/15)
ちなみにナゾの難易度はそれなり。50ピカラットといったところでしょうか?
ただ、ゲームをやってないとナゾ自体は解けても答えがわからないかもしれません。

全身


R0019590R0019593
リボルテック、というか山口造形にしては珍しいオリジナルに忠実な造形。
独特のプロポーションが見事に再現されています。

全高はおよそ135mm。
R0019670R0019673
帽子抜きだとよつばより背が低いです。

頭部


R0019595R0019596R0019598
リボルテックの人間キャラは顔がネックだったりしますが、
レイトン先生の場合はデザインがデザインなのでそのへんの心配はご無用。
ただ写真だとわかりにくいかもしれませんが、表面処理がキレイとは言えず近くで見ると肌荒れが結構目立ちます。
顔の横の分割線も気になりますが、これはしょうがないですかね。

ちなみに帽子は外せますが、頭頂部は作られてません。
R0019667
違う意味で見てはいけない醜態です。

各部


R0019624R0019626
R0019628R0019631
R0019633R0019635
R0019638R0019640
R0019644R0019645
塗り分けがほとんどないので塗装に関しては概ね問題なし。
表面処理は頭部同様やや粗めですが、ガン見しなければ気になるほどでもないかなと。

可動


R0019603R0019605
R0019607R0019608
首は6mmダブルジョイント。

R0019610R0019612
肩・肘に6mmジョイント。
肘は100度程度曲がります。
可動範囲は広いとは言えないため、アゴに指を当てるポーズ等を取らせようとすると多少無理をする必要があるのですが、
その場合、肩のジョイントを破損しないように注意した方がいいかもしれません。

R0019613R0019615
腰に8mmジョイント。大きくスイングさせられます。

R0019621
胴体はクリアランスを確保するため、背中側が大きくえぐれています。
上着とシャツは軟質素材で出来ており、可動の妨げになりません。

R0019616
R0019617
股関節に6mmジョイント。
胴体と脚が干渉しにくい構造になっているおかげで大きく可動します。
ただ他の部分にも言えますが、6mmジョイントは保持力が弱いので関節がぐらつきやすく、
中でも股関節は負荷が掛かるため大股開きになりやすいです。

R0019619
膝・足首に6mmジョイント。
ここも関節弱めですが流石に支えきれなくて曲がってしまうような事はありません(普通に両足で立たせている分には)。

セット内容


R0019586
R0019588
>>フィギュア本体、オプションフェイス、オプションハンドx5(左1右4)、ティーセット、テーブル、チェア、
>>手帳、万年筆、ディスプレイベース、ディスプレイベース支柱、リボコンテナ、リボチップ、ナゾカード

ナゾカードは前述の通り初回特典。
写真はカードの裏側で、表側にナゾが書かれています(流石に載せるのはまずいと思うので…)。

オプション


オプションフェイス。
R0019599R0019600R0019602
笑顔。
口の中もしっかり作り込まれています。


ティーセット。
R0019653
カップ、ソーサー、それと手に持った状態のカップ。
カップの中の紅茶はクリアパーツ製で、手で持った方は斜めになっています。
ソーサー側面のピンは左持ち手の手の平に差して固定するためのものです。


手帳&万年筆。
R0019658R0019662
手帳は開閉式で、ソーサー同様手の平に固定するためのピンが付いています。
万年筆は先端が非常に細く、ちょっと力を加えただけでポキッと逝ってしまうので取り扱いには注意。


テーブル&チェア。
R0019648
イスにはもちろんレイトン先生を座らせられます。
ギミックは特にありませんが、感じの良い造形なので色んなフィギュアと組み合わせて使えそうです。


ディスプレイベース。
R0019664
ヨーロピアンな路上を意識したレンガ調のディスプレイベース。
フィギュアの足裏か付属の支柱をピンに取り付けて使用します。

アクションなどなど


R0019690
R0019675

R0019753
R0019749
R0019695
R0019743R0019703

R0019682
R0019709

放課後ティータイム。
R0019719

R0019725

以前作成したレイトンカーのペーパークラフトと。
R0019713
スケール的にはちょうどいい感じです。

R0019732

総括


造形的には文句ナシですが、関節が弱いのでガシガシ動かして楽しもうとするとイライラするかもしれません。
ただ派手に動き回るキャラクターでもないですし、大人しいポーズで飾っておく分には問題ないので
レイトン教授のファンであれば満足出来るアイテムだと思います。

他のキャラクターは出るのかな?出来ればルーク少年ぐらいは出して欲しいところですが…。
欲を言えばアロマも。
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿