MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー レビュー(ディスプレイスタイル編)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー レビュー(ディスプレイスタイル編)

MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー レビュー(ディスプレイスタイル編) 

商品名:MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー
作品名:バオー来訪者
発売元:バンダイ
発売日:2010年3月20日
価格:5,775円(税込)


バオー

マンガリアリゼーション・バオー
こちらでは無可動下半身と台座を使用したディスプレイスタイルについて紹介しています。
アクションスタイルについてはアクションスタイル編のレビューをご覧下さい。

全体


R0020573R0020578
アクションスタイルからディスプレイスタイルにチェンジする場合、
下半身左腕のリスキニハーデン・セイバー・フェノメノン、それと手首を交換します。
固定モデルとはいえ上半身は普通に可動するため、ポーズはパッケージ写真等を見ながら自分で調整する必要があります。

このスタイルの見所はなんといっても台座のマーチンでしょう。
その存在感たるや、完全にバオーを食ってます。

マーチン


R0020634
R0020637
マンドリルのマーチン、の頭。せっかくなので単独で撮影。
グロカッコ良いとはまさにこの事。
しかしなんとも動物愛護団体の人が見たら発狂しそうな造形です。

各部(バオー)


頭や胴体はアクションスタイルで紹介済みなので省略します。

R0020581R0020579
R0020589R0020594
R0020592R0020586
R0020603R0020596
R0020601R0020598
可動モデルの膝は90度しか曲がらないため、このポーズを取ることは出来ません。
余計な関節がない分、見映えはこちらの方が良いですね。
足の裏も扁平足ではなくなっています。

各部(マーチン)


R0020605R0020608
R0020610R0020613
R0020616R0020619
R0020621R0020623
R0020629R0020631
R0020625R0020626
細部の作り込みがハンパないです。
特に口の中の造形にはある種の執念のようなものを感じます。
子供が見たら多分泣くよ…。

大きめ写真


R0020638
R0020642
R0020645
R0020648
R0020657
R0020651

前述の通り、上半身は可動するのでポーズを変えて飾る事も出来ます。
R0020748
R0020757
R0020760
R0020768
最後の一枚はパッケージ表面のポーズ。
イマジネーション次第で色んなシチュエーションを表現出来ると思います。

総括


アクションフィギュアとしては可動範囲が狭いため(特に下半身)物足りない部分もありますが、
固定フィギュアとしてのクオリティは「素晴らしい」の一言。
特にマーチンに関しては是非実物を手にとって見て欲しいと思います。
アレンジが強烈なので人によって好き嫌いが分かれるかも知れませんが、
この手の異形デザインが好きな人には文句ナシにオススメです。

パーツの換装でアクションフィギュア、固定フィギュアの2パターンが楽しめるという仕様は
自分のように「アクションフィギュアは好きだけど一度飾ったらまず動かさない」という人間には打ってつけ。
下半身が丸ごと余ってちょっと勿体ないという欠点はありますが、S.I.C.の換装モノに比べたら遙かにマシです。
換装箇所が下半身と腕のリスキニ(ryだけなのでS.I.C.によくあるポロリの心配もなく、
弄っていてストレスが溜まらないのも個人的に評価したいところです。
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

かっこいい・・・

もっと長く読みたかった漫画ナンバー1です。自分的に。
[ 2010/03/23 23:26 ] [ 編集 ]
話数の少なさから昔は打ち切りと言われてたけど、実際は当初からあれぐらいの分量を想定してたみたいだね。
残念ながら荒木先生に続編の意志はないようで…
[ 2010/03/24 00:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿