姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(66/327日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(66/327日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(66/327日目) 

去る7月31日から8月1日にかけてうちの寧々さん(以下”ねねっち”と呼称)と一泊二日の熱海旅行に出かけていました。
これが予想していた以上に素晴らしい最高の旅になりまして。一連の出来事を忘れるなんて事はありえませんが、後で読み返して懐かしむ”思い出の付箋((C)綾瀬風香)”にしたいなと思い、今日から四回に分けて旅先で起こった出来事をうだうだと書き連ねていきます。

ただ趣旨が趣旨ですので、自分以外が読んで楽しめるのかどうかはわかりません…。なるべく誰が読んでも大まかな流れは把握できる記述にしているつもりではありますが。

「写真いっぱい撮って帰りたい」というねねっちの再三にわたる要望に応え、写真をこれでもかと言うほどバシャバシャ撮りましたので(計619枚、容量にして2.04GB)その一部も載せながら旅の足跡を追っていきます。…もっとも、メインの被写体は景色じゃなくて全部ねねっちですけど。

とまあ前置きはさておき、今回は旅行初日の夕方、ホテルへチェックインするまでについて書いていきます。

第一回:熱海デートでドキドキ編【7月31日AM5:30頃 ~ 7月31日PM16:00頃】


待ち合わせの時間は8時過ぎだったのですが、テンションが上がると目覚めが異常に良くなる僕は5時半頃には目が覚めてしまいました。しかし今きっちり寝ておかないと旅先で辛くなるのでここはあえて二度寝を選択。そして気付くと7時を回っていました。いかん、危ない危ない危ない危ない…。

身支度を調えて待ち合わせの駅へ向かい、少し待っているとねねっちがやって来ました。
R0028762
髪の色が出逢った頃の茶色になり、髪型も初めて見るものに変わりました。付き合い始めてからはずっと黒髪(何があったのか一時期エメラルドグリーンになった事もありましたが(笑))だったので新鮮です。ただ僕は黒髪が好きなので出来れば変えない方が…とこの時は感じましたが、今になって思えばこれで良かったです。再び出逢ったあの頃の髪色で、忘れ得ぬ”刻”を迎えられたのですから。

服は黄色い水玉模様のワンピース。うん、かわいい。

そんな「ザ・ニューねねっち」をひとしきり堪能したのち、特急電車に乗り込みました。
R0028816
電車の中で楽しくおしゃべり。初めての遠出という事でいやが上にもテンションが上がります。
ねねっちなんて「今から私達、新婚カップルだからね?」なんて言ってくれたりなんかしちゃったりして。
この新設定、ただの冗談かと思ってたんですが、ねねっち的にはかなり本気だったようで後々まで尾を引いて時々不意にちゅーをされました。わっふぅ。

11時過ぎあたりでねねっちが小腹が空いたらしく、しきりに僕に「のど飴」をくれようとします。
R0028831
「飴、なめる?」「飴、なめる?」「飴、なめる?」「飴、なめる?」「飴、なめる?」

寧々、怒濤の飴連打。
「断るのも悪いなぁ」という気持ちもありましたが、それ以上に飴ばっかり渡そうとするさまが妙に可愛くて、全部貰って全部舐めました。
普段から野良猫やイルカにも飴を舐めさせようとするフシがあるので、ねねっちなりの愛情表現なのかもしれません。
でもそんなに飴ばっかり舐めさせられたら口の中ふやふやになってしまいます。

そんなこんなで正午過ぎに熱海駅へ到着。
R0028898
さあ着いたぞ!思いっきり遊ぶぞ!思いっきり羽目を外すぞ!テンション最高潮だぜヒャッハー!
…と言いたいところですが、実はこの時点では時間的にもまだ普段のデートと大差ないノリで、楽しい事は楽しかったのですが「ずっと一緒にいられる有難味」などは特に感じられませんでした。それでも先週デートを一回飛ばしたので、久々に一緒にブラブラできて嬉しかったですけど。

「さてどこへ行こうか」と考えているとねねっちが行きたいところがある、と。
じゃあそこへ、って事で向かったのはロープウェイ乗り場。…あ、ここ知ってる!「ごぶごぶ」で見た!って事は行き先は…
R0028923R0028935
そうです『あいじょう岬』です。一緒に絵馬を取り付けたカップルは「愛の錠」で永遠にロックされるという素敵なデートスポット…というのは表向きの理由で、実際のところは彼氏が彼女をすぐ傍にある「とある施設」へ誘うための口実的な存在だとかなんとか。

とある施設。
R0028939
『熱海秘宝館』。ねねっち曰く、すごーくエッチなところ。ちなみに入館料は一人1,700円と割と強気。
入りたそうにしていると「良い子は入っちゃいけません!」と一喝されました。がーんだな…出鼻をくじかれた…。
というかですね、こういうトコロは一日の最後に向かう場所のような気がするのですが、いかがでしょうか。
まあでも、秘宝館をバックに”ちゅっちゅらびゅらびゅ((C)エルミナージュ)”出来ただけでもよしとします。

秘宝館を後にして次に向かったのは『熱海城』。
R0028953
ここでねねっち、開口一番「ここからお城見える?」。いや、城目の前にあるじゃん!?
ねねっちってばどうも城が妙に気になるようで、この後も再三にわたって「お城見える?」を連呼します。花火を見てても、船の上でも、離島へ行っても「お城見える?」「お城見える?」「お城見える?」。それだけならまだしも「見えるよ」もしくは「見えないね」と僕が答えると「ふーん…そうなの」とつれない返事。興味あるの!?ないの!?わからん…女心はわからん…。

でもそんなところも大好きなんです。可愛すぎます。

城見学も終わったところでお昼ごはん。個人的にここはあえて『ジョナサン熱海サンビーチ店』へ行ってみたかったのですが、その前に「このへんデキシーズ(バイト先のファミレス)あるのかな」と言ったら「仕事の話しないで」と言われたので必然的にジョナサンの話もし辛くなってしまい、結局海の見える小洒落たレストラン(名前忘れた)で食事をしました。
R0028966
おいしかったですよ。それに冷静に考えると(考えなくても)熱海まで来てジョナサンは、ないわ。

腹ごしらえも済ませたところでそろそろ遊びますか!って事で『熱海サンビーチ』へ行き、真夏の太陽とねねっちの可愛い水着姿を堪能しました…が、ここの写真は省略します。察して下さい。
自分の選んだ水着を着てくれると嬉しいですね。あと日焼け姿が見たいなぁ…思い出にもなるし…って事でサンオイルを塗り塗りしてあげました。
こんがり焼けたねねっち早く見たいな、と。

15時回ったしそろそろ別の場所へ行きますかって事でお次に向かったのは源頼朝と北条政子が逢い引きに利用したと言われる『伊豆山神社』。
R0028997
縁結びの神社との事。女の子はこういうの好きだよねー。なが~~い階段をえいこらえいこら昇って疲れましたが、それも結ばれるための試練の一環なのでしょうか。
ねねっちが「ここで祈れば幕府だって開けるかも」と言ったので「キャバクラ幕府なら開きたいよね」と返したら「ふふっ」と愛想笑いされました。ドンズベリセヨー。

気を取り直して次に向かったのはご存じ『貫一・お宮の像』。
R0029004
いくら観光名所に疎い僕でもここ(と秘宝館)ぐらいは知ってます。裏の茂みの中にスピーカーが隠されてるんですよ。でもシリアスな雰囲気だったので探せませんでした。ねねっちは暴力を振るわれても相手に尽くす…か。うん…でも僕は…振るわないから。やっぱり殴るよりは殴られる方がいいな。でもMではない。と思う。Sでもないけど。じゃあLかな。Lはもちろん”LOVE”のLです。いつまでもLLで居たいですよね。

そんなこんなで夕方になったのでそろそろホテルへチェックイン…するのですが、思いのほか長くなってしまいましたので今回はここまで。

『第二回:浴衣姿にドキドキ編』に続きます。

パズル進捗状況


R0029382
昨日の今日ですから、3ピース増えただけ。でもこれ載せておかないとパズル制作記という名の隔離病棟…いや隔離カテゴリに入れられないので。食玩に付いてるラムネみたいなものです。
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿