ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムF91(残像Ver.) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムF91(残像Ver.) レビュー

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムF91(残像Ver.) レビュー 

商品名:ROBOT魂 ガンダムF91(残像Ver.)
作品名:機動戦士ガンダムF91
発売元:バンダイ
発売日:2010年8月26日
価格:3,150円(税込)
備考:魂ウェブ商店限定アイテム


質量を持った残像

劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』より、S.N.R.I.(サナリィ)が開発・建造した高性能試作型MS・ガンダムF91。当商品は劇中終盤で見せたMEPE(金属剥離効果)による”質量を持った残像”をクリア成型により再現した”残像バージョン”です。

成型色以外は一般発売された通常版のF91と変わりませんが、ボーナスパーツとしてビーム・サーベルを高速回転させた状態を再現するエフェクトパーツが付属しています。

パッケージ


R0032042R0032043
完全新規に作られています。魂ウェブ商店限定アイテムのパッケージはフルカラーと単色の二種類がありますが、どういう基準で使い分けられてるんでしょうか。

セット内容


R0032044
R0032047
>>フィギュア本体、オプションヘッド、オプションハンドx8(左右各4)ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、ビーム・ランチャー、ビーム・シールド、肩部放熱フィンx2、脚部放熱フィンx2、ビーム・サーベル回転エフェクトパーツx2
武器もすべてクリア成型です。

全身


R0032057R0032060
R0032425
R0032429
通常版が出来が良いと評判なだけあって、当然ながらこれも非常に良く出来ています。ただ劇中の残像は黄色いオーラのようなものを纏っていたので、これを残像といわれてもあまりピンと来ないかもしれません。単なるクリアバージョンと考えれば問題ありませんが。

放熱フィンが展開していない状態で残像が発生するわけないのですが、そのへんは気にしない方がいいでしょう。

ちなみに素材のせいかなんかとてつもなく臭いです。箱から開けた瞬間思わず「うっ」となりました。同じクリアカラーの月光蝶コンビやゼーガペインは全然臭くないのですが。

頭部


R0032071R0032073R0032074
R0032075R0032076R0032077
上が通常、下がフェイスオープン時の頭部ですが、半透明なのでぱっと見違いがわかりにくくなっています。

額のアンテナは通常頭部に軟質パーツ製のものが、フェイスオープンには硬質パーツ製のものが取り付けられており、外して交換する事が出来ます。これまたどっちも見た目あんまり変わりませんけどね。

各部


R0032078R0032082
R0032085R0032096
R0032086R0032091
R0032089R0032093
R0032098R0032101
R0032104R0032106
R0032109R0032112
ジョイント以外はほぼ全てクリア成型で、不透明な部分(腹部や拳)もクリアパーツの上から塗装されています。塗装精度は上々。足首やヴェスバー内部のように隠れて見えない部分が透けて見えるのがイイ感じです。

可動


R0032114R0032115
R0032116R0032117
首はボールジョイントx2。

R0032120
肩はボールジョイント+横開き。肩アーマーはヒンジで独立可動。二の腕にロール軸。肘は二重関節。

R0032122R0032123
R0032126R0032127
腰にボールジョイント。軸が長めなので大きく背中を反らせられます。腹部にも可動箇所あり。

R0032128
R0032132
股関節はボールジョイント。腿上部にロール軸。前後は普通ですが左右には180度開けます。

R0032135
膝は二重関節。膝の位置が物凄く高い(腿が短い)ので立て膝はちょっと難しいです。

R0032136R0032139
足首はボールジョイント+ヒンジ。爪先独立可動。左右へはいまひとつですが、前後には良く動きます。

R0032141R0032144
ヴェスバーは基部がボールジョイント接続。脇腹にレールがあり、スライドさせて前方に構えられます。
R0032146
銃身は伸縮してグリップを引き出せます。このグリップを握る為に角度の付いた専用手首が付属。

オプション


放熱フィン
R0032148R0032151
R0032154
肩はただ取り付けるだけですが、ふくらはぎの方はパーツ差し替え。ふくらはぎのフィンを展開させると膝があまり曲がらなくなります。

ビーム・ライフル
R0032155
クリアパーツ製で綺麗な仕上がり。フォアグリップは可動します。

MEPEの仕組みから考えると携行武器は残像にはならない(センサーが誤認しない)ような気もするのですが、劇中では普通に武器ごと分身してました。

ビーム・ランチャー
R0032163
一番最後まで使ってた武器、でしたっけ。これも銃身はクリアパーツ製。

パーツを差し替えて腰にマウント出来ます。
R0032166

ビーム・サーベル
R0032160
刃はもちろん、柄もクリアパーツ製。刃は取り外せます。ちなみにF91のビーム・サーベルはサイドスカートに内蔵されていますが、収納ギミックはありません。

ビーム・シールド
R0032169
上のビーム・サーベルにも言えますが、劇中に比べるとビームの色が濃くなっています(劇中は薄い黄緑色)。ちょっとイメージと違うかも。

未展開状態のビーム発生装置を外して取り付けます。
R0032173

ビーム・サーベル回転エフェクトパーツ
R0032175R0032176
ボーナスパーツ。透明の円盤パーツ(PET製)で高速回転するサーベルを再現しています。

R0032182
通常版にも取り付けられるはずですが、サーベルの柄が残像仕様(透明)なので違和感があるかもしれません。

∀ガンダムに付けられるかなと思っていたのですが、ジョイントの径が合わなくて無理でした。どうせビームの色が違いますが。

アクションなどなど


ひとしきり撮り終えてからパーツをひとつ付け忘れている事に気付き、ほとんど撮り直すハメに…。














クライマックスU.C.で物議を醸した種ポーズ。あのゲーム、ムービー”は”秀逸でした。
(参考リンク)
【ニコニコ動画】機動戦士ガンダム クライマックスU.C. デモムービー
【ニコニコ動画】PS2 機動戦士ガンダム クライマックスUC オープニング

メロン・練乳・ブルーハワイ。

いずれ劣らぬクオリティの高さ。

総括


申し分ナシの出来映えです。ブルジョワジーな方は通常版とこれを2,3体揃えて是非「なんとぉ!」を再現してあげてください。

もっとも上でも書いた通りあまり”残像”っぽくは見えず、要は単なるクリアバージョンなんですが、「残像に見えない=通常版がなくてもあまり気にならない」という事でもあるので自分のように通常版を持っていない人間にもオススメの商品です。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿