コトブキヤ プラスチックキット 1/10スケール ロックマン レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > コトブキヤ > コトブキヤ プラスチックキット 1/10スケール ロックマン レビュー

コトブキヤ プラスチックキット 1/10スケール ロックマン レビュー 

商品名:ロックマン
作品名:ロックマンシリーズ
発売元:コトブキヤ
発売日:2010年9月中旬
価格:3,150円(税込)
備考:一部塗装済プラスチックキット


ロックマン

ゲーム『ロックマン』より平和を愛する心優しい科学の子、ロックマン。このキャラクターについては最早あれこれ語るまでもないでしょう。マリオやソニックと並び、アクションゲームを代表するキャラクターの一人だと思います。

しっかり作り込む時間も精神的余裕もなかったため、足りない色を補ってクリアを吹いただけでそれ以外の処理は一切していません。どうせちゃんと作っても動かしてるうちに塗装剥げて無惨な状態になってしまいますし…というか既になりましたし…。パチ組みに毛が生えた程度の作りでもこれぐらいの見映えにはなる、と参考にして頂ければ幸いです。

キット内容


R0035883R0035887
R0035894
ロボットとはいえ実質ドールキットなのでパーツ数は非常に少なく、ただ組み立てるだけなら一時間も掛かりません。

全身




足りない色は関節などの濃いブルー。ただ公式のイラストを見る限り、こんなはっきり色分けはされていない(塗らない方が設定には忠実)ので別に塗らなくてもいいと思います。塗っても動かしているうちに剥げてしまいますし。どうしても塗らなきゃいけないのは襟の部分ぐらいですか。

あと足の裏のブースターの色(クリアレッド)も足らないんですが、どうせ見えないので無視しました。

耳の部分にはクリアパーツが使われています。
R0036146

スケールは1/10で全高は約140mm。
R0036151
いっそ1/12だと何かとプレイバリューが広がるんですけど、まあサイズ的には手頃です。

頭部


R0035965R0035967R0035968
R0035971R0035972R0035974
フェイスと目は別パーツになっており、差し替えて組み合わせる事で6通りの顔が作れます。真正面の瞳はタンポ印刷ですが他はデカール。デカールと目のパーツを部品請求するなりキットをもう一個買うなりすれば更にバリエーションは増やせます。デカールと印刷では瞳の色が違うので違った印象を受けますね。

なお、瞳の水色のハイライトは塗装で足しています。
R0035898
これがデフォルトの状態。目が死んでいるように見えてちょっと違和感ありますし、公式イラストでもハイライトが入っているので修正してみました。ただ違和感という意味では異常に寄り目な事の方が気になるかも…。デカールが3対(6個)余分に付いているので印刷落としちゃうのも手ですかね。

可動


R0035976R0035977
R0035978R0035979
首は独立しており、上と下がそれぞれボールジョイント可動。大きく上を向けます。

R0035981
肩は球体ジョイント+横開き。二の腕下部にロール軸。肘は単関節で90度強曲がります。手首は球体ポリキャップ。

R0035982R0035984R0035985
腰にボールジョイント。上下にはそれなりに動かせますが、横ロールはほとんどできません。

R0035987
R0035989
股関節はこのキット最大の可動を誇り、前後左右に180度近く開脚出来ます。腿上部のロールで内股、外股も自由自在。
R0035991
側屈もここまでいけます。見た目はアレですが、ロボットだからと割り切れば…。

R0035993
膝は肘と同じく単関節。

R0035995R0035997
足首はブカブカの靴を履いているような2パーツ構成。上部がボールジョイント、下部が球体ポリキャップで接続されています。ただそれでも脛が横に張り出しているので接地性は意外と普通。足裏が広いので安定感はあります。

オプション


ロックバスター
R0036001R0036003
前腕を取り外して差し替えます。左右どちらの腕にも使用可能。砲口は耳と同様クリアパーツで、エネルギーゲージのイエローは最初から塗装されています。昔からどういう仕組みで変形しているのか疑問で仕方ないのですが、形状記憶合金みたいなものでしょうか。

ロックバスターエフェクトパーツ
R0036004
R0036006
ノーマルショットとチャージショット。ロックバスターの砲口にスポッと嵌めて使用します。初期ロックマン世代としては溜め撃ちやスライディングなど邪道!とか思ったりしますが、溜め撃ちのほうが見映えはよいですね。

E缶
R0036018R0036017
成型色はロックマンの胴体と同じ水色です。シルバー>クリアブルー吹きましたが、もっと明るい色にすべきでした。Eの文字はデカールが付属しているのですが、うっかり破いてしまったので仕方なく塗装で再現。おかげでいびつな感じに…。

突起を平手の穴に取り付けて持たせられます。
R0036021

アクションなどなど


台座はフィギュアーツミルキィローズのものを使用しています。色がぴったりだったので…。




















ユージンガチャのDASHロックと。

ちゃんと並べて飾れるように同スケールで出して欲しいです。エックスも。


DASH3がもし発売されたらX(およびZERO・ZX)シリーズとの繋がりも明確に語られるのでしょうか。イレギュラーハンター時代のロック(ロックマン・トリッガー)の活躍も見てみたい気がします。

完全に一致。

ブルースもブルースでシャアに似てます。赤いし。グラサンだし。兄さんだし。すぐどっか行くし。

画像加工で疑似武器チェンジ。


左上…クイックブーメラン(クイックマン)。ファンシーな色合いと武器の使い勝手の良さで印象に残りやすい。
右上…リーフシールド(ウッドマン)。葉っぱだから緑。ハイパーボムやサーチスネークも同色。
左下…タップスピン(タップマン)。ロックマン屈指のネタ武器。この落ち着いたカラーリング、結構好きです。
右下…マグネティックショックウェーブ(オンスロート)。『マブカプ1』エンディングにて”YOU GOT MAGNETIC SHOCKWAVE”ってな具合で習得。ちゃんとオンスロートカラーになってます。


100万馬力。

総括


顔の造形がイメージと少し違う(特に怒り顔。妙に太って見える)のですが、それ以外は良く出来ています。パーツが少ないおかげで組みやすいですし、塗装しなければならない箇所も少ない(前述の通り無塗装もアリ)のでプラモなんか作ってる暇ネーヨって人にもオススメ。複数買いしてリペイントするのも楽しそうです。

次弾にはロールちゃんの発売が控えており、恐らくブルースもいずれ発売されると思いますが、個人的にはラッシュを出して欲しいなぁと思います(変形しなくていいので)。もし出たらロックマンをもう一つ買って赤く塗ります。

あとは敵ボスですね。クイックマン・シャドーマン・ジェミニマンあたりを希望。ボーナスとしてロックマン用の武器エフェクトパーツが付くと面白そうです。もし出たら(ry


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿