超合金 初音ミク レビュー(前編)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > 超合金 初音ミク レビュー(前編)

超合金 初音ミク レビュー(前編) 

商品名:超合金 初音ミク
作品名:キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク
発売元:バンダイ(原型製作:マックスファクトリー/企画協力:グッドスマイルカンパニー/販売元:ホビージャパン)
発売日:2010年11月8日発送
価格:8,400円(税込・配送料別)
備考:ホビージャパン誌上通販限定品

101109

商品名の通り、超合金ブランドの初音ミク。この手のキャラクターが超合金化されるというのは昔は考えられない事でしたが、スデにドロッセルお嬢様が出ている今となってはさして驚く事でもないと思います。ただ何故かロケットパンチが装備されているのは驚いた…というより笑いました。クローバーじゃないんだから…(笑)。

写真の枚数が多くなってしまいましたので、記事を二つに分けました。こちらでは商品紹介およびレビューをしています。アクションポーズ写真は後編をご覧下さい。

パッケージ

R0043002R0043005 
いかにも超合金でっせ的なパッケージ。中身は確認出来ませんが、どうせ選べないので関係ないでしょう。

セット内容

R0043019
>>ミク本体、髪パーツx2、オプション顔x2、オプションハンドx10(左右各5)、ロケットパンチ用右手首、ロケットパンチ用右腕部、ネギAx2、ネギBx2、キーボード、キーボードスタンド、マイク、マイクスタンド、プレート、台座、支柱
figmaミクに似た内容です。個々のオプションについては後述。

全身


R0043008.jpg
R0043015.jpg

見事にテッカテカ。首から下はほとんどダイキャストなので結構ずっしりしています(ダイキャストでないのは頭部・前腕部・上着の襟&裾・スカート)。全高はおよそ165mm。ツインテールを差し引いて考えるとスケール的にはだいたい1/10でしょうか。

figmaミク(ライブステージver.)と比較。
R0043035.jpg

流石に造形は良く似ています。顔の出来は甲乙付けがたいですが、個人的には満面の笑顔が眩しい超合金ミクの方が好みです。

超合金ドロッセルと比較。
R0043041.jpg

お嬢様のほうがだいぶ大きいです。ちなみに値段は一緒。

全身(+台座)


R0043025.jpg
R0043028.jpg

超合金といえばやはり台座。付属品全てを収納出来るのですが、それについては下で。

頭部

R0043046R0043049R0043048R0043052R0043053R0043054R0043055R0043057R0043058 
笑顔、ノーマル顔、歌唱顔。どれも良く出来ています。フィギュアーツのプリキュアもこんな感じだと良いんですけどねー…(笑)。オプションに「武器」があるので叫び顔やキリッとした表情があっても良かったかもしれません。

各部

R0043063R0043067R0043072R0043074R0043082R0043084R0043087R0043092R0043095R0043098R0043102R0043106R0043113R0043116R0043119R0043123
背中に超合金の刻印が彫られています。映り込みはあきらめました…(笑)。

やむを得ない部分ではありますが、首から下の肌が塗装なので顔との色合いの差が結構目立ちます。分割線やネジについてはこれはもう「超合金らしい」とポジティブに解釈するべきではないでしょうか(二の腕のネジは塗ってやるといいかも)。塗装や造形そのものは非常に丁寧かつシャープです。

R0043125

白。

可動

R0043130R0043133
ツインテールはマグネットで取り付けます。面白いギミックではありますが、自由に可動させられないので正直普通に軸接続の方が良かったです。外れやすくはありませんが、それでも動かしてるとポロッと落ちて多少フラストレーションが溜まります。ちなみにパッケージにもしっかり「髪パーツは広げた状態では保持出来ません」と書かれています。

R0043134R0043138
ネクタイはボールジョイントで動かせますが、跳ね上げたりは出来ません。

R0043140R0043141
R0043142R0043143
首はfigma関節。可動範囲もほぼ同じです。

R0043150R0043148
肩はクリック付き縦ロール+横開き。肘は一軸関節。手首はfigmaと同じヒンジ付き軸関節。

R0043154R0043158
肘は軸を引き出す事で可動範囲を広げられます。あんまり引き出すと抜けますが。

R0043160R0043162
R0043165R0043166
腹部ボールジョイント+横スイング。可動範囲自体は広めですが、動かしすぎると写真のようにお腹がコンニチワしてみっともないです。パーツ同士がガンガン干渉するので塗装剥げにも注意。

R0043168R0043170
股関節は球体ジョイント。スカートが前後で分割されているので脚を上げやすくなっています。腿上がロールしそうな造形になっていますが、ただのモールド。

R0043175
膝は二重関節で限界まで曲がります。ここの可動範囲はfigmaより広い。

R0043180R0043178
足首ボールジョイント。左右にあまりスイングさせられないので接地性はいまひとつ。

オプション

ネギ
R0043183
青い部分が可動するものとしないものが2本ずつ付属し、可動ネギはトンファーになります。

R0043190
実にバカバカしくて素敵(笑)。

ロケットパンチ
R0043193
ある意味最大の目玉オプション。右前腕部を差し替えて取り付けます。ツインテール同様、マグネットで接続します。左にも付けられますが手首が右しかなく、肘は曲げられません。パンチはもちろん発射可能。

R0043199R0043202
ボタンを押すことで50cmほどぴょいーんと飛んでいきます。

キーボード
R0043207
鍵盤がダイキャスト製。

R0043210
普通のミクならVOCALOIDと書かれている部分に超合金の刻印があります。

figmaミクのキーボードと。
R0043214
白鍵が銀鍵になってはいますが、ディテールはほとんど同じです。

マイク&マイクスタンド
R0043219R0043222
ダイキャストは使われてません。マイクは取り外してミクに持たせられます。

figmaミクのマイクと。
R0043226
大きさが違うだけですね。

台座(+支柱+プレート)
R0043228R0043236
台座です。キーボード、マイク、ロケットパンチ、ネギ2本(とミク)をディスプレイしておけます。

R0043240
プレートはダイキャスト製。一度取り付けたらガッツリはまり込んで取れなくなってしまいました。

R0043247
残りの付属品は台座の後ろにある引き出しに全てしまっておけます。別に保管すると探すのが面倒なので助かります。

アクションなどなど

…は後編をご覧下さい。

総括

美少女アクションフィギュアとして見た場合、ネジや塗り肌、自由に動かせないツインテールなど、気になる部分は少なからずありますが、あくまでも合金トイなのでそういった視点で評価するのは酷かもしれません。

合金トイとしては可動範囲も広く、オプションも豊富かつバラエティに富んでおり、造形も上々で初音ミクが好きな方であれば満足出来る一品だと思います。

そして改めてバンダイの人間系アクションフィギュア(の顔)の造形にはもうちょっと頑張って頂きたい…と、思いました(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿