figma NO.082 巡音ルカ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

figma NO.082 巡音ルカ レビュー 

商品名:figma 巡音ルカ
作品名:キャラクター・ボーカル・シリーズ03 巡音ルカ
発売元:マックスファクトリー
発売日:2010年11月中旬
価格:2,800円(税込)
備考:--

101117

『キャラクター・ボーカル・シリーズ』より巡音ルカ。先輩の鏡音リン・レンから遅れる事二年、ようやく発売と相成りました。発売がアナウンスされるまですっかり存在を忘れていたのはヒミツです。

マグロ、撮影快調。



セット内容

R0044118

>>フィギュア本体、オプションフェイス、オプションハンドx8(右4左4)、オオマさん、マイク、マイクスタンド、台座、収納袋

オオマさんというのはマグロのこと。ボーカロイドについての知識が皆無なので何故「オオマさん」なのかは知らないのですが…。

全身

R0044396.jpg
R0044397.jpg

スリットから覗くおみ足がとってもセクスィー。アシンメトリーな衣装デザインが個人的にツボです。

上の写真だとわかりにくいかもしれませんが、少し首が長すぎる気がします。サンプルではどのアングルからでも普通の長さに見えるので、可動を確保する為に手が入ったのでしょうか?

塗装はいつもながらとても丁寧で、これといった粗は見受けられません。

可動に関しては見た目の通り。上半身は普通ですが、スカートが邪魔で下半身があまり動きません。

頭部

R0044435R0044436R0044438R0044432R0044433R0044434

ノーマル顔と歌い顔。ノーマル顔は悪くはない出来ですが、歌い顔は口元が少しぎこちなく、いずれもサンプルに比べると女性らしい柔らかさが失われてしまっているような。「無機質な表情」という意味では”らしい”のかもしれませんけど…。

表情2種というのも物足りなく感じます。出来ればもうひとつぐらい付けて欲しかった。

それからヘッドマイクは硬質パーツ製でとてつもなく脆いので、顔を取り替えるとき破損しないように注意が必要です。ええ、自分はソッコー折ってしまいました(髪に隠れる部分で折れたのが救い)。

オプション

マイク&マイクスタンド
R0044137R0044143

金ピカのクラシカルなマイク。ミクやリンのマイクと違い、形状的にスタンドから外して使う事は出来ません。

オオマさん
R0044132

どこからどう見てもマグロ。かなりのボリュームですが、プラ製なので重さはそれほどでもありません。それにしても、なんでマグロなんだろう…。

R0044135

腹部に支柱を挿す穴が空いており、浮かして飾る事が出来ます。

アクションなどなど

R0044167.jpg
R0044173.jpg
R0044425.jpg
R0044201.jpg

R0044207.jpg
R0044215.jpg
R0044238.jpg

R0044463.jpg
R0044253.jpg
R0044476.jpg

マグロといえばラストブロンクス。

R0044286.jpg
R0044280.jpg
R0044311.jpg
R0044323.jpg
R0044514.jpg
R0044518.jpg
R0044361.jpg
R0044491.jpg

R0044451.jpg

ミクと。

R0044389.jpg

リン・レンと。

R0044531.jpg

ルカトリオ。ヴィネッティアムルカ(左)の顔が一番好きかな。

総括

顔立ちや表情のバリエーションに不満を感じますが、グラマラスなおねーさんが好きなら満足出来る内容ではないでしょうか。

マグロ好きにもオススメです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

>上の写真だとわかりにくいかもしれませんが、少し首が長すぎる気がします。

違ーわ。
ポージングの上手い下手の問題。
[ 2010/11/22 12:44 ] [ 編集 ]
実物を手にとってまず気になったのが首だったのですが、確かにポーズによっては特に違和感はないのでポージングの問題かもしれません。

こういったサイトを続けていると見て下さっている方の感想というのは気になるので、そういった意見はとても参考になります。ありがとうございます。
[ 2010/11/22 15:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿