超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 広瀬康一&エコーズACT1 セカンド レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 広瀬康一&エコーズACT1 セカンド レビュー

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 広瀬康一&エコーズACT1 セカンド レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 広瀬康一&エコーズACT1 セカンド
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2011年2月上旬
価格:7,000円(税込・セット価格)
備考:エコーズACT2&ACT3 セカンドとセット販売 / WF2011[冬]限定品 / 購入特典付き

康一くん&ACT1セカンド

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、広瀬康一とそのスタンド、エコーズACT1がセカンドバージョンとしてワンダーフェスティバル2011[冬]会場および公式ショップにて「エコーズACT2&3セカンド」と2個1セットで発売されました。

購入特典として付属するセリフパーツとヘブンズ・ドアーのプレートについても紹介していきます。



パッケージ

R0053945R0053946
パッケージは新規に作られています。通常版の箱を捨ててしまったので比較出来ないのですが、写っているサンプルはCGで色を変えているようです(公式サイトに掲載されている通常版のポーズと寸分違わず同じなので)。

セット内容

R0053950
>>広瀬康一本体、エコーズACT2本体、康一オプションヘッド、康一オプションハンドx8(右4左4)、ACT2オプションヘッドx2(右1左1)、ペンタブル方式尻尾、卵の殻、手提げカバン、背負いカバン、擬音エフェクトパーツx2、小サイズ6ツ穴ベースx2、ショートサイズアームx2、U字アーム、L字アーム(長1短1)

通常版と全く同じ。購入特典は別梱包なので除外してあります。

全身(広瀬康一)


荒木先生の大好きな紫色を基調としたカラーリング。

通常版と。
R0053959
造形は全く一緒ですが、随分印象が異なります。個人的には通常版の方がしっくり来ますね。セカンドは仗助や億泰と並べたときに制服の色が違いすぎて違和感ありますし。

全身(エコーズACT1)


こちらも体色が紫に変更されています。

通常版と。
R0053964
色が違うだけでなく、通常版は光沢塗装でヌメヌメした質感なのですが、セカンドはつや消しで塗装されているので生物的な生々しさが薄れています。こちらはセカンドの方が個人的には好き。緑色も見慣れればこれはこれで、って思えますけどね。

頭部(広瀬康一)

R0053970R0053975
R0053969R0053972
比較用に通常版も載せてみました。緑髪も悪くはありませんが、やっぱり金髪のほうが「らしく」てイイかなあ。

R0053966
当然ながらパーツに互換性があるのでこういうのもアリです。

オプション

擬音エフェクトパーツ
R0053989

上がセカンド、下が通常版。バランスを取るためか、フィギュア本体とは逆で紫が緑に変更されています。

カバン
R0053991R0053994

こちらは茶色から緑に変更。カバンとしてはまずありえない色になりました。

卵の殻
R0053976R0053979
R0053981
模様が緑から紫になり、全体的に発色が良くなりました。

R0053982
殻の内側はセカンドの方がキレイ。卵としての質感は通常版のほうが上かな?

ペンタブル方式尻尾
R0053997R0053998

ワイヤーが仕込まれた尻尾。マニュアルにも注意書きされていますが、曲げすぎるとワイヤーが中で折れる恐れがあるので限定品のセカンドではちょっと弄るのを躊躇してしまいます。

購入特典

康一くん&ACT1とACT2&ACT3をセットで購入するともれなく付属する特典。

セリフパーツ
R0054074R0054078

『てめーはおれを怒らせた』
最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ。それぞれ承太郎とDIO様のジョジョを代表する名台詞ですね。

ヘブンズ・ドアープレート
R0054081

露伴先生のスタンド、ヘブンズ・ドアー(第二形態)の透明プレート。正直、これが目当てで買ったといっても過言ではありません…。

6ツ穴ベース&アーム
R0054145
セリフパーツ2種とプレート用にひとつずつ、計3個付属します。これまでレビューで再三にわたって「ベースの穴少なすぎ。増やして欲しい。」と書いてきましたが、ここへきてようやく要望が通ったというか、きっと誰もが同じ不満を抱いていたのでしょう。いずれにせよ、ありがたいですね。出来れば特典ではなく標準仕様にしてほしいところ。

ちなみにロードローラーに付属するベースもこのタイプでした(ああ、全然作ってない…)。

アクションなどなど

ここからは特典。

「100年前に不老不死を手に入れたが……
これほどまでにッ!絶好調のハレバレとした気分はなかったなァ………
フッフッフッフッフッ ジョースターの血のおかげだ 本当によくなじむッ! 」

グリグリグリ

「てめーの敗因は…たったひとつだぜ……DIO…
たったひとつ単純シンプルな答えだ………」
 


超像可動が出るまではこれでガマン。

六ツ穴ベース活用法。


人数が増えるとキレイに飾るのが大変ですが、パズルみたいで面白いかも。もっとジョジョらしいエキセントリックな構図にしたかったのですが、あまり凝りすぎると二度と動かしたくなくなるのでやめました(笑)。


なんだかよくわからないけど、とりあえずごめんなさい。


最高にハイ(性的な意味で)。

総括

出来については通常版と同様。サイズの都合上、可動範囲に難がありますがそれ以外は良く出来ています。カラーリングは通常版の方良いと思いますが、これはもう好きずきでしょう。

問題(?)の販売方法について。個人的には単純な色替えであれば欲しくないですし、シリーズコンプを目論んでるわけでもないので(結果的に全部買ってはいますが)別にいいかな、というか、向こうも商売だからしょうがないよね、と思います。

ただ特典のヘブンズ・ドアープレート…こういう重要なアイテムを欲しい人全員の手に行き渡らない形で商品化するのはちょっとやめてほしかったかな。セリフパーツはあってもなくてもどっちでもいいようなものなので別に気になりませんが、これに関してはあるとないとではプレイバリューが違ってきますから。こういう手法を採られるとリカラーや限定品にさして興味がない人間には辛いです。

まあ単純な造形ですから、いっそアクリル板を買ってきて自作してしまうのも手かもしれません。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿