スタチューレジェンド 第三弾 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 影DIO レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > スタチューレジェンド 第三弾 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 影DIO レビュー

スタチューレジェンド 第三弾 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 影DIO レビュー 

商品名:スタチューレジェンド 第三弾 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 影DIO
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:ディ・モールト ベネ
発売日:2011年6月中旬
価格:4,725円(税込)
備考:--

影DIO様

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、比類なき力と圧倒的なカリスマを兼ね備えた悪の救世主・DIO

DIO様は超像可動でも二種類リリース済みですが、今回立体化されたのは第三部中盤までのミステリアスな雰囲気を漂わせた姿。格闘ゲーム版では”邪悪の化身ディオ!!”と命名されていました。



パッケージ

R0065684R0065686
箱に入れたままだとせっかくの美しい御尊顔が拝めないので勿体ないと思います。

全身


カッコ良すぎる……。細身だった超像可動版とは一線を画すマッシヴなプロポーション。やっぱりDIO様はこうでなくては!

ポージングのモチーフはコミックス13巻収録「戦慄の侵入者の巻」の大ゴマ。元のコマではもっとダイナミックに足を開いていますが、どの方向から見ても違和感のない造形にするためか大人しめのポーズにアレンジされています。

大きさは台座抜きで約165mm。
R0065692
ヴァニラ・アイスとは違い、台座なしでは自立出来ません。

超像可動DIO様と。
R0065694
当商品のほうが一回り大きめ。カラーリングはほとんど同じですが、ズボンの色が少し明るくなっています(覚醒版とほぼ同じ色)。

頭部

R0065699R0065704R0065711
思わず見とれてしまうほど美しい顔立ち。ポーズの関係で顔が見えにくいフィギュアなのですが、だからといって手を抜かれているということはありません。

正面から見ると口元が爬虫類っぽいですが、DIO様の狡猾さをうまく表現した良いと造形だと思います。「別の世界」ではほんとに爬虫類になりますしね(笑)。

各部

R0065712R0065715R0065716R0065721R0065723R0065726R0065729R0065732R0065735R0065738R0065743R0065750R0065745R0065748R0065755R0065758R0065761R0065765R0065764R0065768
塗装、造形共に文句ナシの出来映え。とにかく筋肉の表現が見事としか言いようがないですね。特にひねった腰周りは秀逸です。なびいた髪や腰紐の造形も固定フィギュアならでは。

さらに最大の注目ポイントともいえるのが首の傷。これがあってこそのDIO様であり、ジョースター一族にとっての因縁の証。超像可動では関節の構造上省略されていたので尚更嬉しいです。

大きめ写真

ここからは灯りを消して。

総括

前弾のヴァニラ・アイスは出来は良くともキャラがキャラなので万人にはオススメし辛かったのですが、これは文句ナシにオススメです!DIO様のフィギュアでこれ以上のクオリティのものは当分現れないんじゃないかなぁ……。

色違い商品にあまり興味のない自分もこれのリカラーバージョンなら買ってしまいます。っていうか出してください(でもイベント限定は勘弁)。

余談ながら、このクオリティで『刃牙』の範馬勇次郎のフィギュアが見てみたいです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

わぁあw
これぞ「男とは思えないような妖しい色気」ですねっ
下手な美少女フィギュアよりセクシーですww←

証明を消すとより一層怪しさが増しますね
正直ここまで「ハイ!」クオリティだとは思いませんでしたw

今後も期待です(´v`-)
[ 2011/06/13 17:40 ] [ 編集 ]
愚者とヴァニラ・アイスがとても良く出来ていたので
相当ハードルを上げて期待していたのですが、期待以上の出来映えでしたね。
超像可動版は貧弱すぎてちょっと不満でしたが、これは大大大満足です。

やっぱりDIO様は闇の中が似合いますねー。
[ 2011/06/13 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿