figma NO.102 R・ドロシー・ウェインライト レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > figma NO.102 R・ドロシー・ウェインライト レビュー

figma NO.102 R・ドロシー・ウェインライト レビュー 

商品名:figma R・ドロシー・ウェインライト
作品名:THE ビッグオー
発売元:マックスファクトリー
発売日:2011年6月下旬
価格:2,800円(税込)
備考:--

R・ドロシー・ウェインライト

往年のアメコミやカートゥーンを彷彿とさせるスタイリッシュかつ軽妙な作風が特徴のロボットアニメ『THE ビッグオー』より、無愛想毒舌少女型アンドロイド、R・ドロシー・ウェインライト

ビッグオーはビバップやトライガンなどと同様海外人気が高い作品で、実質2クール目にあたる続編『second season』が製作されたのも米国のファンによる「未回収の伏線を回収してほしい」というたっての要望があってこそ。逆に日本国内ではWOWOWでの放送ということもあってあまり有名な作品とはいえず、スパロボ参戦で知名度が高まるまで関連商品もほとんど発売されませんでした。

そのためここへきてドロシーのフィギュアが発売されたのは非常に驚きであり、またこの上ない喜びでもあります。スパロボさまさまですね。



セット内容

R0066146
>>フィギュア本体、オプションフェイス、オプションハンドx8(右4左4)、オプション前髪、モップ、ペロ、台座、収納袋

2800円なのでオプションは最低限。これだけでも充分だと思いますが、他に付けるとしたら「暴走顔」や「傘」あたりでしょうか。

全身


華奢な体つきや青白い肌ががうまく再現されていますね。かりあげが実にキュート。

いつも女の子はピンクの背景で撮っていますが、ドロシーには合わないのでグレーにしました。「あなたの写真のセンス、最低だわ」と言われないか心配です。……まあ、ドロシーに罵られるなら本望ですけどね?

頭部

R0066151R0066152R0066153R0066154R0066155R0066156
通常顔と右向き顔。どちらも無表情ですが、右向き顔の方が若干険しい表情をしています。

死んだ魚のような目(ドロシーに限っては褒め言葉(笑))やチャームポイントともいえる目の下のクマもしっかり再現されており、肌の色も含めてかなり劇中に忠実な造形です。

各部

R0066158R0066159R0066163R0066166R0066168R0066170R0066172R0066173R0066177R0066179R0066182
ズロースだったんですね。ロジャーの趣味?(笑)

塗り分け箇所が胸のブローチと袖、カチューシャぐらいなので塗装は特に問題ありません。

可動

要点だけ。

R0066184R0066186
スカートは薄い軟質パーツで出来ているのであまり可動の妨げにならず、関節の限界近くまで曲がります。

オプション

オプション前髪
R0066188R0066191
メモリ解析装置を展開した状態の前髪。劇中では度々こじ開けられて暴走したりロジャーに愛の告白したりしてました。暴走した美少女アンドロイドに抱きしめられて鯖折りされるエピソードって「GS美神」にもありましたが、何か共通の元ネタがあるのでしょうか?

モップ
R0066193
床などをふくのに用いる、長い柄の先に房状の雑巾をつけた掃除用具。

持つ時はこう。
R0066200
雑巾部分がヒンジで可動します。

ペロ
R0066202R0066206
Act:08「Missing Cat」でドロシーが拾って面倒を見た灰色の猫。可動こそしないものの、丁寧に塗り分けられています。

ただの猫に見えますが、その正体は人間の子供を素体にして造り出した合成生物。最終的にはこの猫も巨大生物「キメラ」の材料となり、自我を失って暴走するも、ドロシーの必死の呼びかけで理性を取り戻し自ら崩れゆく瓦礫の中へと消えていきました。

かわいいのですが、設定がエグすぎて「普通の猫」として他のフィギュアと絡めづらいのが難点です(笑)。

アクションなどなど

女の子女の子したポーズは似合わないし、かといって見得を切らせてもオカシイのでこの手のキャラはポージングが難しいですね。「棒立ち」が一番”らしい”かも(笑)


ドロシーといえばやはりピアノは欠かせません。


KOS-MOSさんの武器を拝借。

そのKOS-MOSさんたちと。

ペルソナ3をやっていないのでアイギスの性格はよくしらないのですが、この中でドロシーが一番無愛想で口が悪いのは間違いない。だが、それがいい。

黒と白。

中の人的にいえばドロシーは妖精ですが。クレヨンしんちゃんのフィギュアを見つけられなかったのが今回のレビュー最大の心残りです。

魂ビッグオーと。

やはり並べると映えますね。これあればMAX合金版はいらないかなぁ……。

「雨の中、傘を差さずに踊る人間がいてもいい。……自由とはそういう事だ。」

綾波系のキャラってあんまり好きじゃないんですけど(暗いから)、ドロシーは好きです。

総括

元々お人形さんのような無機質なキャラクターなのでフィギュアと相性がいいですね。ような、っていうか実際お人形さんなんですが(笑)。

出来の良さはもとより、ドロシーのまともなフィギュアなんて恐らくこれが最初で最後でしょうからビッグオーファンなら迷わず買うべし、です。

WF2011夏限定でロジャー・スミスも発売されるとのことで、並べて飾るのが楽しみです。自分はイベント行けないので秋までおあずけですけど。ドロシー、ロジャーときたら出来ればノーマンも発売して欲しいですね。おじいちゃんのアクションフィギュアなんて貴重ですし(笑)。

ちなみにノーマン、Wikipediaによると54歳らしいです。マジで?
norman
老けすぎだろう。70過ぎてると思ってたよ。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

安彦氏のthe originがアニメ化ですって。
もうサンライズ廃業しろよ…金儲け主義が。

セイラさんやブライトの声は他に出来る人おらんやろ

安彦さんも、そんなにガンダムを自分のものにしたいかね?
我をとおしたとしか思えん。
[ 2011/06/24 01:37 ] [ 編集 ]
オリジンがアニメ化するのですか。知りませんでした。
ユニコーン,AGE,そしてオリジンとガンダムの映像化が乱立してますねー。
声に関しては故人だけ変えるとかえって批難が集中してしまうので
ゲッターやマジンガーのリメイクのように総入れ替えするのかもしれませんね。
[ 2011/06/24 08:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿