ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE FFN〉 ファフナー・マークザイン レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE FFN〉 ファフナー・マークザイン レビュー

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE FFN〉 ファフナー・マークザイン レビュー 

商品名:ROBOT魂 <SIDE FFN> ファフナー・マークザイン
作品名:蒼穹のファフナー
発売元:バンダイ
発売日:2011年7月30日
価格:3,990円(税込)
備考:--

マークザイン

アニメ『蒼穹のファフナー』より、人類軍が対フェストゥムの切り札として開発したザルヴァートルモデルのファフナー・Mk.Sein(マークザイン)。TV版後半の主役機であり、TV版の2年後を描いた劇場作品『HEAVEN AND EARTH』にも引き続き登場しています。

本機の特徴である艶やかなボディと腕の「結晶」がフィギュアでどう再現されるのか、発売前から楽しみにしていました。

独特の山口式(のような)関節構造は先に発売されたマークエルフとほぼ同じですので、可動についてはマークエルフのレビューを参照下さい。



パッケージ

R0073136R0073138
平べったいコンパクトなパッケージ。マークザインの綴りは「Zein」と表記されることもありましたが、Seinが正しいようですね。

セット内容

R0073610
>>フィギュア本体、オプションハンドx8(右4左4)、バックパック、スタビライザーx2(白、クリア)、ルガーランス刃(A/B各2)、ルガーランス柄長(開/閉各2)、ルガーランス柄短(開/閉各2)、ガルム44、ルガーランス用エフェクトパーツx2、ルガーランス用クリスタルx2(右1左1)、ガルム44用クリスタル(右)、ルガーランス/ガルム44共用クリスタル(右1左1)、ディスプレイ用ジョイントパーツ

パッケージの大きさに反して豊富なオプション。といっても使用用途の異なる同種のパーツが大半を占めるので実質的にはそれほど多くありませんが。

全身


シルバーホワイトのボディが光沢塗装でしっかり再現されています。個人的には初期(再生前)デザインのほうがメカメカしくて好きですが、こちらもこちらでスマートでカッコイイと思います。

背中のスタビライザーはクリアグリーンのものと交換できます。
R0073612

全高は約15cm。
R0073607
マークエルフより背が高く、すらっとしています。身長差は設定通り、かな?

各部

R0073614R0073617R0073619R0073620R0073624R0073627R0073629R0073631R0073632R0073635R0073638R0073641R0073643R0073646
頭の先から足の裏に至るまでしっかり作り込まれています。細部の塗り分けにも粗は見られません。

背中に穴がないので、台座にセットする際は股ぐらにジョイントパーツを取り付けます。
R0073710
写真の台座(支柱)はfigmaのもの。

オプション

ルガーランス
R0073652
マークザインを象徴する武器。劇中では両手に装備することが多かったため、同じものが2振り付属しています。柄を差し替えることでランスモードとレールガンモードを再現できます。

マークエルフに付属していたものと全く同じですが、新規パーツとしてレールガンが電磁を帯びた状態を再現するエフェクトパーツが付属しています。
R0073657

持つときはこう。
R0073675R0073672
通常の持ち手(左画像)のほかに手首の角度が斜めになった持ち手(右画像)が付属しています。

ガルム44
R0073666R0073668
連射性能に優れた機関砲。マークアハト(近藤剣司機)が主に使用する支援用の武器ですが、マークザインは腕と同化することで高い威力を発揮させました。後述の同化ギミックの関係で前後に分割できます。

持つときはこう。
R0073670

クリスタル
R0073678
武器と腕を同化させた状態を再現するクリアパーツ。全部同じに見えますが、上からルガーランス/ガルム44共用(左右)、ルガーランス用(左右)、ガルム44用(右)となっており、それぞれ使い分けて装着します。

取り付ける際は手首をカバーごと外します。
R0073685R0073688

ルガーランス用クリスタル。
R0073697R0073699
見映えは抜群ですが、ただでさえ重いルガーランスにクリスタルの重量が加わるため、腕をまっすぐ前に伸ばして構えるのは困難です。レビューのためにポーズを付けてるうちに既に肩や肘の関節がヘタレてきました……。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、2通りの角度で取り付けられます。
R0073706R0073702

ガルム44用クリスタル。
R0073708
これのみ右手専用。左用はありません。

ルガーランス/ガルム44共用クリスタル。
R0073691R0073694
このクリスタルに装着する際、ルガーランスは柄の短いものに交換し、ガルム44は後部を外します。

アクションなどなど


こういうポーズばっかり取らせるとあっという間に肩がプラプラになります。注意。

総括

可動にかなりのクセがありますが、慣れれば思い通りのポーズが取れるようになるので弄り甲斐があって楽しいですね。ただ肩や股関節を中心として全体的に関節の保持力が弱く、そこが唯一残念なポイント。武器が重いのでもっと足腰しっかりさせてほしかった。

ファフナーは色違いのバリエーション機が多いため全機揃えようと思うと何かと大変ですが、最低限主役機であるこれとマークエルフは揃えておきたいですね。あとはTV版最終話の「ラストシューティング」を再現するためにマークジーベンがあれば尚ベターでしょうか。

敵役としてマークニヒトも是非欲しいので、発売してくれることを期待します。初期型マークザインは流石に出ないかな?


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿