figma NO.103 伊藤カイジ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

figma NO.103 伊藤カイジ レビュー 

商品名:figma 伊藤カイジ
作品名:逆境無頼カイジ
発売元:マックスファクトリー
発売日:2011年8月下旬
価格:3,500円(税込)
備考:--

カイジ

福本伸行原作のアニメ『逆境無頼カイジ』より、借金漬けの生活から抜け出すべく日々ギャンブルに明け暮れる男、伊藤カイジ。まさかこんなキング・オブ・ダメ人間が一般商品として立体化される日が来ようとは。長生きはするものですね。

一応アニメ版からの出典ということになっていますが、原作漫画版との違いは特にありません。作画の関係でアニメのほうがちょっぴりイケメンですが(笑)。



パッケージ

R0078040R0078041
電撃のようなエフェクトが描かれたパッケージ。


台紙のdi:stage用カバースキンにはアニメ版のタイトルロゴが入っています。
R0078490

セット内容

R0078499R0078503
>>フィギュア本体、オプションフェイスx2、オプションハンドx8(右4左4)、オプション前髪、Eカード、「限定ジャンケン」カード、鉄骨、鉄骨用支柱x2、ざわざわ固定用パーツ、紙物セット、台座本体、台座アーム、収納袋

紙物セットというのは2枚目の写真のペーパークラフト。光沢のある厚紙で、パーツには切り込みが入っています。

全身


限定ジャンケン編の服装。オプションとして鉄骨やEカードが付いていますが、それらを行った時には別のジャケットを羽織っているので厳密に言うと原作の完全再現はできません。大した違いではありませんけど。

破戒録、堕天録編ではそれぞれまた違った服装をしてますし、カイジ君って意外とオシャレですね。

頭部

R0078514R0078515R0078516R0078517R0078518R0078519R0078521R0078522R0078524
独特の顔立ちが見事に再現されています。どこからどう見てもカイジ。泣き顔がナイスですね。

せっかくなので真横から。
R0078513
この顎のラインはまさしく福本顔。てっきりスネ夫の髪の毛並にありえない造形だと思っていたので、こうもしっかり三次元に変換できたことに正直驚きました。

前髪を交換することで左耳の器具を装着した状態を再現できます。
R0078526

各部

R0078528R0078531R0078536R0078539R0078541R0078543R0078547R0078550R0078553R0078556
ジャケットのワッペンはプリントで再現されています。襟の塗り分けがちょっと大雑把なのと、後頭部の分割線が少し気になります。

靴にマジックで描いたラインは入っていません。2個買いするのも手?

可動

要点のみ。

R0078558R0078560
髪の毛が長いため、上は全く向けません。上方向へは写真の角度が限界です。「上を向けない」というのはある意味”カイジらしく”はあります(笑)。

R0078561
腹部にジョイントが仕込まれており、大きく動かせます。ジャケットは軟質素材で可動の妨げになりません。身体を反らせるとお腹がチラ見するのが色っぽ……くはないですね。

R0078562
股間部分も軟質パーツで、脚を大きく上げられます。こんなダイナミックなポーズが似合うキャラではありませんが、動くに越したことはありません。

オプション

限定ジャンケンカード & Eカード
R0078564R0078567
それぞれ5枚1組の造形。小さいながらもきちんと絵柄が読み取れます。

持つときはこう。
R0078571R0078570
複数種の持ち手が付属しているため、色んな持たせ方ができます。

限定ジャンケンカード & Eカード(ペーパークラフト版)
R0078578R0078579
こちらは紙製のカード。台紙から切り離して使用します。

限定ジャンケンカードは「グー・チョキ・パー」がセットになったものが1枚「グー」「チョキ」「パー」単品が各4枚(全12枚)。Eカードは「平民・平民・皇帝」「平民・平民・奴隷」のセットと「皇帝」「奴隷」が1枚、「平民」が8枚(つまり対戦で必要な1セット分)。それぞれ付属しています。

持つときはこう。
R0078583
3枚セットになったほうは裏から見るとカードに見えませんね。ラインを引いてやればそれらしくなるかも。

なお、限定ジャンケンカードは1枚だけのものをPVC製のセットと組み合わせて使用できますが、Eカードはそれだと6枚になってしまいます(本来使用カードは最大5枚)。


R0078600
限定ジャンケン編で左胸に付ける星とそれを貼り付けるワッペン。紙製で全6種類。

付けるときはこう。
R0078698
糊か何かでくっつけます。これを付けた写真がパッケージに載っていませんが、作中ではこのあたりに付けています。

ゼッケン
R0078584
鉄骨渡りでカイジが付けていた10番のゼッケン。紙製で、これも台紙から切り離して使用します。

付けるときはこう。
R0078586R0078588
後ろをテープや糊でくっつけます。くっつけたままでは着脱が出来ないので、写真ではすぐ剥がせるように軽くテープで留めています。これはできればPVCか布でちゃんと作ってほしかった。

ざわざわ
R0078607
「ざわ…ざわ…」の擬音が描かれた紙。色とサイズ違いで全4種類。

専用のアームを支柱に取り付けて飾ります。
R0078610
汎用性の高いアイテムだけに、これも紙ではなく超像可動の擬音プレートのような材質で作ってほしかったです。あとアームも2個あると良かったかな……。

鉄骨
R0078594R0078596
カイジが渡った鉄骨風の台座。

穴に支柱を取り付けて、フィギュアを乗せます。
R0078598
作中同様うまくバランスを取れば支柱なしでも立てますが。

アクションなどなど


やっぱりカイジ君はこういう表情が似合います。


でも見た目は割とカッコ良いですよね。藤原竜也ほどじゃないですが(笑)。


奴隷は……二度 刺すっ……!


相手は安藤だと思ってください。

押せっ・・

押さないっ……!オレは押さないっ……!おまえも押すなっ……!

ついてたぞ♥ タマゴ……!

2期EDで早くも再現されてましたね。

その…何か…微笑ましいモノを見るような目……!やめろっ……!

個人的にこの回がパチンコ編以降のカイジのピークだなあ。原作は最近酷すぎでしょう。

ジャンケンといえばやはりこの人です。

チェック!

セット!

オープン!

勝負の行方はいかに。

そういえばPS版のカイジではエスポワールに読心術を操る超能力者が乗ってました。そんな能力持っててなんで借金地獄に陥るのか謎ですが(笑)。

総括

出来はもとより、ネタとしても優れたフィギュアなので持っていれば何かと楽しめます。情けないポーズが似合うフィギュアなんてそうそうありませんし、カイジファンならずともオススメしたいアイテムです。

オプションの大半が紙製というのが残念ですが、オマケと考えれば充実しています。でもゼッケンと「ざわざわ」ぐらいはしっかりとした作りにしてほしかった。

この調子でアカギや黒服の皆さんも出してくれると嬉しいですね。アカギに関しては抱き枕が発売されるぐらいなのでフィギュアなんてすぐにでも出そうですが。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿