S.H. Figuarts[フィギュアーツ] ふたりはプリキュア Max Heart キュアホワイト(Max Heart Ver.)  レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > S.H. Figuarts[フィギュアーツ] ふたりはプリキュア Max Heart キュアホワイト(Max Heart Ver.)  レビュー

S.H. Figuarts[フィギュアーツ] ふたりはプリキュア Max Heart キュアホワイト(Max Heart Ver.)  レビュー 

商品名:S.H.Figuarts キュアホワイト(Max Heart Ver.)
作品名:ふたりはプリキュア Max Heart
発売元:バンダイ
発売日:2011年10月26日発送
価格:3,675円(税込)
備考:魂ウェブ商店限定品

ほのか

プリキュアシリーズ第2作『ふたりはプリキュア Max Heart』より、雪城ほのかが変身する白きプリキュア・キュアホワイト。キュアブラックと共に魂ウェブ商店限定アイテムとして商品化されました。

同時発売のキュアブラックおよび既に一般販売品としてリリース済みの無印版ホワイトのレビューも併せてご覧下さい。



パッケージ

R0087532R0087534

ブラックとお揃いのデザイン。写真のポーズや台詞はブラックと対になっています。

セット内容

R0087862
>>フィギュア本体、オプションヘッドx3、オプションハンドx7(右3左3+握手用1)、ミップル、スパークルブレス、固定首パーツ、専用ディスプレイスタンド

オプション数はブラックと同じ。無印ホワイトにはオプションヘッドが2つ、ハンドが3つしかなかったのでかなりボリュームアップしています。

全身


笑顔で梱包されていますが、ブラックのレビューと統一するために真面目顔で撮影。可動タイプの首関節でも普通にアゴが引けるので無可動タイプ(固定首パーツ)は使用していません。

無印版とのデザインの違いはブラックほどありませんが、全体的に装飾が増えてゴージャスになっています。

無印版と。
R0087884
フィギュアとしてはブラックより変更点が多く、ほぼ別物に作り直されています。見た感じ、関節以外に共通するパーツは髪の毛(の一部)ぐらい。髪の毛にしてもMH版のほうがエッジがシャープなので手直しされているようです。

無印ホワイトはやけにロリロリで劇中イメージとは少々かけ離れていましたが、MH版は「これぞホワイト!」といったプロポーション。ロリホワイトはロリホワイトで好きですけど(笑)。

細かい変更点として、手首が手甲と分離するタイプになりました。
R0087889
これによって可動が広くなったとかそういうことはないので、単純にコストの問題かもしれません。オプション増えて値段一緒ですから。

グッコレMHホワイトと。
R0087886
あらゆる点でフィギュアーツの圧勝。グッコレ版は上半身が男らしすぎてちょっと。

頭部

R0087892R0087893R0087895R0087896R0087897R0087898R0087899R0087900R0087901R0087902R0087903R0087904
真面目顔、叫び顔、口閉じ笑顔、口開け笑顔。いずれもうまく特徴が捉えられています。一番下の口を開けた笑顔が一番可愛いかな?変身後で笑顔なのはオープニングぐらいですけどね。

無印と笑顔比較。
R0087961
無印は無印で可愛いのですが、MH版と比べてしまうと見劣りします。ブラック同様、顔パーツに互換性はありません。

各部

R0087906R0087908R0087910R0087912R0087915R0087917R0087919R0087921R0087923R0087926
コスチュームには全体に水色のグラデーションが掛けられています。無印は襟周りが塗り肌だったのですが、成型色になったことで色合いの違和感が消えました。ブラックと違って塗装の省略(配色ミス)はないようで、肘下のラインもきちんと塗られています。

下着は白ですが、色気のない造形なので別にいいですよね?(笑)

可動

可動については無印とほぼ同じなので無印のレビューをご覧下さい。

肩パッドは接続方法が「後ろ開き」から「上開き」に変わりました。
R0087929
このおかげで肩が多少動かしやすくなったかな?

ちなみにこれはブラックとは真逆の改修で、ブラックは無印が「上開き」でMHが「後ろ開き」になっています。なんで統一しなかったのか謎。

オプション

スパークルブレス
R0087932
キュアホワイト用のブレス型強化アイテム。ブラックのものとはリボンの色が異なります。

手首と手甲を外して左腕に装着します。
R0087934
かっちり保持されるので外れてしまうことはありません。

ミップル
R0087937R0087939
ほのかのパートナー妖精。ケンカが絶えないなぎさ&メップルと違い、しっかり者同士良好な関係を築いている。

口が尖りすぎなのかほっぺたが小さいのか、なんとなく造形に違和感を覚えます。もうちょっとふっくらしてたほうがミップルらしかったかなと。

メップル同様、首が横にロールします。
R0087943

スケールはもちろんメップルやハトプリ妖精と一緒。
R0087945

グッコレミップルと。
R0087947
これはグッコレのほうが断然可愛いですね。自立出来ないのが難点ですが。

専用ディスプレイスタンド
R0087950
おなじみの胴体挟み込み台座。支柱を挿す場所は三箇所から選べます。無印に比べてジョイントが硬くなっているような気がしますが、個体差かもしれません。

ブラックのものとは台座のプリントが異なります。
R0087953
こちらにはCure Whiteと書いてあります。真ん中のは無印の台座。

握手用オプションハンド
R0087957
ブラックと手を握らせるためのオプションハンド。ブラックにも同様に必殺技用の握手ハンドが付いていますが、それぞれ握り方が違います。

こちらがブラック付属のオプションハンド。
R0087958
わかりやすい言い方をすると、ホワイトに付いているのは「ただの握手」でブラックに付いてるのは「カップルつなぎ」です(笑)。

アクションなどなど

ブラックのレビューで掲載した写真と一部構図が被っているので背景色を変えました。

マ~ック~スハ~ト♪

真ん中の奥に黄色い子がいると思ってください。


再現のためにアニメ見直してて初めて名乗り前にバク宙してることに気付きました。

「光の使者キュアブラック!」「光の使者キュアホワイト!」

「「ふたりはプリキュア!」」

「闇の力のしもべ達よ!」「とっととおうちに帰りなさい!」

「ブラックサンダー!」「ホワイトサンダー!」

「プリキュアの美しき魂が!」「邪悪な心を打ち砕く!」

「「プリキュア・マーブル・スクリュー!!」」

「「マックスーー!!」」

二人とも手首が外れやすいので手を握った状態でのポーズ付けはとても大変。

「あふれる希望!」

この必殺技再現はルミナスが出た時にでも。

以下、適当にポージング。


「邪悪な気配がするメポ~」

ネタで終わらせるのも何なので。

握手パーツはこの無印OPのワンシーンを再現するためのボーナスパーツの意味合いが強いかもしれません。

総括

顔立ちとデザインの変更に留まったブラックと違い、全面的に改修が施されているのでVer.2.0的な感覚で楽しめます。無印のホワイトに不満があった方には特にオススメしたい商品です。

ホワイトとブラックがこれだけのクオリティということはルミナスも期待して良さそうですね。ルミナスはデザインの都合上、安定性が最大のネックだと思いますが、出来る限り遊びやすい製品に仕上げてほしいと願います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

レビューありがとうございます。
ブラックもホワイトも全体的にさらに改良されてるようですね。アニメのイメージそのままでかわいいです。
ルミナスも早く見てみたいですがまだ出てないんですね。
それから、SSの咲と舞も出るのか気になります。
[ 2011/10/29 20:24 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!
無印もよくできていましたが、更に良くなってますね。
改めて5GoGoやフレプリが不憫でなりません(笑)。
ルミナスはまだ出ていませんが、人気キャラなのでまず間違いなく出るでしょうねー。

SSもいずれ出るとは思いますが、もしかしたら強化前も強化後も限定かもしれませんね。
2人だけではなく、満と薫も是非出してほしいと思います。
[ 2011/10/30 20:59 ] [ 編集 ]
み、みえねーw
[ 2011/11/03 04:11 ] [ 編集 ]
> み、みえねーw

プリキュアですから(笑)。
[ 2011/11/03 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿