figma EX.008 アイギス 重装ver. レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

figma EX.008 アイギス 重装ver. レビュー 

商品名:figma アイギス 重装ver.
作品名:ペルソナ3フェス
発売元:マックスファクトリー
発売日:2011年7月24日(イベント販売) / 2011年11月下旬(WEB販売)
価格:3,000円(税込)
原型製作:浅井真紀
備考:ワンダーフェスティバル 2011[夏]限定品

アイギス重装版

ペルソナシリーズ第3作『ペルソナ3』より、謎の怪物「シャドウ」を制圧すべく作られた少女型戦闘用アンドロイド、アイギス。『ペルソナ3』本編における通常コスチュームに続き、追加ディスク『ペルソナ3フェス』で新たにデザインされたコスチュームが「重装ver.」としてfigma化されました。

当商品は2011年7月24日に開催された「ワンダーフェスティバル 2011[夏]」会場で販売され、その後WEBにて期間限定で注文を受け付けていた限定アイテムです。価格は通常版の2,800円から200円アップした3,000円。

オプションは大幅に変更されていますが、本体の仕様は通常版と概ね同様ですので通常ver.のレビューも併せてご覧下さい。



パッケージ

R0097011R0097015
パッケージに写真が全く載っていないのが最大の特徴。figmaは限定品でもパッケージは一般販売品と変わらないことが多いため、珍しい仕様といえます。サンプルの撮影が間に合わなかったのでしょうか。

di:stage用のカバースキン。
R0097035
ペルソナ3フェスのロゴが書かれています。

セット内容

R0097037
>>フィギュア本体、オプションフェイスx2、オプション前髪、オプションハンドx8(右4左4)、マガジンx2、エフェクトパーツx2、キャノン、腕章、自立補助パーツx2、台座、収納袋

「オプションハンド」「マガジン」「腕章」は通常ver.と同一。「ロケットパンチ」がなくなった代わりに「前髪」「エフェクトパーツ」「キャノン」が追加されています。

全身


通常ver.同様、自立させるには足の裏に透明な補助パーツを取り付けます。

通常ver.との違いはジャケットの有無と頭のバイザー。作品を知らないのでこのキャラクターについて多くは語れませんが、「重装ver.」といっても基本外観はそれほど変わっていませんね。フィギュアとしては表情も一新されていますが、それについては後述。

通常ver.と。
R0097045
腕や腹部から下は全く同じ造形。ただ塗装に若干の差異が見られ、特にゴールド部分は重装ver.のほうが濃い(暗い)色で塗られています。公式のイラストを見る限りでは通常ver.のほうが設定に忠実な色合いのようですが、重装ver.のほうがそれこそ重厚な印象を受けます。

腿のホワイトとゴールドの境目にロール軸があるのですが、通常ver.のほうはガッチリ癒着してしまっていました。

頭部

R0097049R0097050R0097051R0097053R0097054R0097055R0097056R0097057R0097058
頭部は3種いずれも刷新。通常ver.は目元が全体的にぼんやりしていて違和感を覚えましたが(下写真参照)、随分改善されています。

前髪を交換することでバイザーを下ろした状態を再現。
R0097059
目が隠れるのでどの顔を付けてもあまり変わりません。

頭部は通常ver.と互換性があります。
R0097061R0097062R0097064
組み替えることで通常ver.と重装ver.、それぞれ6パターンずつの表情が楽しめます。

オプション

キャノン
R0097067R0097068
通常ver.のロケットパンチの代わりに腕に装着する武装。肘以外可動はしません。

前腕部を外して取り付けます。
R0097070
右に装着するのが基本のようですが、もちろん左でも可。

エフェクトパーツ
R0097076
指の先端に取り付けることでマシンガンのマズルフラッシュを表現。これがないとフィギュアではマシンガンを撃っていることがわからなかったので嬉しいオプションです。通常ver.でも使用できます。

マガジン
R0097079
前腕部に取り付けるマシンガン用マガジン。通常ver.に付いていたものと同じです。

アクションなどなど

通常ver.フェイス。

ロケットパンチ装備。

このパンチって戻ってくるんでしょうか。

ケルベロスと。

ルシファー猊下と。

ねんどろいどでジャックフロストが出るとのことで、並べて飾るのが楽しみです。

応援するであります。

通販組はこういう写真が撮れるから良いですね。と強がってみる。

総括

他のfigmaを含めた一般的なアクションフィギュアと比較すると可動部分が少ない(腰が回らず、足首が無い)ためポージングはある程度限定されてしまいますが、それについてはデザイン上の制約ということで致し方ないところ。外観を損なわずにこれ以上の可動を確保するには『ROBOT魂 ヒーローマン』のような構造にするしかないでしょう。

いずれにせよfigmaのフォーマットではこれが限界ですし、可動面の欠点を補うべく視線が左右に振られた表情が用意されているので同じようなポーズでも全く違う印象を演出することができます。

通常版と組み合わせることで更にバリエーションを広げられるのでセットで揃えることをオススメします。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿