ドリームテック ラブプラス 姉ヶ崎 寧々【水着Ver.】 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > WAVE > ドリームテック ラブプラス 姉ヶ崎 寧々【水着Ver.】 レビュー

ドリームテック ラブプラス 姉ヶ崎 寧々【水着Ver.】 レビュー 

商品名:ラブプラス 姉ヶ崎 寧々【水着Ver.】
作品名:ラブプラス
発売元:WAVE(ドリームテック)
発売日:2012年1月下旬
価格:6,510円(税込)
原型製作:とりあ(チェリーブロッサム)
備考:1/8スケール

水着ネネ

『ラブプラス』より、ヒロインの一人「姉ヶ崎 寧々」。ワンピース水着の愛花、スクール水着の凛子に続いてビキニ水着姿で立体化されました。原型を手がけたのはプレミアムフィギュア(一番くじ)版と同じ「とりあ」という方。愛花、凛子は桜坂美紀氏でした(一番くじも同様)。

また愛花、凛子はパッケージに「1/7スケール」と書かれていましたが、寧々は「1/8スケール」。といってもスケールが違うというわけではなく、愛花と凛子の1/7スケールというのが表記ミスだったようです。

愛花のレビュー凛子のレビューも併せてご覧下さい。



パッケージ

R0107719R0107722
愛花、凛子とお揃いの白を基調としたデザイン。

全身


首元と腰にブローチを付けた、ピンクのストライプビキニ。縞模様はタヌキの尻尾をイメージしているんだと思います。

上目遣いで腕を後ろに回したポージングがセクシー。ガレキ版から造形のブラッシュアップが行われているとのことですが、ガレキ版を持ってないのでどう違うのかはわかりません。

全高は約20cm

前述の通り愛花・凛子とは原型師が異なりますが、並べて飾っても違和感ありません。愛花・凛子は台座なしでも自立出来ますが、寧々は無理。

プレミアムフィギュアの寧々と。

実に対照的な格好。原型師が同じなだけあってプロポーションや顔立ちが良く似ています。

ガレキ(HJ通販版)の水着寧々と。

割と別人。ガレキのほうは結構クセのある顔をしているので、このドリームテック版のほうがストレートに可愛いと感じられます。

頭部

R0107741R0107746R0107749
似てます。泣きボクロがなくて髪型が違っても誰だか判別出来るぐらい似てます。これまでの寧々フィギュアのなかで最もイラストに忠実な顔立ちではないでしょうか。

トロンとした左目とぷっくりとした唇が色っぽいですね。愛花、凛子は頬にチークが入っていなかったので自分で足しましたが、寧々ははじめからほんのり赤く染められています。

各部

R0107754R0107756R0107758R0107761R0107768R0107765R0108000R0107774R0107781R0107785R0107777R0107778R0107788R0107790R0107794R0107796
見所は胸……は当然として、しなやかな指先やヘソ周り、膝裏の造形も注目しておきたいところ。ビキニのシワもしっかり作り込まれています。

品質は特に問題なし。縞模様もきっちりはみ出さずに塗られています。また手足の爪はキラキラとしたグロス塗装でネイルカラーが塗られていることを表現しています(愛花、凛子はただのピンク)。

大きめ写真


プレミアムフィギュアは景品なので造形がヌルく、正直もったいない感があります。


ガレキと並べるならこれがバランス良いかな。


右へ行くほど肌色分が減っていきます(笑)。


大きいものにはわからずや、小さきものの大きさよ。


窮屈だけど一応まとめて飾れます。


ガレキ版は凛子以外も替えの髪型があったんでしょうか。


まさにグレート。

総括

寧々の水着フィギュアはこれさえあれば他は要らないかも、とさえ思える出来映えです。愛花と凛子にも言えますが、ただ可愛いだけでなくしっかりとキャラクターの特徴を捉えた造形になっているのが最大の魅力だと思います。

当初は水着姿ということで「BEACH QUEEN」同様にスルーしようと思ったシリーズですが、買って本当に良かった。水着フィギュアはちょっと……と敬遠している方も勇気を出して(笑)手にとってみてはいかがでしょうか。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿