NEWラブプラス “NEWネネデラックス”コンプリートセット(特典付き) 中身紹介

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > NEWラブプラス “NEWネネデラックス”コンプリートセット(特典付き) 中身紹介

NEWラブプラス “NEWネネデラックス”コンプリートセット(特典付き) 中身紹介 

商品名:NEWラブプラス “NEWネネデラックス”コンプリートセット
作品名:NEWラブプラス
発売元:コナミ
発売日:2012年2月14日
価格:33,850円(税込)
原型製作:--
備考:コナミスタイル限定品 / 「NEWラブプラスクリアファイル」 「NEWラブプラスポスター (ネネ)」「ラブプラス ピンズ ネネ」付き

NEWネネデラックス

コナミスタイルにて数量限定で受注、生産されたニンテンドー3DS同梱版『NEWラブプラス “NEWネネデラックス”コンプリートセット』。NEWネネデラックスのほかに「NEWマナカデラックス」「NEWリンコデラックス」が存在します。

『ラブプラス+』の時のニンテンドーDSiLL本体同梱限定版「プレミアムパック(ネネデラックス)」の受注は「先着順」でしたが、買い占め行為などを問題視してか今回は「抽選式」で行われました。抽選は三回にわたって行われ、最終的にはキャンセル分が先着順で放出されたようです。



前書き

NEWネネデラックスには「コンプリートセット」「アートブックセット」「セット無し」の3バージョンがあり、それぞれ価格と同梱商品が以下のように異なります。

【“NEWネネデラックス”コンプリートセット 同梱商品】
・NEWラブプラス “NEWネネデラックス”
・ラブプラス Art Book Complete Box(ネネ仕様)
・NEWラブプラス Original Soundtrack

・NEWラブプラス ポスター
・NEWラブプラス 3Dクリアファイル
・ラブプラスご当地ピンズ (ランダム1個)

価格:33,850円(税込)

【“NEWネネデラックス”アートブックセット 同梱商品】
・NEWラブプラス “NEWネネデラックス”
・ラブプラス Select Box/Nene

・NEWラブプラス 3Dクリアファイル
・ラブプラスご当地ピンズ (ランダム1個)

価格:26,980円(税込)

【“NEWネネデラックス” 同梱商品】
・NEWラブプラス “NEWネネデラックス”

・NEWラブプラス 3Dクリアファイル
・ラブプラスご当地ピンズ (ランダム1個)

価格:23,980円(税込)

要するにコンプリートセットからサントラと画集を2冊抜いたのが「アートブックセット」、本体のみの同梱なのがただの「NEWネネデラックス」ということです。またポスター、クリアファイル、ピンズは購入特典ですが、ポスターのみ「コンプリートセット」にしか付きません。色々とややこしいので公式サイトの同梱表を見たほうがわかりやすいでしょう(笑)。

自分の場合、サントラも画集も別に興味がないので一番リーズナブルなただのデラックスで良かったのですが、「高いやつのほうが当選確率高いのでは?」と考えてコンプリートセットを選択しました。実際のところはどれが当選しやすかったのかはわかりませんが、事実はどうあれ「ケチったせいで外れた」と後悔することだけは避けたかったのです。

ちなみにソフト単品の価格は6,280円、サントラ単品は2,520円です。それを差し引くと本体の価格は「17,700円」、画集(Art Book Complete Box)の価格は「7,350円」ということになります。

……今初めて計算したんですけど、画集、ソフトより高かったんですね……(笑)。本体自体、普通の3DSより2,700円高くなっていることも今気付きました。

NEWラブプラス “NEWネネデラックス”

R0111880R0111883
3DS本体とソフトがセットになった特別パッケージ。外箱は通常の3DS本体やプレミアムパックと同様の段ボール製。

中身。
R0112073
セット内容はソフトが付いていることを除けば通常本体と全く一緒。クレードルやACアダプタも標準品と変わらず、特製ARカードが付いてる……ということもありません。

本体はシルバーとブラックを基調としたシックなデザイン。
R0111861R0111865R0111860
箱イラストの寧々はストッキングを履いていますが、本体は残念ながら素足(のように見える)。旧デラックスはネネはピンク、マナカはブルー、リンコはグリーンとカラーリングに差がありましたが、今回は皆この配色のようです。

旧デラックスと。
R0112079
自分は旧デラックスのデザインのほうが好きですね。大きいし。

通常版3DS本体と。
R0112083
通常版、発売日に買ったのに全然起動してません。この前数ヶ月ぶりにニンテンドッグス立ち上げたら犬真っ黒になってましたよ。

我が家はDSだらけ。
R0112086
やりたいゲームはPSPのほうが多いんですが、完全に買うタイミングを失いました。スパロボやりたいです。エルミナージュやりたいです。

ラブプラス Art Book Complete Box(ネネ仕様)

R0112020R0112023
特製のパッケージに収められたアートブック(ミノ☆タローイラストレーションズ)4冊セット。ウワサには聞いていましたが、とてつもなく重い&デカイです。重さを量ってみたら3.4kgもありました。FF11βの殺人バインダーならぬ、殺人画集ですね。

サイズは3DS本体と比較してこのぐらい。
R0112026
何も知らずに箱開けたらこっちに本体入ってると思うかもしれません(笑)。

パッケージ内側もしっかり作り込まれています。
R0112031R0112030R0112040R0112042R0112044R0112046
ウィンドウの裏にイラストが両面印刷された台紙が2枚挟まってます。

アートブックは「ネネ(全80頁)」「マナカ(全96頁)」「リンコ(全80頁)」「3人全員(全64頁)」の4冊。
R0112052R0112055R0112102R0112104R0112106R0112109
それぞれ、卒業アルバムのような装丁です。独特の手ざわりが高級感を高めています。ちなみに「アートブックセット」の場合は「ネネ・マナカ・リンコのいずれか1冊+3人全員」の計2冊という構成。愛花だけページ数がちょっと多いのでお得……かもしれません(笑)。

内容はこんな感じ。
R0112057R0112062R0112068R0112070
これまで描かれた全イラストが網羅されているようです。全編オールカラーですが、一部色の付いていないラフ描きらしきものも掲載されています。

余談ながら凛子が右利きということを初めて知りました。じゃあなんで腕時計右にしてるんだろう?「常識に囚われたくない」という藤岡弘、の教えをリスペクト?

NEWラブプラス Original Soundtrack

R0111885R0111888
2枚組のサントラ。聴いていないので詳細は不明ですが、BGMや各キャラのNEWテーマソングなどが収録されているようです。

そういえば旧デラックスに付いていた『みみもとラブプラス』も結局聴いていません。

NEWラブプラス ポスター

R0111869
コンプリートセット専用特典の大空をモチーフにしたポスター。サイズはB2(515mm×728mm)とかなり大きめ。

NEWネネデラックスなので当然寧々が描かれています。
R0111873
NEWマナカデラックスには愛花、NEWリンコデラックスには凛子が描かれているのでしょう。背景は共通かな?

NEWラブプラス 3Dクリアファイル

R0111896R0111897
全デラックス共通特典のクリアファイル。3Dと付いている通り、立体視することができます。これはマナカでもリンコでも共通デザインの模様。

R0111902
写真だとただボケてるだけにしか見えませんが、肉眼ではほんとに浮き出て見えます。

ラブプラスご当地ピンズ

R0111890
全デラックス共通特典のご当地ピンズ。公式にはランダム「1個」と書かれているのですが、4個付いてました。そういえば先着特典があったような気がするので、3個はその特典?

付いていたのは「福岡県/博多ラーメン」「佐賀県/ムツゴロウ」「宮崎県/マンゴー」「鹿児島県/宇宙センター」の4つ。
R0112095
何故か九州ばっかり。どうせなら地元(愛知)が良かったのですが……ムツゴロウさんが可愛いので許す方向で。今年は「宇宙年」でもあるので宇宙センターも結構嬉しい。青春スイッチオンで宇宙キター!って感じですね。

おまけ

商品とは無関係ですが、保護フィルムとプロテクトケースを併せて購入しました。
R0111788
購入したのはホリの「プロテクトケース for ニンテンドー3DS」「フルピタ貼り for ニンテンドー3DS」。プロテクトケースのほうは装着感良好、フルピタ貼りは貼りやすさ抜群でどちらもオススメです。特にフルピタ貼りのほうは貼る位置をしっかり固定してからシートを剥がす方式なので自分のような不器用な人間には助かります(笑)。

プロテクトケースだけだと肝心の画面やボタン周りが汚れてしまいますし、フルピタ貼りだけでも保護しきれない部分(天面の端など)が存在するので併用するのがよさそうです。ただプロテクトケースを装着するとクレードルに置けなくなるのでその点だけは注意。天面側のケースだけ使用する、というのもアリかもしれません。

更に無関係ですが、イヤフォンも新調しました。
R0112100
前使っていた「Ultimate Ears MetroFi 200」がなかなか良好な使い心地だったので、今回も同メーカーのUltimate Ears TripleFi 10という製品にしました。価格は国内正規品が40,000円、並行輸入品でも17,000~18,000円しますが、「良い耳」を手に入れるためならそれぐらい安いものです……きっと(笑)。

音質については言わずもがなですが、個人的に一番嬉しかったのは、本体が左右対称デザインなので暗くても右と左の区別が付けやすいことだったりします。物が物だけにそんな部分を評価する声は聞きませんが、自分にとっては音質よりも重要なポイント(笑)。あとはケーブルが着脱可能なので断線してもケーブルだけ交換すれば済むという点も魅力です。

おまけ2

生まれ変わった彼女。

久しぶりのカチューシャ姿。

同じくお久しぶりな子。
HNI_0002
同級生なのに2年ぶりに会ったような気がするぜ!(笑)

NEWでは基本いつでもカメラ(スクリーンショット)が撮影できるようになっているのですが、ご覧の通りかなり圧縮されてしまっているため画質はイマイチ。元が高画質なだけにもったいない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿