スタチューレジェンド 第12弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 矢安宮重清&ハーヴェスト レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > スタチューレジェンド 第12弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 矢安宮重清&ハーヴェスト レビュー

スタチューレジェンド 第12弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 矢安宮重清&ハーヴェスト レビュー 

商品名:スタチューレジェンド 第12弾 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 矢安宮重清&ハーヴェスト
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:ディ・モールト ベネ
発売日:2012年3月中旬
価格:5,040円(税込)
原型製作:前田恭治(矢安宮重清)、プラスアルファ(ハーヴェスト)
備考:--

重ちー&ハーヴェスト

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、「重ちー」こと「矢安宮重清(やんぐう しげきよ)」と、彼の操る群体型スタンド「ハーヴェスト(収穫)」

重ちーは外見・内面共におよそ好人物とは言えず、特に金への執着に関しては憎たらしささえ覚えるレベルですが、同時にどことなく憎めない魅力も併せ持った不思議なキャラクター。最後は吉良吉影の手にかかり非業の死を遂げますが、命の灯火が消えるその瞬間まで父と母を守ることを誓う彼の姿はまさしく”黄金の精神”の持ち主でした。

当商品は重ちーとハーヴェスト5体がセットで同梱されています。



パッケージ

R0113692R0113695
重ちーといえばお金、ということで背景に硬貨が散りばめられています。

全身


重ちーのポージングモチーフはコミックス36巻『「重ちー」の収穫 その2』1ページ目。極端にディフォルメされたキャラクターが登場するのも四部の特徴ですが、重ちーはその中でもひときわ異彩を放っていますね。肌をピンクにしてサイヤ人の戦闘服を着せたらまんまドドリアさんですよ。

全高は重ちーが約10cm、ハーヴェストが約2cm
R0113711
重ちーの背丈は作中でも仗助の腰当たりまでだったので、だいたいスケールは合っているようです。ハーヴェストは脚が台座に接着されていますが、重ちーは台座なしでも問題なく自立します。

頭部

R0113723R0113725R0113727
タレ目とすきっ歯がなんともいえない愛嬌を醸し出しています。いわゆるブサカワイイというやつでしょうか。見えにくいですが、口の中もしっかり作り込まれています。

各部

R0113729R0113732R0113735R0113738R0113740R0113742R0113744R0113745
この手のキャラに限って……というのもなんですが(笑)、品質は良好。襟の塗装が剥げていますが、元々こういう仕様なのか本当に剥げてしまっているのかは微妙なところ。恐らく後者でしょうが、「垢」が溜まっているようにも見えるのでそれほど気になりません。

ハーヴェスト

R0113749R0113751R0113753R0113755R0113757R0113760R0113762R0113764R0113766R0113768
全部で5体。それぞれ造形が異なります。アップで見ると粗が目立ちますが、サイズがサイズなので肉眼では気にならないレベルです。台座は上でも書いた通り脚に接着されています。こういう台座は目立つ黒より透明のほうがいいと思うのですが、黒じゃなきゃいけないんでしょうか。

本来は500体ほどいるらしいので、完全再現したい方は100個買いましょう(笑)。

大きめ写真


群体型スタンドの中でもハーヴェストの性能は突出していますね。だから早々に退場させられたのかもしれませんが……(笑)。

オラがッ!…………『パパ』と『ママ』をあいつから守るどッ!

作中のハーヴェストはシーンによって大きさ変わってます。もとよりスタンドは大きさ自由自在らしいですが、群体型スタンドにその理屈を当てはめると無敵になってしまうので、ただ単に作画の都合でしょう。


……ミツケ……タ……ゾッ!!

重ちーのサイズはねんどろいどと同じぐらいです。

ねんどろと一緒に飾っておくのも悪くない……かも。

総括

こういう誰得的なキャラクターは無駄に出来が良いと相場が決まっており、重ちーに関しても例外ではありません。品質に関しても多少の個体差であれば「重ちーだから」で済まされると思うので、そういう面でも得をしています。スタンドと本体のセットとはいえ値段が少々高いのがネックですが、あまり売り上げを見込めるキャラクターでもないでしょうから多少割高になってしまうのは仕方ないかな、と。

重ちーファン……がいるのかどうかはわかりませんが(笑)、四部が好きならラインナップの拡充のためにも手に入れて損はないと思います。

セカンドカラーは是非ピンク色の肌にして欲しいです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

不気味さも含めなかなか重ちーらしさがでてますね^^
耳でかいっすwほんとに人間なんでしょうか←

ドラゴンボールの棚に置いてあっても違和感無いかもw

私が先日みかけた重ちーはアイプリントがずれていてさらに不気味さが増していましたw

重ちー同様ハーヴェストも初期のものを再現してるんですね
黒い台座はどうにかしてほしいとこですね

こういうゆるいキャラクターに限って出来が良いんですねw
この調子で他のキャラも製作して欲しいところですね^^;
[ 2012/03/17 16:46 ] [ 編集 ]
人間に見えませんよね(笑)。頭の突起は一体どんな構造になってるのか……。
1部や2部に出ていたらきっと波紋で始末されていたことでしょう(笑)。

アイプリントがズレてると確かに不気味そうです。
うちのは幸い焦点が合っているので愛嬌がありますが。
台座が必須なのは仕方ないですが、もうちょっと目立たないように工夫してもらいたいものです。

いつもこれぐらいの品質ならあまり文句もないんですけどねー。
次のエニグマも期待:不安が3:7って感じです(笑)。
[ 2012/03/17 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿