超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 40.ワムウ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 40.ワムウ レビュー

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 40.ワムウ レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 40.ワムウ
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2012年4月下旬
価格:4,725円(税込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

ワムウ

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、謎の生命体「柱の男」の一人であり風の流法(モード)を操る究極戦士「ワムウ」。潔くなさすぎる最期を見せる柱の男達の中で唯一自らの敗北を認め、敬意と感謝の意を表して死んでいった誇り高き武人。カーズ曰く、戦士としての純粋さが弱さに繋がったとのことですが、それこそがワムウの魅力であるのは間違いありません。

余談ながら名前の元ネタはクリスマスの定番ナンバー「Last Christmas」でおなじみの英国ポップデュオ『Wham!(ワム!)』ですが、自分の場合ワムウの存在を先に知ったため、てっきりWham!はワムウのようなムキムキの男臭いミュージシャンなんだと思っていました。実際はこんな人です。爽やかすぎ(笑)。



パッケージ

R0117076R0117080
ワムウの綴りはWHAMUだと勝手に思っていましたが、WAMUUだったようです。関節は相変わらず間接。

セット内容

R0117106
>>フィギュア本体、オプションヘッド、オプションハンド×6(右3左3)、ボーガン、ボーガン交換パーツ、神砂嵐エフェクトパーツ×2、専用台座

本体が大きいからか、オプションは意外とシンプル。

全身


ワムウ様はオシャレに余念がないのか出てくる度に服を着替えていますが、これはラスト、対ジョセフ戦でのコスチューム。

原作では当時の作画タッチも相まって肉ダルマのような体型でしたが、素体の都合かスタイリッシュにアレンジされています。可動を確保する為に関節に隙間が空いているのが少し気になります(特に肩周り)。

全高は約17.5cm(+突起0.5cm)
R0117111
ジョセフ、カーズ様と比較して全体的に一回り大きく、出来るだけ原作の体格差を再現しようという努力が感じられます。

設定身長はジョセフ195cm、ワムウ197cmなので本来はこれぐらいの体格差に収まるべき(むしろこれでも差がありすぎ)なのですが、原作の柱の男はラオウよろしく明らかに設定より大きく描かれています。

ちなみに身長が記載されていたプロフィール欄によると、ワムウの好きな色はコバルトブルーだそうです。コバルトブルーとはちょうどジョセフの服のような青色。婉曲的な愛の告白かもしれません。

頭部

R0117116R0117118R0117120R0117122R0117124R0117126
通常顔と「スイッチング・ウィンバック」によって自ら目を潰した顔。超像可動シリーズで歯を食いしばった顔は第一弾の承太郎を筆頭としてイマイチ出来が良くない傾向にありますが、今回は文句ナシの出来映え。通常顔のほうはサンプルに比べて目力が足りない気がしますが、悪くはないです。

四部承太郎のように、頭巾と顔は分割出来ます。
R0117130R0117132R0117128
通常顔+角露出、目潰し顔+角収納という組み合わせが可能。後者は状況的に不自然ですが。ちなみに角だけを取り外すことはできません。

各部

R0117134R0117137R0117139R0117141R0117145R0117147R0117148R0117152R0117155R0117158
今回はというか今回もというか、全体的に雑な個体を引いてしまったようで、左肩が荒れていたり、左股関節だけ肌の色が濃かったり、右股関節が固着してドライヤーで温めないと動かなかったりと問題がチラホラ。どれも致命的というレベルでもないんですが……左肩は気になるかな。

ちなみに腕は外れないのでロケットパンチは再現出来ません。

可動

R0117161R0117162R0117165R0117168
首は上部ボールジョイント+ヒンジ、下部ボールジョイントの三重構造。首が太いせいで上部はあまり動きませんが、その分下部が大きく動かせるため総合的な可動範囲は広め。

R0117170R0117172R0117173R0117175
肩は球体ジョイント+前後スイング+横ヒンジ。二の腕ロール軸。肘二連ジョイント。手首球体ジョイント。可動部のクリアランスが確保されているため、筋肉質にもかかわらず良く動きます。胸の突起物は軟質素材なので可動の妨げにはなりません。

R0117178R0117179R0117182R0117184
腹部、腰にボールジョイント。

R0117186R0117188
股関節ボールジョイント。腿上ロール軸。

R0117190
膝二連ジョイント。

R0117194R0117193
足首球体ジョイント。爪先独立可動。

素足なので足首の可動範囲はかなり広め。
R0117196
かなり無茶なポーズでも接地出来ます。

オプション

神砂嵐エフェクトパーツ
R0117199
歯車的砂嵐の小宇宙を再現するためのエフェクトパーツ。原作に比べると地味なエフェクトですが、可動フィギュアではこれが限界でしょうか。

取り付け方は腕に通すだけと至って簡単。
R0117203
固定はされませんが、拳に引っかかっているためポロポロ落ちる心配はありません。

ボーガン
R0117210R0117212
ジョセフ戦でワムウが使用した小さいほうのボウガン。

細かい部分まで作り込まれています。
R0117213R0117217

弓部分を取り替えることで鉄球のない状態を再現出来ます。
R0117221

持つときはこう。
R0117223R0117226

ジョセフ付属の大きいボウガンと。
R0117231
柄のデザインが左右対称になっているのがわかります。

アクションなどなど

闘技!神砂嵐!!

なにが「まさに」なのかサッパリわからないところが素敵ですよね。

「まていーッ!!きさまらッ 何をする気だーっ!!!」

「この外道どもがーッ!!」

ワムウ様マジイケメン。


ワムウは風になった――

神砂嵐のエフェクトは色々使い道があると思います。

超像可動ならスタプラに付けてラッシュの再現とか。エフェクトだけ何セットか欲しくなります。

総括

原作のワムウのイメージを想像しているとスマート過ぎて「おや?」と感じるかもしれませんが、出来自体は良好。このアレンジを許せるかどうかで評価は大きく変わってくると思います。

自分はこれはこれで気に入っていますが、それでもやはり原作のマッチョなワムウは捨てがたいですし、神砂嵐はもっと派手であって欲しいのでスタチューレジェンドで原作準拠のワムウ(&他の柱の男)を出してくれることを期待しています。今の販売ペースだといつになるかわかりませんが……。

ワムウは全身を透明化するという変わった特殊能力を持っているので、もしセカンドカラーが出るのであればクリアバージョンというのも面白いかもしれません。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

以前、ワムウの原型に不安だと書き込みましたけど
やはり自分は許容範囲外でした;

正面から見た貧弱さもそうですけど、それ以上に
横から見た胸板の薄さが厳しいです。

後ろ髪も原作では襟足が長かったのにバッサリな点も・・・

それと個人的な好みとして服装は対シーザー編の方が
細かいし見栄えもすると思うので残念です。

頭部も角付きは頭の装飾を取ったバージョンが・・・

もしくはシャボンを落としたジャラジャラしたチェーン?を
付けたバーションが良かったです。

でも、ワムウはセカンドカラー以外はもう出ないでしょうね。
最後の立体化だと考えれば貴重だと考える事にします(T_T)
[ 2012/04/30 02:03 ] [ 編集 ]
確かにこれは賛否分かれるアレンジだと思います。
本文にも書きましたが、やっぱりワムウといえばマッチョってイメージが強いですからね。
シルエットだけだとほとんど別人なので、ユウさん以外にも受け付けない人は多いのではないでしょうか。

どちらかというと可動フィギュアではなくエフェクトをふんだんに使用した
固定フィギュア向きのキャラクターだと思うので
スタチューレジェンドで早めに出してくれると嬉しいですね。
その時は是非シーザー戦のコスチュームで……。
[ 2012/04/30 02:17 ] [ 編集 ]
やはり立体化するにあたって完全再現は難しいみたいですね
私はもう少しガッチリしたイメージだったんですが、ちょっと寂しいです

でも稼動粋についてはさほど問題ないみたいですねッ
ジョセフ同様肩に穴が空いてるのはちょっと気になりますが、慣れればどうってことないですかねw

できれば神砂嵐の微妙に人差し指を立てたハンドパーツも欲しかったです
あと別売りで神砂嵐のエフェクトをつくってくれたししないでしょうかw

次弾はついに5部ポルですね
かなり期待しています^^
[ 2012/04/30 13:44 ] [ 編集 ]
原作通りのプロポーションを再現しようとすると素体の段階から
完全新規に設計することになるので難しかったのかもしれません。
ファンとしてはそうして欲しかったところですけどね。

人差し指を立てたハンドパーツは確かに欲しかったです。
あとは目潰し用にサムズアップも欲しかったかなぁと思いました。
派手な神砂嵐のエフェクトはセカンドに付くと嬉しいですが……無理かなぁ(笑)。

5部ポルナレフとチャリオッツ、楽しみですね。
こちらは原作通りの出来映えっぽいので、期待しています!
[ 2012/04/30 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿