『月刊ホビージャパン2012年8月号』を読んで

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュア雑記 > ホビージャパン > 『月刊ホビージャパン2012年8月号』を読んで

『月刊ホビージャパン2012年8月号』を読んで 

2012年8月号(2012年6月25日発売)の月刊ホビージャパンで個人的に気になった商品をピックアップして紹介。

今月はタイバニ特集ということでロゴが緑&赤のツートンカラー。ついでに本誌内では特別企画として『はぐれ勇者の鬼畜美学』で主演を勤める「岡本信彦」のグラビア写真が掲載されています。

特撮出演の俳優ではなく声優(しかも男性)の写真がここまで大きく掲載されるのは珍しいんじゃないでしょうか。ファンは嬉しい……のかなぁ(笑)。

というわけで以下本題。今月は気になる記事が結構ありました。中でも一番気になったのは「愛知県庁のプラモデル」(笑)。



機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS


今月号は「週刊少年サンデーS増刊」にて連載中の公式外伝漫画「追憶のシド」とのコラボで宇宙海賊ビシディアンをフィーチャー。小説は「Gサイフォス」を駆るウィービックが「シャルドール ローグ」「Gエグセス ジャックエッジ」を駆るシャズーイ、ギムルに力量を試す”決闘”を申し込まれ、戦うという内容。”ダークハウンド”という呼称が登場し、本編との関連を匂わせていました。

HG AGE-FXX ガンダムAGE-FX [バンダイホビー事業部/1,680円/2012年8月発売予定]


AGE-3に次ぐキオ・アスノの愛機となるガンダムAGE-FXがHGでキット化。てっきりAGE-3が最後だと思っていたのですが、後継機があったんですね。

今月号には画稿も掲載されています。

1st→Z→ZZときたからには当然次はνガンダム、ということで「Cファンネル」と呼ばれるビット兵器を搭載しています。AGE-3が主人公機としてはかなり意欲的なデザインだったのは、ストレートに「カッコ良い」デザインのFXが控えていたからなのでしょう。

MG AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル [バンダイホビー事業部/4,410円/2012年8月発売予定]


羽や脚が全部白いのはテストショットだからであり、製品では設定通りの成型色になるそうです(当たり前ですが)。HGで指摘されていた「胸の穴」はMGでは埋められています。ストライダー形態の股関節にはロック機構が採用されるとのこと。羽もちょうどいい位置で止められるようなガイドがあると良いんですが。

HG AGE-2DH ガンダムAGE-2 ダークハウンド [バンダイホビー事業部/1,575円/2012年7月14日発売予定]


キオ編でアセムが乗る機体もHGでリリース。ただのAGE-2と共通パーツも多いですが、カラーリングのおかげも手伝って別物に見えます。自分は特務隊仕様のAGE-2を購入したので「白と黒」で並べて飾る為にこれも購入しようと思います。

MS少女 GP03Sステイメン(仮) [バンダイコレクターズ事業部/価格未定/発売日未定]


ウイングガンダム少女に続くMS少女シリーズ第2弾。オプション装備としてGFFのステイメンに付属した「簡易型デンドロビウム」のようなユニットが付属するそうです。素体の露出度がアップしているのもポイント。

ウイング少女が思いのほか良い出来だったのでこれも期待しています!!限定でザク少女やジム少女を出してくれてもいいのよ?

ROBOT魂<SIDE AS> AS-1 ブレイズ・レイヴン [バンダイコレクターズ事業部/4,410/2012年9月下旬発売予定]


『フルメタル・パニック!アナザー』の主役機が早くも立体化。アナザーは未だに読んでいませんが、購入はする予定。具体的にどのような活躍をするのかを確かめるためにも、発売されるまでに読んでおきたいところです。

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ナランチャ・ギルガ&エアロスミス [メディコス・エンタテインメント(原型製作:PROGRESS、N・E)/4,200円/2012年8月発売予定]
スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第三部 シルバーチャリオッツ [ディ・モールト ベネ(原型製作:石山裕記)/4,725円/2012年9月発売予定]


エアロスミスはしっかり「スミスさん」も再現されているとのこと。「スプーンに入ったクラッシュ」の拡大画像が見たかったのですが、残念ながら未掲載。「小さいホルマジオ」のほうは拡大画像が掲載されており、顔まできっちり塗り分けられているようです。

スイートプリキュア♪ キュアミューズ [アルター(原型製作:タカク&タケシ)/価格未定/2012年12月発売予定]


今月号では彩色原型を掲載。やっぱり色が付くと俄然見映えが良くなりますね。肌の色がやけに黄色いのは光線の加減かな?

KOS-MOS Ver.4 [コトブキヤ(原型製作:糸山雄大)/価格未定/今冬発売予定]


何気に立体化の機会に恵まれているKOS-MOSさん。最近はロボット以外のプラモデルがブームのようで、バンダイなどからも色々発売されていますね。KOS-MOSさんはロボですが。

スケールは1/12ということで、figmaとほぼ同サイズ。オプションを流用したり、並べて比較したりと楽しみ甲斐がありそうです。

figma リンク [グッドスマイルカンパニー(原型製作:浅井真紀)/3,800円/2012年10月発売予定]


グッドスマイルカンパニーが株式会社化したからか、発売元がマックスファクトリーではなくグッスマになっています。公式サイトの情報を見る限り、「株式会社グッドスマイルカンパニー」から発売されるfigmaはこれが初。……だからどうしたというわけでもありませんが(笑)。

リンクといえばオールドファンには「神々のトライフォース」「夢をみる島」のプレイヤーキャラ、比較的最近のファンには「時のオカリナ」の青年リンク(いわゆる檜山リンク)が高名だと思いますが、こちらのリンクは最新作『スカイウォードソード』に登場する、ゼルダ史上「最古」のリンク。右利きなのがポイントです。

真鍋 和 [アルター(原型製作:田中冬志)/7,140円/2012年10月発売予定]


発売のアナウンスから結構経っていますが、HJ本誌に掲載されるのはこれが初めて。差し替えで何通りものポージングを楽しめるのが特徴で、自分は「正面」と「振り向き」両方のポーズで飾っておくために2個購入しました。

和ちゃんのフィギュアなんてもしかしたら二度と発売されないかもしれないので、ファンなら複数買いする価値は十分にあると思います(笑)。

ラブプラス 1/6 「高嶺愛花」「小早川凛子」「姉ヶ崎寧々」 [クレイズ(原型製作:宮川武)/各8,400円/2012年11月発売予定]


随分前に制作が発表されて以降一切続報がありませんでしたが、ようやく11月に一斉発売されることが決定したようです。ここまで何の音沙汰もなかったのは「例のバグ問題」のせいで話題に出来る空気じゃなかったからではないかと睨んでいます。

夏服のフィギュアは既にコナミが出しているので出来れば他の服装のほうがよかったのですが、比較するのもそれはそれで悪くないかもしれません。髪型の換装などは出来ないみたいですね。

大人の社会見学シリーズ 愛知県庁 本庁舎 [ファインモールド/2,940円/発売中]


今月号で最も気になった、愛知県庁の1/500プラキット。いつも本誌後半の城や自動車の模型が掲載されているエリアは読み飛ばしているのですが、名古屋人としてこれには注目せざるを得ませんでした(笑)。

愛知県庁は名古屋城のすぐそばにあるので地元住民にとっては割とおなじみの建物ですが、それでも「立体化希望!」なんて人がいたとは思えません。企画担当者は何故「愛知県庁をプラモにしよう!」なんて思い立ったのでしょう。謎です。

出来についてはかなりしっかりしているようで、多色成形により塗装をしなくてもこの仕上がり。

建造物のキットは塗装必須というイメージがありましたが、これならパチ組みでも観賞に耐えられますね。

ちなみに「内部が貯金箱になる」というよくわからないギミックが搭載されているので、変わった貯金箱が好きな人にもオススメ、かもしれません。あとAmazonによると「建物紹介DVD」付きの限定版があるようで……色々カオスですね。

クイーンズゲイト 運命に翻弄される娘ピュラ [ホビージャパン(原型製作:ミルヒ・シュトラーセ)/通常版7,980円、限定版9,980円/2013年1月~2月発送予定(8月10日まで受注受付)]


今月の誌上通販限定品。ほんのりエロ。誌上だけでなく公式ショップからの購入も可能です。2,000円高い限定版にはビジュアルブックのイラストを手がけたrefeia氏描き下ろしのビッグクロスポスターが付属します。

ソウルキャリバーっていつの間にかこんなロリロリなキャラクターが登場するゲームになってたんですね。まあ、お色気方面に関しては「ソウルエッジ」の頃から女性キャラの下着の色をわざわざ選べるようにするぐらい力の入った作品でしたが(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿