1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ダークハウンド レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > 1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ダークハウンド レビュー

1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ダークハウンド レビュー 

商品名:1/144 スケールモデル ハイグレード ガンダムAGE ガンダムAGE-2 ダークハウンド
作品名:機動戦士ガンダムAGE
発売元:バンダイ
発売日:2012年7月14日
価格:1,575円(税込)
原型製作:--
備考:未塗装・未組み立てプラスチックキット

ダークハウンド

アニメ『機動戦士ガンダムAGE』より、宇宙海賊ビシディアンの「キャプテン・アッシュ」ことアセム・アスノが駆るMS「ガンダムAGE-2 ダークハウンド」。第2部終了後に繰り広げられた巨大機動兵器”シド”との戦いで大破したAGE-2の残骸をマッドーナ工房が復元した機体という設定で、随所に独自の改修が施されています。型式番号は「AGE-2DH」。

キットも大半のパーツがAGE-2ノーマル(およびダブルバレット)からの流用で、頭部や装備などが新たに金型を起こされています。可動や変形機構はAGE-2とほぼ同様なので、それらについての詳細はAGE-2ノーマルのレビューをご覧下さい。



セット内容

R0123571R0123575R0123573
ランナー5枚+サーベル+ポリキャップ+リード線という構成。ランナーの色分けは「ブラック、ダークグレー、ライトグレー、レッド、シルバー」の5色。

説明書とは別に、「電撃ホビーマガジン9月号(7月25日発売)」および「月刊ホビージャパン10月号(9月25日発売)」に付属予定のAGE-1,2用カスタムキット(新ウェア)の広告が封入されていました。
R0123577R0123581
AGE-2用のキットは電ホビに付属しますが、HJ付属のAGE-1用キットも互換性はあるはず。もっともダークハウンドの場合は塗装しない限り換装させても似合わないと思いますが。

全身(MS形態)


海賊繋がりでクロスボーンガンダムを意識したと思われる機体ですが、どちらかというとストライクノワールを彷彿とさせます。アンチヒーロー的なメカが好きな人にはたまらないデザインではないでしょうか。たまりません。

AGE-2ノーマルとの違いは「頭部」「胸部マーク」「肩部バインダー」「武装(ライフル・シールド)」のみで下半身については完全に色違いなのですが、特徴的な意匠が変更されているおかげでまるっきり別物に見えます。胸のドクロマークが密かにプリティ。

色分けはAGE-2以上に完璧で、塗装しなければならない箇所は「背中の接続穴周辺(ライトグレー)」と「手甲アーマー上部(ライトグレー)」ぐらい。それほど目立つ箇所でもないため、完全無塗装でも問題ないと思います。ただ額のドクロマークはシールだと見映えが悪い&貼りにくいので、塗装したほうがいいかもしれません(写真は塗装してあります)。

全高は約13cm
R0123601
基本的に青い部分が黒、白い部分がダークグレー、黄色い部分が赤に変更されています。

頭部

R0123606R0123608R0123611
AGEでは珍しい黄色い瞳のガンダム。瞳と額のマークはシールが付属しますが、見映えを考慮して塗装しました。

特徴的な右目を覆うバイザーはシールで再現。劇中ではバイザー越しに瞳が光る演出が印象的だったのでクリアパーツで再現して欲しかったのですが、サイズを考えると仕方ないですかね。材料さえあれば加工はそう難しくないので、可能ならばプチ改修するといいかもしれません。

全身(ストライダー形態)


肩のビーム砲の周囲はシールを使用しました……が、やっぱり質感が安っぽいので塗装したほうがよかったかもしれません。

AGE-2と。 

大まかなシルエットは変わりませんが、機首や翼が一新され、より鋭角的なフォルムになっています。AGE-2のストライダー形態はガンダム頭が飛び出し気味なのが少し目立っていますが、ダークハウンドは頭が平たいのとカラーリングのおかげで違和感なくまとまっています。

MS形態においても同様ですが、ダークハウンドは肩のバインダーがAGE-2(ノーマル)ほどあちこち動かないので位置合わせがしやすいのは個人的にポイント高し。AGE-2のレビューの時は相当イライラさせられたので(笑)。

胸にライフルを挿す時はドクロマークを上に跳ね上げます。
R0123618
AGE-2の場合はそのまま挿すだけだったので胸に穴が空いていました。変形ギミックで異なるのはこの一点のみ。

オプション

ディスプレイベース
R0123654
AGE-2に付属していたものの色違い。MS、ストライダー両形態を浮かせて飾っておけます。

ベースに手首や差し替え股関節パーツ、支柱接続穴の蓋が収納できます。
R0123656R0123659
サーベルの刃と、ダークハウンドで新たに追加されたリード線(後述)は収納する場所がありません。

ビームサーベル
R0123672
これもAGE-2付属のものと柄の色が違うだけ。2本付属しています。

持つときはこう。
R0123675

柄はリアアーマーに収納出来ます。
R0123681

ドッズランサー
R0123662
AGE-2のメイン・ウェポンであった「ハイパードッズライフル」の先端を槍に換装した格闘兵装。クロスボーンガンダムX2のショットランサーのオマージュと思われます。解説書によるとドッズガンが内蔵されているため火器としても使用可能とのこと。

ハイパードッズライフルと。
R0123668
先端だけでなく、銃身のデザインも多少異なります。ストライダー形態時にグリップ等が可動するギミックは共通。

持つときはこう。
R0123664

リアアーマーにマウント出来ます。
R0123679
ハイパードッズライフルより銃身が長い分、収まりが悪いです。

アンカーショット
R0123683
両肩のバインダーに装備されたフック型の有線兵器。海賊といえばやはりフックということなのでしょう(クロボンも装備してましたし)。同じものが2つ付属します。

持つときはこう。
R0123685
両手で一挺ずつ持てます。

フックと銃身の間にリード線を取り付けることで、射出状態を再現できます。
R0123692
リード線は一本しか付属しませんが、全長約22.5cmとかなり長いので半分に切って二本にしたほうが取り回しやすいかもしれません。「直径1mmでグレーのビニール線」が別途入手出来るなら、それを流用してもいいでしょう。

アクションなどなど


劇中ではワイヤーをクルクル回してシールドとして使用していましたが、再現は無理。


組み替えは色が合わないので省略。

総括

同じようなプラモをいくつも作りたくないのでAGEのMSはベーシックモデル以外買う気がしないのですが、この機体に関しては製作・ポージング・撮影いずれも非常に楽しんで取り組むことができました。リデコとはいえ、ここまで印象が異なるとほとんど別機体と言っても良いと思います。

色分けが秀逸で合わせ目もほとんど目立たないためただ組み立てるだけでも十分見映えが良いですし、AGE-2ノーマルのように可動部が多すぎてポーズが付けにくい、遊びにくいということもないので気軽に楽しみたい方にもオススメです。

余談ながらこの漆黒の機体と対となる”純白”のAGE-2「AGE-2ノーマル 特務隊Ver.」のプラモも購入したので、届いたら作ろうと思います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿