超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 ディオ・セカンド 2012 Summer WF限定版 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 ディオ・セカンド 2012 Summer WF限定版 レビュー

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 ディオ・セカンド 2012 Summer WF限定版 レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 ディオ・セカンド 2012 Summer WF限定版
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2012年7月下旬
価格:4,000円(税込)
原型製作:PROGRESS、千葉浩司/PAPERART-C(ペーパークラフト設計)
備考:ワンダーフェスティバル2012[夏]限定、ペーパークラフト「DIOの棺」付き

DIOセカンド

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、スタンド「ザ・ワールド」を操り”時”を支配する闇の帝王「DIO」。超像可動のDIO様は覚醒版(ファースト・セカンド)も含めるとこれで都合4体目となります。

当商品は2012年7月29日に開催されたフィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル2012[夏]」で販売された限定版です。販売総数は「4,000個」で、内訳はWF会場で2,500個、公式サイトの抽選販売で1,500個。

WF限定版恒例のボーナスパーツとして、今回は作中登場した「DIOの棺」のペーパークラフト(未組み立て)が付属します。一応扱いとしては「購入特典(プレゼント)」となっていますが、パッケージ内に同梱されているのでボーナスパーツと考えていいでしょう。

DIO本体とペーパークラフト以外の付属品は以前一般販売されたファースト版と同一ですので、可動等の詳細はファースト版のレビューをご覧下さい。



パッケージ

R0125528R0125530
ペーパークラフトが同梱されている関係でパッケージサイズは若ジョセフやシーザー並の大きさ。

文字も大きくなっているので背面の「共通間接パーツ」という誤植も目立っています。一向に直す気配がないのでもしかしてわざとかな?とも思えるのですが、封入されている説明書では「共通関節パーツ」となっているのでそういうわけでもないようです。まあ、どうでもいいんですが。

セット内容

R0125569R0125534
>>フィギュア本体、オプション頭部×2、オプション手首×11(右6左5)、ナイフ×6、道路標識、ディスプレイベース、ペーパークラフト「DIOの棺」

ペーパークラフト以外の内容はファースト版と全く同じ。無駄無駄をはじめとする台詞プレートが欲しい場合は別シリーズを購入する必要があります(無駄無駄はザ・ワールド・セカンド)。

写真ではナイフは5本しかありませんが、実際には6本付いています。

全身


画集等にも掲載されコアな人気を集める、赤を基調としたカラーリング。本来ならばマントを羽織っているのですが、残念ながら付属していません。ちなみにメディコム・トイのリアルアクションヒーローズでは「レッドマントver.」としてマント付きでリリースされています(細かい配色もそちらのほうがイラストに忠実)。

DIOの髪色は作中ではっきり「金髪」と明言されているので設定としてはありえないわけですが、様々なカラーで着色されるのもジョジョの魅力のひとつですから、ツッコミを入れるのは野暮ってもんでしょう。

全高は約16cm
R0125566
ファースト版は黄緑とゴールドで塗り分けられている部分がメタリックブルーで統一されているため、色数は減っています。うちのファースト版、股関節が折れて補修してあるのであまりちゃんと立てません。左足の爪先も軸が外れて接着してあります。かなり満身創痍(笑)。

当然ながらセカンドも股関節は最近主流のボールジョイントではなく球体ジョイントなので、破損には注意が必要。無理な方向に力を入れるとあっさり逝ってしまいます。

頭部

R0125572R0125574R0125576R0125578R0125580R0125581R0125583R0125587R0125589
ニヤリ顔、睨み顔、WRYYYYY顔。いずれもDIO様らしい、不敵な顔立ちです。首のチョーカーは取り外せます。肉眼ではそれほど目立ちませんが、顔と首の肌色が少し異なるのが気になるといえば気になります。

ニヤリ顔のアホ毛のようにちょろっと上に伸びた髪の毛が折れやすいので首を交換する際は注意が必要です。自分はうっかり折ってしまいました(瞬着で補修済)。

ファースト版の顔はこちら。
R0125592R0125596R0125599
元々出来が良かったのでそれほど極端な差異は見られません。

各部

R0125601R0125605R0125606R0125608R0125610R0125612R0125616R0125618R0125620R0125622
サンプル写真と比較すると赤い部分の明度がかなり高く、「蛍光レッド」に近い色合いとなっています。ちょっとケバい&安っぽい感じがするので個人的にはサンプルぐらい抑え目の赤のほうが良かったかなーという気もしますが、塗り自体は丁寧で品質も良好です。

オプション

道路標識
R0125625R0125628
承太郎の首をチョン切ろうとした際に使用した道路標識。「指定方向外進行禁止」の標識ですが、これってエジプトにもあるんでしょうか。

ファースト版のものとはカラーリングが異なります。
R0125631
標識としてはファースト版のほうが「らしい」ですが、モノクロはモノクロで悪くありません。

持つときはこう。
R0125635
専用の持ち手が付属しています。

ナイフ
R0125638
何秒動けようと関係のない処刑でおなじみのナイフ。束になったほうは手首に接着されています。標識と違い、ファースト版との差はほとんどなし。若干色が濃い程度です。

セット内容の項にも書きましたが、ナイフは本来6本付いています。撮影前にどこかに落としたようです(ちゃんと確認しなかったので元々なかった可能性も)。

単品ナイフはベルトに挟めます。
R0125640R0125643
ファースト版のものと合わせれば原作通り10本挟めます。ちょっと窮屈ですけど。

ペーパークラフト「DIOの棺」

R0125647R0125649
第三部終盤に登場したDIO様の棺桶。ヌケサクが輪切りになったアレ、といったほうがわかりやすいでしょう。OVA版では尺の都合で終盤が大幅にカットされているのでヌケサクの役目はアヴドゥルさんが果たし、輪切りにされる代わりにヴァニラ・アイスにガオンされました。

ペーパークラフトなので自分で組み立てる必要があります。
R0125538R0125541
A4サイズの厚紙4枚で、切り込みなどは入っていないので「カッターナイフ(デザインナイフ)」が必須。他に「糊or木工用ボンド」「爪楊枝」「書けなくなったボールペン」なども必要。紙の側面やキレイに貼り合わせられなかった部分をリタッチするために「茶色いペン」か何かがあるとより見映えがよくなります(上の完成写真もリタッチ済み)。

手間はそこそこかかりますが、かつて半年かかってロードローラーを完成させた自分にはこの程度の作業は何の苦でもありませんでした。完成までに掛かる時間は2~3時間ほど。直線ばかりで曲線がほとんどないので、作成難易度はかなり低めです。ちなみにロードローラーはパーツ数だけでもこの棺の10倍以上あります(しかも曲線多数)。

中はこんな感じ。
R0125652R0125655
厚紙とはいえ結構しっかりした作りで、底面には補強パーツも入っているのでフィギュアの重みで潰れる心配はないでしょう。見えない部分の接着は糊(orボンド)だけでなく、セロテープなども使用してしっかり留めたほうが安心です。ちなみに棺の蓋はただ上に乗っているだけで、固定はできません。

棺の全長は約21.5cm(内部は19.5cm)。
R0125672
中は結構広々としており、DIO様を納めても比較的余裕があります。これなら寝返りも打てますね。ただアヴドゥルさんはコートが横に広がっているので納まりません。残念。

アクションなどなど


内側からだと閉めにくいと思うのでやっぱりザ・ワールドが閉めてるんでしょうか。だとしたらなんか甲斐甲斐しいですね。


こういう狭い所で寝ると気持ち良さそうだなーと思います。胎内回帰というやつでしょうか。

DはドロッセルのD。

「ふうむ、夢心地ね」

DはドアラのD。

一番すっぽり納まりました。


そういえばカイジが鉄骨渡りの時に棺桶に入れられてたなーと。

でもやっぱりDはDIO様のDなのです。

おやすみなさい。

総括

もともとDIOは初期のラインナップにしては非常に良く出来ていたので色替え品であるセカンドも当然良い出来映え。個人的にDIOはムキムキな覚醒版よりもスマートな通常版のほうが好きなので今回のセカンドはとても楽しみにしていました。しかもレッドバージョンとあらば尚更です。

マントが付かないのが残念ですが、スタチューレジェンドで発売予定のDIOがマントを羽織った造形なので、マントVer.はそちらに期待しておきます。それほど複雑な形状のマントでもないので、裁縫の腕に覚えのある方は自作してみるというのもアリではないでしょうか。

ボーナスパーツの棺は単品で売られていても買うことはないと思いますが、こういう形で付けてくれるのなら嬉しいアイテムです。ネタとしても使用出来るので、ひとつ持っておくと便利かもしれません。……まあそれでも、「棺いらないからマント付けてよ」ってのが正直なところなんですけど(笑)。

それにしても抽選経由で購入する際の「送料一律1,000円」というのはいい加減どうにかならないんでしょうか。ただでさえ定価販売は割高なのだからもう少し考えてもらいたいです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

赤DIOもなかなかいいですねッ
私は当選したのですが振込みが遅すぎてやむなく諦めました・・・
レムさんのレビューがあったのは大きな救いですww

やっぱり赤くてもかっこいいですね!
てっきりジョルノやブチャラティといった5部の限定版を出すかと思ってたので、WHFに登場したのはびっくりですが、この出来は満足ですねッ
棺桶がかなりイカシますね
内装のプリントなんかも単色じゃなく、スミッコが暗くなっててかっこいいです

ドアラが想像以上にジャストフィットww

そういえばファーストにはナイフが6本ついてきたようですが、セカンドは5本なのですか?

超像可動DIOはディスプレイする際どうしてもWRYY顔を使いたくなってしまうのが不思議ですw
[ 2012/08/01 21:48 ] [ 編集 ]
ご指摘ありがとうございます。ナイフの件は気付きませんでした。
本来ならばファースト版同様に6本付いているのですが、
どうも撮影開始前に落としたか何かで1本紛失してしまったようです。
箱に入った状態できちんと確認しなかったので元々欠品していたのかもしれませんが
別に1本ぐらいなくなったところでどうということもないので気にしないことにします。
掃除の時にでも見つかれば御の字ということで(笑)。

赤DIOカッコ良いですね-。
なんで今更WF限定版?って感じもしますが、ジョジョが注目されているだけに
メジャーキャラを持ってきたかったのかもしれません。
棺桶の出来も思った以上にしっかりしていて、満足です。
[ 2012/08/02 07:21 ] [ 編集 ]
相変わらず凄いレビューと写真です、レムさん! ^^
ボナースといえば、棺よりディオのマントのほうがかっこいいじゃないですか?どう思いますか?

ブラジルからよろしく!下手日本語すみません!
[ 2012/08/03 04:44 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!お褒めにあずかり光栄です。
確かに棺よりマントのほうが嬉しかったですね。そちらのほうが需要もあったと思いますし。
スタチューレジェンドと被るので避けたんでしょうか。
[ 2012/08/03 08:20 ] [ 編集 ]
そうね!スタチューレジェンドのディオをすっかり忘れました。。。興味がありませんから(笑)

残念ながらレムさんの他のレビューを思い出しました。たった今(5分前!)私のジョセフ・ジョースタの左足を割れてしまいました。。。今すごく悲しい!!
[ 2012/08/03 11:23 ] [ 編集 ]
超像可動は作りが脆いので気をつけないと、というか気をつけていても壊してしまいがちですよね。
自力で補修できる部分ならまだいいのですが、そうでない場合はとても悲しいです。
[ 2012/08/03 16:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿