ねんどろいどぷち レーシングミクセット 2011Ver. レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > ねんどろいどぷち レーシングミクセット 2011Ver. レビュー

ねんどろいどぷち レーシングミクセット 2011Ver. レビュー 

商品名:ねんどろいどぷち レーシングミクセット 2011Ver.
作品名:Racingミク
発売元:グッドスマイルカンパニー
発売日:2012年7月下旬
価格:3,800円(税込)
原型製作:めすか、GSC 3Dチーム(中村文年、白鷺いさお)
備考:--

レーシングミクセット

2011年度のシリーズチャンピオンに輝いた『ミクGTプロジェクト』より、レースクイーン姿の「初音ミク」「鏡音リン」「巡音ルカ」と、ミクGTカーをイメージした「プルバックカー(いわゆるチョロQ)」のセット商品。

2010年度Ver.のレーシングミクセットがニコニコ直販限定販売だったのに対し、今回の2011Ver.は一般販売。ちなみに2010Ver.は発売されていたこと自体知らずにスルーしてしまったので持っていません。情弱乙であります。



パッケージ

R0125882R0125886
デザイン、サイズ共に「ぷち」ではない通常のねんどろいどフォーマットに準じています。

セット内容

R0125888R0125891
>>レーシングミク本体、鏡音リン本体、巡音ルカ本体、ミク用オプション頭部、ミク用オプション腕×2(右1左1)、トロフィー、シャンパンボトル、パラソル、プルバックカー、デカール、ポディウム(表彰台)型展示台、専用台座×3

デカールは予備として同じ柄が2つずつ用意されています。

全身

レーシングミク

鏡音リン

巡音ルカ

ミクのみ頭部、腕を差し替えてキービジュアルのポーズが再現出来ます。そちら用の右手の平にはパラソルの柄を挿す穴が設けられています。

可動は首がボールジョイント、ミクのツインテールがボールジョイント+軸可動、あとは肩、腰、脚の付け根がロールします。ただ腕や脚の角度が特定のポーズを前提とした造形なので、可動面の自由度はそれほど高くありません。

全高は約6.5cm
R0125942
ねんぷちとしてはオーソドックスな大きさです。

小さいながらも細部まで丁寧に作られています。
R0125964R0125966R0125971R0125968
トロフィーとシャンパンボトルは別パーツですが、パーツの底面にピンが付いているので単品で飾ることは考慮されていません。

胴体は3人とも同じ造形に見えますが別物。
R0125977
一番判りやすいのは胸部で、左から「小・中・大」と差が付けられています(笑)。

ねんどろいどのレーシングミク2011ver.と。
R0125963
大きさだけでなく顔立ちや色合いも結構異なります。可愛らしさはぷちのほうが上かな?

プルバックカー


ミクGTカーを模した全長6cm程のチョロQ。後輪にゼンマイが仕込まれており、後ろに引いて離すと勢い良く走り出します。

デカールは自分で切り出して貼る必要があります。
R0125894R0125900
貼らないと寂しいので貼ったほうがいいでしょう。

貼らなければならないデカールの枚数は全部で9枚と少なめで、それほど入り組んだ箇所もないので難易度は低め。
R0125992R0125993R0126001R0125997
この手のデカールは「Mr.マークセッター」という軟化・接着剤を利用すると格段に貼りやすくなるのでオススメ。一瓶あれば一生使えるんじゃないかってぐらい減らないので、とりあえず持っておくと便利です。「Mr.マークソフター」という似たような商品もありますが、そちらはデカールを軟化させる効果が強すぎて破れやすくなってしまうのでイマイチ。

ねんどろいど版GTカーとはデザインが異なります。
R0126004
ぷち版のほうがより実車に近くてカッコ良いですね。デカールの難易度はねんどろいど版のほうが遥かに高いです。

ポディウム型展示台

R0126007R0126009
表彰台の形をしたプラスチック製の展示台。

段それぞれに穴が空いていて、台座の支柱を取り付けられます。
R0126012
通常の円形台座も同様ですが、この支柱の取付がかなりキツめで、支柱が折れやしないかとヒヤヒヤものです。

このように3人まとめてディスプレイが可能。
R0126015
並び方は別にこの順番に限ったこともないので、リンが好きならリンを、ルカが好きならルカを中央に据えるといいでしょう(笑)。

アクションなどなど


それぞれのキャラの手脚は互換性があるので組み替えても楽しめます。

通常のねんぷちミク、リン、ルカの頭部ともある程度互換性があります。

イヤーパッドがきっちり嵌りませんが、それほど違和感はないでしょう。

こういう組み替えもアリ。

どうせならレンも仲間に入れてあげればよかったのに……(笑)。


こんな具合に順位付けしてみるのも一興。

総括

通常のねんどろいど版同様、良く出来ています。可動こそほとんどしないもののパーツの互換性によりプレイバリューは意外と高く、一通りの組み合わせを試すだけでも十分楽しめます。一般販売品ということで入手もしやすいので、ミクファンの方ならゲットしておいて損はないと思います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿