1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ダブルバレット レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > 1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ダブルバレット レビュー

1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ダブルバレット レビュー 

商品名:1/144 スケールモデル ハイグレード ガンダムAGE ガンダムAGE-2 ダブルバレット
作品名:機動戦士ガンダムAGE
発売元:バンダイ
発売日:2012年3月24日
価格:1,575円(税込)
原型製作:--
備考:未塗装・未組み立てプラスチックキット

AGE-2ダブルバレット

アニメ『機動戦士ガンダムAGE』より、第2部主人公「アセム・アスノ」が搭乗する「ガンダムAGE-2」の火力特化仕様「AGE-2DB ガンダムAGE-2ダブルバレット」

元々AGEシリーズのバリエーション機体は買うつもりがなかったのですが、電ホビ付属の「アルティメス改造ウェアキット」に当商品が必要になるため、せっかくだからということで「アルティメス・ダブルバレット」両形態で並べて飾れるように2個購入しました。1個だけだとダブルバレット用のウェアパーツが余ってしまうので、アルティメスを組むなら2個買いしたほうが無駄がありません。

AGE-2アルティメスのレビュー、およびAGE-2ノーマルのレビューも併せてご覧下さい。



セット内容

R0126230R0126232
ランナーは5枚+ポリキャップ+サーベル。成型色はホワイト・ブルー・レッド・イエロー・グレーの5色。ボリュームはノーマルと大差ありませんが、ランナーの枚数的にはダブルバレットのほうが1枚多くなっています。

全身(MS形態)


ノーマルに比べ脚部が肥大化しているおかげでどっしりとした印象を受けます。ノーマルで青かった足先や前腕部が赤くなってより「ガンダムらしい」配色バランスになっているのもポイントですね。ちなみに手首はノーマルと共用ですが、右の握り拳はダブルバレットにしか付属していません。

色が足りない箇所はノーマルと概ね一緒で、「首の内側」「背中の六角形」「手首周辺」「膝の裏側」など。ダブルバレット独自の部分としては脚部のカーフミサイル(※後述)も塗らなければなりません。普段は収納されているので無視するのも手ですが。

ノーマル、アルティメスと。
R0126569
MS形態のデザインはダブルバレットが一番すっきりしていて好みです。

全身(高速航行形態)


ノーマルと違って「ストライダー形態」とは呼ばないようですが、劇中では「高速航行形態」とも呼ばれていないので詳細は不明。そもそもこの形態自体、ほとんど登場しなかったような気がします。

バインダーが前方に伸びている代わりに機首に相当する部分が存在せず、なんとなく「足りない」印象を受けます。正直そんなにカッコ良くないので活躍しなかったのも仕方ないかなと(笑)。

ノーマル、アルティメスと。
R0126622
この形態はノーマルが最も洗練されています。ちなみにノーマルは変形の際一度肩を取り外す必要がありますが、ダブルバレット(とアルティメス)は付けたままで変形が可能です。

ギミック

サイドバインダーに装着されたツインドッズキャノンは取り外して手に持たせられます。
R0126579
持つときは銃身からグリップを引き出します。

バインダーにはツインドッズキャノンの代わりにサーベルの刃を取り付けることが出来ます。
R0126584
サーベルが細いのでちょっと迫力不足ですが、そういうのはROBOT魂に期待でしょうか(出るのかどうかわかりませんが)。

サーベル刃は2本しか付属しませんが、ノーマル等のものと組み合わせれば肩サーベルと通常サーベルの4刀流も可能。
R0126585
確か劇中でもやっていましたね。

脚部のカーフミサイルは開閉式。
R0126573R0126575
前述の通り、ここは白一色なので塗装の必要があります。着脱は出来ません。

アクションなどなど

総括

AGE-2のキットはどれも良く出来ていますが、これもそのひとつ。「火力特化」「二丁拳銃」「肩キャノン」という男の子が好きそうな要素がふんだんに詰め込まれているので、ノーマルとダブルバレットどちらか一方というのであればこちらをオススメします。

惜しむらくはアニメ本編で大した活躍もしないまま御役御免になってしまったことでしょうか。AGE-3も同様ですが、バリエーション機体はちょろっと出てきてすぐ退場してしまうのでアニメを見ていても今ひとつ購買欲が湧かないんですよね。その点で言えばダークハウンドはしっかり活躍してくれるので良かったです。

『ガンダムAGE』という作品自体、ストーリー展開が非常にスピーディーなので仕方ない部分はありますが、せっかくの秀逸なメカを活かしきれていないようで勿体ないなと感じます。もっとも、メカと作品の善し悪しを切り離して考える大きなお友達にはあまり関係ないでしょうけど。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿