ガンダムシリーズ 究極変形モビルスーツ ザク/マゼラ・アタック(ノーマルカラー) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(食玩・カプセル)/バンプレスト > ガンダムシリーズ 究極変形モビルスーツ ザク/マゼラ・アタック(ノーマルカラー) レビュー

ガンダムシリーズ 究極変形モビルスーツ ザク/マゼラ・アタック(ノーマルカラー) レビュー 

商品名:ガンダムシリーズ 究極変形モビルスーツ
作品名:機動戦士ガンダム
発売元:バンプレスト
発売日:2007年
価格:--
原型製作:--
備考:アミューズメント専用景品、全2種

究極変形モビルスーツ

『機動戦士ガンダム』に登場する「量産型ザク(ザクII)」が「マゼラ・アタック」にトランスフォームするというジオン脅威のメカニズムの境地とも呼ぶべきヘンテコなフィギュアを紹介します。

発売されたのは今となっては遥か昔の2007年。当時から存在自体は把握していたのですが、なかなか手に取る機会がなくて。しかし先日たまたま安価で入手する機会があったので、すかさず確保してみました。



パッケージ

R0127852R0127856
「掟破りの驚愕究極変形」という煽り文句に偽りはありません。今回紹介するのは緑色の「ノーマルカラー」バージョンで、もう1種はパッケ裏に掲載されているベージュを基調とした「デザートカラー」です(そちらは未所持)。

全身(ザク)


謎の突起物や分割線が気になりますが、どこからどう見ても「ザク」。これは何かと問われたら、100人中100人がザクと答えるでしょう。こちらの形態のフォルムを重視して設計されているようで、プロポーションも悪くありません。

可動は「300円のガンプラよりはマシ」というレベル。首や肩は普通にロールするものの、腰や膝は固定、右肘は変形の都合で横方向にしか曲がらない等、お世辞にも良く動くとは言えません。また左手のマゼラトップ砲は拳と一体になっているので外せません。

全高は約11cm
R0127902
スケールは1/144より一回り小さめ。1/160ぐらいでしょうか。

全身(マゼラ・アタック)


ザクとは違うのだよ、ザクとは!ということで、こちらはどこからどう見てもマゼラ・アタック……と言えるかどうかは微妙なところですが(笑)、いやでもマゼラ・アタックですって。ちゃんとキャタピラありますし、マゼラトップも付いてますし。

ザク形態も同様ですが、砲身は軟質素材なので曲がっているのはどうしようもありません。

変形ギミック

このフィギュアのキモともいえる変形ギミックですが、相当複雑な上に説明書が白黒でわかりにくいので初見でスムーズに変形させられる人は少ないと思います。ほとんど立体パズルですね。

一度覚えてしまえば楽なものですが、しばらく触らないでいると確実に忘れてしまうので自分用のメモも兼ねて細かく説明していきます(笑)。

胴体のハッチを開いて首をしまいます。
R0127858
中途半端なしまわれ方ですが、これが限界。

バックパックを背中から外して、スカートの両側を開きます。
R0127860
形状からわかると思いますが、この開いたスカート部分がマゼラトップの翼になります。

腰を90度倒し、更に90度ひねり、右腕を頭側に曲げます。
R0127868
バックパックも180度回転させて向きを変えます。

股関節を開いて脚を広げ、スカートごと180度反転させます。
R0127870R0127872
このあたりからちょっとわかりにくくなってきます。

腿上の軸を伸ばし、脚部を反転させます。
R0127876R0127879
脚がそのままキャタピラになります。

脚部を起こし、90度前方に倒します。
R0127881R0127884
この時、丸で囲った部分を収めてロックするような形で。

シールドを反転させ、腕を前に向けます。
R0127885R0127887
なんてことない変形ですが、説明書が無駄に回りくどいので最初は戸惑いがち。

左腕の向きを変え、バックパックの隙間に砲身を差し込みます。
R0127889R0127891
砲身がぐにょぐにょなのはこのギミックのため。

腰の動力パイプを90度前に向け、形を整えれば変形完了。
R0127897
動力パイプは固着していることがあるので注意。

アクションなどなど

下半身だけ変形させればザクタンクもどきも作れます。

「本物」とは色々違っちゃってますが。

同様にこんなのも作れます。

なんだろうこれは……マゼラザク?こんなのが大挙して押し寄せてきたら連邦とてひとたまりもありませんね。

総括

可動範囲が狭いとか変形に無理があるとか、そういった点を論じるのはナンセンスでしょう。そもそも本来何の関連性も持たないザクとマゼラ・アタックを完全変形させようというコンセプト自体に無理があるので、多少の違和感は仕方のないところです。むしろよくぞここまでまとめ上げたと褒めたいぐらい(笑)。おバカアイテムとしては100点満点の出来映えです。

いわば一発芸のようなものなので以後同コンセプトの商品はリリースされておらず、ガンダム関連のプライズも近年は造形重視の真面目な方向に偏重していますが、たまにはこういったプライズだからこそ許される、企画者の狂気が垣間見られるアイテムも送り出してもらいたいと切に願います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

まさに驚愕変形・・・・・
謎過ぎて、さすがに誰も付いて行けない代物だったのだろうか。
何気に色違いもあるんですね、コレ。
[ 2012/08/25 00:10 ] [ 編集 ]
ガンダム関連の造形物としては屈指の謎アイテムですね。
色違いはデザートザクっぽいカラーリングですが、
緑色のほうがやはりそれらしくて良いと思います。
[ 2012/08/25 15:17 ] [ 編集 ]
プライズ商品だから出来た企画なのか・・・。
記事見てびっくりしましたw

確かに玩具ですし遊び心のある企画もたまにはいいですね。
レビュー側としても色々思うところのあるフィギュアでした。
ただコレをゲームセンターで見ても狙うかは微妙ですが。。
嘘つきました狙いません。
[ 2012/08/25 19:48 ] [ 編集 ]
どうせ企画物なら、ビグ・ザム型の土鍋とか作って欲しいな・・・・
[ 2012/08/25 20:05 ] [ 編集 ]
>>フミヒーサさん

バンプレは一番くじでちょくちょくネタグッズを仕込んできますが、
ここまで珍妙なものは流石に珍しいと思います(笑)。
たまにはこういうものも欲しいですが、
確かにゲーセンでこれを見かけて狙おうとする人がいるかどうかは……疑問です(笑)。

>>ぶひさん


ビグ・ザムの土鍋、いいですね。
ビームサーベル型の箸もあることですし、是非それで鍋を突きたいものです(笑)。
[ 2012/08/25 20:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿