1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-FX レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > 1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-FX レビュー

1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-FX レビュー 

商品名:1/144 スケールモデル ハイグレード ガンダムAGE ガンダムAGE-FX
作品名:機動戦士ガンダムAGE
発売元:バンダイ
発売日:2012年8月25日
価格:1,680円(税込)
原型製作:--
備考:未塗装・未組み立てプラスチックキット

ガンダムAGE-FX

アニメ『機動戦士ガンダムAGE』より、キオ・アスノが駆るAGEシリーズ最終形態「AGE-FX ガンダムAGE-FX」。TVシリーズに登場するAGEシリーズとしては初のオールレンジ兵器「Cファンネル」を装備しており、宇宙世紀シリーズにおけるνガンダムのオマージュであることが窺えます。同時に「機体性能が搭乗者の能力に付いていけなくなり、強化を余儀なくされる」という経緯はRX-78-2にマグネット・コーティングを施すエピソードが下敷きでしょう。

ちなみにAGE-FXの「FX」とは「Xラウンダーに追従する」という意味で「Follow X-Rounder」の略であると作中語られていますが、機体を取り巻く状況を考えると恐らく「Future X(未知なる未来)」という意味も込められているのではないでしょうか。スパロボで超電導パワーオンなジ・アイアンヒーローとの共演が待たれます。

可動に関しては既存のキットとそれほど変わらず、これといって特筆すべき点もなかったため今回のレビューでは端折りました。関節構造はAGE-2のレビューなどをご覧下さい。



セット内容

R0128737R0128741R0128738
ランナーは6枚+ポリキャップ。クリアランナーが2枚あるのでゴージャスな印象を受けます。

成型色はブルー、イエロー、パープル、ホワイト、ダークグレー、クリアグリーン、無色クリアの7色。わかりにくいかもしれませんが、ブルーやイエローのあるAランナーの右列一帯がパープルになっています。

全身


夏に登場したから、というわけでもないでしょうがブルーを基調にクリアグリーンがあしらわれて涼しげなカラーリングです。赤い部分が一切なく、AGEシリーズとしては初めて青・赤・黄色のトリコロールが廃されました(特務隊仕様は除く)。

写真は全身にスミ入れを施し、色が足りない箇所を部分塗装で補っています。成型色が多いおかげで塗り分けはほとんど完璧なのですが、細かい部分がちょこちょこ足りないので意外と手間がかかります。ただ色の不足が大きく目立つのは足首中央(土踏まず周辺)のグレーぐらい。他の部分は塗らなくてもあまり問題ないと思います。

塗装箇所は頭部センサー、腹部クリア部、腹部裏側、首(襟)の内側、肩装甲裏側、手首周辺、スネ&ふくらはぎ裏側、足首中央、リアアーマー、コアファイターダクト、Cファンネル付け根。センサーとCファンネル以外は全てダークグレーで塗り分けています。Cファンネルはシールが付いているのですが、見映えが悪くなってしまうのでメタリックブルーで塗装しました(紫色の塗料がなかったため)。

正面からだとわかりませんが、太腿と~足首のラインが一直線ではない(足首が前にせり出している)という独特のプロポーションをしています。
R0128865R0128871
可動については前述の通りこれまでとほとんど変わりませんが、フロントアーマーのデフォルトで左右独立して可動するようになりました。

腹部のクリアパーツは裏側にアルミホイルを貼って、メタリックグリーンで塗装しました。R0128823
ここもシールがありますが、せっかくのクリアパーツをシールで覆うのは勿体ないので塗装したほうがいいと思います。

全高は約14cm
R0128789
大破したAGE-3が母体となっていますが、ほとんど別物。頭部のアンテナや肩のシルエットに面影がある、程度ですね。

頭部

R0128791R0128795R0128798
なんとなくνガンダムっぽい顔。AGE-3同様額の「ひさし」が長くて目がかなり奥まった部分にあるのでアングルによってはすぐ目が隠れてしまうのが難点。

いつも目以外はシールで済ませてしまうのですが、今回は額のセンサーも塗ってみました(写真では見えませんが後頭部も)。

ギミック

コアファイター
R0128805R0128808
当キット発売時点では劇中ほとんど(全く?)触れられていませんが、この機体にもコアファイターとの分離・合体ギミックが備わっています。一応これ単体で台座に飾っておけますが、本体側が変形するわけでもないのであまり意味はないかもしれません。これが活躍するのってガンダムが壊れた時ぐらいのような気がします(笑)。

写真はキャノピーの内側をシルバーで塗装してあります。合体すると全く見えなくなってしまうので無理して塗る必要もありませんが。

合体方法は胴体にコアファイターの機首が突っ込むという、クロスボーンガンダム(もしくはGガンダム)方式。
R0128811R0128813
カポッと嵌るのでなんとなく気持ちいいです。

Cファンネル
R0128820
各所に備え付けられた大小のCファンネルは全て取り外せます。

脚部にもCファンネルを付ける穴が用意されています。
R0128827
好きなように付けてください、ということでしょう。

前腕部の下側に取り付ければ剣としても使用可能。
R0128829

設定では前腕部にはビームサーベルが内蔵されており劇中でも使用していましたが、当キットに通常のサーベル刃は付いておらず、他キット(AGEシリーズ)からの流用も軸の太さが異なるため出来ません。
R0128869
軸を何らかの方法で太くすれば取り付けられるので、刃が余っている方はAGE-FX専用に加工すると良さそうです。軸の太さを合わせなかったのはファンネルの保持力を優先した結果でしょうか。

オプション

ディスプレイベース
R0128851
アクションベースなしでも浮かせて飾れる簡易台座が今回も付属。今回はCファンネルを一緒に飾るための支柱が用意されています。

Cファンネルはこのように輪っかに取り付けます。
R0128858
R0128864R0128860
輪っかの角度は直角、水平、斜めと変更可能。ファンネルを取り付ける位置や数に決まりはないので、別に交互に並べる必要はありません。保持力も高めでポロリの心配は無し。

ベースの裏側には手首と股ぐらのフタを収納出来ます。
R0128853
今回はビームサーベルの刃がないので手持ち武器をダイダルバズーカ(後述)にすれば完全収納が実現します。

スタングルライフル
R0128834
AGE-FXの主武装。なんとなく、AGE-2のハイパードッズライフルの面影があります。

先端のバレルは可動式。
R0128836
バレルを展開した状態は高出力の「チャージモード」。

持つときはこう。
R0128839R0128841
銃身にサブグリップが用意されており、左手で握れます。

ダイダルバズーカR0128846R0128843
スタングルライフルの上下に大型のバレルを取り付けた、最大出力形態。AGE-3が初陣で使用した「ブラスティアキャノン」の思想を受け継いでいるのでしょうか。キット発売時点では劇中未登場……かな?不殺を貫くキオがこういった高出力兵器を今後使うことがあるかどうかは疑問ですが……。

持つときはこう。
R0128848
かなり大きいので持ちにくくなります。それほど重量はないため、腕が垂れ下がることはありません。

アクションなどなど


暴走シーンも再現できます。

Cファンネルはシールドとしても活用されますが、キットでは連結出来ないので再現出来ません。

写真はテープでくっつけてます。MGなら恐らく再現してくれるでしょう。

三世代。

ここまできたらAGE-1グランサも欲しくなります。

総括

造形、可動、色分け、オプションいずれも最終形態に相応しい、これまでのAGEキットの集大成といえる出来映えです。クリアパーツがふんだんに使われているおかげで無塗装でも十分見映えが良いのもグッド。細かい部分では握り拳が左右両方付いているのも良いですね。バリエーション機体が(今のところ)存在しないからか、出し惜しみがありません。

不満らしい不満は特にありません。劇中の演舞のようなCファンネル操作を再現するために、表情の付いた手首やフレキシブルに活用出来る台座が欲しかった気もしますが、それは贅沢というものでしょう。Cファンネルの基部がクリアパーツということもあって比較的脆そうな作りなので、対象年齢ギリギリの子供は壊してしまわないように注意が必要です。

気になる点はそのぐらい。この価格でこのボリュームとクオリティ。個人的には満点あげてもいいくらいです。

評価とは関係ありませんが、このキットの発売翌日の放送回でAGE-FXが格納庫に鎮座したまま一切活躍しなかったのは販促的にどうなんだろうと思いました(笑)。その代わりHGレギルスとMGダークハウンドが欲しくなりましたが……そういう狙いでしょうか。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿