ポケットモンスター ベストウイッシュ PARTNERSフィギュア~サトシ&デント~(全2種) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(食玩・カプセル)/バンプレスト > ポケットモンスター ベストウイッシュ PARTNERSフィギュア~サトシ&デント~(全2種) レビュー

ポケットモンスター ベストウイッシュ PARTNERSフィギュア~サトシ&デント~(全2種) レビュー 

商品名:ポケットモンスター ベストウイッシュ PARTNERSフィギュア~サトシ&デント~
作品名:ポケットモンスター ベストウイッシュ
発売元:バンプレスト
発売日:2012年9月上旬
価格:--
原型製作:--
備考:アミューズメント専用景品

サトシ&デント

アニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ』(以下、BW)より、シリーズ全編の主人公「サトシ」と、BWで新たに登場したポケモンソムリエの少年「デント」。商品名に「PARTNERS」とあるように、それぞれのパートナーポケモンである「ピカチュウ」「ヤナップ」もセットで付属しています。

ポケモンシリーズはターゲット年齢層の関係で知名度の割に「人物」が立体化されることは滅多になく、それは主人公たるサトシとて例外ではありません。しかしアニメ開始から15年の月日が経ち、初期のファンがそろそろフィギュアに興味を持つ年齢になってきているからか、ここへきてようやくプライズとして商品化されました。

ちなみに同様のコンセプトのフィギュアとして、2009年にダイヤモンド&パールの主人公「ヒカリ」がリリースされています。



パッケージ

R0129999R0130003
それぞれ赤、緑を基調とした箱。やはりポケモンといえばこの2色でしょうか。

全身

サトシ&ピカチュウ

波乗りならぬ肩乗りピカチュウ。サトシの服装は節目節目に変更されますが、帽子・グローブ・半袖シャツ・長ズボンというコーディネートは不変ですね。モンスターボールを構えたポーズがサトシらしくてグッド。

品質は中の上といったところでしょうか。一部塗料がハネたりはみ出したりしてますが、プライズということを考えればこんなものかと。パッケージサンプルでは肌がベタ塗りっぽく見えて心配していたのですが、実物は成型色+シャドウ塗装で質感が良く、安心しました。

デント&ヤナップ

出来うんぬん以前に最近のポケモンを知らない自分には「誰だよコイツ」って感じです(笑)。どうやらタケシポジションのキャラクターらしいのですが、何故ヒロインの「アイリス」ではなく彼がチョイスされたのでしょうか。別にイケメンというわけでもないですし……。中の人が宮野真守だからでしょうか(笑)。

全高はサトシが約13cm、デントが約15cm
R0130036
サトシの設定全高は155cm前後に設定されているようですが、若干屈んでいるのでスケール的には1/10より少し小さい程度ですかね。

非常に残念なことにヒカリとはスケールが合っておらず、かなり小さく作られています。劇中でサトシとヒカリはほぼ同じぐらいの背丈なので、ここまでの差は流石に不自然。連弾シリーズではないとはいえ、合わせてほしかったです。

見ての通り、台座は使わなくても自立出来ます。ピカチュウだけは左前足にサトシとの接続ピンが付いているので単体では飾れません。

頭部

サトシ
R0130064R0130067R0130070
上手く特徴が捉えられています。旧シリーズの顔立ちをイメージしていると若干違和感がありますが、それはBWで全般的にキャラクターデザインが変更されたためで、「BWのサトシ」としてはバッチリな出来映えです。作中しばしば女性キャラクターに好意を持たれるだけのことはあり、なかなかのイケメン。

ピカチュウ
R0130072R0130074R0130075
横から見ると妙に丸顔なのが少し気になりますが、十分可愛く作られています。これ単体でも発売できるぐらいのクオリティだと思います。

デント
R0130077R0130079R0130081
生え際がかなり気になりますが、元々こういうデザインなのでしょうがないでしょう(笑)。致命的なレベルではないものの、アイプリントが少しズレているのが残念。

ヤナップ
R0130083R0130085R0130087
頭にブロッコリーが刺さった緑色のサル……のようなポケモン。これもなかなか良く出来ています。もうちょっと目が大きいほうが可愛い気もしますが。

大きめ写真


この身長差だと姉と弟って感じですね。


距離や高さをずらせば違和感も和らぐ……かな?

総括

実物を目にするまでは「どうせ子供向け作品のフィギュアだから大した出来でもないだろう」と考えていたのですが、良い意味で裏切られました。非常に良く出来ています。

これまでがそうであったように今後もポケモンの人間キャラクターが立体化される機会はそうないでしょうから、ファンなら手に入れておいて損はないでしょう。自分のように「最近のポケモンは知らない」という人はデントには一切愛着がないと思うので、サトシだけでも十分かもしれません。

残念なのは上でも書いたように、ヒカリとスケールが合っていないこと。ヒカサトで並べて飾ろうと思っていただけに、個人的にはかなりのマイナスポイントです。全く大きさが違うのなら諦めもつきますが、違和感が生じるギリギリのスケール差というのがなんともぐぬぬ。正直、デントいらないからサトシを表情違い2種にしてコストダウンを計り、その分スケールアップさせてほしかったです(笑)。

この調子でロケット団の2人(と1匹)の発売も期待しています。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

レビューお疲れ様です。
まさに姉と弟な身長差ですね、顔の大きさが同スケール(にしか見えない)だけに
もう少し手足を長くしてヒカリと釣り合わせるくらいは…
そうしないのは何か大人の事情でもあるんでしょうか。(苦笑)
というか第二弾でアイリスとか出して欲しいですが
果たして、アニメでOKだったとは言え気軽に褐色キャラが
立体で出せるのかどうか…表現規制の歪んだ怖い時代ですからね今は…
[ 2012/09/04 23:24 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
確かに顔の大きさはほとんど同じなので問題はプロポーションですね。
同じメーカーなのですから、たとえ原型師が違ったとしても合わせて欲しかったです。

褐色キャラについてはゼノサーガのT-elosやナディアが
度々フィギュア化されているので恐らく問題無いんじゃないでしょうか。
いっそカスミやハルカも出してくれると嬉しいですね。
[ 2012/09/05 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿