S.H.Figuarts[フィギュアーツ] キュアマリン スーパーシルエット レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > S.H.Figuarts[フィギュアーツ] キュアマリン スーパーシルエット レビュー

S.H.Figuarts[フィギュアーツ] キュアマリン スーパーシルエット レビュー 

商品名:S.H.Figuarts キュアマリン スーパーシルエット
作品名:ハートキャッチプリキュア!
発売元:バンダイ
発売日:2012年9月25日発送
価格:4,410円(税込)
原型製作:--
備考:魂ウェブ商店限定

スーパーキュアマリン

アニメ『ハートキャッチプリキュア!』より、「来海えりか」が変身するキュアマリンがハートキャッチミラージュの力で強化された姿、「キュアマリン スーパーシルエット」

先に発売された「キュアブロッサム スーパーシルエット」同様、ノーマルのキュアマリン用のボーナスパーツが付属した豪華なセットとなっております。ノーマル版のレビューも併せてご覧下さい。



パッケージ

R0131738R0131741
青を基調としたパッケージ。ノーマル版同様、髪の毛のボリュームの分ブロッサムよりも大きめに作られています。

セット内容

R0131746
>>フィギュア本体、オプション頭部×3、オプション手首×9(右4左5)、固定首パーツ、ハートエフェクトパーツ、ブルーフォルテウェイブエフェクトパーツ、マリンタクト、妖精マント、妖精マント基部、キュアマリン(ノーマル)用手首×2、専用ディスプレイスタンド

ブロッサムスーパーシルエットとほぼ同内容ですが、ハートキャッチミラージュがない代わりに左手首がひとつ増えています。

全身


ノーマル版に存在した「髪の毛が邪魔過ぎる&重すぎる」という致命的な欠点はメーカーも認識していたようで、大幅な軽量化が図られ、後ろ髪の途中にジョイントが設けられたことで取り回しやすくなりました。ただそれでも構造的にハートエフェクト(翼)が取り付けにくかったり、台座のアームを胴体に挟みにくかったりと遊びやすさではブロッサムに劣ります。

品質は申し分のないレベルで、目立った粗は一切ありません。コスチュームも綺麗にパール塗装が施されています。

全高は約13cm
R0131776
見ての通り、顔も含めてノーマルとの共通部分はありません。デザイン的にはノーマルのほうがスッキリしていて好みですが、フィギュアとしてのトータルクオリティは大幅に向上しています。

頭部

R0131779R0131783R0131784R0131787R0131789R0131791R0131793R0131795R0131797R0131799R0131802R0131804
笑顔、叫び顔、目閉じ、マリンダイナマイト顔の4種。いずれも完璧な出来映えで、笑顔と叫び顔はノーマル付属のものと比べ虹彩の輝きが増し、より劇中イメージに近付きました。

「笑顔・叫び」と「目閉じ・マリンダイナマイト」ではイヤリングの形が違います。
R0131812R0131813
前者はスーパーシルエット、後者はノーマルのイヤリングですが、ブロッサムと同じく説明書では特に区別されていません。どうせほとんど見えないから気にするな!ってことでしょう。

ノーマルの顔とは互換性があります。
R0131806R0131809
肌の色が違うので若干違和感が生じるのはブロッサムと同様。ただマリンスーパーシルエットはブロッサムスーパーシルエットほど色白ではないので遠目で眺める分にはそれほど気になりません。

可動

全体的な可動はノーマルとそれほど変わらないので、要点だけ説明していきます。

R0131816R0131818R0131822R0131823
前述の通り、髪の毛の中程に球体ジョイントが仕込まれています。それほどダイナミックには動かせませんが、全く動かなかったノーマルよりは遥かにマシですね。

R0131825R0131827
スカート後ろ側のヒラヒラ2枚は左右に可動します。個体差なのか、ブロッサムスーパーシルエットの同パーツよりポロリしやすくて少しイライラします。

R0131831R0131834
股関節はブロッサムスーパーシルエット同様、球体ジョイントからボールジョイント&腿上ロール軸に変更されています。

オプション

専用ディスプレイスタンド
R0131838
ブロッサムと色違いの台座で、支柱は2本付属。一箇所だけ支柱のジョイントがやたら外れやすいのですが、多分個体差だと思います。

ノーマルマリンのベースと同じ形ですが、成型色とプリントが変更されています。
R0131840
スーパーシルエットのベースには「Cure Marine Super Silhouette」と書いてあります。

手首
R0131843
デフォルトも含めてこれで全て。ブロッサムスーパーシルエットの手首は似たようなものがいくつも付いていましたが、こちらは全て別物で好印象。マリンは左手でタクトを持つことが多いため、左用の持ち手が付いています(ブロッサムには無し)。

ハート付きの手首で変身バンクが再現出来ます。
R0131846
ハートはブロッサムの色違い。ちなみに全ての開き手の指先にはうっすら青いグラデーションが掛けられています。

素肌の手首はノーマルマリン用のボーナスパーツです。
R0131852R0131856
ようやくノーマルマリンも左でタクトが保持出来るようになりました。顔と同じく肌の色がちょっと違うのは気になりますが、ブロッサムほどではない、かな。

マリンタクト
R0131895 
形状は変わりませんが、先端のクリスタルが作り直されています。ただ本体部分は金型がヘタったのか、ノーマルのほうがシャープな作りだったりします。

上がノーマル、下がスーパーシルエット。
R0131860
クリスタルを入れ替えれば完璧なタクトが完成しますが、残念ながら取り外せません。あと今更気付いたのですが、中央のドーム部分は回転します(ノーマルも同様)。

持つときはこう。
R0131865R0131867
持ち手が左右あるのでどちらの手でも持てます。

ハートエフェクトパーツ
R0131871
いわゆる光の翼。PET製でブロッサムのものと同形状ですが、少し色が薄い(透明度が高い)のは個体差なのか仕様なのか微妙なところ。

接続方法もブロッサム同様、スカート裏側の突起に挟む形で固定します。
R0131874
ただでさえしっかり固定されない上に髪の毛が邪魔でかなり取り付けにくい(&外れやすい)のが難点です。テープで貼り付けたほうがストレスなく遊べると思います。

ブルーフォルテウェイブエフェクトパーツ
R0131876
マリンの必殺技「プリキュア・ブルーフォルテウェイブ」再現用のエフェクトパーツ。これもPET製で、塗装で着色されています。

てっきりピンクフォルテウェイブとは色が違うだけかと思ったら、形も違いました。
R0131879
ブルーは花びらが丸みを帯びています。

専用のアームを介してスタンドに固定出来ます。
R0131881

妖精マント
R0131883
妖精(マリンの場合はコプレ)が変身した、プリキュアに飛行能力を与えるマント。ナイロン製で、ブロッサム用がピンクがかっていたのに対し、マリン用は青みを帯びています。

取り付け方はブロッサムと同じく、頭部を外してマント→基部→頭部の順に付け直します。
R0131887
髪の毛のせいで「なびき方」がある程度制限されてしまいますが、しょうがないですね。

アクションなどなど

鏡よ鏡、プリキュアに力を!

世界に輝く一面の花!

ハートキャッチプリキュア!スーパーシルエット!!

花よ!咲き誇れ!!

プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ!!

はぁぁぁっ!!

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!

花よ煌け!プリキュア・ブルーフォルテウェイブ!!

マリン……

ダイナマイト!!


あとふたり。

総括

ノーマルマリンはとにかく髪の毛が鬱陶しすぎて一度飾ったら二度と触りたくないぐらいイライラさせられるシロモノでしたが、そういった不満点が大幅に解消されて遥かに遊びやすくなりました。それだけでもオススメ!と言える程、良く出来ています。

造形については顔も含めて完璧。もしも美少女系可動フィギュア界において一日の長であるグッスマ(マックスファクトリー)がプリキュアの可動フィギュアをリリースしたとしても、これとそれほど大差ないものに仕上がるんじゃないでしょうか。バンダイも随分成長したなぁ……としみじみ感じます(笑)。

ブロッサムのレビューでも書きましたが、スーパーシルエットは4人揃ってこそなので残り2人の発売が今から待ち遠しいです。それから上の一連の写真を見ればわかると思いますが、うちのノーマルマリンは前髪の塗装剥げが酷いことになっているので、髪の毛や顔をスーパーシルエット準拠にして腰の外れやすさを改善した「ノーマルキュアマリンVer.2」を出して欲しいところです。ついでにノーマルブロッサムも。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

マリンのスーパーシルエットも出たんですね。
あんな派手な髪型と衣装の再現性が高くてすごいですね。
ピンクフォルテウェイブとブルーフォルテウェイブ、
形が違ったんですね!
ハトプリは子供とリアルタイムで見ていたのに、
全然気づきませんでした(汗)
[ 2012/09/27 22:44 ] [ 編集 ]
ブロッサムと同じく、とても再現度が高くていい感じですね!
フォルテウェイブの形の違いは気付きにくいですよね。
劇中シーンをコマ送りで確認したら、ちゃんと違う形でした。
単体の必殺技はあまり使われないのでそのシーンを見つけるのも大変でしたが(笑)。

次に発売されるサンシャインのスーパーシルエットには
サンフラワーイージスのエフェクトが付くとのことなので、楽しみです。
[ 2012/09/27 23:04 ] [ 編集 ]
今回も素敵なレビューお疲れ様でした。
ノーマルよりもプロポーションバランスが良くなって
全体的に豪華かつプレイバリューも上がってるとは…
MHバージョン以上にハトプリアーツには力入ってますね。
塗装はパール系みたいですが、パールってノーマル塗装以上に
紫外線劣化が激しいから、すごく嫌な思い出があります(苦笑)。
しかし不具合も無い様で何よりですね。
私は以前処置の甲斐なく腰砕けでどうしようもなくなったルミナスを
本体ごと交換してもらいましたが、やっぱりユルユルでもう二度と触る気も起きません。
スイートやSSのプリアーツも期待したいのですが……絶対無理でしょうねバンダイ的に(苦笑)。
[ 2012/10/02 16:15 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
ハトプリアーツの力の入り具合はすごいですね。
サンシャインとムーンライトも非常に楽しみです。

ルミナスは自分も肩を壊してしまったので好感してもらいましたが、
一度飾ったきり全く触っていません。また壊れそうで恐ろしいので(笑)。

次にフィギュアーツでプリキュアが出るとすればやっぱり現行のスマイルでしょうか。
出来れば全シリーズ出して欲しいところですが、どのみち全員集合させようにも
5GoGoやフレッシュはクオリティ的に飾り辛いのが難点です(笑)。
[ 2012/10/02 20:31 ] [ 編集 ]
前髪の塗装剥げ、凄い事になってますね…何か剥げてしまった原因とかあるのですか?

あと、気づいたのですが、マリンのマントをキュアホワイトに無改造で装備できるのですが、それがやたらかっこ良くてお気に入りです。
ちなみにブラックだと首の周りの黒いのが引っかかって無理でした。
[ 2013/02/10 19:47 ] [ 編集 ]
塗装剥げは気付いたら塗膜が剥がれ落ちていたので、原因は良くわかりません。
材質的に剥げやすいのかもしれませんね。

キュアホワイトにマント、確かに似合いそうです!
イメージ的にもカラーリング的にもマッチしていて格好良さそうですね。
マントは何かと使い勝手が良さそうで、色んなキャラに装着させてみたいものです(笑)。
[ 2013/02/10 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿