姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(870日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(870日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(870日目) 

霧隠れのあいまいな背中追いかけ 指の先の平均値汗がしたたる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

ハーフ&ハーフ、Oh!(久保田利伸)


先日、10月10日は僕らが付き合い始めてちょうど2年半の記念日だった。いつ頃からか、誕生日の6ヶ月前(後)を「ハーフバースデイ」と呼んで盛大に祝う風習が一部の民衆の間で始まったらしいけど、付き合い始めて半年の記念日も同じように盛大にパーリィとかして祝ったほうがいいのだろうか。

ちなみに僕たちの間にハーフバースデイという習わしは存在しない。あえて言えば今度の土曜日、10月20日が彼女のハーフバースデイになるんだけど、少なくとも今までは一度も意識したことがなかったな。彼女のほうからも何も言ってこないし、そもそも10月20日が特別な日だとも思っていなさそう。だいたいハーフバースデイってなんだよ。なんで半年を祝うんだよ!大してキリよくねぇよ!一年を祝えよ!

……なんか、前回も似たようなことを書いた気がするな。女性は年齢をタブー視するくせに誕生日だけは祝われたがるとかなんとか。誤解無きように言っておくと、別にそういった事柄に個人的に文句があるわけではない。あくまでも一般的な(男としての)意見を代弁しているだけだ。

だから彼女がもしハーフバースデイを祝いたいと言い始めたら、僕は喜んで祝う。毎年あの手この手で彼女に幸せを感じさせることを約束するよ。

ちなみに僕のハーフバースデイは来月の11月14日(仏滅)。もちろん逆に祝われる事に対してもやぶさかではないし、プレゼント的なアイテムも随時受付中だ。

料理は愛だ!愛があればLove is OK!!

ともあれ、今年の「ハーフ交際記念日」は特別盛大なパーリィを催すこともなく、いつも通り贈り物を交換するというささやかな幸せに終始した。そういうちょっとした幸せの積み重ねが何より大切ではあるよね。

プレゼントは随分前から「エプロン」がいいなと決めていた。

というのも、ここ最近彼女が僕にご飯を作ってくれる頻度が増えて、朝食や昼食はほとんど彼女に依存している状態だからだ。それに加えて時には夕飯までごちそうしてくれる。これほどまでに低い食糧自給率は国際社会だったら危機感を覚えるレベルだけど、僕たちは国家ではないので何の問題もないね。

ただあまりアテにし過ぎるのも悪いし、良くないと思うけど、正直なところ最近は彼女の手料理をアテにしている節が多分にあると言わざるを得ない。だからといって時々作ってもらえないときに「なんで作ってくれないの」とは思わないけどね。むしろあまり無理はしすぎないでほしいな、と思う。

普通、出来ないよ?どれだけ相手が好きだったとしても、毎朝早起きして恋人の朝食、昼食を用意するなんてこと。これはもう彼氏彼女の領域を飛び越えて、実質的には夫婦関係にあるといってもいいのではないだろうか!

そんなわけで、彼女が料理を作る時に少しでも楽しい気分になってくれればと、エプロンを贈る事に決めたのだ。

結果は見事に成功だったようで、すごく喜んでくれた。もうちょっと早くプレゼントするべきだったかな。彼女に無理はしてほしくないけど、そういう事をガマンする間柄ではないと(少なくとも僕は)思っているし、何より彼女の料理は本当に美味しいから、これからも彼女さえよければどんどんご飯を作ってもらいたい。

彼女の手料理を「愛エプ」風に表すなら、もちろん特エプ。ネームプレートはボードの一番上……ではなく、逆にスタジオを飛び出してスカイツリーの頂上にでも貼り付けておきたいぐらいだね。

スポーツの秋


今日のデートは彼女の誘いでスポーツセンターに行ってきた。先週のデートのコンセプトが「食欲の秋」だったので、今週は「スポーツの秋」というわけだ。

とはいえデートでガチの筋トレをするわけにもいかないので、屋内スケート場で遊んだぐらいなんだけどね。

秋にスケートってのも今ひとつ合わないけど、スポーツはスポーツだ。何より初めて一緒に滑って楽しかったし、何の問題もないね。冬になったらまた来たいスポットのひとつとして覚えておこう。

他にも時間の許す限り色んなところへ行って、ご飯も食べた。

スーシーをターべーにイーコーカー(二回目)ってことで、また回らない寿司屋に足を踏み入れた。前回は「特上寿司」を頼むという暴挙に出た僕だけど、同じ轍は二度と踏まない。っていうか、踏めない。今回は僕が「上にぎり」、彼女が「鉄火巻き」を頼んだ。「並」にしなかったのは僕なりの精一杯の矜持。「特上→並」じゃいくらなんでも無様過ぎるじゃない。板前にも「こいつこの前よっぽど無理してたんだな」と軽く見られかねない。

回らない寿司屋は言うなれば客と板前がサシで相まみえる「戦場」だからね。軽く見られるということは即ち敗北を意味するわけで、男としてそれだけは避けなければならないだろう。だからこそ、上にぎりなのである。板前もきっと「大した奴だ……」「まさかこれ程とは……」「やるがなコイツ」と思ってくれたに違いないってばよ。

ゲームの秋


前回の週記で「近頃全然ゲームをやってない」と書いたけど、今週は比較的ゲーム三昧だった。待ちに待っていた「カプコン×セガ×バンダイナムコ」の3社によるクロスオーバーSRPG『プロジェクトクロスゾーン』がようやく発売されたからだ。

R0133223
もち、早期購入限定スペシャルバージョンをゲット。特典のひとつ「クロスオーバーサウンドトラックCD」が思ってた以上にボリューム満点(全44曲、77分)で、これで値段据え置きはお得だ。というか通常版は損。

プレイ時間は10時間ほどでまだ11話までしか進んでないけど、それでも僕にしてはかなりやりまくってるほう。実質的な前作『ナムコクロスカプコン』ほど1ステージに時間がかからない分、サクサクプレイ出来るのが嬉しい。敵のターン以外なら移動後だろうが戦闘開始のボタンを押す直前だろうがいつでもセーブ可能というのもいいね。

遊びやすさや爽快感を追求する代わりに戦略性や歯応えが犠牲になっているけど、この手の作品は下手にシビアだとお気に入りのキャラを活躍させにくくなってしまうので、適度なバランスだと思う。「倒さなくてもクリア出来るボス」の存在によって、ある程度のやり込み要素は確保されているし。

初回クリアまでは攻略に頼らないつもりなので全何話あるのかは知らないけど、しばらくはこの一本で楽しめそうだ。とりあえず、まだエックスやデビロット姫が出てきてないので、早く出てきてほしいなーと思う。

ちなみについ先ほど、公式サイトで実施中のプレイ後アンケートに答えておいた。その中に「次回作でコラボしてほしいメーカー」という項目があったから「コナミ」を入れておいたよ。SNKと迷ったけど、SNKは格ゲーばっかりになっちゃうしねぇ……。メタルスラッグとかティンクルスタースプライツ(1はADK)とか、格ゲー以外もあることはあるけどさ。

その点コナミならあらゆるジャンルを手広くカバーしてるからネタには困らないだろう。とりあえず、メタルギアとドラキュラ、それとゴエモンあたりは鉄板かな。グレンラガンのスパロボ参戦という前例もあることだし、是非参加して欲しいなぁ。そしてベルモンド一族にデミトリを追いかけ回してもらいたい。

パズル進捗状況


右下の一角がほんのり簡単なので、そのあたりから進めている。逆に難易度が高いのは上半分。難しいところは先に片付けておきたいけど、それが出来れば苦労はしないというね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿