姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(877日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(877日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(877日目) 

曲がりくねった流れにまかせて今だけはあれもこれも忘れる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

祝って何が悪い


前回「ハーフバースデイなんて発想はくだらない」「そんなものを祝う人間は程度が低い」「生きている価値がない」というようなこと……は書いてないけど、とにかく、僕と彼女の間にハーフバースデイという風習がないということを述べた。

しかし、せっかく彼女の「ハーフバースデイ」である10月20日直前にそのことを思い出したのだから、あえて祝わないというのもおかしな話だろう、というか、これも何かの運命だろうと考えて、今年はハーフバースデイを祝うことにした。といっても別に盛大なパーリィを開いたりしたわけではなく、プレゼントを用意しただけなんだけどね。

プレゼントはこのカーディガン。

せっかくだから一番喜んで貰えるものを、ということで彼女が好きな「服」をチョイスした次第だ。一瞬チャイナドレスやうさみみバンドが脳裏をよぎったが、こんな時に己の欲望の頭をもたげさせている場合ではない。そーゆーのは別の機会に置いといて、今回は今の季節にピッタリな紫のカーディガンを選んだ。


記念日でもないのに突然服を贈られてビックリしていたけど、すぐに喜びの表情に変わった。「素敵な服をありがとう」とまで言ってもらえて、光栄の極みだ。彼女にこんな有り難い言葉を貰えるのなら、毎日服を贈ることだってやぶさかではない!!!…………無理だけど(経済的な意味で)。

正直、ハーフバースデイなんてくだらない……とまではいかないけど、何が楽しいんだろうと思っていたのも事実。だけど今回こうして彼女のハーフバースデイを祝って、その魅力というか「祝う意義」が理解出来たような気がする。「言葉」ではなく、「心」でね。

だからみんなもハーフバースデイはどんどん祝っていくといいと思う。ハーフどころか、クォーターバースデイだって祝ってもいいかもしれない。ちなみに彼女のクォーターバースデイは3ヶ月後だから来年の1月20日。そして僕のクォーターバースデイは2月14日……つまり、バレンタイン当日だ。チョコレートを貰いたい相手は彼女だけだけど、それ以外のプレゼントなら喜んで受け付けるので、よろしく!!

中間テスト開始のお知らせ


人生楽ありゃ苦もあるさ……ということで、明日からは「”苦”の権化」とも言えるテストが始まる。世の中には「テストや勉強が楽しい」などという変態もいるようだけど、僕は変態ではないのでテストなんてこの世から無くなれば良いと思ってるし、勉強だってしないで済むものならそうしたい。しかしテストがこの世から無くなることはないし、勉強だってしないで済ませられない以上、やるしかない。

やーるなーら今しかねえー(田中邦衛 feat.長渕剛)というわけで、今週は彼女とテスト勉強に勤しんだ。テストも勉強も嫌いな僕だけど、彼女とのテスト勉強だけは別。



見てよこの捗り具合を。どやさ!?進研ゼミなんて目じゃないね。これだけ勉強すれば明日のテストもバッチリ上手くいくことだろう。

真面目な話(ずっと真面目だけど)、ちゃんと普通の勉強もした(ずっと普通だけど)。今週ためになったなーと感じたのは以下の問題かな。

  • Q.紀元前371年頃チャンドラグプタによって建国され古代インドを最初に統一した王朝は? A.マウリヤ朝
  • Q.パルミラ王国最後の王で「オリエント世界で屈指の女傑」と称された美貌の女王は? A.ゼノビア
  • Q.仏典の数詞の中では無量大数を遙かに上回る命数が存在する。その命数を何と言うか。 A.不可説不可説転
  • Q.古代ギリシアのアテナイでゼノンによって開かれ禁欲的な思想を説いた哲学の一派は? A.ストア派

以前書いた「崖山の戦い」の件もそうだけど、僕は世界史をかなり苦手としている。日本史にしろ世界史にしろ、基本暗記科目だし、歴史というのは過去から現在に至るまで全てが繋がっているから部分的に理解しても「入ってこない」んだよね。

どこか取っかかりとなるモノがあればいいんだけど、あいにく大河ドラマや時代劇にも興味がないからなぁ……「歴女」のように歴史に興味を持てる人はたとえ動機が何であれ(笑)羨ましいし、そこからあらゆる歴史に興味の幅を広げていって欲しいと思う。

もっとも「歴女」と呼ばれている人達が本当に歴史に興味があるのか、フィクションとしての幕末なり戦国時代に興味があるだけなのかはわからないけど。後者の定義で言えば一応僕だって「るろうに剣心」は読んだし、「戦国BASARA」も1の頃からプレイしていたから「歴女」ならぬ「歴男」といえる。ただそれをキッカケに実際の歴史について調べてみよう、とは思わなかったので勉学の役には立っていない。

多分「三国志」とか「信長の野望」のように比較的史実に忠実なフィクションが好きだったらまた違った視点で世界史なり日本史を眺めることが出来たんだろうな。もっと幼い頃、そういう作品にも触れておくべきだったか。しかし三国志は巻数多すぎるし、信長の野望は値段が他のゲームに比べて極端に高かったので子供がおいそれと手を出せるものでもないよねぇ……。

そういえば信長の野望といえば、ついにコーエーが信長を主人公に据えた「乙女ゲーム」を出すらしいね。信長といっても多分おなじみのむさ苦しいオッサンではないんだろうけど、ある種コーエーの中で「聖域」のような存在だったから、乙女ゲームの素材として利用されることには一抹の物悲しさ感じる。諸行無常、というやつなのか。

とにかく何が言いたいかと言うと、明日からのテストは世界史日本史を重点的に頑張る!ということだ。目指すはもちろん、学年一位!

ボウリング・フォー・十羽野


「続・スポーツの秋」というわけで、今日は彼女とボウリング場へ出かけた。スーパーボウリンガーと呼ばれたオレ様の実力を久々に見せつける時が来た、というわけだな。


彼女はスポーツ全般がそれほど得意というわけでもないけど、ボウリングは比較的得意のようで、古畑任三郎もビックリの不思議投法でストライクを連発していた。スーパーボウリンガーの座が危うい。

運動するとお腹が空くよね、ってことで今日のお昼はボリューム重視。

僕はジャンボステーキを頼んで、彼女も負けじとジャンボハンバーグを注文した。やっぱり秋といえばスポーツより食欲の秋、なんだなあ。

他にもショッピングをしたり、僕の部屋で遊んだりと楽しい一日だった。


今日はあえて勉強のことはお互い忘れることにした。せっかくのデートなのに、学問の概念を導入してしまったら台無しだからね。

素人はテスト前日にデートなんてしてる場合じゃないだろう、と思うところだけど、僕たちぐらいのプロフェッショナル・カップルになってくるとテスト前日だからこそ、あえてデートをしていく。ギリギリになってジタバタしたところで始まらないし、ジタバタしないためにこの一週間必死で頑張ったんだからね。

パズル進捗状況


右下がほぼ完成。なんだかんだで今のところはまだ順調だけど、そろそろ苦しくなってくる予感がする。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿