『月刊ホビージャパン2012年12月号』を読んで

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュア雑記 > ホビージャパン > 『月刊ホビージャパン2012年12月号』を読んで

『月刊ホビージャパン2012年12月号』を読んで 

2012年12月号(2012年10月25日発売)の月刊ホビージャパンで個人的に気になった商品をピックアップして紹介。


今月は、というか今月もこれといってめぼしい情報はありませんでした。先日の電撃20年祭では色々と気になるアイテムが出展されていましたが、スケジュール的にそれらの情報は掲載されておらず、余計寂しく感じます。唯一「おっ」と思ったのは「Ξ(クスィー)ガンダム」再商品化のニュースぐらいでしょうか。

巻頭特集として「エアブラシ塗装入門」なるものが掲載されていますが、かなり基本的なことしか書かれていないので役に立つかどうかは微妙なところ。下準備だ何だと色々書いてありましたが、そんなことよりエアブラシ塗装を始める上で最大の障害であり解決すべき課題は「同居人の理解」だと思うんですよね。

今月は付録として『魔法少女まどか☆マギカ オンライン』のアイテム用シリアルコードが封入されています。自分はゲームをやっていませんが、やっている人にとっては価値のあるアイテムなのでしょうか。



機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS


今月はアニメ本編の「その後」として、17歳になったキオ・アスノの時代が舞台。本編ではかなりの空気ヒロインだったウェンディにスポットが当てられています。どうやらキオとウッドビットがウェンディに恋をしているというトライアングラーが展開されている模様です。

登場MSはAGE-FXのバリエーション機体、ガンダムAGE-FX[Aファンネル装備型]。Aファンネルというユニットを6基装備しており、そのファンネルを機体外(基地)からの遠隔操作によりサポートするのがウェンディの役目。ただし人の手を必要とするのはあくまでも実験段階のためであり、本来はAIによる自立稼働が想定されているようです。

本編が盛り上がっていたらレイザーやアルティメスのように付録としてキット化される可能性も十分にあったと思いますが、今となっては無理でしょうね。そもそもこの外伝自体、今後どういった方向性で進めていくつもりなのかが気になるというか気がかりです。

MG RX-93 νガンダムVer.ka [バンダイホビー事業部/7,350円/2012年12月発売予定]


ようやく彩色見本が公開されました。それに併せて「フル可動式マニピュレーター採用」「フィン・ファンネル専用ディスプレイ付属」「ダブルフィン・ファンネル用右マウントラッチ封入」「バズーカバレル伸縮」「水転写式デカールの付属」といった情報も開示されています。Ver.kaはマーキングが異常に多いので、水転写式デカールというのは嬉しいですね。他のキットもそうして欲しいぐらいです。

RG MSZ-006 ゼータガンダム [バンダイホビー事業部/3,150円/2012年11月23日発売予定]


発売まで一ヶ月を切ったということで、変形ギミックなどの詳細が載っています。完全変形はもちろんのこと、なるべくアニメに忠実な形での変形が実現されているようです。

また11月26日発売の「ガンダムエース1月号」にはこのRGゼータの台座としても使用可能な特製ガンプラ「1/48スケール ゼータガンダムヘッドディスプレイ」が付くそうです。台座はやはりあったほうが便利なので、買おうと思います。

ROBOT魂<SIDE MS> Ξガンダム [バンダイコレクターズ事業部/価格未定/発売日未定]


価格や発売日はまだ決まっていないようですが、記事によると一般販売はされず「魂ウェブ商店限定」になるとのことです。

Ξガンダムは以前GFFでもリリースされましたが、造形はともかくパーツの外れやすさが尋常ではなく、素立ち以外のポーズがほとんど決められなかったので、可動重視のROBOT魂で発売されるのはとても嬉しいです。今回はペーネロペーとの換装ギミックはありませんが、その代わり飛行形態への完全変形が実現しています(GFFは差し替え)。

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風 グイード・ミスタ&セックス・ピストルズ セカンド [メディコス・エンタテインメント(原型製作:PROGRESS)/4,200円/2012年12月下旬発売予定]
スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第八部 ソフト&ウェット [ディ・モールト ベネ(原型製作:RESTORE)/6,090円/2013年1月中旬発売予定]


どちらも目新しい情報はないのですが、ソフト&ウェットの肩パッドがクレイジー・ダイヤモンドを彷彿とさせる「ハート型」になっていることは初めて気付きました。

ミスタセカンドはボーナスパーツの類が一切無く、カラーリングもファーストほうが好きなので買おうかどうか悩みましたが、一応これまで超像可動シリーズは限定品(スワロフスキーやクリアカラー)以外全部揃えているため、買うことにしました。踊らされてるなぁ……(笑)。

ねんどろいどぷち 初音ミク HMO Ver. [グッドスマイルカンパニー(原型製作:小田ツヨシ)/4,200円/2012年12月5日発売予定]
ねんどろいどぷち 初音ミク クリスマス♪  ピアノケーキ Ver. [グッドスマイルカンパニー(原型製作:ねんどろん)/3,900円/2012年12月24日発売予定]


前者のHMOミクはCDアルバム「増殖気味 X≒MULTIPLIES(初回生産限定盤)」に、後者のピアノケーキミクはファミリーマート限定のクリスマスケーキに付属しています。どちらもねんぷちとして考えると高いですが、オマケとして見れば妥当……かな?

自分はアルバムもケーキもそれほど興味ありませんが、造形の気に入ったHMOミクのほうを買うことにしました。

ダンボール製ダンボー工作キット [海洋堂/2,940円/2012年12月15日発売予定]
でっかいよつば [海洋堂(原型製作:榎木ともひで)/2,940円/2012年12月15日発売予定]


ダンボールで出来た全高37cmの大きなダンボーと、23cmの巨大なよつばフィギュア。ダンボーは無可動ですが、よつばは首や脚が一部動くそうです。

ちなみにこれを書いている最中にコトブキヤから「よつば」のプラキットの発売がアナウンスされました。ブキヤと海洋堂で熾烈なよつばと争いが行われていますね(笑)。

超合金 超合体キングロボ ミッキー&フレンズ [バンダイコレクターズ事業部/13,440円/2013年3月発売予定]


初めて見た時「なんじゃこりゃ」と思いました。ディズニーキャラがロボになるというだけでも衝撃なのに、その上合体までしてしまうとか。変形、合体パターンは比較的オーソドックスで、可動はあまりしないと思いますが、一発ネタとしては十分なクオリティが期待できます。

百花繚乱 柳生十兵衛~白銀の剣姫Ver. [ホビージャパン(製造元:アルター 原型製作:田中冬志)/通常版9,800円、ランチョンマット付き限定版10,800円/2013年4~5月発送予定(12月10日まで予約受付)]


今月の誌上通販限定品。エロいやつ。公式ショップでも予約を受け付けています。この手のフィギュアのことはあまり詳しくありませんが、上半身のキャストオフについては書かれていないので出来ないようですね。

クイーンズゲイト 蒼の継承者ノエル=ヴァーミリオン 2PカラーVer. [ホビージャパン(原型製作:ひろし(桜前線))/通常版7,980円、スポーツタオル付き限定版9,480円/2013年3月発送予定(12月10日まで予約受付)]


今月の誌上通販限定品その2。クイーンズゲイトにしては珍しくあまりエロくないので好感が持てます(笑)。こちらも公式ショップで予約が可能なので、わざわざ本誌経由で予約する必要はないでしょう。特典のスポーツタオルのイラストは『BLAZBLUE』シリーズの産みの親、森利道氏の描き下ろしとのこと。

ちなみに来月号の誌上通販は「クイーンズゲイト 蜀の武神 関羽」

クイーンズゲイトの王道を突き進むエロエロフィギュアのようです。それと来月号の発売日は「24日」なのでご注意を。オラザク選手権の結果が発表されるため、ガンプラ好きには見逃せない号になるのではないでしょうか。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿