ダンボール製 ダンボー工作キット レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > 海洋堂 > ダンボール製 ダンボー工作キット レビュー

ダンボール製 ダンボー工作キット レビュー 

商品名:ダンボール製 ダンボー工作キット
作品名:よつばと!
発売元:海洋堂
発売日:2012年12月15日
価格:2,940円(税込)
原型製作:株式会社 美倍紙業
備考:ペーパークラフト

ダンボー

あずまきよひこ氏による漫画『よつばと!』より、みうらと恵那が夏休みの自由研究として制作したロボット型ボディスーツ「ダンボー」。作中同様、ダンボール製の工作キットとして海洋堂より発売されました。

同時発売の「でっかいよつば ソフビフィギュア」とはスケールが合わされており、並べて飾ることでより「よつばと!」の世界観を表現することが可能となっています。「でっかいよつば ソフビフィギュア」のレビューはこちら→よつばと! でっかいよつば ソフビフィギュア レビュー



パッケージ&中身

R0138144R0138145R0138141
中身同様、パッケージもダンボール製。自分はAmazonで購入したのですが、ダンボールの外箱にダンボールに入ったダンボールが入っているというシュールな状態で届きました(笑)。

中身はこういったダンボールの板が7枚とプラスチック製のネジ、それからシールが入っています。
R0138148
パーツは切れ込みが入れられており、折り目も付いているためカッターナイフやハサミは基本的に必要ありません。自分は木工用ボンドのみですべて組み上げました。ボンドは速乾タイプがスムーズに作業が進むのでオススメです。

全身


どこからどう見てもダンボー。シンプルなデザインなのでプロポーションについては全く問題ありません。胸の硬貨投入口と側頭部のスイッチに貼るための銀色のシールが付いており、それを使用しました(黒いツマミや穴はマジックで塗装)。

一見するとただ箱を組み合わせただけですが、外側の「装甲」と内部の「フレーム」による二重構造になっているため、紙製とは思えないほど重量感があり、強度的にもしっかりしています。構造上、中の人を仕込んだり頭だけ挿げ替えたりといったことは(無加工では)出来ません。

ペーパークラフトとしての作成難度はかなり簡単な部類。細かいパーツもないので手間取るところは特になく、サクサクと1~2時間ほどで完成します。唯一肩関節の構造がちょっと複雑ですが、予備が1セット付属しているので万が一破損しても(一度なら)大丈夫です。

肩は円形のスペーサーを噛まさないと保持出来なかったので噛ませましたが、噛ませても腕の重さで垂れ下がってしまうため、見た目を考慮するとスペーサーは無しでも良かったかも知れません。

全高は約36cm
R0138162
かなり大きく、邪魔さ加減はイタッシャーロボクラス(笑)。作中のダンボーは見た感じ140~150cm程度なのでスケール的には1/4ぐらいでしょうか。

質感はプラキットやリボルテックとは比べ物にならないほどリアルです。「本物」なので当然といえば当然ですが。

大きめ写真

首や肩、脚部はネジ接続による関節が仕込まれていますが、首や脚部は横回転しかしないのでリボルテックやブキヤキットのようなダイナミックなアクションは出来ません。

背景からはみ出してしまっていますが、気にしないで下さい。

結局あさぎは出ませんでしたね。ジャンボ涙目。

総括

ペーパークラフトは好きだけどパーツを切り出したり切り屑を片付けたりするのがめんどくさいなぁ……と常々思っている自分にはもってこいの商品でした。煩わしさが一切ないのでちょっとしたプラモ感覚で組み立てられます。塗装をしなくてもいい分、プラモよりもラクですね。

可動こそほとんどしませんが、サイズが大きいおかげで迫力があり、ただ飾っておくだけで見映えが良いので問題ないと思います。難点はその大きさが災いして置き場所に困ることですが、それさえクリア出来るのであれば文句ナシにオススメです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿