ファイアボール チャーミング ex:ride SPride.04 ヨーゼフ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > ファイアボール チャーミング ex:ride SPride.04 ヨーゼフ レビュー

ファイアボール チャーミング ex:ride SPride.04 ヨーゼフ レビュー 

商品名:ex:ride SPride.04 ヨーゼフ
作品名:ファイアボール チャーミング
発売元:グッドスマイルカンパニー
発売日:2012年12月下旬
価格:3,980円(税込)
原型製作:FREEing
備考:--

ヨーゼフ

ウォルト・ディズニー・ジャパンによるフル3DCGアニメーション『ファイアボール チャーミング』より、「第8話 メルクール暦48346年 ガントレット」「第11話 メルクール暦48394年 リンボ」にてドロッセルお嬢様が搭乗した一輪バイク「ヨーゼフ」

設定資料集によると、ヨーゼフはハイツレギスタ社が製造した乗馬ユニット「マンティコア」シリーズの中でも最高傑作と名高いモデルであり、作品に登場するのはカウルをJUNO-XIII(ドロッセル)用にカスタムした「joseph-303」と称されるマシンとのこと。つまり正式には「ヨーゼフ・ドロッセルカスタム」や「お嬢様専用ヨーゼフ」と呼ぶべきかもしれません。

ネーミングの元ネタは旧約聖書の創世記に登場するヤコブの子「ヨセフ」だと思われますが、日本でヨーゼフというとどうしても某名作劇場に出てくるセントバーナード犬を連想してしまいます。

本体であるドロッセルお嬢様については「figma No.125 ドロッセル (チャーミング) レビュー」をご覧下さい。



パッケージ

R0138963R0138968
マットな質感のパッケージ。中身がそれほど大きくないので箱サイズも小さめです。

全身


近未来的なデザインの一輪バイク。車体後部には可動式のスタンドが設けられていますが、あくまでもデザインの一部であり、実際の「つっかい棒」としては機能していません。ディスプレイする際はタイヤをホールドするスタンドが必須です。

全高は約10cm
R0138985
当然ながらドロッセルとスケールが合わされています。搭乗写真は下で。

各部

R0139001R0139005R0139006R0139010R0139012R0139016R0139017R0139021
粗が目立ちやすい光沢ホワイトですが、品質に目立った問題は見られません。ゴム製のタイヤがリアリティを高めています。

ギミック

R0138988R0138991R0138993R0138995
フロント・リアハッチは前後に可動します。

R0139059R0139056
フロントハッチの下部は上下にスライドし、これによりハッチの可動が広がります。

R0138997R0138999
スタンドは上下、ステップはボールジョイント可動。

視覚拡張器ヤーコプ

R0139024
ヨーゼフに搭乗する際に装着していたゴーグル。ヤーコプというのはヤコブのドイツ語読みで、この事からもヨーゼフがヤコブの子としてのヨセフから採られていることがわかります。

装着する際はデフォルトの耳パーツを外し、ヤーコプ専用のものと付け替えます。
R0139028R0139031R0139033
一つ目というのが独特ですね。しっかり固定されるため、ポロポロ外れることはありません。

ヨーゼフ+ドロッセル


乗せ方は後部ハッチを開き、ハンドルグリップを握らせてステップに足を掛けるだけ。

フィギュアのバイクや自転車は乗りにくいのが常ですが、ヨーゼフの場合は元々ドロッセルの身体に合わせて設計されているため、全く苦労することなく搭乗出来ます。フィット感も抜群で、ハッチのラインにボディがピッタリ収まるのが心地良いです。

アクションなどなど


IMONI(設定資料集)表紙のポーズは完全再現出来ます。

ノーマルのお嬢様も一応乗れますが、脚が宙ぶらりんになってしまうので見映えはイマイチ。

他のfigmaキャラクターの搭乗はサイズと可動的に厳しいです。

基本的にグリップに手が届きません。アングルによってはそれっぽく乗っているように見せかけられなくもありませんが。

Joseph on Joseph。

バイクが小さすぎますが、割と似合っています。行ってみっかメキシコへ!

総括

ただでさえオプションが非常に充実しているチャーミングドロッセルですが、このヨーゼフをプラスすることでプレイバリューは更に高まります。ドロッセルの「台座支柱が胴体挟み込み式なので安定感が悪い」という難点がヨーゼフに搭乗すればクリアできるというのも魅力。

ヨーゼフ単体ではあまり意味を成さないのでドロッセル本体とセットでの購入が前提となりますが、合計金額約9,000円の価値は十分にあると思います。恐らく二度と立体化されることもないでしょうから、ファイアボールファンなら手に入れておいて損はありません。

あえて不満を挙げるとすれば11話に登場した弓矢『やぶさめユニット「ヨハンII」』がないのが残念、という点でしょうか。『野球ユニット「ゴルフ」』や最終話に登場した巨大装置(おさなごころのゆりかご)と一緒に拡張オプションとして発売されるといいのですが、DVD&BDの発売から随分経ってしまった今となっては難しそうですね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿