figma SP.045 レーシングミク2012 ver. レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

figma SP.045 レーシングミク2012 ver. レビュー 

商品名:figma レーシングミク2012 ver.
作品名:レーシングミク 2012ver.
発売元:グッドスマイルレーシング
発売日:2013年1月30日発送
価格:7,000円~
原型製作:浅井真紀
備考:「GSR & Studie with TeamUKYO」個人スポンサー特典

レーシングミク2012

レーシングチーム『GSR & Studie with TeamUKYO』より、イラストレーターGAN氏が手がけた2012年バージョンのレーシングミク。毎度おなじみ、個人スポンサー特典としてリリースされました。

「毎度」といっても2010年までのレーシングミクは「ねんどろいど」のみのリリースだったため、figmaでレーシングミクが特典になるのはこれで二度目。2011ver.については「figma SP.036 レーシングミク2011 初優勝記念ver. レビュー」、ねんどろいどの2012ver.については「ねんどろいど NO.239 レーシングミク 2012Ver. レビュー」をそれぞれご覧下さい。



パッケージ

R0141384R0141388
一般販売品と同一フォーマットでデザインされています。別に普通に発売しても売れると思うのですが、そこは大人の事情なのでしょう(笑)。

台紙はdi:stage用のカバースキンとして利用できます。
R0141398

セット内容

R0141390R0141395
>>フィギュア本体、オプション顔、オプション手首×8(右4左4)、シャンパンボトル、スプラッシュエフェクトパーツ、チェッカーフラッグ、RQパラソル(開/閉)、RQパラソル用シール、専用台座、収納袋

ねんどろいどのパラソルはデカールが付属していましたが、figmaはシール。貼るのは2枚だけなので残り2枚は予備です。

figmaとは別に特典としてラバーストラップが一緒に送られてきました。
R0141486
ラバストはこれまでも何度か付属していますが、ミクデザインなのはfigma同様2011ver.に続いて二度目(それまではスポンサーロゴ)。

全身


メインイラストのポーズを再現するため、ウインク顔がデフォルト。他のミクに比べて幼いプロポーションや透明感溢れるデザインが忠実に再現されています。ハイヒールを履いているため接地性はイマイチですが、頭身が低いおかげで台座無しでも比較的容易に自立してくれます。

全高は約12cm
R0141414
2011ver.や通常のミクより頭ひとつ分小さく作られています。

ねんどろいど版と。
R0141416
どちらも良く出来ています。ねんどろいどにも腰に手を当てる右腕は付属しています。

頭部

R0141422R0141424R0141426R0141428R0141431R0141433
天真爛漫な表情がとてもキュート。鮮やかな虹彩がきちんと再現されている分、ねんどろいどよりイラストに忠実です。

個体差だと思いますが、うちのは頭の飾りがかなり雑に塗られています。場所が場所なので目立ちますし、他の部分がキレイなだけに残念。正直交換してもらいたいレベル……。

各部

R0141434R0141436R0141445R0141439R0141447R0141440R0141450R0141442R0141451R0141454
髪の毛、ネクタイ、スカートはクリア素材で、コスチュームの白い部分はパール塗装が施されています。品質は(頭の飾り以外)申し分なく、細部まで丁寧に塗り分けられています。

どうでもいいですが、スカートの前の部分が顔に見えるのはわざとでしょうか。

オプション

RQパラソル
R0141457R0141460R0141463

ホワイトとグリーンで塗り分けられた大きめの傘。付属のシールを貼って完成させます。

持つときはこう。
R0141470
持ち手が両手分付属しています。

2011ver.のパラソルと。
R0141464
どうやら模様以外は全く同じ造形のようです。

ねんどろいど版と。
R0141467
デザインは同じですがねんどろいどのほうが大きく作られており、色合いも若干異なります。

チェッカーフラッグ
R0141472
ピンクとブラックで塗り分けられた旗。

持つときはこう。
R0141477
パラソルと同じ持ち手を使用します。

2011ver.、応援ミク付属のフラッグと。
R0141475
造形はどれも一緒です。ちなみに最初に世に出たのは応援旗。ねんどろいど版にフラッグは付いていませんでした。

シャンパンボトル
R0141479
クリアパーツ製のボトル。大人の事情で印字は省略されていますが、このデザインはマム社の「コルドン・ルージュ」という銘柄(参照→コルドンルージュ - Google 検索)。長年F1の公式シャンパンにも指定されているため、誰しも一度は目にしていると思います。「君の瞳に乾杯」のフレーズで有名な映画『カサブランカ』でその「乾杯」に使われたのもこのシャンパンらしいです。

持つときはこう。
R0141481
左持ち手でボトルの先端を握り、右の添え手で底を持ちます。

ボトル先端にはシャンパンが勢い良く飛び出すエフェクトパーツを取り付けられます。
R0141483
表彰式でおなじみのシャンパンファイトを再現出来ます。

アクションなどなど

総括

ディフォルメされたねんどろいども悪くありませんが、やはりリアル頭身のほうがイラストに忠実ですし、弄っていて楽しいですね。個人的に歴代レーシングミクでこの2012がデザイン的に最もお気に入りなので、そういう意味でも満足度は高かったです。

この出来ならfigmaのためだけに7,000円を支払っても損はないと思います。高いのは確かですが(笑)。2011ver.と同じくスケールフィギュアでの発売も決定しているので、ねんどろいどと合わせて3種揃えてあげたいところです。

確実に出るであろう2013ver.にも今から期待しておきます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿