姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(996日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(996日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(996日目) 

柔かな気持ちになった 甘い香りにつつまれ つかまえたその手を離すことはない今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

いともたやすく行われる可愛すぎる行為

今年もバレンタインという素晴らしい一日を彼女と過ごせた事を心の底から光栄に思う。僕にとって彼女の存在はまぎれもなく、誉れであります。

無事バレンタインを迎えられただけでも幸せなのに、その上こんな素敵なチョコまで貰えるなんて。

去年のバレンタインケーキに続き今年彼女が作ってくれたのは、「たぬき」を象ったチョコレート。ユニークなチョコがいい、という僕のリクエストに対する返答がこれだ。正直、予想を遥かに上回るものだったよ。というか、クオリティ高すぎ(笑)。

料理という枠を飛び越えて、完全に芸術の域に達してしまっている。タヌキ型チョコなんて普通そうそう作れないよ。溶かして固めるだけといっても型があるわけでもないし、難易度は相当なものだろう。プレゼントに点数を付けるなんていけないことだけど、今回ばかりはあえて付けさせてもらう。100点、いや、1,000点、いや、1億点満点だ!!!!!!

ただ問題がひとつあった。それは、あまりにも良く出来ているせいで食べるのが勿体ないということ。食べるとなるとどうしてもタヌキを破壊してしまうことになるからね。タヌキが彼女の写し身だとすると、それを壊してしまうなんて……僕には出来ない。出来るわけがないッ!

だからといって食べなかったら傷んでしまうし、せっかく作ってくれた彼女にも悪いから僕は心を鬼にした。この世の全てに感謝を込めて、いただきますをした。見た目だけじゃなく、味も絶品だった。見せかけだけじゃない彼女の魅力を体現を見事に体現していたよ。僕の人生のフルコース入り、確定!!

こうなってくると来月のホワイトデーのハードルがハンパなく高まってしまった感は否めない。3倍返し、5倍返しとか言うけれど、これの5倍に相当するモノって最早想像も付かないよ。100カラットのダイヤモンドだって彼女のチョコの輝きの前には役者不足だし、どうしたもんか。

まあ、まだ1ヶ月近くあるからゆっくり考えるとしよう。

いつものロールケーキ


彼女からのバレンタインチョコとは別に、今年はチョコレートのロールケーキも食べた。別に誰かにもらったわけじゃあないのでご安心を。食べたいから食べる。それだけだ。


この「生ロールの藤栄堂」というお店のロールケーキはちょくちょく食べているのだけど、チョコロールを買ったのは今回が初めて。他のロールケーキ同様、クリームの甘さが控えめで美味しかった。質の悪いケーキはスポンジがパサパサしがちだけど、これはしっとりしていてベネ(良し)。クリームに混ざっている歯応えのあるチョコチップも良いアクセントになっていたな。

値段がちょっと高い(送料含めると3,000円オーバー)のがネックだけど、味については文句ナシなので贈り物などにもおすすめだ。見た目もインパクトあるしね。年末限定の「くだものいっぱいロール」と時々販売される「珈琲ロール」も美味しいので、甘い物好きの型は一度お試しあれ。

探し物はなんですか


スペシャルデーのデートで遊園地に行ったという話を前回したけど、どうもその時のデートで彼女が巾着袋を落としてしまったらしく、今週はその巾着袋を探しに何度も遊園地に足を運んだ。彼女が困ってるのにこんなことを言うのは不謹慎だけど、また一緒に遊園地に行けてちょっと嬉しかったり……(笑)。

そう言ってられるのは最終的に巾着袋が見つかったからなんだけどね。どうして電話で届出をするだけでなく、直接出向いて探したのかというと、十羽野の遊園地には閉園後「着ぐるみをきたお化け」がPOPするという噂があり、直接取り返さないと呪われる、という言い伝えがあったからだ。超常現象を否定することにかけては松尾貴史にも引けを取らない僕はそんな噂別段信じてはいないのだけど、彼女は結構信じているようなので。

結論から言うと閉園後に着ぐるみを着た「ナニカ」は確かに出没していた。ただしそれはお化けじゃなくて、着ぐるみを脱がずにうろついている「中の人」だった。色んな意味で夢のないハナシだけど、それが現実というものなのだろう。ただし、中の人とは別に本物のお化けが闊歩している可能性も微レ存ではある。

遊園地へは来月のスペシャルデーでも行く予定だけど、その時は落とし物をしないように気をつけないとね。僕も含めて。

雑談コーナー【テーマ:24 -TWENTY FOUR- Season6】

あーん!カー様が死んだ!
カーさまよいしょ本&カーさまF.Cつくろー!って思ってたのに…
くすん…脇役薄命だ…

・゚・(ノД`)・゚・うっうっう…ひどいよお…ふえーん!!
この間「カーティスには生き残ってもらいたい」って記事を書いてまだ1週間じゃないですか!
どーして、どーして!?あれで終わり!?嘘でしょ!?
信じられないよおっあんなジャックごときに殺られるなんてっ!!
トニーと差がありすぎるわっ!!生き還りますよね?ね?ね?
……泣いてやるぅ・゚・(ノД`)・゚・

私はあのおそろしく実直な彼が(たとえド堅物でもさ!ヘン!)大好きだったんですよっ!!
カーさまあっ!死んじゃ嫌だああああああっ!!
監督のカバッ!!え~ん・゚・(ノД`)・゚・

P.S 4話はアサドとくっつきすぎだ!!

……というわけで、長らくジャックの相棒として活躍していたカーティスがシーズン6の4話でお亡くなりになったわけだけど……あの最期は納得いかーん!!いやほんとに、なんでジャックに殺られるんだよってね。

これまで全くブレない「正義の人」だった彼の豹変っぷりには驚きを通り越して怒りすら覚える。といってもカーティスに対してではなく、シナリオそのものに。過去の因縁話が出てくるのは唐突過ぎるし、第一あの切羽詰まった状況で重要な情報源であるアサドを殺そうとするなんてありえないだろう。はらわた煮えくりかえっても国を護るために任務を優先させる、カーティスには最後までそんな人であって欲しかった。残念でならない。

シーズン5の大統領やミシェル、エドガーの死も悲しかったけど、あれは事件の凄惨さを演出するのに一役買っていたからまだいい。カーティスに関しては急に仕事放棄して味方に射殺されるなんて結末で、違う意味で悲しすぎる。

シナリオ面で気になる点は他にも色々ある。前シリーズのラストでジャックが中国に拉致られるクリフハンガーは何の意味もなかったし(少なくとも今のところ)、毎度毎度繰り返される「敵をすんでの所で逃がす」「軽微な敵の計画は実行されてしまう」「味方と思ってた人物が敵」「とりあえず拷問」って展開にもいい加減飽きてきた。立て続けに見てるから余計そう感じるのかもしれないけど。

ジャックはどんだけ窮地に立たされてもどうせミラクルパワーを発揮して逆転するってわかってるからハラハラしないし、なんというか、このシリーズがシーズン8で打ち切りになったのもわかる気がする。

とはいえ先が気にならないかと言ったらウソになるし、ここまで来て見るのをやめるのも中途半端なので最後まで付き合うつもりだ。前回、前々回の感想では締めに「ぜってー見るべき」と書いたけど、今は「他に見るものなければ見てもいいんじゃない?」ぐらいのテンションかな。

まだシーズン6も途中なので、今後の巻き返しに期待したい。シーズン最後まで見たら評価が反転することもあるかもしれないし、そうなってくれることを祈るよ。

パズル進捗状況


早くも完成した。見ての通り、トレジャーボックス型の立体パズルだ。クリアカラーで見た目鮮やかなので、インテリアにも最適だと思う。難易度はさほど高くなく、最初だけ取っかかりがなくて悩むけど、すぐにスイスイ進められるようになる。パズルというか、複雑な形の「積み木」って感じかな?ピースを固定するパーツを取り付けるので、完成後バラバラになる心配はない。

専用のカギが付いていて、鍵穴に差し込んで回すことで蓋が開くというギミックが搭載されている。
中には収納スペースが設けられていて、小さいものであれば実際に入れておくことができる。もっとも、カギがなくても簡単にこじ開けられるから本当に大事なものは入れておけないけど(笑)。

個人的にはこのトレジャーボックスの「カギ」を入れておくのがベストじゃないかと考えている。何故かと言うと、カギが小さすぎて無くしやすいから。箱の中に入れておけば無くす心配もない。箱を開けるためのカギをその箱の中にしまい込むという行為は何やら哲学めいたものを感じさせる。

早々に完成してしまったので、次のパズルにも取りかかるところだ。次は以前ちらっと「買おうかな」と書いたこともある、アレ。何のパズルかは次回100%わかると思う。

お礼

にゅーあきばどっとこむ』様、『よつばとフィギュア』様、
超像ストラップ『ジョジョの奇妙な冒険』 【石仮面】(全2種) レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿