姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1017日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1017日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1017日目) 

ただ春を待つのは哀しくも楽しく見え隠れ夢の夢あなたにも届いたなら 雪溶けの上で黄色い鈴の音が密やかに響く今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

スペシャルデートのお知らせ

毎月10日はプチ記念日。先月2月10日は日曜日だったので恒例となっている遊園地デートを企んだのだけど、あいにくの悪天候で今ひとつ満喫出来なかったのが正直なところだ。

しかし、運命は僕たちを見捨ててなかった。今月10日、つまり今日も日曜日だったのだ!!二ヶ月連続スペシャルデーの奇跡……!!当然僕たちは遊園地に出かけた。テーマパーク・リベンジである。


今日も絶好調の快晴とはいかなかったのだけど、雨は降らなかったので問題ナシ。きっと天気を司る神が空気を読んでくれたんだろうね。「流石に連続で雨降らせるのはヤバイっしょ。ここは日和るべきっしょ」ってね。ありがとう、天気を司る神!


先月はお化け屋敷に行ったので、今回はジェットコースターとか観覧車とか、屋外アトラクション中心に楽しんだ。彼女はどういうわけか観覧車があんまり好きではないのだけど(高いところが苦手というわけでもないらしい)、今回は結構楽しんでくれた。一番高いところまできたら○○○……なんてこともしてみたり、してみなかったり。


今日は目一杯遊園地を楽しんだけど、もちろんそれだけで終わるほど僕らのデートは生っちょろいものではない。ビリヤードに興じたり、部屋でゆっくり過ごしたり、思いっきり素敵な時間を共有した次第だ。

ゲリラ勉強会

今日は彼女に寄ってってと誘われたので、彼女の部屋でも過ごした。基本的にデートの日は僕の部屋で過ごすのが定番になってるから、彼女の部屋でってのは割と新鮮だ。もう数え切れないほど彼女の部屋へ行ってるけど、何度行ってもドキドキするね。そして、そのドキドキをいつまでも持ち続けていたいと思うね。

せっかくなので一緒に勉強もした。

期末テストはもう終わったけど、何もテスト前にしか勉強しちゃいけないなんて決まりはないわけで。僕ってほんと、殊勝だな。我ながら感心してしまう。

実際ちゃんとした勉強もしたよ。↑がちゃんとしてない勉強ってわけじゃなくて。

Q.日本中の古墳を研究した書物「山陵志」を著し、前方後円墳の命名者となった江戸時代の儒学者は?
A.蒲生君平

今日はこれを学んだ。wikipediaによるとこの蒲生君平という男はかなりの奇人だったようで、”黒川の氾濫で橋が流されても素裸になって渡河し、そのまま着物と下駄を頭の上に乗せて褌ひとつで鹿沼宿の中を塾まで歩いて狂人と笑われた”そうだ。歪みねぇな。

これで次の歴史のテストはバッチリだ。どんと来い、前方後円墳。

つらぬいた信念(おもい)が 未来を拓く


プチ記念日恒例のプレゼント交換も当然行った。僕にとっては彼女こそが最高のプレゼントなのでそれだけで十分なのだけど。

僕が贈ったのは白いブーツ。

実を言うとこのプレゼントは今度のホワイトデーに贈る予定だったものだ。色が白なのはそのせい。

でもこのブーツを買った後、高嶺に「彼女へのプレゼント何がいいかな?」と相談してみてね。

なんだかんだあって最終的に別のものを贈ることにした。何を贈るかはまた次回詳しく書くつもりだけど……喜んでもらえるといいなぁ。

んで、彼女が僕にプレゼントしてくれたのはコレ。

ポータブルオーディオプレイヤー。こんな立派なモノを……嬉しすぎて言葉が見つからない。

カラーは僕がこの前買ったモバイルポーチと同色だ。

ちゃんと僕の持ち物、僕の好みに合わせてくれてるんだなぁ……その心遣いがまた嬉しいよね。最初に入れる曲はもちろん「ジョジョ~その血の運命(さだめ)~」「BLOODY STREAM」、そして「ROUNDABOUT」で決まりだッ!!

雑談コーナー【テーマ:24 -TWENTY FOUR- Season6】


あーん!マイ様が以下略というわけで、甘いマスクがウリのCTU職員、マイロが殉職してしまった。フラグも何にも無しで突然のことだったからたまげたなあ。前にも書いたけど、このドラマ急にレギュラーメンバーが死にすぎィ!

CTUは以前一回襲撃されてるから今シーズンでもまたされるとは思っていなかった。ザル警備過ぎない?というか、僕が以前小耳に挟んだ「CTUが襲われる」という情報はこちらのエピソードのことを指していたのかもしれない。前は毒まき散らされただけだしね(大ごとだけど)。

しかしカーティスといいマイロといい、僕が「生き残って欲しい」「今後も出番がありそう」と書いた直後に死亡とか、どういうことなの……。とんだデスブログだよ。逆に「ああいうやつはすぐ死ぬ」って言ってたドイルは生き延びるし。目に大怪我を負ったから来シーズンの復帰は微妙なところだけど、役者の都合がつけばまた活躍してくれるだろう。

ドイルは最初嫌なヤツだったのに、終盤とんでもなくイイヤツになってて可笑しかった。ジャックの相棒としてカーティスの後釜を勤めるのもアリかもしれないなぁ。前回「キャラ的に地味」だなんて酷い事を言って本当に……すまないと思っている。だけどあえて「今後も頑張って欲しい」とは言わないでおくよ。だって、言うと死ぬもん(笑)。

イイヤツになったといえば、副大統領も妙にしおらしくなっちゃってまぁ。初期のローガンよろしく急にヘタレるさまは微笑ましく思えた。補佐官のトムさんも結局普通に良い人だったみたいで、カレンとの憎まれ口を叩き合う関係が見られなくなるのは寂しい限り。

終盤突然再登場したジャックのオヤジは本当に死んだんだろうか。だってああいう爆発に巻き込まれるパターンって生きてることのほうが多いじゃない。近くにボートがあったわけだし、なんとか脱出しててもおかしくない。来シーズンで黒幕として暗躍するとみたね。

ジャックの恋人、オードリーの件については本当に悲劇としか言いようがない。父親(長官)がジャックに対して「お前は呪われてる。関わるとみんな死ぬ」みたいなこと言ってたけど、正論過ぎて笑ってしまったわ。ジャックは逆ギレしてたけど、親の立場だったらジャックみたいな男を二度と近付けさせないと考えるのは無理もない話だよ。

そういえば昔、ドラマや映画のキャラクターの中から「理想の上司」を選ぶランキングでジャック・バウアーが上位にランクインしてたけど、あんな上司絶対イヤだ。とばっちりで死ぬ確率が高すぎる。理想の上司にジャックを挙げた人はドラマで周りの人間が散々苦労させられてるのを見てないのだろうか?

むしろ24でいえば支部長のブキャナンこそ理想の上司だと思うね。シーズン4以降の24キャラクターで誰が一番好きかと言われたら、僕は真っ先に支部長を挙げるだろう。辞職するらしいから恐らくもう出てこないのが残念だけど、あんまり出ずっぱりだとこのドラマ殺される可能性が加速度的に高まるから、このあたりで舞台を降りるのは正解かもしれないな、と思う。

なんだかんだでシーズン6は面白かった。ただ物語が急展開するまでの17話が悪い意味で「お約束の連続」で退屈だったので、トータルの完成度は決して高いとは言えない。ぶっちゃけラスト6話だけ見ても話成立してるような気がするし(笑)。どうせならバーサス中国を主軸に据えて24話展開させたほうが良かったんじゃないかなぁ。

まあ終わりよければ全てよしとも言うし、途中まで面白くて最後に失速するよりは良いかもしれないな。ラストをクリフハンガーにしなかったのも個人的に好印象。最後まで見たのに「あー終わった!」って感じがしないクリフハンガーは良くないと思うよ。そんな小細工しなくても視聴者を惹き付けておけるポテンシャルをこのドラマは秘めているんだしさ。

事実、今僕はシーズン7を見たくて見たくてたまらない気持ちになっている。でも残りシーズンも少ないからゆっくり見ていくつもりだ。

パズル進捗状況


胴体がほぼ完成した。全体としては折り返し地点だろうか。一体こいつは何クライストなんだ……。

お礼

よつばとフィギュア』様、
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 50.DIO Ver.Black レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿