超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 51.シルバーチャリオッツ・セカンド レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 51.シルバーチャリオッツ・セカンド レビュー

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 51.シルバーチャリオッツ・セカンド レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 51.シルバーチャリオッツ・セカンド
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2013年3月29日
価格:3,990円(税込)
原型製作:石山裕記
備考:完全受注限定生産品

銀の戦車

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、復讐に燃えるフランス人「ジャン=ピエール・ポルナレフ」が操る中世騎士のような人型スタンド「シルバーチャリオッツ(銀の戦車)」

当商品は2009年4月に発売された「3.シルバーチャリオッツ」(以下、ファースト版)のリカラーバージョン。初期商品はプレミアが付いているものが多く、入手が難しいため実質的な再版といってもいいかもしれません。セカンド版恒例のボーナスパーツとして今回は「ビシイイッ」と書かれた擬音文字プレートが付属しています。

可動の詳細等は「超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 3.シルバーチャリオッツ レビュー」をご覧下さい(古いレビューなので読みにくいですが)。



パッケージ

R0142940R0142945
黒を基調としたパッケージ。ファースト版のパッケージを撮影しなかったので比較出来ませんが、多分新規に作り直してると思われます。

セット内容

R0142969
>>フィギュア本体、オプション手首×4(右2左2)、アヌビス神、折れたアヌビス神、擬音文字プレート、専用台座

擬音以外の内容はファースト版と変わりません。

全身


ファーストがいかにも甲冑然としたシルバー一色だったのに対し、セカンドはゴールドとシルバーのツートンカラー。あくまでもメインはシルバーで、ゴールドはアクセント程度に抑えられているのがグッドです。

全高は約15.5cm
R0142967
右はファースト版。色以外の違いはありませんが、股関節の異常な外れやすさが改善されています(個体差かも)。

五部版と。
R0142979
原型師が異なるのであまり共通点はありません。ファースト版は初期商品ゆえに可動が今ひとつで、動きそうなところが動かない(肩のトゲトゲや腰など)のでアクションフィギュアとしての完成度は五部>三部。造形については好きずきだと思いますが、個人的には三部のほうがスマートで好みです。

スタチューレジェンド版と。
R0142973
こちらは原型師が同じ。ビシイイッ!としたジョジョ立ちはやはり固定フィギュアのほうが決まっています。ちなみにこのスタレジェ版は原型師の方じきじきにサインと応援メッセージを入れて頂いた特別版。我が家の家宝です。

頭部

R0142981R0142984R0142987
ファースト版は額の宝石が塗られていませんでしたが、セカンドはエメラルドグリーンで塗られています。うちのは右目の塗装がズレたハズレでした。造形的に目立たないのが救いといえば救いですが、他が素晴らしいだけに残念。

各部

R0142989R0142991R0142993R0142995R0142997R0142999R0143001R0143004R0143006R0143010
メタリックカラーとグラデーションで金属の質感がしっかり再現されています。このシリーズは質感のリアリティに定評がありますが、チャリオッツは特に秀逸だと思います。

オプション

擬音文字プレート
R0143018
かの有名な見得切り『我が名はJ・P・ポルナレフ~』の大ゴマで描かれている擬音。J・ガイル終了のお知らせ。チャリオッツ、ポルナレフと組み合わせることで原作カットが忠実に再現出来ます。

アヌビス神
R0143012
エジプト9栄神の1体であり、世にも奇妙な自我を備えた刀。刀身が折れたものと折れてないものが1組ずつ付属しています。

カラーリング以外はファースト版付属のものと同様。比較しようと思ったのですが、ファースト版のアヌビス神が見当たらなかったので断念。ナイル川の底にでも沈んでるのでしょうか(笑)。ファースト版は鞘の部分がブラウンで、刀としては比較的オーソドックスな色合いでした。セカンドのパープルのほうがいかにも「妖刀」じみています。

持つときはこう。
R0143015
左右ともに持ち手が用意されており、レイピアと組み合わせればもちろん「『銀の戦車』プラス『アヌビス神』二刀流」が再現出来ます。

アクションなどなど

『我が名はJ・P・ポルナレフ』『我が妹の魂の名誉のために!』『我が友アヴドゥルの心のやすらぎのために………』
『この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる』J・ガイル…………


こう言って決めるんだぜ

……とカッコ良く決めているシーンですが、作画ミスがあるのは有名な話。

こいつらが「両右手の男」なんですよね(笑)。それも含めて忠実に再現出来るのがアクションフィギュアのイイトコロ。


これが正しい拳の向き。

総括

超像可動シリーズで荒木先生がお気に入りの1体として挙げるのも納得の出来映えです。ちなみに一番のお気に入りが康一くん、三番目がキラークイーンでチャリオッツは二番目だそうですが、まだ二部や五部の面々が発売されていなかった頃の話なので、現時点での順位がどうなっているのか気になるところです。

シルバー一色のファースト版のほうがチャリオッツらしさという意味では上ですが、造形物としては色数が多いセカンドのほうが見映えが良いので、ファーストを持っている方にもオススメです。

三部は承太郎とスタプラ、DIO様とザ・ワールド以外のセカンドが出ていないのでこの調子でポルナレフを始めとした他のメンバーのセカンド化にも期待します。欲を言えばセカンドではなく完全新規の「Ver.2」のほうが嬉しいですけど。

あといい加減ホル・ホースをお願いします!オールスターバトルよろしく、フィギュアでもミスタとのガンマン対決を実現させたいです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

最近、第2部の面々が再販されているので、
アニメの第3部が始まったらポルポルをはじめ、
プレミア価格がついているキャラの再販も期待できそうですね。
アヴドゥルだけは今もたまに見かけますが。

作画ミスの件は初耳でした。
しかも絶対やってはいけない場面じゃないすかwww
[ 2013/03/30 21:05 ] [ 編集 ]
3部は軒並みプレミアが付いてるようなので、早めに再販して欲しいですね。
アヴドゥルさんは売れ残ってるんですか……出来いいんですけどね、あれ(笑)。

右手左手の描き間違いは他の作品でもしばしばありますが、このシーンは内容が内容だけに痛恨です(笑)。
あまりにも自然すぎて普通に読んでる分には全く気付きませんが。
[ 2013/03/30 21:15 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
3部のセカンドなんて何年ぶりの販売でしょうか。
チャリオッツ自体数年前のものなのに出来はかなり良いほうですよね
なにより似てますしッ

原型師さんのサインすごいですね!イベントかなにかで会われたのでしょうか?
やっぱり固定フィギュアと並べるとより固定フィギュアの魅力を感じますねー
足の捻り具合なんかもかっこいいです。

スタンドを再販してくれるのはありがたいですがやっぱりポルナレフも持っていない方にはちょっと寂しいですよね。
5部ポルポルも最近は早々見かけませんし。

もし3部アニメが始まったら是非とも再販して欲しいですよね。
黒DIOとついになる黒世界も欲しいところです。
[ 2013/04/15 21:40 ] [ 編集 ]
原型師の方がうちのブログを読んでくださっていて
レビューで「レイピアが曲がってて残念」と書いていたので
曲がってないものをサイン入りで贈ってくださいました。
まさにその心遣い!僕は敬意を表するッ!って感じでした(笑)。

ポルナレフ含め、古いものは一通り再販して欲しいですね。
三部アニメ化もまず間違いなさそうですし……。



[ 2013/04/16 19:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿