姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1080日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1080日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1080日目) 

穴を抜けてこっちへおいでと五円玉のむこうから呼ぶ今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

母の日


今日は母の日。去年に続いて今年も彼女に「ちゃんと贈り物とかしなさいね?」と釘を刺されたので、本当の紳士を目指す僕はもちろんプレゼントを用意した。


去年贈った「藤栄堂」のロールケーキがなかなか喜ばれたので、今年もそれにした。決して他のものを考えるのが面倒だったからではないッ!


夏のくだものいっぱいロール。いつも果物が入ったやつは冬場しか売ってなくて、去年は珈琲ロールにしたんだけど、今年からは夏にも発売することになったみたい。ただ冬バージョンとは果物の種類が異なり、イチゴが入ってない代わりに完熟マンゴーとかラズベリーが入ってる。

僕も味見してみたけど、美味しかった。イチゴが丸ごといくつも入ってる冬の果物ロールほどのボリューム感はないけど、味としては決して引けを取ってない。甘さ控えめの生クリームとラズベリーやパインの酸味のバランスが絶妙で、人によっては冬のより美味しいと感じるかもしれない。僕はラズベリーが好きなので「これはこれで、ありやな」と思ったよ。

値段が少々お高い(3,465円+送料)のがネックだけど、全長50cmもあって贈り物にはちょうどいいのでオススメだ。自分で食べるのであればハーフサイズを購入するのもアリかもしれない。送料も含め、少し割高になってしまうけどね。

海恐ろしいぞ

ゴールデンウィーク最終日の月曜は久しぶりに彼女とナンショー、いわゆる湘南に行ってきた。せっかくの大型連休だってのに地元にくすぶってるのは勿体ないからね。

ちょうど僕らが湘南に出かけた日、サーフィン中に海で溺れて死んだ男のニュースが報じられたけど、もちろん僕のことではない。僕のことだったら今これを書いてるのは誰だって話になるし、それ以前に僕はサーフィンなどやらない。

こういう言い方するのも何だけど、サーフィンってはた迷惑な趣味だと思うよ。海が怖いってことは小学生でも知ってるし、死の危険が常に付きまとっているのは誰の目から見ても明らか。天涯孤独ならまだしも、家族や恋人がいる身でそんな危険に身を投じるなんてどうかしてる。しかも件の事故当日は強風注意報が発令されてたって言うじゃない。そんな時に水遊びして溺れるのは台風の時に川で流されるバカと本質的には変わらないと思う。

もちろん、プロのサーファーとしてそれで生計を立てているなら別だけど、命を賭してまで、誰かを悲しませるリスクを冒してまで趣味に興じる気持ちが僕には理解出来ないな。

ぼくはくま


母の日の贈り物のことを上で書いたけど、一昨日のプチ記念日の贈り物ももちろん忘れなかった。というか、そっちのほうが遥かに大事だ!僕にとって彼女の存在は自分の命よりも大切だからね。


今月贈ったのはくまのぬいぐるみ。きゃわわ。本当はたぬきのぬいぐるみが欲しかったんだけど、見つからなくて……。たぬきグッズって本当に数少ない。

このぬいぐるみは健康運アップの魔力?おまじない?が込められてるとかで、それが購入の決め手になった。やっぱり人間なにはなくとも健康第一だし。彼女にはいつも元気でいてもらいたいからね。

それほど大層なものでもないから無茶苦茶喜んではもらえなかったけど、普通にありがとうって言ってもらえたし、お返しも”色々”貰えたから良しとする。来月のプレゼントはもっと喜んでもらえるように頑張ろう。何がいいだろうか。

ちなみに明後日は僕の誕生日。既に彼女に祝ってもらう約束になってるからその点は安心してるけど(笑)、具体的に何してくれるのかは教えてもらってないから、ドキドキワクワクしてる。何してもらえるのかなぁ……僕としては彼女が傍にいてくれればそれで十分幸せなんだけどね。

雑談コーナー【テーマ:24 -TWENTY FOUR- Season8】


全話見終わった。見終わってしまった。本当は1日1話ぐらいのペースでゆっくり見ていくつもりだったんだけど、止まらなかったね。後半の畳みかけるような展開を前にして中断など出来ようはずもなく。一気に見てしまったよ。

それにしてもローガンってわるいやつだなー。マーサに刺されて死んだのかと思ったらしぶとく生きてるし、あまつさえ今シーズンでも生き長らえやがるし(笑)。「いいもんと見せかけてわるもん」「わるもんと見せかけていいもん、と見せかけてやっぱりわるもん」ってキャラクターはたくさんいるけど、「いいもんと見せかけてわるもん、とみせかけていいもん……とみせかけて結局わるもん」だったのはローガンだけだね。さすが。

でも僕はシーズン6で改心したっぽい素振りを見せた時も全く信用してなかったけどね!

贖罪をしたいとかなんとか言ってたけど、僕はもう信じないから。前シーズンで気のいいオッサンだと信じた結果あのザマだったからね。二度と騙されるもんか!

2月24日の雑談コーナーで述べたこの一文がその証拠。トニーの闇堕ちも予見してたし、これはもう僕の読み勝ち、完全勝利といっていいだろう。

ただこれまでモブキャラっぽいポジションだったロシアの大統領が黒幕だったって展開は流石に予測できなかった。あの人は割と良識人だと思ってたから、まさか暗殺にまで関与してくるとは……油断した。この裏のかき方には素直に賛辞を贈りたい。

シーズン8開始当初は既存キャラクターがクロエぐらいしかいないし、CTU自体リニューアルされてしまってイマイチ見所ないなぁ……と思ってたけど、最終的には過去シーズンに引けを取らないほど見応えのあるシーズンになっていたと思う。新キャラもなかなか良い味出してたしね。新支部長(無能)が途中で新支部長(有能)に覚醒したのもよかった。やっぱりCTUの支部長はああでなきゃ!メイソンやブキャナンも草葉の陰で喜んでいることだろう。

ネタバレを完全シャットアウトして見てたから、最後はジャック死ぬと思った。「ひざまずけ」とCSIヴァルタン刑事(役の人)に言われた時「あーこれ撃たれて暗転して終わるパターンだな」って思ったから、生き延びたのは意外だった。ルネが殺されてからのジャックは死亡フラグ立たせまくりだったし……。

正直な所、死んで終わりでも良かったと個人的には思う。主人公が死ぬというのは後味の良い結末とは言い難いけど、終盤のジャックは流石にやりすぎだったから。本人が何と言おうとルネ殺害に関与した者を血祭りに上げていくさまは100%私怨にしか見えないし、実際そうだろう。アプローチこそ違えど、やってることはシーズン7のトニーと大して変わらない。トニーの行動を否定し、怒り嘆いたジャック自身が最終的に同じ道を選んでしまったのは本当に残念。

もっとも、そういうダーティな展開自体は決して否定しない。というより、復讐鬼と化したジャックがルネを殺したスナイパーを拷問してはらわた引き裂くくだりはゾクゾクしたし、ハゲのロシア外相の無様な殺されっぷりもざまあwwwwwwwって感じで心底痛快だった。ロシア大統領の暗殺を踏みとどまった時は舌打ちしてしまったぐらいだ。

でもそういう行動を取らせるのなら、それに相応しい結末は用意するべきだった。あれだけ無茶苦茶やったんだから、勝ち逃げはダメでしょ。逃亡者としての生活が平穏なものではないことは確かだけど、それでもスッキリしない。逮捕されて法の裁きを受けさせるか、もしくは死。そのどちらかにして欲しかったと僕は思う。

まあ、そういうオチにしちゃったら続編作りにくくなるから難しいってのはわかるけどね……。24全体を通して僕が一番感じていた不満は「どんだけジャックが窮地に立たされてもどうせ助かるから緊張感に欠ける」って部分で、最終シーズンはその呪縛から解き放たれるからとハラハラしながら見てたんだけど、結局土壇場で主人公特権が発動してしまって残念に思う。

でも面白かった。最後まで見続けて本当に良かったと思うし、続編があるのなら見てみたい。願わくばいつか完全に決着が付く形でのラストが見たいけど、それは神様(=製作陣)が許さないかな(笑)。というか続編になるはずだった映画化の話も頓挫してるらしいので、まずはどういう形でもいいから新作が見たいね。

というわけで長らく続いた24の感想も今回でおしまい(多分)。次は何を見ようかな。

パズル進捗状況


左側を中心に進行中。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿