姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1101日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1101日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1101日目) 

モノクロすすけた工場でこっそり強く抱き合って最後の雨がやむ頃に本気で君を連れ出した今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

アメイジング・ディスカバリー


地獄の一週間こと中間テストが幕を閉じた。結果は……悪くはなかった。ただ、良くもなかった。特に数学がボロボロだった。かなり致命的なレベルで。

これは完全な勉強不足と言わざるを得ない。どうせやらなくても大丈夫だろうという慢心がなかったかと言えばウソになる。もっとも、先週テスト直前にデートしたことについては結果とは関係ないけど。というより、そんなことを成績悪かったことの理由にしたくないし。すべては僕だけの問題。僕が悪い。

いつもは社会や理科が鬼門となりがちなんだけど、今回は意表をついて数学。こんなことならマスマジックスで勉強しておくんだったよ。知ってる?マスマジックス。昔深夜の海外通販番組で宣伝してた教材。簡単な公式を覚えるだけであらゆる計算が一瞬で出来るという、まさしく「魔法」のツール。それがマスマジックス。

アーサー・ベンジャミンとかいう数学者が考案したそうで番組にも出てたんだけど、彼の吹き替えが堀川りょう(ベジータ)だったのがとてもとても印象深かった。海外通販の吹き替えって結構有名な声優が参加してるよね。

ちなみにマスマジックスで本当に数学力が身に付くのかというと……実際そう上手くはいかないらしい。というか、そんなものがあったら学校でもすぐさま導入してるだろうから当たり前といえば当たり前だ。なんでも複雑な計算、たとえば「6982×2076」だったら「6982はだいたい7000、2076はだいたい2000だから7000×2000=14000000で計算すればいいのさーHAHAHAHAHA!」ってな感じで教えるらしい。よくねえよ!!

平たく言えば詐欺教材ですな。そんなものがテレビを通じて平然と販売されているのだから恐ろしい。思えば僕が国内外問わずテレビショッピングで取り上げられる商品全てに”うさん臭さ”を感じるようになったのはマスマジックスが原因かもしれない。

そういう意味では無駄な出費を抑えるという意味で実生活で役に立っていると言える。ありがとう、マスマジックス。ありがとう、アーサー・ベンジャミン。アメイジング・ディスカバリー!!(決め台詞)

今日のデート


今日は彼女とプールへ行ってきた。学校のプール開きはまだ少し先だけど、それに先駆けて僕たち二人でプール開きをしてしまおうというのが今日の狙い。……といっても、僕らは冬でもプールへ行くことがあるから開くも閉じるもないんだけど。


まあ、今日は天気予報で雨が降るってことがわかりきってたからね。ジメジメとした日にプールでスッキリするのもいいかなって。どちらかというとその理由のほうが大きいかな。あとはもちろん、水着姿が見たかったというのもある(笑)。


もちろん、彼女の!!

ついでにショッピングセンターで新しい水着も見繕って来た。

買ったのは一着だけだけど、試着はたくさんした。彼女に着てもらえた水着は幸せ者である。僕が水着だったらそれだけでもう死んでもいいって思うだろうね。どの水着を買ったかは秘密。


他には一緒にご飯を食べたり、部屋でゆっくり過ごしたり。今日も楽しいデートだった。梅雨のシーズンだというのに心は晴れ晴れ。こんな素敵な彼女を持つ僕は幸せ者である。

雑談コーナー【テーマ:国内ドラマも捨てたもんじゃない】


欧米かぶれの僕にとって「映画」といえば「洋画」であり、「ドラマ」といえば「海外ドラマ」を指す。邦画や国内ドラマはほとんど見ないと言っていい。別に嫌いとかそういうわけではなく、それ以前に興味がない。

そんな僕が最近ハマっているドラマ……それはフジテレビ系列で月曜9時から絶賛放映中の『ガリレオ』。今更何言ってるんだコイツはと思わないで欲しい。周回遅れにも程があることは僕自身重々承知だ。今更だろうが何だろうが、ハマってしまったのだから仕方ない。

いやしかし面白いね!実に面白い!24の時も言ったけど、ブームになるのも納得のクオリティだよ。これまで国内ドラマの推理モノは『古畑任三郎』『トリック』『金田一少年の事件簿(堂本版)』がベスト3だと思ってたけど、超えたね。超えてきたね。現時点でナンバーワン推理ドラマの座に君臨した。おめでとう。

僕は松尾貴史よろしく超常現象の類は一切信じないタチで、UFOを見たとか霊感があるとか真顔で言う人間を下に見ながら生きてきたのだけど、そんな僕に『ガリレオ』はまさに打ってつけの内容だった。さまざまなオカルトじみた現象を科学的に解明していくというのがいい。

湯川先生じゃないけど、このドラマにおいて犯人が誰かとか動機が何かなどは別にどうでもいい。超常現象の解明という、『特命リサーチ200X』的な要素が何よりも魅力的だ。付け加えるなら、解明そのものが現実に則しているかどうかも別にどうでもいい。ドラマなんだからそういうことをいちいち気にするのは野暮ってもんだ。

第1シリーズは全て観て、映画『容疑者Xの献身』ももちろん観た。容疑者Xはオカルト要素がないからちょっとTVシリーズとは趣が違ったけど、内容は面白かった。トリックについて、犯行日時が違うというのは「やっぱりな♂」って感じだったけど、死体が別物ってのは流石に予測できなかったなぁ……。冒頭のホームレスのシーンで2回目に1人減ってるのは気付いたんだけど、てっきりあそこにいたのは殺された元ダンナ当人だと思ってた。騙された。

原作では犯人が美化されてることに対して批判があったようだけど、映画では堤真一の終始病的な演技のおかげか特に美化されてるようには感じなかった。献身といったって結局自己満足みたいなものだからねぇ。それこそが「愛」の本質であり、愛とは決して美しいものではない……と考えると深い話ではある。

なんでも今年は映画の第2弾も公開されるそうで。流石に映画館に観に行く気にはならないけど、円盤が出たら観る予定。最近の映画は半年、下手すると3ヶ月ぐらいでレンタル開始だから僕のような”にわか”映画好きには有り難いね。でも映画業界としてはそれでいいんだろうか?

パズル進捗状況


人物が少しずつ出来上がってきた。そろそろ何のパズルかわかる人も増える頃だろう。

お礼

にゅーあきばどっとこむ』様、
キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク ミクダヨー レビュー

よつばとフィギュア』様、
1/7スケール セブンスドラゴン2020 ハッカー(チェルシー) レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿