パズル&ドラゴンズ パズドラウエハース(25/30種) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(食玩・カプセル)/バンプレスト > パズル&ドラゴンズ パズドラウエハース(25/30種) レビュー

パズル&ドラゴンズ パズドラウエハース(25/30種) レビュー 

商品名:パズドラウエハース
作品名:パズル&ドラゴンズ
発売元:バンダイ
発売日:2013年6月18日
価格:1個105円(税込)
原型製作:--
備考:プラカード1枚入り、ココアクリーム味ウエハース1枚入り、1BOX20個入り、全30種

パズドラウエハース

大人気スマホアプリ『パズル&ドラゴンズ』がプラカード付きウエハースとしてバンダイから発売されました。バンダイ(ナムコ)とは新羅万象コラボや太鼓の達人コラボなどで既に関係を持っているため、そのツテだと思われます。

過去には「パズドラステッカー」という同系統の商品が発売されましたが、それとは異なりゲーム用のシリアルなどは封入されていません。純粋にカードのみを求めるパズドラファン向けの商品といえます。

今回ラインナップされているのは御三家、カラドラ、西洋神、和神、インド神にヴァンパイアロード、キンメタ、ゼウスを加えた全30種。1BOX20個入りなのでコンプリートするためには最低2BOX購入する必要があります。

レアリティは「ノーマル」「レア」「スーパーレア」の3段階で、スーパーレアはゼウスと覚醒ゼウスの2種、レアはそれ以外の神、残りがノーマルという内訳になっています。一応封入率もレアリティに比例していますが、ノーマルとレアに関してはそれほど差がなく、自分は2BOX購入してノーマル3種とレア2種が出ませんでした。

アソート配列には明確な法則性があるようなので、それも併せて紹介していきます。



配列

配列は2箱それぞれ以下の通りでした。

大花龍ブラキオス 大花龍ブラキオス
覚醒ゼウス 豊穣神・セレス
ティラ メテオボルケーノドラゴン
暗黒龍・ヴリトラ 慈愛神・ヴィーナス
爆炎龍ティラノス クリスタルオーロラドラゴン
プレシィ 爆炎龍ティラノス
戦女神・ミネルヴァ 冥界神・ハーデス
氷塊龍プレシオス グラビトンアースドラゴン
海王神・ネプチューン アマテラスオオカミ
ブラッキィ ライトニングホーリードラゴン
手前

海王神・ネプチューン 大花龍ブラキオス
ゼウス アマテラスオオカミ
ティラ メテオボルケーノドラゴン
ヒノカグツチ ツクヨミ
爆炎龍ティラノス クリスタルオーロラドラゴン
プレシィ 爆炎龍ティラノス
ヤマタノオロチ 破壊神・シヴァ
氷塊龍プレシオス グラビトンアースドラゴン
スサノオノミコト 幸運の女神・ラクシュミー
ブラッキィ ライトニングホーリードラゴン
手前

わかりやすいようにレア、スーパーレアに色を付けました。見ての通り、ノーマルとレアが1段ごとにほぼ交互に入っています。2箱目左上のネプチューンだけ法則から外れていますが、基本的に奇数段目はノーマルと考えていいと思います。

具体的な配置について、ノーマルはほぼ固定ですが今回出なかったロードやCDD、キンメタがどこに収まるのかは不明。レアはシリーズごとに左上から右下にかけて縦に順番に並んでいるようです。スーパーレアのゼウスは左段の上から2番目、と覚えておくといいでしょう。

ただ外箱がかなりギチギチに詰められているので店頭で購入する場合、配列そのまま陳列されていることは少ないと思います。バラバラではサーチのしようがないので、手当たり次第買うしかありません。

以下、1種ずつ紹介します。

ティラ/TYRRA

R0144954R0144955
最初に選べる御三家の一体。フレンドの属性マークを眺めると赤が一番多いので、これを選ぶ人が多いようです。やっぱり強そうだからでしょうか。

カードはゲーム中のイラストにオリジナルのエフェクトを追加したもので、他も同様。裏面は簡単な能力値が書かれています。なんとなくもったいなくて包装破っていないので見にくくて申し訳ありません(笑)。

カードはプラスチック製で、サイズは82mmx56mm
R0144952
一般的なトレカやテレホンカードより一回り小さいぐらいです。

爆炎龍ティラノス/FIREDRAGON TYRANNOS

R0144956R0144957
上記ティラの第二進化系。究極進化が来るまではこれが最終形でした。御三家は150万テーブルで育ちが早いので序盤は役に立ちます。ただ火属性のドラゴンはドラパと相性が悪いのですぐ使われなくなるいう悲しい運命が待ち受けていますが……。

ちなみにカードにはおなじみの日本語名のほかに英語名も併記されています。恐らく英語版での名称だと思いますが、直訳というわけではないのでなかなか興味深いです。

プレシィ/PLESSIE

R0144958R0144959
御三家の一体。火に次いで使用人口が多く、自分もこれでスタートしました。一番可愛いですよね?(笑)

氷塊龍プレシオス/ICEDRAGON PLESIOS

R0144960R0144961
上記プレシィの進化系。水属性は序盤これといって有用なアタッカーがいないので、ヘラ・イースやジークフリートを手に入れるまでの繋ぎとしてホルスパの水枠にちょうどよかったりします。

日本語では凝ったネーミングですが、英語にすると「アイスドラゴン」と極めてシンプル。

ブラッキィ/BRACHY

R0144962R0144963
御三家の一体。奇抜なデザインが災いしてか三属性の中でこれだけぶっちぎりで選ぶ人が少なく、フレンドにも緑マークは数えるほどしかいません(笑)。いわゆるキモカワ系で、なんともいえない味わいはあります。

大花龍ブラキオス/FLOWERDRAGON BRACHYS

R0144964R0144965
上記ブラッキィの進化系。進化前の不人気さを引きずってあまりパッとしない印象を受けますが、木属性のドラゴンはドラパとの相性が抜群なので性能重視で考えるならこれが一番といえます。まあ、こいつらはスペダンでも簡単に手に入るので別にどれでもいいといえばいいのですが。

ちなみにカード化された御三家は以上三属性のみ。光闇は何故かカード化されていません。

メテオボルケーノドラゴン/METEOR VOLCANO DRAGON

R0144966R0144967
カラドラ最終形の一体。通称メテボル、MVD。最終進化直後のステが高いためあまりレベルを上げなくても実用可能で、貴重な半減LS持ちということで作っておけば何かと役立ちます。ひとつ前の形態がパズドラアイコンになっていることでもおなじみです。

クリスタルオーロラドラゴン/CRYSTAL AURORA DRAGON

R0144968R0144969
カラドラ最終形の一体。通称クリオラ、CAD。水の半減持ちにはネプチューンという大御所が存在しており、玩具龍の鮫やピエドラも割と人気があるので一番出番のないカラドラかもしれません。実際、自分も最終進化LV1で放置したまま一度も使ったことがありません(笑)。見た目はカラドラで一番好きです。目が可愛い。

グラビトンアースドラゴン/GRAVITON EARTH DRAGON

R0144970R0144971
カラドラ最終形の一体。通称グラビトン、GED。木ドラゴンの例に漏れずドラパに投入されやすく、コストが軽いので序盤を中心に需要があります。色合いがカボチャに似ていることでも有名(笑)。

ライトニングホーリードラゴン/LIGHTNING HOLY DRAGON

R0144972R0144973
カラドラ最終形の一体。通称LHD。光半減はダンジョンを攻略していく上で有用で、育てにくい光属性の中であまり育成を必要としないこいつは相対的に価値も上がります。見た目は妙に痩せ細っていて弱そうですが、なかなか出来るヤツ。

カオスデビルドラゴン

入手次第追記

ヴァンパイアロード

入手次第追記

キングメタルドラゴン

入手次第追記

ヒノカグツチ/HINO KAGUTSUCHI

R0144974R0144975
火属性の和神。通称ヒノさん、カグツチさん。30ターンに一回5万前後のダメージを叩き出す驚愕スキルのおかげで残念神としてしばしば挙げられますが、使ってみて初めてわかるその便利さ。レベルを上げて木曜ダンジョンの糞フラワーやペンドラの里の進化ペンギンを一撃で葬れるようにすると育成が捗る事請け合いです。最近では猛炎の塔で+卵を集める廃人御用達の神としてもおなじみで、これを書いている時点では今後究極進化が予定されています。

ちなみに写真では少しわかりにくいと思いますが、ここから下のレアカードはオモテ面が煌びやかなメタリック仕様になっています。

ヤマタノオロチ/YAMATA NO OROCHI

R0144976R0144977
水属性の和神。パズドラにおいて数少ない大幅な弱体化が図られたモンスターで、それでもなお最強クラスの性能を持ち合わせています。特にスキル「威圧」はボスに決まれば勝ったも同然。ステが低く抑えられているのを差し引いてもトータル性能は神の中でもピカイチでしょう。

見た目も独特のディフォルメ感が可愛らしくてイイ感じだと思います。角の形が頭ごとに違うのがポイント。どう見てもドラゴンなのにドラゴンタイプが付かないことに大人の事情が見え隠れしています。究極待ちですかね。

スサノオノミコト/SUSANO NO MIKOTO

R0144978R0144979
言わずと知れたパズドラ界のスーパーヒーローSSNOSN。こいつが出た瞬間、思わず「キターーーーーーー!」と叫びそうになりました(笑)。見た目が見た目なのでこの手のカードとの相性は抜群です。

エジプト神実装後は普通に戦力としても脚光を浴びており、ファンとしては嬉しい反面、遠くへ行ってしまったような寂しさを覚えたりもしています(笑)。

アマテラスオオカミ/AMATERASU OHKAMI

R0144980R0144981
光属性の和神。通称狼。一般的には「おおみかみ(大御神)」という呼び方のほうがポピュラーだと思いますが、パズドラではオオカミ。つい最近は岩に隠れとったのか?

他の自動回復持ちの追随を許さない性能はゾンビパや「おでん狼」と呼ばれる戦法を確立していますが、育てるのが大変な割に出番が限定的ということで、強いことは強いもののオススメモンスターとしては挙げづらい微妙なポジションにいます。究極進化で回復タイプが付いたり、完治の光のスキル上げが出来るようになればまた評価も変わってくるでしょう。

見た目的には初期のデザインということで最近主流の萌え系デザインとはまた違う魅力を醸し出しています。

ツクヨミ/TSUKU YOMI

R0144982R0144983
闇属性の和神。別名、闇のプリンセスプリティヨミー。原典の日本神話では基本的に男性神という扱いですが、性別不詳という考え方もあるため、パズドラでは女の子と設定されており良く見るとちゃんと胸があります。時間を止めてボッコボコよ☆

スキル「チェンジ・ザ・ワールド」は瞬間火力を上げる手段として強力無比なものの、最近では同スキルを持つ副属性持ちの究極ヴィーナスに押されがちでやや影は薄め。ステ自体が高いので闇パのメンバーとしては十分スタメン候補です。LSが無いに等しいので、恐らく究極進化で輝きを取り戻す……はず。

破壊神・シヴァ/SHIVA,THE DESTROYER

R0144984R0144985
火属性のインド神。メガテンで長らく最強の仲魔として登場し続けていることもあり、日本のゲーマーには宗教上の存在として以上にモンスターとしてことさら有名かもしれません。英語名は他の神と命名規則が異なり、「シヴァ・ザ・デストロイヤー」とやたら強そう。トライガンに出てきそう。

反面パズドラでの評価は今ひとつで、スキル「第三の目」は高防御の敵相手に有効なものの、攻略するための代替手段が数多く用意されているので価値は低め。HP攻撃回復1.5倍というLSも火力or耐久のどちらかに特化することが好まれる現環境では微妙と言わざるを得ません。他のインド神ともども、究極進化が待たれます。

幸運の女神・ラクシュミー/FORTUNE DEITY LAKSHMI

R0144986R0144987
水属性のインド神。ゲームで初めて引き当てたリーダー神なので思い入れは抜群なのですが、インド神特有の中途半端なLSに加えてスキルが終わっているので使い続けるには相当な愛と忍耐力を必要とします。

バステトやセイレーン、アポロン、太鼓神どんちゃんと共に楽器を持っているモンスターの一体なので、「楽器パ」を作るならスタメン候補間違いナシ。バスにゃんリーダーなら結構良いトコまでいけると思います。

金色の女神・パールヴァティー

入手次第追記

雷霆龍・インドラ

入手次第追記

暗黒龍・ヴリトラ/DARKDRAGON VRITRA

R0144988R0144989
ステータスを高めた虹クリ。パズドラ史上初となる究極退化を成し遂げた鬼才。人々は敬意を込めて「ヴリトラさん」と呼びます。上のインドラとセットで語られることが多く、インドラ側は甚だ迷惑しているという噂も。

荒ぶる見た目は文句ナシにカッコ良く、カードデザインも秀逸です。ヴリトラさんを愛するならば常に懐に忍ばせておきましょう。

戦女神・ミネルヴァ/WAR DEITY MINERVA

R0144990R0144991
火属性の(旧)西洋神。性能的にハズレと評されることの多いモンスターですが、究極進化後のデザインはグッド。逆に進化前のこの子はクリリンよろしく鼻がないのでアップで見ると違和感がありますね。

海王神・ネプチューン/SEA DEITY NEPTUNE

R0144992R0144993
水属性の西洋神。他の西洋神にもいえることですが、進化したら即究極進化させてしまうことが多いので進化後のこの姿はあんまり馴染みがないですね。特にネプチューンは進化前が天海神やヘラ降臨でおなじみなので余計そう感じます。

ステが高く、究極進化すれば二属性半減、更にチョキなどで便利な超猛毒持ちということで持っていると何かと出番があります。ただ最近は固定ダメージ持ちのモンスターが増えたので、価値はやや下がってしまいましたが。

豊穣神・セレス/FERTILITY DEITY CERES

R0144994R0144995
木属性の西洋神。ミネルヴァと並ぶハズレ……だったのですが、最近は究極進化すると副タイプが付くようになったので少し見直され始めています。

究極進化前後でほとんど別物といっていいほどデザインが変わるのも特徴ですね。よっぽどこの姿の評判が悪かったのでしょう。可愛くないわけではないのですが、田舎臭いというか古臭いというか、なんというか昭和の香りがします。

慈愛神・ヴィーナス/LOVE DEITY VENUS

R0144996R0144997
光属性の西洋神。自分がゲーム開始後最初のガチャで引き当てた神です。リセマラの概念を知らなかったので一発で引いたのですが、当時はエジプトパ実装前で使い道があまりなかったので、リセマラのことを知っていたら恐らくやり直してました。今となっては「リセマラ知らなくて良かった」って感じです(笑)。

セレスと同じく究極進化で見た目が大きく変わります。究極進化後のデザイン人気はパズドラ屈指ではないでしょうか。フィギュア化最有力候補の一体ですね。

冥界神・ハーデス/UNDERLORD HADES

R0144998R0144999
闇属性の西洋神。ペルセポネのダンナ。ギガグラという強力無比なスキルに加えて基本ステータスが極めて高く、初期実装神にもかかわらず最強の一角として数えられています。かつては究極進化するなら闇が無難と言われていましたが、副属性が重要視される最近では光が主流。レベル最大で副属性の攻撃力が500を超えるのは驚異的です。

ネプチューンと同じく、進化後のこの姿は馴染みが薄いです。「パズドラま!」でも進化前のガイコツですし(笑)。

ゼウス/ZEUS

R0145000R0145001
ゲーム内外ともに超有名な最高神。敵としてはこちらの姿で登場します(本気じゃないってこと?)。

スーパーレアカードということで箔押しされたスペシャル仕様。恐らく1BOXにこれか下の覚醒版がランダムで1枚封入されているのではないでしょうか。ダブらなかったのはラッキーでした。

覚醒ゼウス/AWOKEN ZEUS

R0145002R0145003
上のじじいの覚醒版。プレイヤーが使用する場合は基本こっち。これもスーパーレアなので箔押し加工が施されています。

性能に反してデザインの人気は低い……というか、無課金で取れるモンスター故に高性能の代償としてあえてこんなデザインになってる気がしますが、顔を良く見るとなかなかのイケメンであることがわかります。若かりし頃のヤングゼウスが実装されたらルシファー並に人気出るかも?

ウエハース

ついでに……というか本来こっちがメインなのですが(笑)、お菓子のウエハースも紹介しておきます。

R0144949
ココア味のウエハースで、味はビックリマンチョコよりはあっさりしています。新羅万象チョコは食べたことがありませんが、それとも味は異なるようです。美味しい美味しくないで言えばまあ無難に美味しいのですが、流石に40個はいりません(笑)。

開封した残りはジップロックに詰めて冷凍保存しておきます。
R0145007
いらないからって捨てるのはウエハーマンが悲しむのでやめて差し上げろ。

総括

カードのデザインとコレクション性に魅力を感じるなら集めてみても良いと思います。ゲームでレアガチャ回すよりは安いですし、種類が少ない分目当てのものを引きやすいでしょう(笑)。

ただパズドラ商品全般にいえることですが、モンスター自体のデザインは既存の使い回しなので今ひとつ面白味に欠けるのも事実ではあります。これが描き下ろしイラストだったら購買欲もより高まるというものなのですが。

次弾以降があるかどうかは今回の売り上げ次第だと思いますが、もしあるならば最終的にゲーム中に登場する全てのモンスターを網羅して欲しいところですね。ああ、でもガチャ龍の色違いとかまでは要りませんが(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿