figma No.177 江頭2:50 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

figma No.177 江頭2:50 レビュー 

商品名:figma 江頭2:50
作品名:江頭2:50
発売元:FREEing
発売日:2013年6月22日
価格:3,800円(税込)
原型製作:FREEing
備考:--

エガちゃん

「1クールのレギュラーよりも、1回の伝説」の金言でおなじみのレジェンド芸人「江頭2:50(本名:江頭秀晴)」。世間的なイメージとは裏腹にネットを中心として絶大な支持を集める彼ですが、遂にファン待望(?)のアクションフィギュアとして発売されました。

数年前だったら「こんなのがフィギュア化!?」と驚くところですが、最近は何が立体化されてもおかしくない流れになっており、そもそもfigmaではかつて”兄貴”ことビリー・ヘリントン氏を発売した前科(笑)があるので、ある意味想定の範囲内というか、「やっぱりな♂」という感じではあります。



パッケージ

R0145159R0145161
炎渦巻くアツいデザイン。

台紙にはdi:stage用のカバースキンが用意されています。
R0145163
レジェンドです。

箱のベロの部分には吹き出しが描かれています。
R0145165R0145167
「ドーン!!」「がっぺむかつく!!」の2種類。切り取ることで台詞プレートとして使えます。

セット内容

R0145168
>>フィギュア本体、オプション頭部×2、オプション手首×10(右5左5)、ドーン用パーツ、専用台座、収納袋

シンプルな内容ですが、その分さまざまな表情の手首が豊富に付属しています。

全身


似すぎてて怖いんですが(笑)。RAH系のハイエンドフィギュアならともかく、この価格帯の製品でここまで実写とそっくりなのはすごいです。それだけ特徴的な顔立ちということもあるでしょうけど(笑)。顔だけでなく、プロポーションもしっかりエガちゃんですね。

可動については概ねいつものfigma可動ですが、胸の部分が柔らかい素材で出来ていて大きく動かせるようになっています。反面、首周りの可動が今ひとつで、顔を横に向けた状態で首があまり上下に振れないので若干のもどかしさを感じます。

一応オーソドックスな素立ちもさせてみました。

似合わない……。やっぱりエガちゃんは一枚目のようなポーズに限ります。

全高は約14cm
R0145188
エガちゃんの身長は178cm(意外と大きい)、兄貴は185cm、唯は多分160cm弱なのでスケールは合っていません。とはいえ、絡ませて遊ぶ分にはちょうどいいサイズ比です。

頭部

R0145189R0145192R0145193R0145195R0145196R0145198R0145201R0145202R0145204
表情は3種類。いずれも良く出来てる、というか良く似ています。顔と胴体の肌の色味が異なり、顔だけ黄色味がかっているのですが、肉眼ではそれほど違和感はないと思います。

オプション

ドーン用パーツ
R0145206R0145209
持ちネタのひとつ「ドーン!!(テポドン)」を再現するためのパーツ。股間部分を丸ごと交換し、右手首を外して完成です。

アクションなどなど

持ち手が付いているのでマイクなどを持たせられます。

江頭アタック

ドーン教に魅入られる者は多い

本格的♂ドリームマッチ

いかん!危ない危ない危ない……(公然わいせつ罪的な意味で)

総括

単なるネタグッズの一言では片付けられないクオリティです。オプションが最低限に留められているにもかかわらずこれほどまでのプレイバリューを誇るのは、エガちゃんの持つ強烈な個性の賜物でしょう(笑)。弄りながら適当に変なポーズを取らせるだけで時間を忘れるほど楽しめます。

エガちゃんファンならびにドーン教信者の方々は是非購入し、彼の魅力を心ゆくまで堪能して下さい。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

まさかのエガちゃんフィギュアwww
DIOの胴体にエガちゃんの頭部を差すと面白そうですね。
「お前の、胴体を、奪ってやった!(指をビッとしたポーズで)」とか言いそう。
[ 2013/06/25 12:48 ] [ 編集 ]
さすがエガちゃん人気はかなりのもので、売れているようですね。
たしかにDIO様とエガちゃんの組み合わせは面白そうです。
figmaと超可はジョイントの形が違うので。キッチリ取り付けられないのが残念ですがw
[ 2013/06/26 01:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿